2010年7月 (スタッフの日記バックナンバー)

7月28日(水) 津村

猛暑が続く毎日。月曜・火曜は大阪市内で保育士+幼稚園教諭の終日集中研修。ばっちりおしゃれをした若い先生から、ベテランの風格漂う人まで、参加者層はさまざま。

「心身のバランスを整えるためにも、ストレスに強くなるためにも、日常的にからだを動かそう」という話をしていて、「何かスポーツをしている方」と聞いたら、ちらほらと手が挙がる。

「何をされていますか?」と尋ねると、「テニスです」。ふと脳裏をよぎったのは、「エースをねらえ!」(笑)。お若い方にはわからないよねえ(汗)。

思わず「わかる方」と聞いたらハーイ!と結構、手が挙がった(笑)。「じゃあ、もっとさかのぼって、アタック№1は?サインはVは?」と聞いたら、いずれも手が挙がった。私の世代は「スポ根もの」が全盛期で、「巨人の星」が大人気だったもんね。

私と同世代の人、「稲妻落としごっこ」とか、「X攻撃ごっこ」とか、やりませんでしたか(笑)?思い出しても笑ってしまうけれど、ふと昭和な気分に戻ってしまった。アンケートに「先生、私も昭和30年代です!」という記述があって、思わず笑ってしまった。昭和仲間(笑)。

さて、もちろん真面目に研修したけれど、それはそれは皆さん熱心で、頭が下がる。アンケートも記述がぎっしり。10段階評価の採点にはドキドキしたけれど、皆さん高評価をありがとうございました。

さて、今日の水曜日。午前中は、奈良市で、子育て支援ボランティア養成講座。子どもとの良い関係の築き方についてだが、これもまた熱心な方が多き、ありがたかった。

そのまま、JRに飛び乗り、新大阪に出た。そして、これは東京に向かう新幹線の中で書いている。明日と明後日2日間は、東京で、保育士+幼稚園教諭研修だ。木曜・金曜と朝から夕方までみっちり仕事して、金曜日の夜遅くに帰宅予定だ。

さて、もう夜遅い時間。ホテルでパソコンを開いている。周辺をウロウロして、うんと食べて(笑)、大満足。明日と明後日はみっちりと、終日集中研修。元気にいくぞー!

7月28日(水) 村本

最近、どうも仕事が追っつかず、たまる一方。今日は弁護士会の研修だったが、家を出るギリギリまでパワーポイントを作っていた。こんな危なっかしい仕事の仕方は本来やらないタイプだったんだけど。まぁ、それでも内容はほとんどできていたので、何とか完了し、会場へ向かう。弁護士会館は久しぶりだった。

無事に研修が終わると、会場に来てくれていた懐かしい面々が声をかけに来てくれる。そうだ、こんなとこにも仲間がいたんだなとあらためて思う。長く仕事を続けていると、あちこちに仲間たちが拡がっていくんだな。嬉しいことだ。

終了後、タクシーを拾って大阪駅へ向うが、とても不思議な運転手さんだった。趣味なのかよくわからないけど、運転手の合間に弁護士を雇わず、自分で複数の裁判をやっているのだそうだ。弁護士なんて役に立たないから、自分でやるのが一番だと。ひとつは交通関係のでもうすぐ勝訴でお金がたくさん入るのだとか。でも、自分はお金は使わないので、別にいらない(たしかに、タクシーの料金も信号待ちで引っかかったら早々と止めてくれた)。他にも政治家を相手にした大きな裁判もやっていて、これは勝つかどうかわからないが、○○さんのことがニュースになったら、それだと言う。法律は独学だそうだ。なぜか書面のコピーまでもらってしまった。いったいどういう人なんだろう!?

夏休みまでにやってしまわなければならない宿題が複数あるのだが(なかにはレポート提出まである・・・)、子どものように逃避ぎみだ。う〜ん、何とかやる気を奮い立たせないと!

7月27日(火) 森﨑

とっても暑い日が続いている。田んぼは土用干しで、カラカラ。大きく土がひび割れているが、稲の緑は見事に輝いている!!すばらしい〜♪

1週間ぶりの日記。

先週は、友人と連れ立って(6人)、鞍馬山から貴船を散策した。彼女たちは、娘(22歳)が小学校3年生のときのクラスメイトのお母さんたち。かれこれ12〜13年のお付き合いになる。10人くらいのグループになっていて、年に3〜4回くらい、ランチに行ったり、郊外に行ったりしているが、「参加できる人が参加できるときに参加する」という、ゆる〜い気楽なつながりだ。今回は、4〜5年前からの念願の貴船行き。一度計画したものの、梅雨が長引き雨で流れ、参加者が少ないということで流れ、サーズで流れたこともあったな。

貴船といえば、川床。リーズナブルで予約の要らない川床のランチをいくつか探しておいて、がんばって山歩きをした後は涼しい床で・・・という計画だった。しかし、待ち合わせの最寄り駅に着くと、なんと、6人中4人がサンダル!「え!?鞍馬って山やで」と私。「貴船でご飯食べるだけと思ってた」「サンダルでは無理?」「これでも結構歩けるよ」などなど・・・

ま、みんな偉かった!2時間あまり階段を登り、山道をくだり見事に歩ききった!「もう、汗だく〜」「ひざが笑う」「しんどい〜」「足、筋肉痛」「今から痛いのは若い証拠!」「風吹いたら気持ちいいな」などなど、みんなハアハアいいながらも、口だけはず〜っと動いて、しゃべりっぱなし(笑)

貴船に着くと、涼しい風に汗も引き、とってもとっても気持ちよかった!!!川床で、ランチを食べて、ビールを飲んで、帰りは途中から、バスで貴船口まで戻ったけれど、みんなよく歩いた。

本当に気持ちよかった〜。リフレッシュして、帰宅後も元気だった私。ふくらはぎがパンパンになったけど、翌日だった(←若い証拠)。みんなで、「また、秋に来よう!」と約束した。楽しみだ。

7月25日(日) 村本

何とも暑い1週間だったな〜(でも、夏休みに向けて体を鍛える!)。

金曜は対人援助学会の研究会。キャンパスプラザだったので、例のごとく、少し早めに伊勢丹をのぞいて、夏休み用のサングラスとピアスとシュシュを買う。なかなかショッピングの時間はないが、仕事の合間にまめに買い物する私だ。この日は調停員をやっている卒業生が家事調停の話をしてくれた。調停から見える家族の問題が現代的でとても面白かった。

土曜は朱雀のシネマ講座。トピックに書いたが、「ラースとその彼女」。これもなかなか面白かった。来月は、春樹の「トニー滝谷」をやるので、これも楽しみだ。

そして今朝はピアノの先生のところへ行き、昼からは子どもプロジェクトでシェルターへのプログラム派遣。久しぶりの参加だったが、子どもたちが何ともかわいらしく、色とりどりの駒を作って回した。その後、梅田で用事を済ませ、そそくさと家に帰って、なぜかオムライスを食べ、花火の音に誘われて、フラフラと外へ出た(天神祭の日に大阪にいるのは珍しい気がする)。

昔は通りからでも見えたものだが、最近は、とてもたくさんのマンションが建ってしまって、ほとんど見えない。大川の方まで歩いて、手すりから身を乗り出すと、花火の上の方が少し見えるという程度。それなりにきれいではあったが、ちょっと欲求不満かな。どこまで出かけたらよく見えるんだろう?天満橋か?きっとすごい人だ・・・。

よく見えるところで、見事な花火を見てみたいな〜。来年こそは。

7月25日(日) 窪田

毎日暑いですね〜
先日、汗かきかき、へとへとで帰宅すると、ふんわり甘い香り。
お隣の家の方が育てたカサブランカの花束が届いていました。
私の気持ちもふんわり、やわらぎました。
つぼみがたくさんついているので、次々と花が咲いていってます♪

7月25日(日) 津村

相変わらず暑い毎日だけど、結構、眠れるようになってきた。眠る前に軽くストレッチをしたり、からだを動かすと、うまく眠りやすいことに気づいたのだ。これは根拠のあることらしく、人間は体温が上がり、それが下がった頃、眠気を催すのだとか。

運動で体温を上げ、それを利用して寝てしまう、というのが有効ということか。こないだ教えてもらった、リンパの流れを良くするエクササイズもやっているが、少し、足のむくみがましになってきた感じで(私は足がむくみやすい)、すごいもんだなと思う。

昨日は京都市内で、子育て中保護者対象の講演。土曜日ということもあり、パパの姿もよく見かけた。この会場は、子どもが遊べる大きな広場もあるのだが、土日はパパだけが子どもを連れてきて遊ばせるという光景もよく見かけるのだそうだ。

この合間にママは、たまのひとりの時間を楽しむのか、はたまた、効率よく家事を片付けるのか。パパの育児参加も着実に進んでいるんだなと思う。やはり20代の子どもがいるという担当者さんと、「20年前には、あまり見かけなかった光景ですね」という話をした。雨の日や真夏の利用も多いのだとか(暑さや雨をしのげる?)。親子の居場所がいろいろとできるのは良いことだ。

温かいボランティア・スタッフたちにも支えられて、こういった親子の居場所は運営されている。たいていは先輩ママさんたちだ。感謝の気持ちを持って、ルールを守って楽しむことができるといいよね。

そういえば、昨日と今日は天神祭だ。今年はたまたま土日だけど、いつもは平日だから、事務所にいても、「早く帰ろう!」(混雑に巻き込まれないうちに)といった話になるのだけれど、昨日の講演先では、祇園祭の時が、まさにそうなのだとか。

子どもが小さい頃は、いろいろと体験させてやりたいし、親子で楽しみたい思いもあって、あちこち出かけたけれど、子どもも巣立つと、本来のインドア体質(笑)が復活気味?混雑は、できるだけ回避して生きようとしてしまう(笑)。夫もアウトドア系ではないので、利害が一致していて問題ないけれど(笑)。

そんな夫婦なのに、ひとり娘は、いわゆる「出好き」タイプ。「家にいるとくさくさする」というし、勉強漬けだった大学受験の頃、「あー、コンビニでいいから出かけてきたい!」と叫んでいたことがあった(笑)。誰に似たのか?と思うが、私の実姉がこういうタイプで、面白いもんだなと思う。

何の話をしてるんだか(笑)。そんなこんなで、最近は、大きな花火を見る機会もなくなったなーと思う。以前は実家のそばで大きな花火大会があり、庭でバーベキューなんかしながら楽しんだものだけど、これも不景気で中止されて随分になる。それはちょっと寂しいかな。

それに、お祭の楽しみである夜店。あれは大好きなので、そこにご縁がなくなったのも、ちょっと残念(笑)。夜店の焼きそばとか、りんご飴とか、わた菓子なんかは、懐かしいな♪

小さな頃、初詣の時に、わた菓子を買ってもらおうと私が楽しみにしていたらしいが、値段を見て驚いて、「高いからいいわ!やめとく!」と必死に言ったらしい。必死な態度だったらしく、今も母が時々それを言って笑う。

今日も娘は浴衣を着て、大学の友達と天神祭に行くらしい。気をつけて、楽しんでおいで。

母は、とにかく講義の準備!レジュメの作成!頑張る1日にしなくては。頭の中がどっかーん!(花火?)しないようにしなくちゃね(笑)。時々からだを動かしながら、メリハリある1日を過ごそう。

月・火曜は大阪市内で、朝から夕方まで、保育士研修。水曜は奈良市。木・金曜は東京で、やはり終日の保育士研修という1週間。元気にいくぞ。

7月23日(金) 津村

あ、暑い・・・。長雨が続いていたと思ったら、いきなりこの猛暑、体がついていかないよなあ。誰と会っても、「この暑さ、ちょっと厳しすぎますよねえ」という話になる。夏バテしないように、気をつけないと。心配していた愛犬は元気を取り戻して、食欲もモリモリ。立派だよ、オマエ・・・(笑)。

昨日は、午前中が奈良市内で保育士研修。JR奈良駅に着いたら、あまりの暑さに喉がカラカラ。思わずコンビニに入り、お気に入りの「キレートレモン」を買って飲む。私の「シャキーン!」アイテムのひとつだ(笑)。

http://www.pokka.co.jp/products/lemon/kireto_lemon/02118.html

シャキーン!としたところで、講義。皆さん、とても熱心な方たちで、脇目もふらずにメモをとり続けられる。圧倒されるような真剣さ。良い雰囲気で講義できて、感謝!

午後からは、やはり奈良市内で、「母と娘の関係」をテーマにした講演。年に何度かこういう、近場で同日というスケジュールができる。「ミラクル」と若手スタッフが言い、まさにそうかもーと思う(笑)。

午後も、とても熱心な参加者さんたちに支えられ、良い雰囲気で講義させていただけた。感謝!その後のグループでも、さまざまなご感想が出され、皆さんが自分自身の問題として真摯に考えられていたのがすごいなと思う。

帰りはちょっとウロウロしようと思っていたら、たまたま休日だった夫から、「外付けのハードディスク、早く買った方がいいんちがうの?」とメールがきていた。た、確かに!あわてて大阪に戻り(残念・・・)、ハードディスクの携帯用と専用ケースを買って帰宅。早速バックアップをとり、ひと安心。こまめにバックアップをしていこう。

さて、今日は姫路市へ。今月は結構、姫路づいている(笑)。今日は、福祉管理職対象のメンタルヘルス研修。自分自身のメンタルヘルス向上を心がけながら、部下のサポートにも心を砕かねばならない管理職というのは、本当に大変だ。対人援助職のメンタルヘルス不全が問題になって久しい。気になる部下を持つ方たちは、少なくないかもしれない。

お昼休みに、何人かの受講者さんとすれ違ったら、「わかりやすくて楽しいよー。ありがとうねー」と年配の方に声をかけられたり、「楽しくて、すごいです!」と言ってくださる方がいたり、こちらが元気になるなーと思う。感謝!

終了前にもいくつか質問が出て、終了後も何名かの方がご質問に来られた。私が講義の中で呼びかけた問いについて回答しに来てくださった方もいて、楽しかった。アンケートもぎっしりと前向きな感想が並び、ホッ。

帰りは新快速で、海が見える側に席をとることができ、ラッキー♪帰りには事務所に寄り、スタッフたちの顔も久しぶりに見れた。今日の蠍座は最下位だったけど(笑)、とっても良い1日だつた。

さて、明日は京都市内で、保護者対象に子育ての講演。明日も暑いんだろうなあ・・・。、

7月21日(水) 津村

今朝は姫路へ行くため、5時半起き。身支度をしていたら、地震!突然、ズドン!と下から突き上げてくるような衝撃があってびっくりしたら、すぐにグラグラと横揺れし始めた。少々の物音では目を覚まさない夫も起きて、「地震やな」と言ったくらいだから、結構強いよなと思ったら、まもなく、「震度3」という情報がテレビに出た。

夏バテのせいか、この数日元気がなくなっている愛犬が緊張しまくって、さらにちぢこまった感じで、かわいそうに。クーラーをつけた部屋に入れているのだけれど、それでも年寄りにはこたえるらしい。元気にこの夏を乗り切ってくれるといいが。

さて、電車に乗っていたら、「人身事故で、JR京都線・神戸線は一部不通、運転取りやめ、大幅な遅れ有。振替輸送実施中」というアナウンスがあり、またまたびっくり。今日、星占いでは、さそり座は1位だったんだけどなあ(涙)。ヘンテコな当たりが続くなあ。結局、新幹線で目的地の姫路に向かうことに。

今日は、福祉職(高齢・障害等)の新任研修。2日間研修の2日目で、私は午前一番のコマと、午後の〆を受け持つ。間に「腰痛体操」の教室が入る。福祉職にとって腰痛は職業病ともいえる。

新任のうちから、上手にセルフケアをすることを学ぶのは、とても良いことだ。「せっかくだから、私も受けさせてもらっていいですか?」と担当者さんにお願いしたら、「運動をする服と靴、バスタオルを持参のこと」と言われた。全部揃えたら、結構大荷物になったりして、単に半日の仕事なんだけどさ(笑)。

さて、ここからは帰り道の新快速の中だ。今度は河川の点検とかで、やはりダイヤが乱れていた。ううう、仕方ないが、くたびれているので、「また・・・」とタメイキが出てしまう。もう18時になろうとしているのに、なんとまだ陽射しの強いこと!うだるような連日の暑さに、既にとろけそうになっている(汗)。

福祉職の新任研修は、無事に終了。途中で体操の時間もあり、私も洋服を着替えて受講してみた。からだに注目してやれる時間になったみたいで、貴重な体験だった。先生もとってもほんわかした優しい感じの方で、自分のペースでゆっくり楽しめて、感謝!自分の体のゆがみにあらためて気づかされたけれど、そのゆがみを毎日の生活の中で、上手にちょっとずつ修正できるようになるといいな。その手立てをたくさん教えてもらったので、得した気分。

私は、メンタルヘルスや、職場の良い人間関係づくりについて講義した。70名ほどの参加者。福祉職は中途採用も多いので、新任保育士研修のように20代がズラリという訳ではない。年輪を感じる参加者さんもあちこちにいらっしゃるのだが、ひとつひとつの講義への頷き方などが深いというのか、ああ、やはり年を重ねられているだけあるなあ・・・と感じさせられる。若くエネルギッシュな態度も素敵だ。良いことにエネルギーを使って、是非頑張って良い仕事をしてほしい。アンケートを拝見すると、とても前向きなご感想がズラリ・・・だったので、ホッとして帰ってきた。

さて、帰りに乗った新快速、大阪に近づく頃には、どこかの駅で、人が線路に立ち入ったとかで、また動かなくなった。ノロノロと進み、ようやく大阪駅に着いたら、今度は、「新今宮で人身事故のため、JR環状線外回りは現在、運転を見合わせております」・・・・絶句。なんて1日!アクシデントだらけの1日だったけど、まあ、明日はきっと良い日だろう!

7月20日(火) 森﨑

梅雨が過ぎ、夏だ〜!セミも鳴き出し、今、私の大好きな田んぼは水を抜き、パワフルな苗になるよう鍛えているところ。私たち人間も、本格的な夏に向けてがんばらないと!!

今年の梅雨は、サンシャインガール効果で(というより、自己中な感覚で!?)、あまり困らなかった。講演の仕事の時も、梅雨の晴れ間だったりして何度か自慢した(笑)し、晴れるまではなくても往復はたいてい雨がやんだり、小雨だった(と思う)し。。。。ハハハ・・・お気楽。

でも、苦手な蒸し暑さが抜けると、「ただ暑いだけの今日この頃」、という感じ。わたしは、今のところ扇風機で充分快適♪安上がりな人間だ(笑)

連休は夜間の仕事だったので、朝から久しぶりにワーキングをして、昨日は庭掃除をした。雑草をガリガリ退治し、伸びた枝を掃い、後片付けをして2時間あまり!時々、ミントや、ローズマリー、チェリーセージにラベンダー、私の大好きなスイートマジョラムの香りに包まれ楽しく作業♪近所の人にも「さっぱりしたね〜」と声をかけてもらった(笑顔)。思いっきり汗をかいた後はシャワーして、久しぶりのお風呂掃除。あっちもこっちも気になっていたところがきれいになったし、きもちよかった♪

その後、妹と久しぶりに長電話。海外でもママ友の悩みってあるんだな〜。でも、「もやもやした気持ちを聴いて!」と電話してきた妹はえらい。話し終わると、口から「妖怪モヤモヤ」が出てきたらしく(笑)、「妖怪退治ができてすっきり〜楽になった〜」と。めでたし。そして、昨夜は庭掃除のご褒美にたっぷりの生ミントの葉のお風呂に入ったのでした♪

今日は、朝からウォーキングの後、自転車でコインランドリーへ。冬の絨毯をやっと洗って、またもやすっきり♪でも実は、まだちゃんと衣替えをしてないので、後はまた暇をみてこれをしたい・・・。

そうそう、私もかおりん(津村)と同じく、日々論文と格闘中で、出かける仕事が一段落したとはいえ、次の講師準備をしたり、夏休みの計画を立てたり、時々仕事に出かけたり・・・。でも、こうして合間に身体を動かすと気持ちいいし、また頭が冴える(気がする 笑 )。

さ、お昼ご飯を食べてまたがんばる!

7月19日(月) 津村

昨日から暑いこと、暑いこと。クーラーが効かない。我が家の年寄りの動物たちが、げんなりしている。この暑い中、必死に原稿を書き、レジュメを作り、頭が忙しく回っている。くんちゃん(村本)は変わらず行動的!そして刺激的な体験を重ねて、ますますパワーアップしていくんだなあ。見習いたい。

こんな忙しい時に、数日前からパソコンが不調!ウィルスではないことはわかっているが、おかしな問題が起きていて、原因不明。詳しいスタッフに教えてもらったりしながら、いろいろやってみたけれど、無理。観念して、出張サービスというのを、初めて頼んでみた。

結果は、見事解決。期待以上の解決ぶりだったので、価値があるわー!と大感激。しかも聞かされていたより、ずっと安かった。思ったよりひどい状態ではなかったのかな。自宅に来てもらう方法にしたけど、とっても感じの良い人が来られて、「他にわからないことはありますか?困っていることがありますか?」と親切に言ってくれたので、猿レベルの知識の持ち主の私は、いろいろと質問させてもらい、これも満足。

「パソコンの知識は皆無に近いのに、仕事に必要で、自己流で使っているというレベルなんで、ひとたびトラブルが起きると、もうお手上げで」と言うと、「ほとんどの方はそうです」ときっぱり言われて、なんだかホッとした。本職に力を注いで、こういうことはお金を払ってプロに頼むというのが一番なんだろうな。これからも、そうしよう。その前に、こまめにバックアップをとって、不測の事態に備えよう。勧められたので、今までやっていなかった、外付けのハードディスクというのを使ってみようと思う。業者さん、ありがとうございました。

そういえば、私も来週、東京出張だ。また古本がなくなってきたなあ。仕入れなくては(笑)。←心配はそこかい!

乃南アサはだいぶん読みつくしてきたかな。古本サイトでいろいろ探してみよう。

さて、明日は研究所内で、子育て講座。

7月18日(日) 村本

コミュニティ心理学会で東京に行ってきた。一人で行って、あまり人々と交流せず、休み時間は大学のベンチで風に吹かれながら村上春樹を読みふけっていたのだが、期待以上の収穫があった。面白いことを教えてもらったというより、とてもよい素材を提供してもらったおかげで、自分の中に複数の解答を得たという感じ(要するに刺激的だったということだ)。

きのうは、「プログラム評価」の1日ワークショップ、今日は子育て支援のシンポジウム。プログラム評価は、もちろん援助の質保証のためのものであるわけだが、同時に支援者のエンパワメントのためにもある。ただし、あらかじめ設定された尺度(数値)の基準から自由に繰り広げられるものを拾うことを怠るならば、単なる管理や形骸化につながるだろう。また、臨床家たちが瞬時に絶え間なく行っているフィードバックを可視化することで、システム化することにも貢献する。

子育て支援の方では、心理学とは関係なく地域活動をしているお二人がとてもユニークな発表をしてくださり、社会学者がまた違った視点から話題提供してくれて、普通の子育て支援の話と違って楽しかった。「やっぱり心理学ってダメだよな〜」と思っていたところ、三沢直子さんという大先輩(90年代になる前、一足先に子育て支援を始めていて、研究所を開設する時に相談に行ったことがある)が久しぶりに出てこられていて、30年にわたって集めてこられた子どもたちの描画の変化について話され、これには「う〜ん」と唸ってしまった。これまで私自身が感じてきた子どもの変化とぴったり一致するのだ。現場の実感を心理学が「可視化」するとも言える。

おおざっぱに言ってしまえば、子どもたちが世界を共有しなくなったこと、人々はバラバラのまま各々の世界に住んでいるため、偏りある人間たちの歪みがそのまま世界の歪みになってしまうということ。世界を共有し(コミュニティ心理学では「コミュニティ感覚」と呼ぶ)、歪みを相補うことで、世界はバランスを取り戻す。社会学のゲマインシャフト=コミュニティの特徴である「機能の無限定化」とゲゼルシャフト=アソシエーションの「限定化」という説明もおもしろかった。現代社会には、アソシエーションによって自由選択を保証し、そこから機能の限定を越えていくしかけが必要なのだ。

コミュニティ心理学会の先輩や仲間たちは、研究所の初期から応援してくれていた人々でもある。「今年20周年なんですよ」と言うと、皆、感慨深気だった。「あなたも若かったよね」「それだけ年取ったってことですよね〜」「みんな同じだけ年をとった」・・・なんて会話も。時々学会に顔を出すのも良いもんかもしれない。

7月17日(土) 津村

いかん、私も週記状態になっていた(汗)!かーちゃん(森崎)と同じく、脳内では常に「日記にはこんなふうに書こう」とイメージしているので、自分では、長くご無沙汰したつもりはなかったりするし、「あれっ、これ書いてなかったっけ」ということもある(脳内で作業を完了していたらしい、笑)。

今週は、かーちゃん(森崎)と2人で、姫路市で新任保育士研修。60名の若者たちに、みっちりと2日間集中で講義。この子たちが本当に可愛い子たちで、無邪気そのもの。でも、一生懸命なところが、なんだかいじらしかったりして(すっかりおばさんの域)。ちょっとでも現場に活かして頑張ってよー!と願うばかり。

さて、この初日は、かーちゃんの誕生日。姫路駅近くのおしゃれなイタリアンのお店で、ディナーを楽しんだ。

小さなビルの最上階にあるのだけれど、エレベーターから降り立った途端、「おしゃれ・・・!」という感じ。

ワインなども自慢のお店のようで、ノンアルコールカクテルの種類も豊富で、私みたいな下戸も楽しめる(笑)。

前菜が出てきた途端に「うわー」とためいき。ひとつひとつが凝っていて、どれもがおいしい!野菜と海鮮のジュレ?みたいなのが、すごーくいいお味で、「贅沢〜」と言いながらコース料理を楽しんだ。

あれこれおいしものばかりで、「すごいねえ」と言いながら、ナイフとフォークの手は休めない私たち。美貌と体力で売ってますから(笑)。

思わず、ワインとカクテルは二杯目。とってもおいしいー!


かーちゃんのお誕生日を祝おうと、お祝いのコースを頼んでいたら、いきなり店内にドリカムの歌が流れて、素敵なデザートが運ばれてきた。お店のスタッフの方が複数、私たちの席まで来てくれて、「おめでとうございます!」。かーちゃんは記念のポラロイド写真も撮ってもらっていた。今年も健康で、ますます素敵な1年でありますように!

http://www.youtube.com/watch?v=hoV6-g6NbuA


デザートが出てくる頃には、もうおなかいっぱいなんだけど、デザートは別腹(笑)?これも、とってもおいしかった!

ここのお店、本当におしゃれな上に、おいしくて、リーズナブルでお勧め!お店のURLは、かーちゃん(森崎)が貼ってくれているが、姫路へ行かれた時は、是非どうぞ。ランチもおいしそう。

変な話だけど、お手洗いもびっくりなデザインで、入った途端に、「うわっ」と声を出してしまったくらい。どこまでもおしゃれー!

さて、木曜日は会議。みんなに会うと、とっても元気が出る。刺激的な1日!おいしいお土産も楽しんだ。魔除けの可愛いお守りストラップもいただいて、うわーい!早速、携帯につけた。とっても可愛い。またまた私には良いことが起き続けるのね(ノーテンキ?笑)!

昨日は、大阪市内の某企業に管理職対象コミュニケーション研修に。二度目に伺ったが、意外にお顔を覚えてるもんだなーと思う。それぞれにお元気で、皆さんが和気あいあいという感じ。

さて、来週は、火曜日が研究所の子育て講座。水曜が姫路市で、今度は新任福祉職研修。これは、私以外に、記録のとりかたや、腰痛体操などのコマもあり、私はメンタルヘルスを受け持つ。一日に渡る研修なので、せっかくだから、私も腰痛体操を教えてもらうつもり(笑)。

木曜は奈良県で2件の講演のハシゴ。金曜は、またまた姫路市で、福祉管理職向けメンタルヘルス研修。土曜は京都市で保護者対象の子育て講演。お盆まではフル稼働、頑張らなくては。

7月16日(金) 森﨑

なんと、10日ぶりの日記。

ちょっとびっくり!頭の中では、「雨の中、今年もちゃんとレインリリーが咲いた!」とか「この前庭掃除をしたのに、もう雑草が・・・いやに元気・・・」「たこのパウルくんはすごい!」「今年はまだセミが鳴かないな〜」など、何回か日記を書いていたから(笑)

前回の日記では、毎日隙を見ては寝ているという感じだったが、あれでエネルギーを徐々に充電したのだろう。快調な毎日だった。

奈良教育大学とのご縁ももう6〜7年になるが、今年も教員を目指す学生さん(今年は、息子と同い年!)とのワークショップをさせていただいた。聞けば、小学校の時にCAP子どもプログラムを受けたことがあるという人が4人もいた。その人たちが、教師になる前におとな向けのCAPを受ける。また、この子達が4歳の時に始めた活動だ。いろんな意味で感慨深かった(年いったな〜ということではない 笑 )。

八尾市では、地区懇談会の講師。会場になった小学校は、円形校舎でとてもレトロなすてきな空間で、夜7時からの講演会にもかかわらず70〜80名の参加者で、会場は熱気にあふれていてびっくり!特に地域の年配の方々が、生き生きされていた。子どもたちとの関わりも多く、地域活動に熱心な地域だとのこと。お疲れの時間にもかかわらず、みなさん熱心に耳を傾けてくださっていた。ありがとうございました!

そして、姫路市には2回。1度目は、子育て講演会。小雨の日曜日、小さな子どもさんを連れてたくさんの方が参加されていた。とてもノリのよいお母さんたちが多く、ケラケラよく笑って、メモも取り、ワークも楽しんでくださったようだ。私もとても楽しかった。昨年に続いて2度目の参加という方たちと同じバスで帰った。2人も子どもを連れて大変だったろうに、「元気になりました!」「また、がんばれそうです!」と。その笑顔がとてもうれしかった。

そして、一日おいて、今度はかおりん(津村)と、姫路での2日間の新任保育士研修。こちらは、娘と同年代。保育所だけではなく、母子寮や養護施設に勤務されている保育士さんたちもいて、日々奮闘されている様子が見えた。事前質問も、当日の質問もたくさん出て、さらに帰り際にも、何人も質問に来られた。また、その人たちを待って、わざわざお礼を言って帰る子たちもいて(“子”ってしつれいだけれど、みんなかわいい!)。勤務して1年目、駆け出しでみんな一生懸命だ。感想から学ぶの深さがうかがえて、かおりんと喜び合った。元気に楽しくお仕事ができますように!

そして、7月13日は私の誕生日だった!大騒ぎした49歳の誕生日から、もう3年も経ってしまった!朝は、夫からのお祝いメール(毎年朝一番に!)、また研修に参加した60名の保育士さんたちから無理やり(笑)お祝いの拍手をしてもらい、夜は、かおりんがおとなの雰囲気ただよう、おしゃれでおいしいイタリアンの店http://www.hotpepper.jp/strJ000631833/を予約してくれて、5大特典つきのバースデーディナーを楽しんだ♪一生の思い出に残る一日になった。ありがとう!

そして、昨日は会議と打ち合わせ。今日は、朝から論文執筆。この2日間ほとんど動いてない(笑)。明日は、ウォーキングに行こう。

7月15日(木) 村本

毎日どしゃぶりの雨だ。きのうは、スクールカウンセラーの日だったが、京都は大雨洪水警報が出たというので、来れなかった子どもたちもあって気がかり(月1しか行けないし、8月は夏休みだし・・・)。一応、天気予報はチェックしたつもりだったが、私自身はぜんぜん知らず、のんきなもんだった。

今日は一日会社会議の日。月に一度、皆が顔を合わせられる貴重な日で、いつもながら賑やかだった。とくに、今は年報20周年記念号の原稿作成の終盤を迎えており、議論にも熱がこもる。お楽しみに!お世話になった方々からメッセージも頂いているが、あらためて、自分たちが本当にたくさんの方々の暖かいまなざしによって支えられていることを知る。常日頃から感謝してきたつもりだったが、本当のところ私たちの想像をはるかに凌駕しているようにも思える。もっともっと謙虚にならないと。恥ずかしい限りだ(たとえば、私の気性の激しさ?をハラハラしながらじっと見守ってくれてきた先輩方の存在など)。

そうそう、天神橋筋商店街をちょっと入ったところに、いつのまにかジュース屋さんができていて、スイカジュースがあることを発見。アジアの国々では時々あるのだが、私の知る限り日本では初めて。日本では、ジュースにするにはスイカの値段が高すぎるからないのかなと思っていたが、330円で、今日は特売日で180円(通りがかった私のため?)。

そして、今夜は久しぶりにフェルデンクライスを受けた。少し体がしゃんとして、いい感じでリラックスできた。その後の踊りでもバランスが良い。明日は仕事後、学会のために東京へ。そろそろ梅雨明け間近かだが、いったい何を履いて行ったらいいのかな?(またこの話題・・)

7月11日(日) 村本

今日は朝から一日入試。再び梅雨の天候に入ると聞いていたので、履物に迷うが(かわいい長靴にしたいけど、入試の面接にはちょっとそぐわなすぎる気も・・・)、結局、真面目な黒のパンプスにする。幸い、行きも帰りも雨にはならず、うまい具体に雨降りの時はいつも建物の中にいたので、助かった。いつだったか、同じように悩んで白いパンプスにした時は(そうそう、あの時は大きなシンポジウムの主催者側だった)、ひどい濡れ方だった。明日からも大雨模様。月曜は泊りで火曜は一日真面目な仕事なので、明日の履物も迷っている。う〜ん。

入試の日は大変ではあるが、案外、楽しかったりもする。研究科のスタッフが皆で集まって、わいわいがやがやコミュニケーションを取れるような時間的ゆとりは普段まったくないので。来年度からの入試改革についての話題もでたりして、考えさせられた。これからは、ふるい落とす入試ではなく、勉強させるための入試を目指すというのだ。つまり、入試の機会そのものも教育の機会と考える。そろそろ、9月入試の問題作成も考えなければならないが、知恵を絞って工夫してみようと思っているところだ。

すべての会議を終えて帰路に着く。その足で選挙へ。なんとバッタリ、娘と会った。あれ〜、選挙権持ってたっけ!?よくよく考えたみると、つい数日前に誕生日を迎え、二十歳になったんだった。選挙権というのは、選挙当日の二十歳から与えられるらしい(そりゃそうか・・)。

せっかくだから、一緒に何か晩御飯作ろっかということになり、何がいいか迷ったが、春巻きに決めた。豚肉、しいたけ、はるさめバージョンと、ひき肉、もやし、ねぎバージョン。いずれも生姜をたっぷり入れるのがコツ。からっと揚げて、ポン酢、からし、レタスにくるんだりと、バリエーションを楽しむ。お腹いっぱいだ。最近、お昼のお弁当を作ることが多くなったので、結構、野菜を食べれてるかな。

7月10日(土) 津村

ああ〜、もう週末だ!木曜日は、姫路市で子育て支援者研修。とても熱心な人たちばかりで、楽しかった。

金曜日は、奈良に向かい、来年3月の講演の打ち合わせが1本。私が奈良で講義させてもらった子育て支援者の研修を受けていた方が、自分の住む村に交渉し、行政の協力も取り付けて、実施の運びになったのだとか。

「津村先生の大ファンです!」という言葉をもらって、ちょっと赤面してしまう、本当はシャイな私(おい、笑)。「村の人たちのコミュニケーションを良くするために是非!」という強い思いには、なんとか微力ながら貢献できればと思う。こういう人たちの誠実な力で、地域社会は成り立っているんだなあと、しみじみ。

それが終わってからは、奈良県子育て家庭サポートセンターで、多世代交流子育て応援推進委員会。前年度から始まり、私は委員として関わり、2期目。

今回も香芝市、奈良市、橿原市、平群町など、さまざまな場でいくつもの講座を実施し、多世代が関わる子育てを応援したり、プレママ・パパたちを子育て支援の場に繋げたりと、「つながる」事業を展開する。前年度、プレママだった人たちが出産し、赤ちゃんを連れて、集いの場に来られ始めているそうだ。

会場を子育て支援の集いの場に選んだので、参加者たちには、こんな場があるんだと知ってもらえる機会にもなった。委員会には、奈良で地域に根ざして、子育て支援をしているリーダーたちが集う。また、運営側のサポートセンタースタッフたちについてもそうだが、それぞれの意識の高さには、いつも感服させられる。イマドキの子育て支援の現場情報が聴け、私もたいへん勉強になった。

この会議自体がいつも楽しく、わいわい言いながら、経験豊富なメンバーたちから面白い話がいっぱい出てくるので、刺激になる。抱えている困難を話し合ううちに、「何が大切なのか」を皆で確認していくような時間になったと思う。自分の勉強のためにも、これからも頑張って関わり続けたいと思う。日程調整にかなりのご配慮をいただいているので、会議にはすべて参加できているのだけれど、これからも、楽しみながら関わり続け、学ばせてもらいたいと思う。

さて、白熱の会議が終わって、ダッシュで高槻市へ。某中学校の教育懇談会。先生方やPTA会長や、地元の役員さん、保護者の方など、夜間にもかかわらず、会場は大入り満員。熱心な方たちがいっぱいだった。校長先生が一番前でしっかりメモをとられて聴いておられるという光景はあまり見かけない。すごいなー!と頭が下がる。

帰り道には、講演を聴いていたというお母さんがお声をかけてくださり、駅までの道でちょっとお話した。私が講義することから、そんなことを連想されているのかー、そんなふうに思いを広げてもらったのかーと、講師側が驚くようなことがあるが、今回もそんなお話をしてくださった。人の力ってすごいな・・・。

さてさて、土曜の今日は、地域の夏祭り。私は班長なので、朝からおでんの炊き出しに汗を流した。メイクをして行った意味がなかったな(笑)。ちょっと休憩をもらったので自宅に戻り、この合間にメールチェックをして、日記まで書く私(笑)。夕方からは、販売に行かなくては。真夏に食べるおでんって、おいしいんだよねー!みんなが喜んでくれるかな。たくさん炊いてるから、きっとおいしいよ♪

そうそう、くんちゃん(村本)の日記を読んで。家を片付けるには、素敵な暮らしを楽しんでいる人を訪ねて刺激を受けるというのが良いのね。私にもそういう刺激が要るのかも(家事が疎かなだけか、笑)。

さてさて、来週も忙しい。火曜と水曜は、姫路市で、新任保育士に2日間集中研修。これはかーちゃん(森﨑 )と一緒に。また新たな出会いが楽しみだ!木曜は会議。金曜は大阪市内の某企業にコミュニケーション研修。元気に行くぞ!

7月10日(土) 村本

あっという間に、またまた1週間。何があったっけ?日曜日、NPOの用事で若いスタッフの新居にお邪魔する。大阪市内というのに、広い芝生のある素敵なお宅だ。そこに野菜やハーブなんかが植えてあって、なんて羨ましい。良い家に住むと旅行に行きたくなくなると聞いたことがあるが、こんな生活をしていると、たしかによそに行く必要はなくなるのかも・・・。ちょっと反省して、我が家のお風呂場や洗面所を磨いたりしてみた。そうそう、この日、初めて鶴橋で焼肉も食べたんだっけ。これまで近寄りがたい雰囲気だったが(圧倒される感じ?)、気に入った。また行こう。

それから、また長く放ってあったTSUTAYA DISCUSだったが、月末、立命館のシネマシリーズで「ラースとその彼女」の当番になっているので、一度、観ておかなきゃなとレンタルすることにする。置きっぱなしになっていたのを確認すると、「私の中のもう一人の私」という映画を観ていないままだった。いったいどういうつもりでこの映画を借りたのかもまったくわからないまま、せっかくなんで観てみる。それでわかったが、ウッディ・アレンを立て続けに観ていた時に注文したようだ。

これが意外にも面白かった。人生後期にかかる50歳という年齢に起こってくる人生の課題が描かれている。感情を切り捨てて、正しく生きようと努力してきた人々へのしっぺ返しのようなもの。「野いちご」の女バージョン?でも、「野いちご」の人より、ずっと人間らしく生きてきたような気はするけど。とは言え、自分の感情に正直に、なおかつ誠実に生きることは本当にエネルギーのいることだと思う。

ゆうべは、研究会で、「平和学になぜジェンダーアプローチが必要なのか」というテーマで話を聞いた。なじみの薄い国際関係学の話だったが、なかなか面白かった。おっと、そろそろ仕事なんで、このへんにしておこう。

7月6日(火) 津村

暑い1日だった!今日は、大阪市内で、某社会福祉法人主催・福祉職対象のメンタルヘルス研修。朝から夕方まで、終日研修だ。5時間半みっちりと学ぶのだけれど、とっても熱心な参加者ばかりで、最後の振り返りでも、前向きなご感想がたくさん出た。「これからも前向きに、元気にいきいきと仕事をしよう!」というお声が聞けるのは、本当に嬉しいことだ。

学んだことを、日々の生活やお仕事に活かしてくださればと思う。「あと1時間で終わってしまう。なんかもったいない」とスタッフに言ってくれた方がいらっしゃったそうで、そんなに熱心に学んでくださったのかと思うと、ありがたいやら、もったいないやら。前向きに、真剣に学んでくださった参加者の皆さんにも、いろいろと温かいご配慮をいただいたスタッフの皆さんにも心から感謝!

今日は、娘の誕生日でもあった。22歳。なんと早いことだろう。いつまでも、ちっちゃな頃の娘が浮かぶのだけれど、もう立派な大人の年齢になったとは。とにかく健康で、人生を楽しんでほしいと願うばかり。母も元気に、人生を楽しんでいるゾ(笑)。

さてさて、論文の最終締切が近づいてきて、お尻に火がついてきた。ばっくんばっくん(心臓の音、笑)。もうひと踏ん張りだーーーー!

7月5日(月) 森﨑

土日と、エアコンの効いた建物の中で一日仕事だった。まだ、夕方になると少し気温が下がるので、なんとか助かるが、これからは、この気温差で疲れる。スタミナつけないと!

今日は、夜間の仕事。お天気のいい午前中は、家にいられたので、大量に洗濯を干し(シーツも洗った)、久しぶりにお布団も干して、これまた久しぶりに掃除もした。ようがんばったな〜と、昼食後、ちょっと横になると・・・、まず、30分で目が覚めたが、また気を失い・・・なんと2時間もねてしまった!びっくり!

そして、金縛りのようなヘンな夢を見た。

最近夢のことは、よく日記に書いているが、今日の夢もたまに見る夢。特に、お昼寝をしている時(ちょっと時間を気にしながら寝てる日かな?)、現実と夢の境目に迷い込んだような感じで、目は見えていてリビングにいる(現実)。でも、部屋の中に黒い影が見えて、でも正体は分からない。見ることができないのだ。身体を動かせない(ということは夢)。誰かが(黒い影)部屋の中を動き回っているのは分かるが見えないもどかしさ。今日も「あ!いつもの」と気がついたので、怖くもなかったのだけれど。でも、2時間も寝るとあとが大変!

あわてて、今日のメールをチェックして、夕飯作り。時間もないし久しぶりにカレーにしようと買い物に出かけ、帰宅後大量の洗濯物を取り入れ、お布団も取り入れ、何とかいつ通り3時ごろには夕飯作りに取り掛かれた。今、気に入ってるサラダは、もやしとニラを茹で(レンジでも可)、カラーピーマン(赤・黄・オレンジ)を細切りにして混ぜる。色もきれいで、栄養価も高く、おまけにさっとできておいしい!私は、ゴマドレッシングが好き。スーパーで、生ハムも買って添えた(昨日、リサイクル廃品を出しに行ってくれた息子へご褒美)。仕事に出かける前、味見に生ハムで巻いて食べたら、おしかった〜〜〜。

私は、いつもお弁当を持っていくが、今日はカレー。持っていけないので、昨夜の残り物をお弁当箱に詰めて・・・。ほんとに寝すぎたおかげでばたばたした。でも、なんとか出かける時間に間に合って。。。

こんなにがんばって夕飯作ったのに(得意の自画自賛)、仕事を終え、帰宅したら息子はまだ帰ってない。くっそ〜、晩御飯いらんねんやったら先に言うといてよ!!!そしたらあんなにばたばたせんでよかったのに〜〜〜(涙)

ま、明日はその分楽できるか。これも得意のプラス思考。では、今日一日、めでたしということで(笑)

7月3日(土) 村本

今日は大学の相談センター10周年記念イベントで、1日発達障害のシンポジウム。正直言って、発達障害がらみのイベントではイライラさせられることが多いのだが、今日は、京都桂病院の石坂先生の貴重講演が素晴らしく、とても気分良く過ごすことができた。私流の偏った理解かもしれないが、要するに、眼先の流行に振り回されることなく、物事の本質を考えようじゃないかということ。多数派とは異なる特性を持つ認知の仕方があることを否定するものではないが、それが生きづらさとして現れるか、強みとして現れるかは、たぶんに社会のあり様に関わる。石坂先生によれば、古い本をひも解くと、江戸時代、いかに社会が懐深く個性的な人々を受け入れていたか(良い意味を表す「奇人」として綴られている)がわかること、発達障害の遺伝子は人類の存続に重要なのではないかという話だった。

自閉症の特徴として「自閉的知能」という言葉が使われていたが(他者から教えられない代わりに自分で学ぶ)、これはまったく自分が大人になるまで持ち合わせていた特徴だと思う。人から先回って助言されると頭に来て、失敗してもいいから自分で学ばないと気がすまなかった。最近は大人になって、そんなこともなくなったが、自分はとことん非定型の発達をしてきたと思う(自閉症とは思わないが)し、そんなにみんなで定型発達していても面白くもなんとないじゃないかと思ってしまう(このへんが発達障害についての議論をしてイライラさせられることが多い部分)。

それにしても今日はひどい雨だった。この雨のなか、300人を超えるシンポジウムで、私は主催者側としてずっと前に出ないといけない立場だったので、さすがにかわいい長靴を履くことを遠慮し、真面目な格好にしたので、行きも帰りもずぶぬれで嫌だった。白いものを着て初めて知ったが、雨の日、自転車通勤することで、はねる泥水でどんなに服が汚れるものか、驚くべきだ。やっぱり長靴が一番だな。そしてこんな時には、着替えと靴を持って行くのが良いのだということを学んだ。

7月3日(土) 津村

おっ、日記が花盛り!くんちゃん(村本)、順ちゃん(西)、かーちゃん(森崎)が続いて登場だ〜。本当に、研究所スタッフはみんな超多忙。でもみんないきいきと元気に頑張っていて、「自分も頑張ろう〜」といつも励まされる。よく、日曜日にサザエさんを見ていると憂鬱になる・・・なんてことが言われるけれど、仕事が気重と思わないって、すごく幸せなことなんだろうと思う。他のスタッフと会うと元気をもらったり、ホッとしたりする。ありがたいことだ。

今日は、雨が強く降っている音で目が覚めた。うわー、すごい。今日の午前中は、大阪市内某区にある福祉施設の職員研修。テーマは「ストレスマネジメント」。とても前向きで意欲的な態度が印象的な、感じの良い職員さんがいっぱい。すごいなあ。熱心に参加してくださったので、私も楽しく講義させていただいた。感謝!

午後はダッシュで茨木市へ。未就学児から高校生まで幅広い保護者と、子どもたちに関わる地域住民の方々や先生方など、さまざまな参加者が200名弱ほど。時間的にぎりぎりかと思ったが、午前がスムーズに終わって、無事に余裕で間に合った。ほっ。こちらも熱心な参加者が多く、ありがたかった。

子どもに関わることといえば、親が想定されやすいが、ほめてもらうこと、叱ってもらうこと、気持ちに寄り添ってもらうこと、それらはみんな、関わる大人みんなができることだと思う。子どもに関わる大人たちが心豊かに生きながら、子どもたちの気持ちに寄り添ってあげられるといいなと思う。

帰り道に買い物をして、今日は、そぼろご飯と野菜炒めとスープにした。

昨日のこと。娘が、「夏バテなのか、眠りにくいし、食欲があんまりないなー」とメールしてきた。私もそうなんだけど、娘に言われると心配になる。冷房対策はちゃんとしてるのか。ちゃんと食べて寝てるのか。母親と違い(汗)、娘の身辺の自立能力は結構高い方だと思うので、普段は特に心配していないけれど、不調と聞くと、ちょっとビビる。

でも、電車や大学では長袖を羽織っていて、冷え対策をしているというし、冷たいものも飲み過ぎないようにするなど、工夫しているらしい。半身浴をしたりして、よく眠れるような対策も考えているとのこと。本人なりに、やれることはやっているらしい。今日はボランティアだとメールしてきた。バテ気味ながらも元気にやっているのなら、まあいいか。心配性の母(汗笑)。

と偉そうに書く私は、帰宅すると、アイスクリームを食べる!というのが、夏の楽しみ。我が家では、3〜4種類のアイスクリームは常に冷凍庫に入っている。そういえばこないだ、ハーゲンダッツのクリスピーサンドというのを食べたのだけれど、おいしいねー。クッキー&クリームもおいしいし、ベリーベリーストロベリーも最高だ。

http://www.haagen-dazs.co.jp/product/lineup/index.html

そういや、ドロリッチのベリーミックスも冷蔵庫に入っているなあ(笑)。夏バテといっても、ほしいものはしっかり食べているのだから、たいしたことないな(笑)。

さて、来週は、大阪市内で福祉職のメンタルヘルス研修、姫路市の子育て支援者研修、高槻市で一般対象講演、関わっている委員会の会議が1本、そして打ち合わせ。しっかり元気に夏を乗り越えられるように、からだに気をつけなくては。

7月2日(金) 村本

一日の仕事を終え、晩の研究会までの間に、一時間強ほど時間の余裕ができたので、何かおいしいものでも食べようかなと、四条河原町を歩き、またまた「おめん」のうどんにした。たかが、うどんと侮るなかれ。薬味の野菜がうどんよりたっぷりというほど具だくさんのうどんだ。今日は冷たいのにしたが、暖かいのもおいしい。ちょっと高めだが、かなり気に入っているお店だ。そして三条のスタバで、これも好物のカフェモカを鴨川に面したオープンスペースで頂く。カフェでボ〜と過ごす時間は、めったとないが至福の時である。

どうしても外食が多くなるので、最近は、せめてお昼だけでもとお弁当を作ることが多い。何日か前、おしゃれなランチボックス・セットを買った(すぐにグッズにこだわる私だ)。会議で弁当が出る時もあるが、やっぱりなんと言っても自分で作るお弁当が一番おいしい(だって好きなものばっかり入れるわけだから)。最近は、早くもスイカが出回っているので、毎日、一切れのスイカを楽しんでいる。やっぱりおいしいものを食べるのって幸せだよね〜。

7月2日(金) 森﨑

くんちゃん(村本)はじめ、かおりん(津村)、junちゃん(西)、FLCスタッフも驚く速さで7月に突入!連日、みんな本当によく働くよね〜。そして、活き活きしている!

私はよく朝から、前月、今月と自分の手帳を眺めては、「う〜ん、ようがんばってるわ〜」と自分にエールを送りながら仕事に行くので(お得意の自画自賛で自分を盛り上げる 笑 )、「あれよあれよという間に7月になった」という感じかな。

それでも、悲しいかなやはり疲れやすくなった(汗)。

かおりんの、「ずぶぬれのアンパンマン」には笑ったが、笑ってる私も、「くたびれたジャムおじさん」みたいな感じだ。ジャムおじさんは、年齢のわりに(年齢は知らないが・・)顔もつややかで、朝早くからパンを焼いて、元気一杯だ。昼間は森の子どもたちやアンパンマンたちと楽しそうに元気に過ごしている。が、やはり中高年、きっと夜は眠くてたまらないはず(笑)

かくいうわたしも、満員電車に揺られ車に揺られ、奈良県内の小学校で子どもたちや保護者の方々と元気いっぱ〜いにワークショップをしているが(今週は大学生とも)、これがここ数年、結構体力勝負と再確認。ここ数日の蒸し暑さも手伝ってか、帰宅後30分ほどお昼ね。さらに夕飯後も、眠いと思ったら一気に「気を失う」事態に。。。ま、昼寝+気を失ってその辺で2〜3時間寝ても、お風呂に入ってお布団に入れば、またすぐに眠れるので(どこでもすぐ寝るのが特技!)、翌朝にはまた元気に出かけることができるのだが。。。。。

それでも、今日は、ちょっとくたびれた休日になった。

朝から整骨院に行き、ご依頼先とのメールを確認をしながら仕事をしたり、年報執筆に勤しんだり、ちょこっと家事をするのが最近の休日の過ごし方だが、今日は過労気味。あ〜そういえば、先月末は、合間を見ては気になっていた木を剪定したり、雑草を刈ったり庭掃除をしたし、家の衣替えもしたな。←疲れの影には、必ず何か原因はある。

今日は朝から、ウォーキングを兼ねて整骨院へ行った。途中、夏野菜のとうもろこしになすびやきゅうり、まだ青いがトマトも鈴生りだった。青々した木々の葉の間には、、小さな柿の実、朱色のざくろの花の間にもちいさな実、イチジクの木にも小さな小さな青い実を見つけた。みんな、暑さを味方に元気一杯だ!

先日、太陽を一杯浴びた取れたてのナスやきゅうりをいただいた。旬のものをしっかり食べて、意識して休養もとり(今日は、思い切って楽しみにしている研究会を休むことにした)、今月も元気にがんばろう!

7月1日(木) 西

今日から7月だ! 6月は一度も日記を書けないまま、あっという間〜に過ぎてしまった。この一カ月の間に、本社玄関の植物たちもすくすくと成長。ローズゼラニウムもぐんぐん伸び、枝も増えて、鉢が小さく感じられる。パキラの葉っぱも力強い濃い緑色で、とっても元気だ。毎朝、本社玄関にある植物たちから、生命力のパワーを感じて一日が始まるのは幸せだ。むしむしした不快さも一瞬忘れさせてくれる。

この一カ月は、講師の仕事も週一ペース。今日は全4コマだった非常勤の授業が終わった。昨年から、家族支援専門看護師を目指す大学院生さんに、家族の心理や支援についての授業を担当しているが、学生さんらのひたむきに学ぶ姿勢に、こちらもついつい熱く!なった。特に、DVや虐待、喪失のテーマについて取り上げたが、とても熱心に聞いて下さり、参加して下さった。新しい分野に果敢に取り組んでいこうとされる姿とその情熱に、とても感銘を受けた。私もまた頑張ろう〜とエネルギーを頂いた。教えることによって、たくさん学ばせてもらったし、授業がとても楽しかったし、 こういう機会を頂けたことに感謝。一期一会の出会いかもしれないが、「これからも頑張ってね〜、応援しているよ〜」の気持ちでお別れをした。

この一か月の間に、歴史とトラウマ研究会も二回開催され参加した。一つは映画「ナヌムの家」をビデオ観賞。2月にナヌムの家を訪問したこともあって、いろいろな感情や思いが出てきた。でも、言葉に表すのが難しい。先週の日曜日は、小田博志先生(北海道大学)のお話を聞かせて頂いた。知らなかったことがたくさんある。自分の感じたことを言葉にするのは難しい。家に帰って、「今日はこんな話を聞いたよ」と夫に話していると、涙が出てきた。昨日は、クンちゃん(村本)が書いた今月のトピック「撫順の奇跡」を読んで、もう一度その内容をしみじみと噛みしめた。自分の言葉になるまで、消化するには時間がかかりそうだけど、自分が感じることをそのままに、大切にあたためていこうと思う。

7月も手帳を見ていると、あっという間に過ぎそうだ! 一日一日を丁寧に、大切に過ごしていこう。

7月1日(木) 津村

ほんと、もう7月!「どんだけーーー?!」というレベルで超多忙なくんちゃん(村本)ですら、「5月、6月は何をしていたのやら」と思うんだなー、とちょっと安心したりして(笑)。そういう私も、頑張って仕事しているつもりなのに、やはり、「何もしてないのに、上半期が終わった!」みたいな感じになるから、不思議・・・。

さてさて、今週は、ぼちぼちなスケジュールかな。火曜日には川西市で、子育て中の保護者や地域住民対象の講演。このあたりの地域には何度も伺っているけれど、皆さんとても熱心だ。

今日は、大阪市内で子育て支援者対象の研修だった。100名ほどだろうか。皆さん本当にきっちりメモをとられ、真剣な面持ちで聴かれている。すごいよなあ・・・。頭が下がる思いだ。今日の主催者は、長年お世話になっている機関。良い活動をされていることに、いつも感服する。今日も、販売されている書籍をどっさり買った。私も頑張って勉強しなくちゃな。

早くも夏の暑さに弱りがちだが、それを「ずぶぬれのアンパンマンみたいな感じ」と言ったら、うちの某スタッフが「それ、なんかすごくよく伝わってくる」と大ウケしてくれた。バイキンマンにいたずらされて、ずぶぬれになったアンパンマンは、たいてい、「顔がぬれて力が出ないよー」と弱ってしまうんだけど、あんな感じなんだよねー(汗笑)。冷房と蒸し暑さの繰り返しが厳しいな。といっても、冷房がなければしんどいし、「ほどよい」感じがなかなか持てないのが、つらいところか。

私の場合は、普段が食欲旺盛なんだから、ちょっと弱って、食欲が落ちたくらいで、ちょうど良いのかもしれないけど(苦笑)。いかんいかん。よく寝て、よく食べて、元気に夏を乗り越えなくては!

ピンポン!とチャイムが鳴った。なにかな?と思ったら、お中元が届いた。あー、そんな季節なんだ。早いもんだ。しまった、こちらが送るのをすっかり忘れてた(汗)。慌ててネット注文。百貨店に行く暇がなくても、百貨店に注文できる。便利な世の中になったよね〜。

サッカーの日本チームが帰国して、会見がニュースで流れているが、チームワークの良さ、団結の強さが伝わってくる。私はサッカーをよく知らないし、普段から関心も持っていないけれど、それでも世間の盛り上がりがすごいことはわかった。メンバーの誰もがチームのためにと尽力した成果か、予想を裏切り、大健闘を見せたのも頷ける感じ。

このチームに所属できたこと、この仲間で闘えたことを誇りに思う、といった発言があちこちに聴かれる。うんうん、これが良いチームだよね。自分の職場もそんな場であることを、実感する。本当にありがたいことだ。さてさて、早めに寝るとするか。疲れを溜めないようにしないとな。