女性ライフサイクル研究所 とじる

プレイセラピーとは

子どもにとって、「遊び」とは、自己表現そのものです。子どもはプレイルームでの遊びを通して、〈こころ〉を表現したり、〈こころ〉の整理をしていきます。守られた空間での自由な遊びのなかで、子どもは自然治癒力を発揮していきます。それは、子どもが本来持っている力です。

子ども担当のカウンセラーは、こうした子どもの遊びを見守り、子どもの自発性、子どもの可能性を引き出すお手伝いをします。

(写真はプレイセラピーで使用するおもちゃ)

 写真
写真