2009年12月 (スタッフの日記バックナンバー)

12月30日(水) 津村

昨日は頑張って、家を掃除する・・・・はずだった(笑)。午前からのろのろと掃除(というより整理?)をはじめ、午後、吸い込まれるように眠くなり、気づけば夕方!やっちまったな(涙)!明日は頑張ろうと誓いを立てて寝た私。人は私を「あすなろ津村」と呼ぶのではなかろうか。明日こそは明日こそはと言いつつ、とうとうヒノキになれないってか(汗)。

しかし、気持ちを切り換えて、今朝からまた頑張っている。家の中も整理整頓。♪頭の中のガラクタを処分処分♪(「笑っていいとも」かい、笑) 持ち物も頭の中もシンプルなのが良いよね。ややこしいことはシンプルに考えて、有効にエネルギーを使おうと思う。夫は暮れも押し迫るまで頑張り、今日が仕事納め。夕方には帰ってくるよと言う。娘は明日の午後くらいに帰宅しますと言ってきた。うーん、今日のうちに、そこそこ我が家をすっきりさせとかないとなー。

そんなこんなで、また進捗を書いてみました(そんな話、誰が興味あんねん!とヤナギブソンに言われてしまうかしらん、笑)。温かい紅茶でも飲みながら、ぼちぼち頑張りたいと思います〜。こうなりゃ、隠す技術だ(おい)。

12月29日(火) 津村

年内あと3日(今日は、もうとっくに始まってしまったが)!なんとか今日と明日で、自宅をきれいにしたい!と思うのだが、考えたら、一番整理がなっていないのは、私の書類関係だな(汗)。頑張るには、周囲に言いふらせとか、進捗を話せと読んだし、朝一番から日記(笑)。

ふと、これを書いていると、「ブログネタ」というコーナーが目についた。「水戸黄門にキャスティングされるなら、どの役がやりたいですか?」とある。掃除しようってのに、こんなところが目についていいのか(汗)。そりゃー、やっぱ、「この紋所が目に入らぬか!こちらにおわすお方を、どなたと心得る!畏れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」という、あの決めゼリフをやりたいし(笑)。あれは助さんだっけ、格さんだっけ(忘れた・・・汗)。それとも、悪代官になって、ほくそ笑みながら、「越後屋、おぬしも悪よのう」って言うのもいいな(笑)。こんなこと書いてる前に掃除しろっての(笑)。

そうそう、くんちゃん(村本)の日記を読んだが、「仕事が嫌になる」というのは、私もないなあ。体がひとつでは追いつかないー!という思いをすることはあるけれど、仕事そのものに嫌悪感というのは、ありえないかも。自分も働き盛りだと思うし、元気にあちこち飛び回り、楽しく仕事させてもらえる今に感謝している。

講演をしていて思うのだけれど、多くの人が大変な思いをして、講演会開催のために準備をされ、多くの人が、貴重な時間を割いて、会場に足を運んでいることに対する重みや、それに対する感謝を忘れないようにしたいと思う。たとえば、子育ての講演であれば、シッターさんたちの尽力に支えられてもいる。アンケートを見ると、「託児のおかげで、じっくり講演を聴けたことに感謝しています」という感謝の言葉が綴られていることが、よくある。こういう感謝を忘れないママも、「子どもたちに元気をもらえるから、私の方が得!」と笑うシッターさんも偉い!と思うが、人との繋がり、誰かの頑張りや思いやりに支えられて生きていることを忘れずに、自分もできることをしたいと思う。

さて、朝食をとって、掃除を頑張るかな。周辺をシンプルにしておくことは、ストレスマネジメントでも、とても大切だと言われる。好きな音楽でもかけて、鼻歌まじりにやってみるかな。よっしゃー、いくぞ!

12月28日(月) 村本

年も押し迫ってきたが、まだまだ年末の気分になりきれない。今年は、クリスマスも十分には気分に乗りきれなかったような。とりあえず、イルミネーションを見て、家族でご馳走を作ってパーティーもしたが。とりあえず、年内に仕事を終えてしまわなければ。とは言え、大学が休みになったので、今日から少しマイペースで仕事ができるようになった。今年最後の原稿を書き始めているが、つい逃避行動をとって掃除などしてしまう(ほんとは掃除もしなくちゃいけないんだけど・・・)。

もうひとつ大きな仕事は、学部生の卒論の添削と院生の修論のコメントを返すこと。年内にひと山越え、年明けにもうひと山。今、自分が書いている原稿と学生たちの卒論がちょうど同じくらいの分量なので、添削しながら、なんとなく一緒に頑張ってる感がある。お互い頑張ろうね〜。

今日は整骨院へも行けた。首、肩、腰とどこもかしこも良くなくて、下手すると首が回らなくなりそう。なんとか今日、明日でほぐしておきたいものだ。整骨院のお兄ちゃんからは、「そんなに仕事ばっかりしていて、嫌になったりしませんか?」と聞かれたが、そんなことは考えたこともなかった。忙しすぎて嫌になることはあるが、仕事自体が嫌になったことはない。むしろ、仕事は楽しい。そう言えば、つい先日も店のお兄ちゃんと話していて、「働き盛りだからね、あと十年は頑張って仕事して世の中に貢献しなくちゃね」と言ったら妙に感心されてしまった。「そんなふうに仕事している人って、周囲に他にもいますか?」と尋ねられて、あらためて考えてみたけど、「私の周りはだいたいそんなですよ」と答えた。うちのスタッフたちも皆、誇りを持って働いているし、大学の同僚たちも、全員ではないが、少なくとも私が仲良くしている人たちは、思い切り仕事に精を出しているような気がする。どうも世間では必ずしもこれが標準ではないようだが。

今年は、31日から海外出張に出る。本当は3月に行く予定だったが、2月3月が忙しすぎて無理っぽいので、冬休みの間に済ませてしまうことにしたのだ。本当によく働いた1年だったが、きれいに今年の仕事を片づけたいものだ。できれば家の掃除もしたいんだけど。

12月23日(水) 村本

ほんと、片づけても片づけても、次々と新たな仕事が湧き出てくる。眼先の仕事に追われて、なかなか予定の仕事まで行きつかない日々だったが、今日はようやくそこまでたどり着いた。これから年末までに原稿をひとつ書き上げる!これ以上、新たな仕事が湧き出てこないことを祈るばかりだ。

今宵は、仕事帰り、夫と中之島のクリスマス・イルミネーションへ。天満橋の豆腐レストランで待ち合わせ、まずは食事だったが、なんと「こんなところで会うなんて」とびっくりするI先生と一緒になる。どこで誰と会うかわからない。悪いことはできないものだと思った(とりあえず悪いことはしないと思うけど)。お上品な豆腐懐石を食べ、川沿いを歩く。ずいぶんイベントの面積が拡がったようだ。最初の年からだいたい毎年来ているが、人も増えたし、おしゃれな屋台も増えた(去年は来れなかったけど)。残念ながら時間が遅かったので、楽しみにしていたトナカイのボートクルーズには間に合わなかったけど、ほんのちょっとクリスマス気分を味わった。明日は子どもたちが帰ってくるので、おみやげに「和歌山バームクーヘン」というのを買ってみた。おいしいといいな。

あっという間に年の瀬だ。今年も早かったな〜。

12月23日(水) 津村

今日は在宅で、あれこれと書類の整理や雑務。一歩も家から出ないという、私らしい休日の過ごし方をしたが(笑)、あっという間に、夜になってしまったぞ(汗)。寝違え?の痛みは相変わらずで、イテテ・・・と言いながら、のろのろと動いている。情けない。

そういえば、メンタルヘルス研修先で聞いてみると、仕事をしているのに(つまり、毎日外に出る生活なのに)、本来は家が好きで、休日は家から出ないという人は結構いる。「からだを動かす」ことをコーピングに勧めるのだが、そういうタイプの人は、ジムへ行くより、自宅でできる運動をした方が、長続きしやすい。手を挙げてもらうと、絶対に数人はいるので、「あ、私だけじゃないのね」と思ったりする(笑)。

私もそのタイプだから、ジム通いは長続きしない。だから、自宅でできる運動が好きだし、続くのも自宅でするものばかり。ただ、泳ぐことが好きだけど、こればかりは自宅でどうにもならないので、やはりたま?に行きたくなるのだけど。課題というか反省点は、もうちょっと家の中でこまごまと動くこと。インドアはインドアなりに、日々の生活を活動的にすることは、健康に繋がるだろうと思う。

明日は京都市で、福祉職の方の研修。これが年内最後の講演になる。プロ野球の勝利前みたいに、「あと1球!」ならぬ、「あと1本!」みたいな脳内カウントダウン(笑)。有終の美を飾れる?良い内容にしたいものだ。

12月22日(火) 津村

茨木市へ。先週末はあまりの寒さに震えたけれど、今日は、少し寒さが和らいだので、ホッとしつつ、茨木市駅から会場に向かう。今日は、保育士研修。午後からの一番眠い時間帯だけど、皆さん、とっても元気だ。私も楽しく講義させてもらった。少しでも元気が出たり、また明日からの仕事を頑張ろう!と思っていただけたのなら、とても嬉しい。

ところで、ここ数日、「寝違えた」ような、首と肩、背中付近の痛みで困っている。3日ほど前に、朝起きた時、やたら痛かった。以前から、起床時の体のこわばりなどはあったけれど、これは首の後ろを温めると緩和するので、痛みというのは珍しい。びっくり。

寝違えた体験は何度もあるけれど、程なく回復するので、今までつらく思った記憶がなかったんだけど、ネット検索してみたら、「寝違い」というのは、結構侮れないものらしい。1ヶ月痛みがとれないという場合もあるんだとか。うわー、こんな痛みが1ヶ月続いたら、きついぞ。冷湿布をすると、ちょっと楽になる感じがするが、いったい私はどんな寝方をしてるんだ(汗)?!

ホワイトボードに文字を書いて、後ろを振り返るという、講義中のなんでもない動作に、「イテテ」と思わず声が出る(苦笑)。首だけで振り向くことはやめよう(笑)。なるべく急激に動かないようにしたり、首だけや肩だけを動かしたりしないで、全身でゆっくりと行動することを心がけているが、なんちゅう不便なこと。早く痛みが治まってくれー。(T∇T) ウウウ

明日は、休日。やらないといけない仕事がこまごまとあるので、ひとつひとつ片付けていこう。なにっ、大掃除?それはどこの国の言葉だ(滝汗)?

12月21日(月) 津村

今日も寒い1日だった〜!子育て中のお母さん向けの講座。「母や妻だけじゃない自分を見つけよう」というテーマで、講義とグループ・ディスカッションという構成。5つのグループに分けて話し合うので、ファシリテーターが5人で講座に行くという、通常ありえない、とてもにぎやかな仕事(笑)。

私たちは、たいていバラバラで仕事をしている。たとえば、毎年夏に実施する、子育て支援者向け研修「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」などはチームで受け持つし、複数で出張ということも、たまにはあるけれど、基本、ひとりで仕事をしていることが殆どだ。それが5人一緒というのは珍しい。皆でわいわい打ち合わせをしてお昼を食べて、みんなで会場に向かう。

参加されたお母さんたちは、それぞれに熱心で、とても意欲的。講義にも熱心に耳を傾け、真剣にメモをする態度が見られた。グループでは、それぞれが講義についての感想や、自分自身の問題について話し合い、皆で共有した。今後の子育て、職場復帰、人間関係に役立てていだたけるのなら、とても嬉しいのだけど。

今回みたいに、チームで仕事をすると、仲間の魅力的な態度や言葉に、とても誇らしい気持ちになる。「みんな、きっと、いつも良い仕事をしてるんだろうな」としみじみ思う。私も頑張ろう〜と励みになる。ありがたいことだ。

さてさて、明日は茨木市へ。年内あと2本の講演を残すのみ。明日からは、少し寒さも和らぐというから、ホッ。元気にいこう〜。

12月20日(日) 村本

師走に入って慌ただしさも加速し、息をつく間もなかったような・・・。次から次へとやらなければならない仕事が湧いて出て、片づけても片づけてもキリがなくて、プレッシャーもひどかった。とりあえず、一本目の原稿を不十分ながら書きあげ、この週末は島根の研修に行ってきた。今回も、まずは出雲そば。今回は、冬向けの「釜あげそば」。「釜あげうどん」はよくあるが、そばは初めてだった。これもおいしかった。が、量の多さにびっくり。たぶん、いつもの割子そばも全部合わせるとこのくらいあるのだろう(ふつうのおそばの倍?)。それに、ぜんざいをつけた。満足。

夜は忘年会を企画してくださったので、夜は皆さんと一緒に楽しいひととき。だんだんと参加者の関係も深まっていき、楽しく暖かく良い感じ。何人かの人たちと話すが、皆、さまざまな経験を抱え、乗り越え、しっかりと歩みながら、仕事に精を出しておられる。互いに頭の下がる関係というのか、敬意を感じあうことでエンパワーされる関係というのがいいなと思う。

今回は雪で、行きも帰りも飛行機がかなり揺れ、ビビッたけど、いつもながら満足して帰ってきた。参加者から、「先生はいったいどんなふうに自分を癒すんですか?」と尋ねられ、ハタと首をかしげてしまった。最近、癒しに興味がないのだ。たしかに、温泉に入って、「う〜ん、癒される」というような時もあったと思うけど、なんていうか、さまざまなことを日常生活の中に統合して持ち込むことができれば、頑張るときと自分を癒すとき、みたいな分断をしなくてよくなるのかもしれない。

「台湾人生」のおばあちゃんが、「14歳の時から1日も休まず働いてるよ。休んだら病気が入ってくる。働いていたらいつも元気」とニコニコ笑いながら語っていたのに共感した。日常のなかにホッとするときがあれば、それでいいのかな。傷は癒える必要があるけど、日常にあることは、日常のなかでやりくりできればいいし、日常の範囲が広がっていけばいいんじゃないかな。いよいよ修論も山場を迎え、今年は初めての卒論もある。たくさんの日常をこなしながら、年内にもう1本原稿を書かなければいけない。病気が入って来ないよう働こうっと。

12月17日(木) 津村

今日は、会議。この1年を振り返っての報告や思いをひとりずつ話す。みんなの話を聴いていると、本当に励みになり、元気づけられる感じ。私も頑張らなくっちゃ!今年も元気に楽しく仕事ができたことに感謝。年内残すところ、あと3本の講演。元気にやり抜くぞ。

さて、会議終了後は、毎年恒例クリスマスランチ。近くのフレンチのお店「DIVA」。夢中で食べ過ぎて、デジカメ撮影を忘れたゾ(汗)。前菜も主催も選べるんだけど、私はブリのカルパッチョが前菜。主催は鴨肉とソーセージの白いんげん豆煮込み。どれも本当においしい!

ほくほくのフランスパンがお皿に入れられ、これがおいしいー!あっという間に食べてしまい、なくなると、こちらが頼む前に、パッとお皿にパンが入れられる。そして、デザート。これも絶品!

それにしても、たくさんの人数で行っているのに、誰がどの注文をしたかが、シェフの頭の中には全部入っているのだ。聞かなくても、さっと本人の前に料理が出てくる。すごい!さすがはプロ!お料理の美味しさもプロ!おいしかったー!大満足!

http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27000511/

恒例プレゼント交換では、私は木でできたツリーをもらった。本当に木の香りがする。我が家では、クリスマスツリーも出していないので(子どもが小さな時はあれこれ飾りつけたものだけど・・・)、嬉しかった!帰宅して早速飾ってみた。おっ、いい感じ。クリスマスらしい部屋になった。わーい♪

夫は数日前に忘年会だったので、「うちはフランス料理だよー」と言うと、「わー、ええなあ」と羨ましがられた(笑)。今度、夫を誘ってランチに行ってみるかな。やった、また食べれるぞ(笑)。

事務所に戻って、みんなで本社の大掃除。あちこちで笑い声が起きる大掃除というのも面白いが、とてもにぎやかだった。終わったら、みんなでお茶を飲んで雑談をして、元気に解散。来年もスタッフみんなが健康で、それぞれが思い思いの仕事に精を出せたり、学びを深めたり、実り多い1年になるといいな。

12月16日(水) 津村

寒い1日だったー!今日は京都市へ。大阪も寒かったけど、京都に降り立ったら、「わおー、空気が違う」と、しみじみ実感する。今年初、「耳あて」「手袋」装着(笑)!

今日は、「更年期」がテーマのセミナー。そう、こないだ12月1日の講義と同じもので、2回に分けて実施なのだ。今日は50名くらいのご参加だった。半月前は、師走に入ったばかりだけど、まだまだ暖かく、コートなしでも歩けるような勢いだったけど、今日は空も寒々とした色で、コートの襟を立てて足早に急ぐような感じ・・・半月ですっかり師走。というか、今日からグッと寒くなったよね(笑)。

帰宅して、こたつをONにすると、「待ってました!」とばかりにもぐりこむ、犬猫(笑)。留守中は私たちのベッドにもぐりこみ、毛布の中で寝ているらしい。こたつで温まり、のぼせたらフラフラ出てきて、また寒くなったら戻っていく繰り返し。のぼせてフラフラしているのが、とても可愛い(笑)。

そうそう、確かにかーちゃん(森)は毎年、忘年会の多い人だったね。すごいなー、今年も、もうそんなに忘年会やったんだ。今年の垢もすっかり落とせて、嫌なこともきれいさっぱり忘れられそうでいいではないか(笑)。明日は、もりもり楽しく食べよう(「もりもり」がポイント、笑)。体重増加傾向といえば、私もそうだなー(汗笑)。

今夜のメニューは丼なのだけど、あまりに寒いので、豚肉と白菜を炊いて、あんかけにしてみた。とろ?り醤油味の一品。うん、温まったー!週末は大阪市内も雪の予報。わおー、ここまで体調を崩さずに頑張ってこれたのだから、暮れも押し迫ってからの風邪をひかないように気をつけなくては。

12月16日(水) 森

早い早い、もう12月も半ば。日記も2週間ぶり。

私は、年内の講演の仕事を無事に終え、今月はお楽しみ月間だ。妹と娘と一緒に、金沢への1泊旅行も控えている♪とっても楽しみだ♪

かおりん(津村)の日記に忘年会のことがあったが、私はすでに、忘年会ランチを3回(スリランカカレー・韓国料理・イタリアン)、夜の忘年会を2回(和食・鉄板焼き)終えた。クリスマスもまだだというのに、忘年会をやりすぎて、今年のことはすっかり忘れ去りそうだ。

さらに、久しぶりに妹家族を囲んでのクリスマス会、後一回忘年会も残っている(どんだけ年を忘れたいねん・・・)。おいしいものをいっぱい食べて、幸せ〜。体重増え気味〜。ま、いいか〜。

でも!!この間仕事もちゃんとしていました。5回のうち4回は、仕事を終えてからの忘年会だったし。まだ残っている仕事もあるし(何の言い訳か?・・・)。

明日は、FLC恒例の豪華クリスマスランチ♪プレゼント交換もあり、ボリューム満点でおいしいランチも待っている。スタッフが一堂に集いおしゃべりに花が咲き・・・。その後に、本社の大掃除もするが、みんなでワイワイ・・・これもまた楽しい。毎年この日は楽しみにしている!

年末年始は、本当にあわただしい。急に冷え込んできたし、体調管理には気をつけよう!

12月15日(火) 津村

今日は、奈良市へ。「孫育てのさじ加減」と題した、シニア向けの講演。唐招提寺、薬師寺などに近い、とても雰囲気の良いところにある公民館だった。わおー、世界遺産ばっかりじゃないか(汗)。

今日はシニアの女性がずらりと60名くらいだろうか?寒いところをありがとうございます!とてもお元気で、熱心に参加されている方が多かった。終了後、「反省させられることばっかりやわー」なんて声があちこちで聞こえたが、そんなふうに言える人って偉いなーと逆に頭が下がる思いだ。

明日からは、うんと寒くなるらしい。確かに師走らしい寒さではなかったから、ちょっと冬らしくなるのかな。明日は、京都市で講演だ。暖かくして出かけよう。

世間は忘年会シーズンなのか、夫も今日が勤務先の忘年会で、娘も仲間と忘年会らしい。いろいろとおつきあいが広い人は何度も忘年会があって大変かな。私は、毎年のことだけど、研究所の忘年会のみ。あとは家族で忘年会かな。今年からは夫婦ふたりで楽しむことにしよう。

12月12日(土) 津村

昨日は、大阪市内で福祉職の終日研修。熱心な人が多かった。10時〜17時の長丁場だけど、皆さん元気ですごいなーと思った。アンケートにもびっしりと感想を書き込んでくださる方も多く、この時間が私のご褒美?みたいな感じ。

次に活かしたいと思う反省点もあるのだけれど、「うわー、そんなふうに学んでくれたんですか」「そう捉えられるって、すごい!」と思う感想も多くあり、こちらが居住まいを正したいという思いにかられる。本当に楽しい仕事をさせてもらえて、感謝感謝。「うちの職場にも是非来てほしいです」というメッセージもあった。はーい、是非呼んでくださいませ(笑)。

終わってダッシュで帰宅すると、今日休日だった夫が義弟と一緒に帰ってくるというので、慌しくご飯の支度(かなり適当だけど、すまないっ・・・笑)。義父亡き後の残務整理で兄弟は大変なので、本当にご苦労様と思う。そういえば新婚の頃、まだ若かった義弟は週末の夜になるとやってきた。

当時、ある大人気のトレンディドラマが昼間に再放送されていて、リアルタイムを見逃した彼がそれを見たいと言ったのだ。我が家がビデオに録画しておき、彼はそれを1週間分見に来るといった感じだったかな。「いつもごめんねー。邪魔や言うて、追い返していいから!」と義父母が気遣って私に言ったこともあったけれど、なんでもおいしいとよく食べ、明るく面白い義弟の来訪は、夫婦で喜んでいた。当時から、とても仲良しの兄弟で、それは今もずっとそうだ。ありがたいことだと思う(小さい頃は、結構さんざんな喧嘩をしたらしいが、笑)。

さて、今日は休日。なんと半年ぶりにカットに行ってきた。私はちょっと髪に癖があり、髪が伸びてくると、うねってくるんだよね。もうどうにもおさまりのつかない髪になっていて、ようやくホッとした・・・。そういえば、どこかで私の講演を聞いたからと、依頼をくださる方は多いが、当時のヘアスタイルで記憶しておられるため、お会いした途端に、「髪が伸びられましたよね」「髪を短くされたんですね」という反応をされることがよくある。それはいつの時点の話だろう?といつも困る。自分では全然無意識だし、しかも私は、髪が伸びるのがとっても早いのだ(笑)。

でも美容院にゆっくりい行く暇はないので、不精して伸ばし続け、どうにも大変になったら美容院に飛び込む!というパターンをずっと繰り返している。だいたいその限界は半年周期だ。だから、どの時点で私に会うかによって、髪の長さはだいぶん違うことになる。といっても、ショートか、セミロングにちょっとだけ近めのショート程度の違いで、決して私は髪を伸ばさないけど(ロングヘアの手入れは無理なのと、背が低いからロングが似合わないという理由・・・笑)。

今回は、ちょっとばっさりと短めに切った。来週からは寒くなるというけど、頭が寒いかな(笑)?でも、軽くなって、さっぱりした。美容院からは来年の卓上カレンターをもらった。そうかー、もうそんな時期なんだなあ。

来週は、奈良市と京都市に行く。ゆるやかなスケジュールだけど、それ以外の用事も結構詰め込んでしまった(汗)。

12月10日(木) 津村

週に6〜10本の講演という、ウルトラハードな講師ラッシュがおさまり、今週からは、週2〜3本ペースという、とても緩やかなスケジュールになっている。過覚醒の後には、どよーんとした泥のような疲れが押し寄せる感じ。一昨日、整骨院に久しぶりに行けて、ほっとした。「体中ぱんぱんって感じ」と言われたが、確かにそんな感じ。

義父の急死とそれに伴う、さまざまなバタバタで、公私共にウルトラハードだったものだから、この秋は本当にくたびれたなあと思う。あんまり気力が湧かないけれど、こういう時ほど、落ち着いて生活して、丁寧に仕事をしなくてはと考えて、何とかやってきた。からだの声を聴く余裕はなかったけれど(というか、こういう時はからだを無視して生きてしまうのが私かも・・・・いかんのだけど・・・・)、でも、できるだけ階段を使ったり、電車の中で立っている時にはバランスをとったり、肩甲骨を動かしたりと、特別なことはできなくても、日常生活の中で、できるだけからだを動かすことを心がけていた。そのおかげだろうか。くたびれてはいるけれど、体調不良ではないと思う。

昨日は、姫路市へ。福祉管理職向けの研修。120名ほどのご参加で、2時間半の研修だった。私は、姫路駅から姫路市の庁舎に向かう道が、結構好きだ。とても道の見通しが良く、眺めも良くて、道幅も歩道にもゆとりがあって、ガシガシ歩けるのでいい(笑)。徒歩20分弱というところかな。気持ちよくウォーキング気分で行ったら、ちょっと汗ばんだりして(笑)。駅周辺も工事がだいたい終わったのか、きれいなショッピングモールができていたり、通るだけで楽しい。そういや、今年度は、姫路に何回来たんだろう?と数えたけど、多分、5〜6回?本当にお世話になっていて、ありがたいことだ。

さて、今回も本当に熱心な方が多く、終了後のアンケートもざっと拝見したけれど、びっしりと感想を書き込んでいただいている方が非常に多かった。その殆どが、研修を受けて、自分の組織をどうより良く変化させていくか、いきいきと職員が仕事のできる職場にするか、前向きに取り組んでみたいという、実に積極的・意欲的なお声であふれていた。テーマは職場の人間関係だったのだが、良い職場を作りたいと願い、そのためにできる取り組みを学ぼうという真摯な態度に、私の方が胸打たれた感じ。本当に頑張る人たちとで会うと、頭が下がるし、こちらの励みになる感じ。勇気と希望をもらえたのは、実は私ではないか?感謝。

さて、明日は、大阪市内で、やはり福祉職向けの研修。こちらは朝から夕方までの終日研修。6時間かな?長丁場でパワーが要るけれど、みっちりと学ぶ長時間研修は、できることも広がるので、それはそれで楽しい時間でもある。お申し込みがとても多かったというご連絡を担当者さんから受けているので、さあ、どんなふうにやろうかなと、今日はそれをみっちり考える時間をとるつもり。

そうそう、仕事とは全然関係ないのだけれど、私は「あすけん」というサイトで、食べたものを記録するレコーディングダイエットをずっと続けている。多分、以前にも書いたよね。

http://www.asken.jp/info/index.php?id=21

勝手にカロリー計算もしてくれるし、自分の食べ方の偏りも見えるので、重宝している。自分が常日頃、どんな食品が摂れていて、どんなものを摂り損なっているのか、アドバイスをくれるので、ありがたい。健康診断でいつも注意をされる身として、気をつけるようにしている。

高カロリー生活になってしまいがちな現代人、カロリーオーバーによる生活習慣病が問題になってくるが、その道のの専門家が「とりあえず、3食のうち1食だけは220kcalに留めることをすれば、1日のオーバーは回避しやすい」と書いていたのを読んだ。これは意外と大変だ。
たとえば、梅干のおにぎり1個で173kcalあるのだ。私の場合、最近は朝食に、キウイ1個で45kcal、ヨーグルト(加糖)1カップで67kcal、ゆで卵64kcal、こんな感じかな。そうすると、確かに1日トータルでのカロリーオーバーは避けられることが多い。特に、昼や夜にがっつり食べそうな機会がある時は、そこで調整するようにしている。

本当は夕食を軽くするのが一番だが、朝からどっさり本格的な食事を作る・・・というのは厳しいので(というか、夜にも本格的なものなんて作っていない、笑)、1日トータルで考えることにしている。夕食をできるだけ早めに摂れれば一番いいのだけれど、それも厳しいんだよなあ。せめて、在宅の時は、そのように心がけようと思っている。

いつも思うのが、やはり和食は、栄養バランスが良いし、低いカロリーで良いということ。きのこ類などは、栄養は良いのに、本当に低カロリーでありがたい。舞茸は1パックで7kcal、えのき茸が1袋で19kcal、本当にすごい!と思う。お味噌汁なんかも、入れる具材によるけれど、豆腐とわかめの味噌汁が一杯30kcal程度。それに引き換え、菓子パンのカロリーが高いこと(汗)。でも、たまには食べたい!そんな時は、別のことでバランスをとるようにしている。

そうそう、根菜類の足りなさを、よく指摘される私、確かに食材として使うことが少ない。テレビでれんこんの産地を訪ねているコーナーがあって、産地の主婦の方が、アイデアれんこん料理を紹介していた。「あっ、これなら私でもできそう」と思ったのが、れんこん鍋。輪切りではなくて、ピーラーで皮をむくように、れんこんを薄くしてしまうのだ。それを水菜なんかと一緒に水炊きにして、ぽん酢で食べるという方法。

これをやってみようと思い立ったが、昨夜は肉豆腐を一品に決めて用意していたので、それにぽん酢を使うのはちょっと合わないなと思い、醤油やお酒などで、薄いれんこんと、きのこ類を軽く炊き合わせてみた。これが結構いけた。薄いれんこんでも、シャキシャキ感が残っていて、すごーくおいしいのだ。これは、根菜類をそんなに好まない夫も喜んでいた。よし、我が家のレパートリーに加えよう。輪切りにしたれんこんは、そんなに食べられないが、薄切りは量が食べられるので良い。

ふー、食べることは熱心に書いてしまう私(笑)。今日のお昼は、そのれんこんの炊き合わせに、肉豆腐が残っているので、それを食べよう。あ、「きつねどん兵衛」が食べたかったんだけどな(笑)。←だから痩せない。

インスタント食品って、たまに食べたくなるんだよね。

チキンラーメンにきつねどん兵衛、これは1〜2ヶ月に1回くらいは食べたくなるかなあ。3ヶ月に一度食べたいのが、マクドナルドとケンタッキー。だからダメなんだよねー(涙)。(T∇T) ウウウ

反省して、今日もヘルシーメニューにしよう。

12月9日(水) 村本

今日はピースミュージアムで『台湾人生』の映画上映と監督と館長の対談があった。個人的背景から(祖父が統治時代の台湾に長くおり、父はそこで生まれた)、台湾統治がいったいどんなものだったのか知りたいと思ってきたが、これまであまり情報がなく、今回は何としてでも行かなければとの思いで時間をやりくりして行ってきた。統治時代に日本の教育を受けた5人の老人たちのドキュメンタリーだ。それぞれが流暢な日本語を話し、日本への思いを語る。

チンおばあさんは、お茶やお花もたしなむ「大和撫子」だが、「男だったら特攻隊に志願していた」「小泉さんはあっぱれだ。靖国に参って何が悪い」と、日本への思いを語ると同時に、「なぜ日本は私たちを見捨てたのか」と憤る。ショウおじいさんはビルマ戦線で戦った元日本兵。日本びいきだが、戦時中、上官に「チャンコロ」と呼ばれた悔しさを語り、「(日本への)愛国精神でいっぱいだった自分たちに、日本政府はありがとうの一言もなく、補償もない」と涙を流す。ソウおじいさんは、自分をずっと応援してくれた日本人教師への恩を忘れず、死の床に付き添い、今も毎年、日本にあるお墓の御参りを続ける。小学校の同窓会で、日本語の校歌を歌う彼女、彼ら、玉音放送を聞いた思いを語る彼女、彼ら。時代に翻弄され、複雑な思いを抱えながらも、日本の統治時代に子ども時代の郷愁を乗せる。何とも表現しにくい胸の痛さを感じる。

酒井充子さんという監督は私より少し若いが、彼女の感性がいい。新しい世代らしく、イデオロギー臭さがない。彼女は、この映画を作ることを通じて、日本人としてのアイデンティティを得た気がしたと言い、若い学生たちに「世界のどこか知らない所で日本を見ている人たちがいますよ。私たちはしっかり生きているでしょうか?」と問いかけた。何だか同士のような気がした。最近、若い女性監督たちが活躍していることも嬉しいことだ。小さくてもこんな輪を拡げていくことができたら、ひょっとして世の中はもう少しよくなるかもしれない。

12月5日(土) 津村

ようやく週末。今週も7本の講演を無事終えた。ほっ。火曜日は京都市東山区で講演した。清水寺がすぐ近くなので、ちょっと行ってみた。写真の腕が不確かなので、美しさをどこまで伝えられるか疑問だけど(汗)。観光客(特に修学旅行生!あちこちに若さがあふれてたぞー)でいっぱいだった。30分ほど歩いたくらいだけど、素敵だった。茶店に入ろうかどうしようか迷って、せっかく歩いたのにまたお菓子食べてもなーと思い、やめたんだけど、後で後悔した(苦笑)。お抹茶とお菓子食べればよかったなー。やはり私は、花より団子?

さて、中之島のイルミネーションも、仕事帰りに待ち合わせて、夫と見てきた。半月前、突然義父が亡くなって、本当にばたばたの我が家。久しぶりに、少しホッとしたかな。

そして、今日は京都市左京区へ。出町柳から叡山電車に乗って20分ほどの某児童館で、学童期の保護者向けの講演。雨で寒かったけれど、本当に美しい景色。空気が冷たいけれど澄んでいるのがよくわかる。

さてさて、これで、年内は緩やかなスケジュールになる。ホッとしている。こういう時に、よく休んだり、じっくりやる作業をしたり、落ち着いて仕事や生活ができるといいなと思う。とりあえずはじっくり休もう。今日は、疲労回復のために、きのこをたっぷり入れた鍋!

12月3日(木) 森

するする〜っと、11月後半が終わり、早くも師走!11月後半は、公私共になかなかエキサイティングだった。

23日(祝)は、毎年恒例の高校時代の硬式テニス部の同窓会。現役高校生から、彼女たちにとっては親世代くらいの先輩までが学校に集まり、共に昼食をとりテニスをするというもの(ちなみに、今年はわたしたちの学年は上から2番目の高齢・・・)。しかし、ここ十年以上(もっと?)わたしたちの学年はテニスをしないものの、この日を同窓会にしていて、学校に立ち寄って、先輩や後輩、顧問の先生にお目にかかるのが恒例になっている。それがなんと!今年は2人がテニスをすると言い出した(昨年、「来年はテニスしよう!」と言い合って分かれた気もする・・・)。1人は、最近までテニスをしていたらしいが、激太りでひざも痛いという。もう1人の子は15年くらいラケットを握ってない。というのに、「もう、あかん・・・」と言い、フラフラしながらも最後まで闘って、なんと現役高校生に競り勝った!見ていた私たちも、やれば出来る!気になり、「来年は、全員参加」を合言葉に、サークルを作り練習する予定。さ、どうなることやら。

仕事では、枚方市の保健所で更年期の講師。前半は保健士さんが、更年期のからだについて講義され、わたしも勉強になった。私は、子育て世代の心の持ちようがテーマだったが、みなさん、笑いながら熱心に参加してくださっていた。更年期は笑ってユーモアで乗り切るのもひとつ。わたしの失敗談も役に立つ(笑)。

天理では、全国から集まられた援助者向けの講演。弁護士さんも交えてのシンポジュウムもあり、貴重なお話も聞けて楽しい半日だった。当日は、お天気もよく天理市内の銀杏並木がとてもきれいだった♪

後は、電話教育相談、オレンジリボンキャンペーン(児童虐待防止)にも参加した。早々に友人たちとのの忘年会(和食)もあった。

そして、一昨日昨日は連休で、一足早く大掃除をした。カーテンを洗い、大小網戸15枚を洗い、雨戸と窓拭きを済ませた。網戸・窓がきれいになると、本当に気持ちいい!あとは、暇を見つけて、ぼちぼちこまごまと大掃除をする。ふだんの掃除はサボりがちだが、年末の大掃除は結構好きな私(笑)。

今週末から来週は、仕事の合間に友人との“ランチ忘年会”が2回ある。スリランカカレーと韓国料理。今月は、プライベートも充実したお楽しみ月間。楽しみだ〜♪