年報
女性ライフサイクル研究・21号(2011年11月発行)

年報21号は『コミュニティ・エンパワメント―安心とつながりをめざして』を特集しています。
女性ライフサイクル研究所は1990年の開設以来、コミュニティ支援についての実践と理論を積み重ね、その概念は徐々に洗練されてきたように思います。今回はそれを共有しつつ、今後の活動のあり方を方向づけたいと思い、コミュニティ・エンパワメントをテーマにしました。コミュニティ・エンパワメントはコミュニティやシステムなど、「場」全体の力を引き出す、活性化すると意味されています。


〈目次〉
●序/(女性ライフサイクル研究所)村本邦子
コミュニティ・エンパワメント
安心とつながりのコミュニティをつくる
●個人臨床/(女性ライフサイクル研究所)西 順子
女性や子どものトラウマとコミュニティ支援
個人臨床を越えて
●子連れ離婚/(女性ライフサイクル研究所)桑田道子
子連れ離婚家族へのコミュニティ支援
●コミュニティ感覚/(女性ライフサイクル研究所)渡邉佳代
ボランティアの専門性とコミュニティ感覚の変容
DV子どもプロジェクトの活動から
●派遣カウンセリング/(女性ライフサイクル研究所)下地久美子
コミュニティにおける「女性の悩み相談」の役割
派遣カウンセラーとしてできること
●子育て支援/(女性ライフサイクル研究所)津村 薫
コミュニティ支援に繋がる子育て支援
●家庭教育支援/(女性ライフサイクル研究所)窪田容子
家庭教育支援からコミュニティ支援を考える
●おはなし会/(女性ライフサイクル研究所)森葺a代
田原本おはなし会にみる子どもへのコミュニティ支援
●生殖/(女性ライフサイクル研究所)安田裕子
女性の生殖へのアドボカシー
●独居高齢者/(女性ライフサイクル研究所)前村よう子
要介護高齢者を抱える家族とコミュニティ

96頁 1,050円