2011年5月 (スタッフの日記バックナンバー)

5月31日(火) 村本

仕事の合間に。今朝は荒神口のリバーバンクで、打ち合わせミーティングをした。この辺りはめったと通ることのない懐かしい場所なので(支所は河原町三条にあるので、その辺りは行くが、それより東と北に行くことはほとんどない)、早めに出て、鴨川沿い川端通りをブラブラと歩く。久しぶり青空が顔を覗かせ、爽やかで気持いい。

昔、東山二条に住んでいたことがあるので、そのへんまでブラブラしているが、すっかり様変わりして、かつて暮らしていたマンションもなくなっていた(と思う。たぶん。東大路まで歩く時間はなかったので、行きつかなかっただけかもしれないが)。ほんの少しの時間ではあるけど、昔を思い出して、感傷的な気分に浸った。なにしろ三十年近くも前の話だ。鴨川沿いは、木陰の散歩道ができていて、なかなかいい感じ。

リバーバンクはネットで調べて行きついたが、結構、由緒ある喫茶のようで、映画の舞台になったり、京大生と立命館生が内ゲバをやったりしたところとか。明るいガラスの向こうに鴨川を眺めながら、昔懐かしい雰囲気のモーニングを食べ、プロジェクトのメンバー4人でさまざまに議論する。バックグランドがそれぞれに違うので、新鮮で面白く、知的刺激に満ちた時間だった。なんだか学生時代に戻ったような気分。

打ち合わせが終わるとちょうど昼前で、「この近くになかなかいい屋台のタイ料理屋があるから何か食べましょう」ということで、ブラブラと移動し、パクチーという屋台に。これがまた何とも本場タイ風で、料理もおいしく、楽しい気分。こんな気ままな動き方も、これまた学生気分で、なんかいいな〜。

のんびりしたので、昼からの仕事に間に合いそうになく、タクシーを拾って大学へ。午後はまたまた感情的に振り回されるひと仕事でへとへとに。それでも同僚の暖かいサポートに涙が出そう。悪いこともあれば、良いこともある。気を取り直してはくじけ、気を取り直してはくじけ・・・の繰り返しだ。夕方は、しゃきしゃきと仕事をこなし、今夜はまた別の打ち合わせミーティング。今年は重要なイベントのオンパレードなのだ。

空き時間に日記を書こうという気分になるのは、たぶん良い兆しだ。

5月30日(月) 津村

1週間の経つのがなんと早いこと。5月ももう終わりだ。長く低空飛行だった体調が回復してきて、まあまあ、いい感じで仕事をこなせるようになってきたかな。

先週は、母と娘の関係を考える定例グループから始まり、高槻市の某幼稚園へ。保護者対象の講演。大阪市某区で子育て支援ボランティア養成講座。そして、奈良県北葛城郡で保育士対象に講演。比較的緩やかなスケジュールだった。

いずれも熱心な方たちが多く、こちらも気合いを入れて講義することができて、感謝。これからの子育てやボランティア活動、お仕事に活かしていただけるなら、本当に嬉しい。

今週末も頑張って断捨離して、家の中も随分すっきりしてきた。物を探さなくていい生活が心地良く、シンプルって大事だなと、あらためて思う。

明日は奈良県橿原市へ。新たなご縁を楽しみに行こう。

5月28日(土) 村本

あちこちの凝りは相変わらず、頭痛も時々だが、気はしっかりしてきた。どん底まで行ってシャンとしたというのか、腹を括って現実に立ち向かう覚悟を固めたという感じ。自分でも、もう一皮、脱皮して、成長できそうな気がする。世の中思い通りにはいかないものだけど、それでも、自分だって世の中を構成している一員である。文句ばっかり言っている人にはなりたくない。やれるだけやってみよう。それでだめだったら、それはそれで良しとして、別の道を探すことにする。

バリダンスをあきらめて手放した。すごく残念だけど、欲張りすぎてはダメだ。持てるだけ持って、しっかり向き合うこと。

整骨院で「少しはましですか?」と聞いたら、アッハッハと笑われた。意味がわからず、よく聞いてみると、前の状態よりは幾分ましだが、比べる基準が間違っているということ。「それじゃあ、ここに来る人の中でも、かなり悪い部類?」と恐る恐る聞いてみると、「間違いなくトップバッターの部類です」と言われた。そうだったのか・・・。そこまでとは自覚してなかった。何しろ、私は若い頃、肩凝り知らずの自分を自慢に思っていたのだ。

それでも、気持ちがしゃんとしてきた分、少しずつ体調も回復していくのではないかと楽観している。

今日の午後は歴史のトラウマと和解修復の研究会で、「謝罪」のドラマワークショップをやった。3月にサンフランシスコで学んだものを紹介し、みなで体験をシェアしあった。新たに歴史の先生が加わって下さったので、学際的な拡がりを見せ、知的議論と体験の統合ができそうな感じ。これからの展開が楽しみである。この研究会は、企画、場所取り、ちらしづくり、案内などすべてを自分一人でやらなければならないのが辛いけど、細々でも頑張っていこう。

5月27日(金) 森﨑

五月晴れのさわやかな午後♪と書いた日から、10日ぶりの日記(ツイッターは、ほぼ毎日書いているが・・・)。

するとなんと!昨日から、中国、四国、関西までもう梅雨入り。今週末から来週にかけては、台風も襲来するという。テレビのニュースを見て、思わず「え〜〜!!」と叫んでしまった(笑)。

5月末から梅雨入りとは、かなりうんざりな気分になるけれど、何事も、いやだいやだと言うだけではなく、そのことに自ら飛び込むと、道が開ける。はず!!

そういえば、くんちゃん(村本)は先見の明があったのか、新しい雨の日グッズを購入していたな。う〜ん、さすがだ。

わたしも、以前から普段履きのレインブーツは持っている。買った当時は、「おしゃれやね」と言われたが、昨今のファッショナブルなレインブーツの登場に、今となってはかなり長靴に近い代物(汗)。わたしもそろそろ買い換えようかな〜。サンシャインガールといえども、今年は積極的に、雨の日を楽しむ工夫とアイテムが必要になりそうだ。

さてこの間、いつものように、相談業務、NPO活動、会議や、そして原稿執筆もがんばった多彩な毎日だった。来月、再来月と長期出張などで、長く自宅を空けることも多く、急に忙しくなるので、仕事に差しさわりがないよう漏れ間違いがないかチェックしながら、レジュメ作成や講師準備もしているところ。

昨日は、かおりん(津村)と同じく、といってもダンシャリアン津村(笑)には、到底かなわないけど、久しぶりに家の掃除をした。階段の端に、まっくろくろすけならぬ、まっしろしろすけ(埃の塊!)が出現したからだ(汗汗)。忙しくなると、真っ先に手抜きになるのは掃除だ。

しかし、忙しくなっても忘れないのが、梅雨に備えてハーブの刈り取り。ミント、タイム、スウィートマジョラム、チェリーセージ、ラベンダー、ローズマリー。蒸し暑い梅雨を乗り切るために刈り取るんだけど、この香りを届けられないのが残念・・・。刈り取っては、ハーブティーを楽しんだり、家のあちこちに生けたり、ドライにして置いたりして、生活の友として仲良くしている♪昨夜は湯船に入れハーブ風呂にした。

さ!今日は、スッキリした我が家でがんばって仕事をする。

5月24日(火) 津村

夏のように暑かったり、肌寒かったり、大雨が降ったりと、天候が安定しない。気温差が堪えるが、その割に私は結構、元気になってきて、気合いが入ってきている。いい感じで6月のエンジンフル稼働?に備えているかも。

くんちゃん(村本)の不調、つらそうだ。そんな中でも、膨大な仕事量をピシャッとこなしていくのだから、素晴らしい。見習わなくては・・・と常々思う。スイカパワーが効きますように。

ようちゃん(窪田)のお花の話にほっこりした。女性ライフサイクル研究所が長年、グループのテキストに使ってきた『娘が母を拒むとき』には、「自然による癒し」という章がある。

http://www.flcflc.com/book/books/04.html

植物や動物が与えてくれる慰めや支え、励まし、力強さ、いきいきした感情の力について記されているのだが、それらと知り合うときに、多くの人が身近な人の影響を受けていたりする。人と人との繋がりの大切さをあらためて感じさせられる。

我が家に犬猫がいることはよく書くが、植物はあまり真面目に育てることができず、一時期はベランダにアロエのみということもあった(笑)。

今はポトスがとても元気。ぐんぐん伸びてきたので支柱を入れたくらい。もうひとつ、サンスベリアという熱帯アフリカ原産の観葉植物もいい感じ。マイナスイオンを多く出すらしい。

これがあまり手入れもしていないのにぐんぐん伸びて、出窓に置くとてっぺんに届いて苦しそうになったので、今度は下に降ろした。ふと見ると新芽がふたつも出てきて、それも日に日に伸びている。すご〜い!

そして、高齢ながら、犬と猫も、愛らしい姿と無邪気なコミュニケーションで私たち家族に元気をくれている。感謝。

そうそう、いまブーム?らしい、『断捨離』を読んだ。流行に疎い私には珍しいことかもしれない(笑)。

美容院で雑誌を見て知ったのがきっかけなのだが(芸能通で知られた私も、いまや週刊誌を読む機会は美容院か整骨院くらいになった・・・)、従来の「片付け」「整理整頓」とは違う面白さに魅力を感じて、本を買った。

でも、まあ私は片付けられないオンナだ。家があまり片付いていない人の中でも、自分の中での秩序はきちんとあるという人も、充足感を覚える人もいると思うけれど、私はスッキリしているのが好きなのに、スッキリできないという自業自得タイプ!?

トホホな状態は続いていた。ある日、うちの若手スタッフと雑談してて、「自分にはできない」という話をした。

「津村さん、あれだけの数の講演先とやりとりする時に、誰とどの話をしているのかってグチャグチャになったりしないでしょう」と言われた。

確かにそれはない。誰とどのような仕事について、何を問題にして話しているか、それはきちんと頭に入った上でコミュニケーションできていると思う。

「それって、お仕事では、頭はすっきり整理されている状態と思うので、そこにエネルギーを使う分、お家を片付けないことでバランスをとってるんでしょうかね」

うちの若手たちは、本当に先輩にサポーティブだ(感涙)。私はよく温かい言葉をもらっている気がする。なるほど、でも、頭の中がちょっとばかり整理できるのなら、家だってもう少し何とかなるよね。その言葉が励みになった。

仕事が忙しくなかった時代には、「かおりんちは、いつ行ってもキレイ」と言われたこともあったっけ(遠い目)。

それと、衣替えがとにかく不得意な私。洋服部屋なるものも我が家には一室作ってあり、できるだけ衣替えをしなくていい生活を目指しているのに、うまく整頓できていない。

「宝くじが当たったら億ションに住んで、衣替え不要の生活をしたいもんだけどー」と冗談言ったら、「いや、億ションのクローゼットと、マンションの一室の広さはそんなに変わらないんじゃないですか」とこれまた同じ若手に指摘されたのだ。ほんまや。私は片付けない言い訳をしていたんだ。

それで不思議に頭がすっきりして、私は先週末、ほぼ3日間かけて、家中の断捨離を決行した。一番片付けたかった洋服部屋が完了。自分のデスク周りが完了。キッチンが半分ちょっと、リビングが7〜8割方・・・という成果。

もうひとつ物置部屋のようになっている一室と寝室の押入れなどが手付かずなので、課題はまだあるのだけど、気持ちがすっきりした。まだスケジュール的に比較的緩やかな今週と来週でもうちょっと頑張れるといいなと思っている。

前述の若手は、どこに何があるのかがわからず探すという状態が嫌なので、決して掃除好きではないけれど、きちんと整頓しているというのだ。本当にそうだなあ。あの時間はストレスだし、無駄なことだ。反省。

断捨離を知って、実行してみて感じることは、物とどう暮らすかということと、生き方は意外につながっているということ。

ストレスマネジメントの専門書の中に「使う分だけ稼ぐ」という言葉があったのを思い出すが、「使う分だけ持つ」というシンプルさって、この時代だから必要なのかもしれない。

ダンシャリアン津村は今日も行く。←そんなカッコいい話にしていいのか(汗)。

さてさて、今週は高槻市、大阪市、奈良県北葛城郡の3件の講演をまだ残している。週の後半がまた悪天候みたいで心配だけど、サンシャインガールズパワーが効きますように。

5月22日(日) 村本

今週もボチボチの体調。きのうは、突然、急激な頭痛に見舞われ、思わず、仕事途中でドラッグストアに走ってしまった。ふだん頭痛薬なんて飲むことないんだけど(人生でも数えるだけ)、きっと、風邪の残りと肩こりとストレスだ。ゆうべは早めに寝て、とりあえずは収まった。

今日は毎年恒例「司法臨床」の集中講義。弁護士の吉田容子先生と一緒に、自分のところの院生とロースクール生とを一緒にして、おもに女性の被害者の援助について他職種連携で学ぶ。うちのスタッフの協力を得て、いつもロールプレイをふんだんに取り入れながら、演習をさせている。最近の問題意識から、専門家にとって技法は道具でしかないこと、結局のところ、対人援助が人と人との出会いであることを力説してみる(専門教育を受けると、どうしても、学生たちが上から目線になっていくのだ)。ちょっと熱すぎたか・・・?

今夜は誰もいないので、急いで帰る必要もなく、ブラ〜と梅田に寄って、雨の日グッズの買い足しをした。白っぽいショートのレインブーツ。今日もそうだったし、明日・あさってもそのようだが、最近、晴れと大雨が混在する日が続くから、雨でも濡れず、晴れてもおしゃれなものを。明日は何を着ようかな?

そう言えば、先週、ラッパーの息子がハワイの1時間ラジオ番組にゲスト出演したというので、聞いてみた。面白かったんだけど、「こんなに素直で大丈夫!?」とちょっと心配になった。でも、このおとぼけ具合が愛される秘訣なのかも・・・。

さあ、いい加減、元気回復したいところだ・・・。せっせとスイカ(自分から自分へのお見舞い)を食べている。

5月22日(日) 窪田

昨日は、家族と一緒にガンバの試合を観戦しに行った。

私はサッカーファンではないのだけれど、競技場に座ったときのわくわく感や、ゴールが決まったときの盛り上がり、一体感が好き。

ガンバが2点決めて勝った楽しい試合だった。

子どもがもうちょっと大きくなったら、立ち見席で声張り上げて思いっきり応援してみたいなぁ♪

今日は、ジャングル状態だった木香バラを剪定。

こないだ町内の方に「剪定したら挿し芽したいから頂戴」と言われていたので持って行ったけど留守だった。切っても切っても伸びてくるから、また今度あげよう。

5月21日(土) 津村

あっという間に、5月も下旬。今週は定例の会議があった。私たちは普段ばらばらに仕事をしていることが多いので、普通の会社の同僚みたいに、同じ職場に来てタイムカードを押して仕事するといった感じとは随分違う。

この日は、それぞれの出張先などのお土産がずらりと並ぶ。今回もおいしいお菓子がたくさんで、嬉しい(笑)。

いやいや、お菓子を楽しみに来てる訳ではないんだけど(汗)、国際色豊かだったり、地方のおいしい銘菓があったりと、胸躍る(笑)。

今年の年報についてあれこれと話し合う。自分の論文がまだ良いものになっていないのがもどかしいが、何とか良いものを書きたい。思い倒れにならないようにしなくては。

連続講座や研修などを一緒に取り組むスタッフたちと、いくつもの種類の打ち合わせをする。こういうことをしているうちに、気合いが入ってきて、仕事モードが高まっていく感じ。

そろそろカウントダウンが始まり、怒涛の講師ラッシュへと突入して行くのだけど、刺激的な出会いが待っていそうで、とても楽しみ。体調を整えて、頑張っていこう。

来週は定例の母と娘の関係を考えるグループがある。そして高槻市、大阪市某区、奈良県北葛城郡に行く。皆さまのお役に立つ、良い講義ができるように頑張ります〜。

それにしても、あっという間に暑くなった。薄めの合布団にタオルケットで眠るようになった。寝る時に蒸し暑いものだから、窓を開けたくなるのだけれど、朝方に冷えてはいかんので、我慢。

扇風機を上に向けてタイマーをかけ、空気を動かすようにして寝ている。これだけでも随分違う。

年寄りの動物たちがいるから、昼間、留守にする時も暑さ対策に気を遣う。先日帰宅したら、玄関で犬が爆睡していたものだから、思わず笑ってしまった。確かに、冷たくて気持ちが良いかもしれんけど(笑)。

猫は私たちが眠るベッドが好きなので、いつもそのあたりでゴロゴロしている。犬も猫もそれぞれに心地よい場所を模索しては、まったり過ごす1日らしい(笑)。

帰宅すると、無邪気にまったりしている姿がなんとも可愛くて、ついムギューッとしてしまい、起こしてしまうけど(笑)。

蒸し暑くなっても、2匹とも食欲旺盛で感心、感心。この夏も元気に乗り切っておくれ。

さて、お風呂に入って寝るとするかー。

5月16日(月) 津村

わーっ、5月になって、はじめての日記アップだ。もう5月中旬だというのに、いかんいかん。

連休は久しぶりに実家に帰り、両親、きょうだいや甥姪たちと楽しく過ごしてきた。

ぼちぼちと講演があり、6月から一気に怒涛の講演ラッシュが始まるという、毎年おなじみのスケジュール。今はまだ緩やかなのだが、低空飛行の体調を整えるのに四苦八苦していた。

ようやく体調も落ち着き、食欲も戻ってきた。徐々に仕事モードへとシフトしていっている感じ。

冷蔵庫の残り野菜もいろいろあったので、今夜はお好み焼き。私は料理下手だけど、たま〜に家族に喜ばれるメニューがあり、お好み焼きはそのうちのひとつ。自分でも、粉と具材の割合がちょっとマシなんじゃないかと思う(笑)。

お好み焼きと一緒に、野菜たっぷり焼きそばも作った。このメニューにするといつも思い出すのが、三重県に住む友人の子ども。

もうかなり前に遊びに行った時に、「大阪の人は本当にお好み焼きとご飯を食べるの?」と聞いてきた。「そやでー。正しい大阪人やもん」と言って笑ったけど、小学生だったあの子がもう大学生。良い青年になった。

もちろんこの回答は間違い。大阪にも、お好み焼きや焼きそばにご飯を合わせない人はいっぱいいる。そういう私も最近は、お好み焼きだけで精一杯で、それ以外に何か食べたりできなくなったな。

その昔、あるドラマで、新婚家庭の夫がシチューを作った妻に、「ご飯は?」と聴く場面があった。妻はバケットとサラダを用意していた。夫の育った家ではシチューに味噌汁とご飯をつけるという家だという違いがあったのだ(笑)。

そういえば夫の実家ではシチューが甘かったそうだ。甘口の味付けが得意だった義母の作った鯵の南蛮漬けは絶品だった。夫は大人になってから、外食でシチューを食べて甘くないのに驚いたと言っていたな。

甘いといえば、焼きそばのかくし味は実は砂糖。これがイケるんだよと教えてくれた人もいた。お店をしている人の情報なので試したら、本当にGOOD♪だった。

そうそう、私の実家でも、冷奴は薄いだし汁をかけて食べる習慣があった。生姜醤油で食べる方法を知ったのは大人になってから。意外にこれが気に入った。夫もそれがいいというので、我が家では冷奴は生姜醤油派になった。

料理ひとつとってもそうだけど、自分の人生を振り返った時、優れたの知恵やアドバイスに胸打たれ、それを取り入れ、それがだんだんと自分の血肉になってきて、いまの「わたし」をつくった、そんな感じがする。

そういうなら、もうちょっと優れた人物になってても良さそうなのにというツッコミは禁止(笑)。私なりには成長してるってことで(笑)。

これから何を学び、どんなことをしていくかで、また「わたし」がつくられていくんだろうなと思う。人生って面白い。素敵な刺激をくれる人たちに感謝の気持ち。

そして、良いものを自分自身で見分けて取り入れようと頑張る自分のことも、ちょっとホメとこうかな〜(出た、お得意の自画自賛、笑)。

さてさて、明日は堺市へ行く。また新しい出会いを楽しみに行こう。

5月16日(月) 村本

この1週間は珍しく風邪をひいて、熱まで出た。体調が悪いからと言って、仕事やお稽古を休むことはまずないが、バリダンスだけは休んだ。時間に余裕ができて、少しほっとした。

実は来月末に5年に1回の発表会があって、皆は頻繁にあちこちの舞台で踊っているが、私はスケジュール的に無理で、特別に免除してもらっている状態なので、せめて発表会だけはと思っていたが、やはり、どうにも無理がある。出るとなったら、メイクや着付けの講習まであるし、家でも練習しなければならない。ずっと体調が悪いので、遠慮したい旨、思い切って先生に相談したが、まだ少し時間があるからあきらめないようにと励まされてしまった・・・。バリダンスはやっていて楽しいし、休みながらもダラダラ続けていけるといいなと思っているんだけど、雰囲気的にはカルチャーセンター的なお稽古事では全然なく、本格的な舞踏団なのだ。生活に余裕があれば情熱的にやってもいいところなんだけど、今はとても無理。悩んでいる。

ストレスも多く、先週の月曜は仕事のことであんまり頭にくることがあって、フツフツ湧いてくるこの怒りをどうしたものやら!?と思い、思わず10キロ走ってしまった(風邪をひいたのはその後だ)。当然ながら、その後、問題解決の行動を取ったので、とりあえずは一段落したものの、そう長続きはしないだろう。世の中は本当にいろいろな人がいて成り立っているものだ。まっ、何事も修行だと思うことにしている。

相変わらず鍼治療にも通っているが、一進一退といったところ。どうしても希望的観測から、そろそろ元気になってきたと思いたく、そう口にしてみるものの、どうもそううまくいかないようだ。気長に構えるしかない。

爽やかで、お天気がいいのがせめてもの救い。全面的な衣替えをしたので、これから着たいお気に入りの服がいっぱい吊ってある。それに夏の帽子。今年の雨の日グッズも買ったし、低空飛行ながら楽しい気持ちで過ごしたいものだ。

5月15日(日) 森﨑

五月晴れのさわやかな午後♪

新緑がまぶしく輝く季節だが、庭の水遣りも怠れなくなる時期。今朝も、水遣り・花がら摘み(今年はパンジー・ビオラがまだきれい)をしながら、たくさんのつぼみを見つけうれしい発見をした!

そのなかでも、以前無人のスタンドで、葉っぱの形がかわいいなと思ってポット苗を買ったが(名前がなく、始めて見る苗に、どんな花が咲くのかと楽しみにしていたが)、今日つぼみを発見したのだ!しかしよく見ると、この茎・・・と思いつつ、黄変した葉を摘むと、ん?この香り・・・。なんと、これはセロリ!!!セロリだ!!!でも、セロリってどんな花が咲くのかな〜楽しみだ♪

さて先週は、実家の母を誘って母の日ランチ(と勝手に銘打って)と美術館へ行った。小雨の中、京都へも移動してパウルクレー展にも行ってきた(今日が最終日)。とってもよかった!

そういえば、わたしは自他共に認める晴れ女なのに(たぶん)、なぜか、京都に行くときはよく雨が降る(と思う)。前回の京都は、NPOの春の交流会。あの時は嵐のように雨が降った。その前、友達と上村松園展に行ったときも雨。ま、それはいいが、雨に濡れた新緑もきれいだった!←負けず嫌いか(笑)。

金曜日は、守口市の保育園で、地域の乳幼児を持つ保護者向けの講演。うれしいことに、民生児童委員さんの参加もあった。テーマは、子育てストレスについて。『そうそう』とお互いの子育ての大変さに共感しあったり、わたしの話に『へ〜』、『そっか〜』、『なるほど・・・』と、話していても一目ででわかる反応をしてくださり(笑)、少人数で和気藹々としたひと時だった。みんな、大変な時期一生懸命子育てをしているんだなとほんわかした。

そして昨日は、地元NPOの総会。今年度のワークショップに向けての最終準備や、オレンジリボンキャンペーン事業のための準備などなど。このところmレジュメ・資料もみんなで意見を出し合い、作業をしてきたが、世代交代もうまく進んできたことを実感する今日この頃だ。うれしい。

今日は、ウォーキングに出かけたり(みかんの花が満開で甘い香りが漂っていた)、お布団を干したり晴天を楽しみ、昨日のNPO関連の作業をしたりして、もうこんな時間。のんびりした気分で午後をすごしている。

さて今週は、相談の仕事、子どもワークショップが2つ、ケース会議に、FLCの会議、金曜日は対人援助学会の研究会にも参加するつもり。日曜日は、地域の溝掃除・・・。そして来週の水曜日まで休みがない。がんばろ!

5月9日(月) 窪田

昨日は下の子たちの保育所時代の友達4家族で、河川敷でバーベキューをした。日差しは強かったけれど、河川敷なので風がふいて気持ち良かった。

それから母の日だったので、いつもおかずをお裾分けしてくれるご近所の方にお礼をこめて、カーネーションとお菓子を持っていった。そしたら海で釣りされたとのことで、釣った魚のお刺身をくださった。結局また頂いてしまった・・・。感謝!

5月7日(土) 西

この連休は4/29〜5/5まで、札幌で開催されたソマティック・エクスペリエンス(SE)のトレーニングに参加。SEトレーニングは、いよいよ三年目の最終の年。今回は、今まで習ったことを統合しながら、より複雑な外傷性ストレス症状を扱うための神経生理学的知識(特に自律神経について)と技法を学ぶという内容だった。実際にエクササイズを通して、自分自身も体験しながらの学び。一つ一つのエクササイズごとに、新たな気づきを得て、生命の不思議というか神秘を感じて敬虔な気持ちになった。

実際に一週間のトレーニングの期間を通して、日に日に自分が楽になっていった。自己一致というか、落ち着きを取り戻すことができた。震災以後、過覚醒状態なことをわかっているつもりでコントロールしているつもりだったけど、実際に落ち着くことができて初めて、落ち着いてなかったことに気づいた。頭でわかるということと、身体でわかるということは違うことを再確認。昨日から早速仕事に戻ったが、新鮮な気持ちで落ち着いていられている。このまま心と身体がつながる状態というか、自分の中心とつながる状態を維持できるようセルフケアや精神統一に努めていけたら・・と思う。SE仲間から、ヨガがいいよ〜と薦められた。調べてみるとお薦めのヨガ教室が、たまたま本社の近くにあった! 夜間クラスじゃないといけないけれど、5月中には一度行ってみたい。

久しぶりに自宅に戻ると、郵便物がたまっていた。そのなかに一つ白い封筒が・・。宮古市から? 誰だろうと思って手紙を読むと、お礼状だった。震災後、facebookの友達の友達の友達? から、着の身着のまま逃げてきた人達がたくさんいる、衣服を送ってほしいという呼びかけに、少しでも役に立つならと冬物を送らせて頂いた。そのお礼状だったが、手書きで丁寧に書いて下さっていて、本当に頭が下がる思いだった。もう一通、漁業組合からのお礼状も入っていた。「現在でも強い余震が続いており心休まる日がいつ来るのか、現実を受け入れることが出来ずにまだ悪夢を見ている様な気さえします・・」というなか、復興に全力を傾けています・・と綴られていた。皆で支えあえながら懸命に生きようとされている人々の思いが伝わってくるようだった。また、人を大事にされるあたたかい気持ちにしみじみだった。ネットでその漁業組合を調べてみたが、今もホームページは休止のままだった。オンラインショッピングのコーナーもあった。再開されたら、ぜひ海産物を頂いてみたい。現地まで行くことはなかなかできないけれど、自分にできることで、つなげて下さったつながりを大事にしていけたらいいなと思う。

5月7日(土) 窪田

連休は、上の子が家族でキャンプに行くより友達と遊びたいと言うので、私は上の子と留守番してた。
夫と下の子たちの3人は琵琶湖畔でキャンプ。
カヤックや魚釣りをして楽しんだよう。
ニジマスやイワナを20匹釣って帰ってくれたのでデッキで炭火で焼いて食べた。
夫が薫製も作ってくれた。
美味しかった♪
久しぶりにガーデニングも。
グミの木を植えたり、緑のカーテンを作ろうと風船かずらを植えたり。
木香バラが、今年もあふれるようにに咲いた。
父母が大阪に出てきたので、姉一家と一緒に父の喜寿祝いにと会食をした。
元気で、長生きして欲しいな。

5月7日(土) 村本

きのうは朝イチで再び鍼治療へ。「先週よりもっと良くない」と言われ、ガ〜ン。たしかに先週はまだ動けてたわけだから、良くないことは間違いない。どんなふうにわかるのか興味津々で、あれこれ尋ねてみているが、まず、筋と神経を押さえた時の反応というのがあるようだ。

私がストレスの極みで年に1〜2回かかるこのイタイイタイ病(自分では勝手に神経痛と呼んでいたが、どうも神経痛とも違うらしい。今はイタイイタイ病と呼んでいる)の時は、筋も神経もかなりの過敏状態にあって、ちょっとした刺激にすぐに反応してしまうということのようだ。その分、ちょっと動いただけで負担がかかり、同じ姿勢を続けているとそれもまた大きな負担となる。なるほど。呼吸しただけで痛いはず。

それから、これはまだ実際に見ていないので(基本的に後に鍼を打つので見えない)、何とも言えないが、鍼を打った後、神経が反応して、いつまでも鍼がグルグル回って止まらないらしい。自分の感覚では何度も鍼を刺したり抜いたりされていると感じていたのは筋が痙攣するという状態。同じように鍼を打っても、状態によって反応が違うことから状態を読む。まだよくイメージできないが、なかなか奥深く面白いではないか。それにしても、鍼と言うのはかなり強制的な介入である。やはり、養生をしなければ意味がないのだろう。

一時間ほど休んで仕事へ。ゆうべは研究科の懇親会だった。京都の町家を改造した鳥づくしの上品な料理だったが、上品すぎてどうにも量が足りない。最後のご飯を①卵かけご飯 ②そぼろ卵 ③鳥茶漬けから選ぶのだったが、私は①を選んだが、「まだ腹二分目だ」とブツブツ言ってたら、心優しい先生方が自分のご飯を分けてくれて、結局、私は①②③と三人分三種類のご飯を食べることができた。結果は③が一番おいしかった。

それで、今日の様子も見ながらわかったことは、どうも、今、急激に私は「食欲の春」を迎えているらしい。3月の分を取り戻そうとしているのか!?体のあちこちが痛いのは相変わらずだが、そう言えば、心なしか気力が戻りつつあるような気がする。食べる力は生きる力だ。

整骨院の院長から、じっとしてないで、軽く体を動かして血液の循環を良くする方が良いと助言されたので、今日は思い切って衣替えをしてみた。毎年、衣替えは私の趣味のようなものなのだが、今年はやろうとしてはまた冬に戻り・・で、なかなかできなかったのだ。さすがにもう毛糸はいらないだろう。春を飛び越えたような感じがしないでもないが、イメージチェンジで久しぶりに出してきた数々のお気に入りの衣装を着るのが楽しみだ。

ついルンルン気分になって、こうしてパソコンに向かってしまったが、ダメだ、ダメだ。また背中が痛みだした。やっぱり調子に乗ってはいけない。さて、明日から毎年恒例の日曜集中講義が始まる。連休気分を抜け、いよいよハードスケジュールの日常が戻ってしまうが、ちょっと楽しみでもある。少し元気が出てきたかな。

5月5日(木) 村本

体調は一進一退。太い鍼治療を受けた後、久しぶりにぐっすり眠れて翌日、気分が良く、嬉しくなって、ナイトショーで「ツーリスト」を見た。美しいベネチアの風景を見たいなと思っただけだったが、予想外に楽しめた。それは良かったのだけど、2晩続けて深夜帰りになったためか、火曜は再びグッタリ。ボチボチと仕事をして、早めに休んだ。

そして、きのう。ちょっと元気になったので、せっかくの連休、一日ぐらいはどこか行きたいなと、夫・娘を先日の鳴門・淡路島コースに連れて行くことにした。おいしかったものも食べさせたいし、そろそろ食材も切れてきたし、買い出しがてらと。びんび家のおまかせ定食にマザーズのさくらパフェ、夜は洲本のタイムアフタタイムでディナー(お目当ての丸ごと玉ねぎカレーはすでに終了していて、コースを)と、充実した食事と、地元のスーパーで食材をたんと買いこんで帰った。

内容は楽しかったんだけど、きのうはたぶん連休一番のラッシュ。休みに高速で出かけることなどほとんど経験がないので、こんな渋滞は人生初めての経験だった。結局、行きは4時間、帰りは6時間、計10時間運転したことになる。なんと家に帰りついたのは真夜中の2時半。GWに高速に乗って出かけるべきでないことは肝に銘じよう。それにしても、深夜も普通に車がたくさん走っていることにビックリ。

今回、初めて認識したが、車の運転は相当、体にこたえるようだ(たぶん、慣れないものだから、必要以上に緊張しているのだろう)。途中からみるみる背中の痛みが復活。娘がずっとマッサージしてくれたが、今日は、首から背中、腕にかけて、あちこちに痛みが走り、1日、まったく動けないような状態だった。まだまだ復調していないのに、ちょっと気分が良くなったからって遊びに行ってはいけませんということだろう。

今日はほとんど寝て過ごしたようなものだが、ビデオを2本観た(これも本当は良くないのかも)。「サン・ジャックへの道」と「僕と未来とブエノスアイレス」。どちらもなかなか良かったが、なかなか元気が戻らない。この日曜から集中講義も始るし、いつまでもダラダラしてられないので、明日、仕事前にもう一度、鍼に行こうかしらと考えている。今回の教訓は、鍼も基本的に強制的介入だから、一時的に楽になったからと言って油断してはいけないということ。たぶん、ちゃんと休養を取るべきなのだ。

それにしても、どれだけ疲労が貯まっているのか。あるいは、年齢的に回復が遅いのか。ちょっとうんざりしないでもないが、自分の体だから仕方ない。もっと大きなストライキを起こされる前に、体の言うことを聞いて大事にしてやらなければ。 

5月2日(月) 森﨑

ゴールデンウィークが始まった。

くんちゃん(村本)も、少しはGW気分を味わえているかな?

わたしは、29日の初日は一日仕事だった。昨日は、年報の図作成で一日PCとにらめっこ。「笑ろたら負けよ、あっぷっぷ!」で、ヒヒヒ・・・とちょっと笑った。思いのほか上手くできたから♪今回は笑ったもん勝ち!

年報のおかげで、図作成の腕がどんどん上がる。あっちこっち触っていると、思うように出来てうれしくなって、気がつけば丸一日・・・。やればやるほど形になっていくのでオモシロい。が、ちょっとやりすぎてごちゃごちゃしすぎたかな?年報会議で、またアドバイスをもらおう。

そんなこんなで、ちょっと停滞気味だったわたしにも、エンジンがかかり始めた。

今日は朝から快晴!迷わずウォーキング!黄砂がひどいので大きなマスクを付けて出かけた。やわらかな緑の新緑がきれいだし、田んぼには大好きなレンゲソウ♪上を見上げれば、フジ、ヤエザクラ、ハナミズキなどなど花盛り。

気をよくして自宅に戻り、今年第一弾の雑草引きと庭掃除を2時間あまり楽しんだ。

我が家でも、カラーが5本 http://www.hana300.com/kara001.html 、チェリーセージ http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 、スズラン http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%B3&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 、ナルコユリ http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A6%E3%83%AA&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 、シラーカンパニュラータ http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF 、タツナミソウ http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%BD%E3%82%A6&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 、ヒメウツギ http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%A6%E3%83%84%E3%82%AE&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 シラン http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%B3&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 も咲き出した。

そして、午後からは気分もすっきり、身体も軽く、やる気も出てきてレジュメ作成⇒夜間の仕事と順調な一日だった。満足♪明日から、3連休。何をしようかな?