年報
女性ライフサイクル研究 第12号(2002年11月発行)

特集《非暴力プログラム─その思想と実践》

非暴力の思想を伝え豊かな人間性を創るための、思想と実践について、各世代の非暴力プログラム、修復へのさまざまな試みについて書かれています。

〈目次〉


序 (女性ライフサイクル研究所)村本邦子

(1)非暴力の思想と実践

思想と実践 (女性ライフサイクル研究所)村本邦子
非暴力の思想と実践

(2)非暴力プログラム

子ども (女性ライフサイクル研究所)津村薫
非暴力の思想を伝え、豊かな人間性を創る

高校生 (立命館大学大学院)野池雅人・松田祥
暴力に頼らない自己実現を目指して

思春期 (女性ライフサイクル研究所)前村よう子
授業の中で非暴力を体験する

成人 (女性ライフサイクル研究所)津村薫
非暴力を学び、より良い生き方を探る

(3)修復

加害男性 (立命館大学教授)中村正
家庭内暴力の加害者たちとともに
非暴力グループワークの実践から

加害少年 (女性ライフサイクル研究所)村本邦子
グループ・プログラムによる女性との修復の試み

 (女性ライフサイクル研究所)窪田容子
虐待しない子育てのための、グループによる援助

被害女性 (女性ライフサイクル研究所)長谷川七重
ドメスティック・バイオレンス(DV)被害者グループの試み

パートナー(妻) (女性ライフサイクル研究所)西順子
男女のパートナーシップを結ぶために


約130頁 1,050円

 女性ライフサイクル研究第12号