研究執筆学会活動等

2007年9月〜2008年8月

執筆

■2007年9月「フィールドワークの論文指導」
やまだようこ編『質的心理学の方法』新曜社 224-236頁(安田)
■11月 Multidimensional Assessment of Trauma Impact, Recovery, and Resilience:
A Brief Report on the Japanese Version of the MTRR-99, Journal of Aggression, Maltreatment & Trauma,14, 107-118(村本)
■12月「精子・卵子・胚の提供による生殖補助医療で親子関係を築く人々への支援―子どもへの告知に焦点をあてて」
『日立家庭教育研究所』29号57-66頁(安田)
■12月「非血縁の親子関係を築く選択と経験―不妊治療では子どもを産むことができなかった女性のナラティヴ」
『心理臨床学研究』25巻5号550-560頁(安田)
■2008年1月「民間法人における性虐待被害者とのかかわり」
石川瞭子編集『性虐待をふせぐ〜子どもを守る術』、誠信書房(村本)
■2月「DVへの危機介入」
井上孝代編『エンパワーメントのカウンセリング』、川島書房(村本)
■3月「からだとイメージ」
『心理臨床における臨床イメージ体験』創元社234-235頁(村本)
■3月「未婚の若年女性の中絶経験――現実的制約と関係性の中で変化する,多様な径路に着目して」
『質的心理学研究』7号181-203頁(安田)
■5月「思わぬ反応を返してくる小学5年生へのとまどい」
『児童心理』金子書房711-715頁(長川)
■6月「配偶者からの暴力についての理解とその予防」
『更正保護』59巻6号24-27頁(村本)
■7月「不妊治療をやめる選択プロセスの語り―女性の生涯発達の観点から」
『パーソナリティ研究』16巻3号279-294頁(安田)

学会活動

■2007年9月29日 日本質的心理学会第4回大会
自主シンポジウムの話題提供「『不妊治療をやめる』選択とその意味づけ―時間と共にある固有の経験の歴史として」(安田)
■11月23日 International conference Remembering Nanjing On the 70th anniversary of the Nanjing Tragedy
シンポジスト「戦争と女性」(村本)
■2008年2月6日 International Workshop on Multi Cultural Studies: Research Collaboration between Kyoto University and the University of Vienna(The Global COE Sponsored)
ワークショップの研究発表“Diversity of Women's Experiences in Coping with Infertility over Time”(安田)
■3月19日 日本発達心理学会第19回大会
ラウンドテーブルの企画責任ならびにファシリテーター「質的心理学におけるナラティヴ分析の方法」(安田)
■3月20日 日本発達心理学会第19回大会
ラウンドテーブルのファシリテーター「発達のプロセスとトランスフォーメーションを記述する試み―HSS とTEMという方法からTLMGという理論枠組みへ」(安田)
■7月10日 2nd International Workshop on Multi Cultural Studies: Research Collaboration between the University of Vienna and Kyoto University
ワークショップの研究発表“Choices involved in the decision to stop infertility treatment: Understanding the process through narrative accounts and personal impacts”(安田)
■7月14日 Paper presented at the 20th International Society for the Study of Behavioral Development
ポスター発表“Why women discontinue infertility treatment: Understanding the meaning of their decision”
■7月25日 Paper presented at the 29th International Congress of Psychology
シンポジウムでの話題提供“Time in Life: women’s uncertainties regarding infertility treatment”(安田)
■8月1日 日本人間性心理学会第27回大会発表
「体験的心理学に基づく平和教育の試み」(村川治彦との共同発表)(村本)
  

発行物

年報『女性ライフサイクル研究』弟17号
ニュースレターNo.67〜78