スタッフエッセイ 2003年12月

My Favolate Things (私のお気に入り)

前村よう子

 梅干し、塩昆布、たこ(特にゲソ)、なまこ、白子、えんがわ、あん肝、ぶりとろ、牛タン、生ぎも、砂ずり、かき・・・ほとんど酒の肴ばかり。でも私は下戸で一滴も飲めない。これらは皆、私にとっては格好のお茶うけなのだ。おぉー、渋茶が美味しい。ほかにも、アイスクリーム、シャーベット、舟和の芋ようかん、フィナンシェ、チョコレート・・・なんだ、タダの甘いもの好きか、と見えるが、スポンジケーキ、シュークリーム、生クリーム等はかなり苦手だ。昨今流行のモンブランは、紅茶8杯くらい飲まねば食べきることができない。
 食べ物以外では、歌舞伎、小劇団の芝居、ミュージカル、文楽、狂言等々。むかーし昔、まだ暇だった頃、年末と言えば、恒例、京都南座の顔見世だった。急な階段を上って、一番後ろの方に座れば、歌舞伎といえどチケット代は格安である。音楽は聴くのも歌うのも大好きだ。聴く方は、西洋クラシック、雅楽、三味線、琴の演奏からQUEEN、小田和正、KinKi Kidsまで。歌う方は、カラオケでも、ア・カペラでもOK。他にも、映画、旅行、昼寝、推理小説、etc.・・・。こうして好きなものを思い浮かべたり、実際に行動したり(旅行したり、コンサートへ行ったり等)するのが私にとって、ストレス軽減につながる。
 あわただしい年の瀬に、ほんの少しだけ自分の時間をとって、今年一年のストレスを軽くして、新たな一年に備えよう。

(2003年12月)