スタッフエッセイ 2010年6月

雨の休日

窪田容子

今年の梅雨は、いかにも梅雨という感じで雨の日が多い。これを書いている今日も、朝から雨脚が強まったり弱まったりしながらも、降り続いている。こんな雨の休日も悪くない。出かける気にはならないし、大好きなガーデニングも今日はお休み。庭木の葉から落ちる雨のしずくを眺め、しめった涼しい風や雨のにおいを感じながら、今日は一日のんびり過ごすと決めた。

こんな日は、シフォンケーキを焼きたくなる。ふわふわでしっとりしたシフォンケーキ。ドライフルーツや、ココア、紅茶などを混ぜ込んで焼くとまた違った味が楽しめるので、最近はまっている。仕上げに粉砂糖を降り、庭から摘んだミントの葉を飾って、お友達にも持って行ったら喜んでくれて、私も嬉しい気分。

鳥のさえずりが聞こえてきたので外を見ると、小雨になっているので、近所のスーパーに買い物に行くことにした。店内をうろうろして食材を眺めていると、お抹茶が目にとまった。親と暮らしていた頃は、親がコーヒーや紅茶を飲む感覚でお抹茶を飲んでいたので、私もよく点ててもらって飲んだ。今でも親元に戻るとお抹茶を飲むが、自分が家庭を持ってから、我が家でお抹茶を点てたことはなかった。子どもが幼い頃はそんな気持ちの余裕はなかったけれど、久しぶりに点てて飲みたくなり買い物かごに入れた。

さて、今日の晩ご飯の気分はと考える。久しぶりに春巻きを作ろう。私の作る春巻きはとても簡単。鶏のささみ、長いもの拍子切り、梅肉、しそ、チーズなどを適当に3種類ずつ組み合わせて、春巻きの皮で巻いて揚げる。たくさん作ったので、こちらは最近体調を崩して、お料理ができないでいる近所の人にお裾分けをした。

こんな風に、のんびりと穏やかに過ぎる一日が心地よい。

(2010年6月)