スタッフエッセイ 2012年8月

スープカレー

村本邦子

最近、カレーにはまっている。かつては、「カレーと言えば、やっぱり日本のライスカレー!」と思っていたが、最近は、タイカレー、ネパールカレー、インドカレーを楽しんでいる。さまざまなカレー屋さんがあちこちに増えたような気がする。店によってあまりに違うものだから、「いったいカレーの定義って何なんだろう!?」と時々、疑問に思うけれど、どうも、正式な定義というのはなくて、要するにさまざまな香辛料で野菜や肉を味付けした料理の総称のようだ。

そして、札幌のスープカレー。前に食べた時は、それほど印象に残らなかったが、前回、札幌に来た時、タクシーの運転手さんお勧めの「マジックスパイス」のスープカレーを食べて感動した(大阪にも支店があるらしいが)。その話を聞いた札幌に住むいとこが、「それくらいなら、僕のスープカレーを食べてみてよ!」と自信たっぷりに言うもんだから、今回は、札幌での仕事の合間、夜に、いとこ宅を訪ね、手作りスープカレーをご馳走になった。たしかに、なかなかのもの。なんでも、有名なスープカレーのお店をやっている知り合いからレシピをもらって、自分なりにアレンジしたものだと言う。

きっと極秘レシピだろうから、詳しく公表するのは遠慮するべきだと思うが、基本的には、肉と野菜を弱火で煮込んでおいて、別途、ペーストして飴色に炒めた玉ねぎ、バター、しょうが、にんにく、香辛料(ガラムマサラ、コリアンダー、クミン、キャラウェイ、カルダモン、チリパウダー、その他)を入れて炒め、ヨーグルト、はちみつ、トマトを加え、煮込んであった鍋に入れるという手順。基本的に野菜は素揚げしておいて、お皿に盛ってから並べる。香辛料をひととおり揃えなければならないが、最近はふつうのスーパーにもかなり揃っているから(昔は、レアなスパイスを買うには明治屋まで行かないとなかった)、たぶん、そんなに難しくないだろう。

これは、帰って絶対作ってみようと思っていたら、帰路に着く前、札幌の共同研究者が、おみやげにと言って、ハウスの「スープカリーの匠」というカレーペーストを持たしてくれた。札幌で人気のスープカレー専門店「札幌らっきょ」監修という。これはいい。今夜にでも作れそう。どうやら北海道限定食品のようだが、通販でも購入できるようだ。こんなことを書きながら、千歳空港でまたまたスープカリーを食べている。結構、いい値段だったが、やっぱりいとこのカレーの方が上だった。この後は、お気に入りの雪印パーラーでアフォガードを食べて、飛行機に飛び乗る。

(2012年8月)