2009年9月 (スタッフの日記バックナンバー)

9月27日(日) 村本

今週も慌ただしく過ぎた。東京から帰って、深夜帰りが続いたり、静岡に行っていた両親がひょっこり立ち寄ったり(結局、時間がなくて、京都までの出勤を車で送ってもらって、お蕎麦を食べた。元気そうで良かった)、そう言えば、子どもたちもバイト帰りに立ち寄った気がする(すれ違いばっかりで、記憶が不確か)。ゆうべは仕事を終えた後、友人の村中李衣さんと落ち合い、京都に一泊した(今朝は入試で朝8時に行かないといけなかったので)。

村中さんとは、芸術教育研究所の夏の研修で毎年ご一緒していたが、去年から私が忙しすぎて行けなくなってしまったのをあまりに残念がってくれるので(芸研の講師陣はなぜか私のことをとっても好いてくれるのだ。個性的な人たちだからか?)、いつか夕飯をと約束していたものだ。ゆっくり話をするのは3年ぶり。お互いに近況を確認して、最近の仕事の自慢話をしあって(なんていうか、仕事を通じて感動したことを分かち合うのだ)、未来の仕事の展望を刺激しあう。さすがに面白いことを次々と考え出していく人だ。子どもたちの力にも感動する。というか、子どもたちの力を引き出す力にとも言えるかもしれない。

村中さんお気に入りの小さなお惣菜屋(飲み屋かな?)で、おいしいものをたらふく食べ、おみやげの栗蒸羊羹を頂き、今朝は豪華なバイキングだった。このところ、おなかがはちきれんばかりに食べることが続いている。宿に体重計があったので(家にはない)、おそるおそる乗ってみたが、ショックなことに、さらに増えていた。夏に4キロ増え、少しは回復したかと期待していたが、そんなことはなかった(自分の食生活を振り返れば当然・・・)。そして、今日、健康診断の通知が。あと3週間ばかり。またコレステロールでひっかかることは間違いない。グルメばっかりやってたんじゃ、早死にするな。どうしても外食ばかりになってしまうし、いつもバタバタしているもんだから、ちょっと座っておいしいものでも食べて気持ちを立て直そうとかつい思ってしまうが、なにか考えなくては。

明日から授業も始まる。島根に行って、すぐ南京だ。ずっと頭を悩ませていたが、ようやく南京のセミナーの見通しもつき、安心したものの、現実的にやらなければならないことがいろいろある。いろんなことがめまぐるしく展開していく。

9月27日(日) 津村

おーっと、いつのまにか、週記になってしまっていた!シルバーウィークは講演がなく、レジュメ作成三昧な日々を送った。そして昨日は大阪市内の某保育園職員研修。若い人たちがいっぱい。元気でいいなあ〜。毎年職員研修にお招きいただいている機関なので、楽しみにお伺いしている。一生懸命メモをとり、真剣な顔で聴いてくれる保育士さんたち。ますます良いお仕事をしてほしいと思う。

帰りに事務所に寄ったら、先月末に講演した機関から、感想をまとめてくださったものが届いていた。家に持ち帰ってじっくり読ませていただいた。200名の参加者があったのだが、どっさりと肯定的な言葉があって、こちらが力づけられる。自分のした仕事が報われるという喜びももちろんだけど、わずか90分の講演から何かを学び、それを今後に活かしていこうとする人間の生きる力、「こんなふうに深くに学んでくださったのか」という驚きもあったりして(私の力などはるかに超えている?と思う)、胸打たれる思いがする。

その市には、数年前に確か一度伺ったかな〜?と思うのだが(恐縮ながら、講演本数が多いと、どこに何度伺ったのか、記憶に留まらないことが多々ある)、「津村先生の話を聴いたのは2度目」と書かれていた方が何名かおられた。それによれば、私は5年前に、その地でお世話になったようだ。「昔聴いたお話は、子育ての過程で折にふれ思い出され、力になりました」とあった。たまに、「あのお話が、本当に自分の力になりました」「あの講演に支えられて頑張れました」とお声をかけていただくことがあり、どんな言葉が残ったのかも教えてくださる方たちがいる。そんなにも長期間、大切にしてくださったのかと、思わずこちらの胸が熱くなる。

私自身、ずっと大切にしていたり、道標にしてきたり、肝に銘じておこう、ずっと忘れないでいようと思う言葉や書物のメッセージがある。私の言葉が誰かのそれになっているかも?というのは、ちょっと不思議な感じがするけど(笑)、そんな仕事ができているのだとしたら、頑張ってきた甲斐があるというもの。誰かの胸で大事にされ、温め続けられているかもしれない、その言葉は、私が女性ライフサイクル研究所にいることで、手に入れたもの。ここで講師ができていることの幸せをあらためて思う。このきらめきを、魅力的に、大切に伝えられる講師であり続けたいと強く思う。

さてさて、昨夜は鴨鍋をしてみた。おいしいよ〜と以前、某スタッフに教えてもらって、生協のを買ってみたら本当においしかった。特に、雑炊がすごくおいしいと聴いていたけれど、本当に絶品だった!夫と「ホンマ、すごいおいしいな〜!」と感激しながら、雑炊までぺろりとたいらげた。まだその鴨と出汁が半分残っているので、野菜もたっぷり入れて、鴨うどん?にして、今夜はお寿司と合わせて食べようかなと思っている。

今週も、わりと余裕のスケジュール。講演は3本。奈良県の香芝市と大和高田市、そして大阪市。そして、アドバイザーを務めている機関の会議。研究所の講座がひとつ。その他の日は、やっぱりレジュメ作成三昧な日々になるかな。来週からが、週7〜10本の超ハードスケジュールになるけど、それだけ出会いがたくさんあるということ。元気にやっていこう。

遅めのおやつを食べてしまったので(おい)、お腹があまり空いてなかったんだけど、ようやく空腹になってきた。夕食にしようっと♪

9月25日(金) 森

9月後半になり、昼間の暑さがぶり返した。今もわたしの後ろで扇風機が静かに回っている。そうそう、今日の昼間、ちょっと耳を疑ったが、なんと、ツクツクボウシが鳴いていた!大丈夫かな?もうすぐ10月になるよ〜。この暑さに土から出てきて生まれてしまったのかな?

でも、なんといっても9月も後半だ。今朝、ウォーキングの途中で、どこからともなく漂うキンモクセイの香りに気付き、うっとりした♪あたりをキョロキョロ見回したが、どこから漂ってきたのか・・・?でも、これがまたうれしい!キンモクセイのかおりには、いつも運動会をおもいだし、同時に、青いミカンとあの甘酸っぱさを思い出す。あ〜、ミカンが食べたい!!

昨日、今日は自宅で秋の講師準備。お陰さまで、昨年度に引き続き、今年度もリピート依頼をいただいたり、また9月に入り、急に依頼が増えたので、頭の中が超忙しくなった。そこで、転ばぬ先の杖!と、今回初めて、「講師依頼一覧表」を作った。

わたしは、ふだんパソコンを持ち歩かないので、メールチェックは毎日するものの、パソコンを使う仕事は、自宅オンリー。仕事の前後、時間のあるときや、休日に依頼をいただいたご挨拶や、テーマや内容のご提案など、先方とのやり取りをしている。しかし、9月に入り、急に依頼が増え、依頼書の確認、レジュメ締め切りなど、講演日までの管理が、今までのやり方だけでは心もとなくなり、一覧表をつくってみたのだ。すると、「テーマのご提案をさせていただいたが、返事がまだだな」「これは、事務局からの連絡待ちで大丈夫」など、ひと目で進行状況がわかる!我ながらよくやった!これで、忘れたり、抜けることもない。ひと安心!!

9月22日(火) 村本

この連休は、学会で東京だった。プログラムに、「バッハ以降のドイツ・プロテスタント音楽」という記念音楽会が含まれていて、とても良かった。学会を主催した明治学院大学は、心理学科と芸術学科が廊下を隔てて隣り合っているそうだ。なんかいいな〜。

あちこちに良いレストランがありすぎて迷ったが、初日の晩は有名なイタリア料理店でコース、ゆうべは、上海料理店で飲茶。健康診断が近いことを気にしつつも、グルメの旅だった。宿もちょっとおしゃれな新しいホテルで、アロマグッズが用意されていたりして、快適に過ごした。もちろん勉強も。今日は司会の仕事もあったが、とても良い発表だった。

そして、今日、新幹線に飛び乗る前に、ホテルと学会会場の間にあった靴屋さんで、ブーツを新調した。今年は細身の黒いブールを買うことに決めていたのだが、早々といいのが見つかって嬉しい。だいたい私の買い物は、仕事の通り道、眼に留まったものを買うというパターンがふつうだ。忙しくてわざわざショッピングに行く時間がないこともあるが、こうすると、「そうそう、これはあの時、あそこで買ったよな〜」と思い出の品になるわけだ。なんだかあわただしかったけど、いつもながら盛りだくさんの出張だった。明日はゼミの1日合宿。

9月22日(火) 森

危ない、危ない!実は昨日も一昨日も仕事だったが、危うく時間を間違えるところだった。

この2日間は、夜間と、朝から一日相談の仕事で、仕事内容も行く場所も同じだが、時間帯が違った。でも、祝日で、シフト変更があったり曜日がややこしかったもんだから、ちょっとごっちゃになっていたようだ。時々こんな時間に関する失敗をやらかしたり、やらかしそうになるが、大抵助けてくれるのは「自分」だ。

今回も一昨日の朝、出掛けにふとカレンダーに目をやると、「20日(日)夜」と大きく赤字で書いてあった。「今日が夜か・・・」と気がつき、ならもう少しゆっくり寝られたのに・・・と残念ではあったが、無駄足を踏まずにすんだ。今回のシフト交代は、仕事で移動中に駅や車内で入ったメールや電話だった。忘れないうちにと、すぐに手帳に書き込み、帰宅後カレンダーに書き込みはしたが、『危ない』と、勘違いする予測が出来ていたのだろう。過去の自分に感謝!だ(笑)

ということで、昨日一昨日と仕事して、今日の休日は、念願のちょっと朝寝坊。午前中ゆっくりして、午後から講師準備。そう、FLCのご多分に漏れず仕事だ。しかし、ふだん超忙しいかおりん(津村)は、家を掃除しながらがんばっている。えらいな〜。そういえばわたしは、ほこりまみれの家に住んでいる夢を見たほど、しばらく掃除はしていないかも・・・。明日はお墓参りやし、明後日掃除するから!!(誰に言ってるのか!?)

かおりんといえば、先日の日記。仕事前の「回転寿司」の話は笑った。そうあの時、時間もないし、でもしっかり食べたいし、実はわたしは食べながら、超〜横目で、かおりんの前に積まれていくお皿の数を数えていた(笑)。わたしも、もうちょっと食べられたよ〜。でも、時間なかったもんね・・・。沖縄では「かなり召し上がっていらっしゃいますよ」と言われた私たち。ほんま、よう食べる!

そろそろ、夕食の時間。今夜は久しぶりにマーボーナス。あと、冷蔵庫に何が残ってたかな?生協の前の日は、残り素材で作るので、意外と豪華な夕食になる。では、では・・・

9月21日(月) 津村

ちょこちょこ仕事をしながら、今日は頑張って家事をした。流し台とかお風呂なんかをみっちり掃除して、掃除機もかけて、家の中は少しスッキリ。今夜はカレー鍋にした。野菜をいっぱい食べられるし(意外と豆腐なんかもおいしい)、最後はチーズをどっさり入れてリゾットにするのが、とてもおいしい。

今夜は、娘が帰ってくる。夜遅くやってきて、翌朝早く出て行くらしいので、ご飯を食べて、お風呂に入って寝るだけだが、ひとり暮らしで鍋は食べにくいかな?と思ったので。といっても、今はひとり用の鍋も売っているし、単身用の鍋野菜のパックなんかも売ってるか(笑)。

さっき、「今から向かうから」という電話が出先からあったところ。そばにいた犬が首をかしげているので、「お姉ちゃんが今から来るってさ」と言うと、目を輝かせてシッポを振っている。娘が着いたら、喜ぶだろう。夏休みに何度かやってきたので、「また来た」というレベルかもしれないが(笑)。

こないだ古本屋さんに行って仕入れた小説を、みんな読み上げてしまって、ちょっと寂しい。このところ、ちょっと遠くに講師に行くことが多かったからなあ。乃南アサの「女刑事・音道貴子シリーズ」は面白かった。そういやこないだ、整骨院のお兄さんと小説の話をしたら、どっちも宮部みゆきの『火車』を読んだことがわかって、「すごい話でしたよね。なんでそこで終わるかなー?!そっからいいとこやんかーと思いましたよね」と、ちょっと盛り上がった(笑)。

今日で最終回のドラマを真面目に見ていたら(笑)、あっという間に遅い時間になってしまった。夫も娘もとっくに帰ってきて、夕食を済ませた。「遅い時間やから、ちょっとしか食べへんと思う」なんて言ってた娘は、「わー、鍋!」と喜んで、たくさん食べた。元気で何より。

さて、明日は片付いた我が家で気分良く、仕事に励もう。

9月20日(日) 津村

4日ぶりの日記。あっという間に、9月も後半。この連休を、「シルバーウィーク」と呼ぶことを、つい数日前のニュースで知った。いつもは世間の休日とは無関係な日々を過ごすことが多いのに、今回は、私にも休日が訪れている。といっても、どっさりと仕事があるので、休日と呼んではいても、在宅で仕事をするだけなんだけどさ(笑)。

それでも、あちこち走り回る日常から考えると、穏やかなものだ。のんびりと好きなものを食べ、パソコンに向かっている。大好きな紅茶を楽しみながら、ほっこりとしているうちに、もう夕方!びっくり。原稿をちょっと段取ったのと、レジュメを1本、パワーポイントの原稿を作っただけで、この時間だ(汗)。

you tubeで、懐かしのメロディーを楽しみながらやっていたが、フォーリーブスも聴いてみた。あと作成しなきゃいけないレジュメは何十本か?♪にっちもさっちもどうにも♪状態かも(冗談です、コントロール不可能な仕事はしてないぞ、笑)。あと3日間、頑張ろう。

このところ、整骨院に集中して行けたので、体がちょっと楽な気がする。椅子に座りっ放しで腰を痛めないように、時々ストレッチをしたり、クッションを当てたりしている。さてさて、金曜日は兵庫県加東市へ。子育て中の保護者向け講演会。最近、高速バスづいてるかも(笑)。こないだは、西脇市の100名の託児に度肝を抜かれたが、こちらもすごいぞ、80名の託児。たくさんの地域の方のお力の結集だよね。素晴らしい。

前年度もお伺いしたのだが、その時の参加者も半分くらいおられ、びっくり。何度も足を運んでくれてありがとうー。終了後も質問の列は続き、その熱心さにもびっくり。帰りの高速バスの時間があったので、十分に聴けなかったけれど、ごめんね。でも、みんないろいろ悩みながらも頑張ってるんだなあと、しみじみ。せっかくの機会だから、子育てを楽しめるといいね。いろんな人の力を借りて、いろんなアイデアを思いついてね。

翌日は、高槻市へ。こちらも保護者向け講演会。連休に重なってしまったため、定員より少ない参加だったけれど、パパの参加もあったのは、週末の開催だったからだよね。ママたちはもちろんだけど、パパたちも、とても熱心な態度で聴いてくださっていた。子どもたちに、こころ豊かに生き抜く力がつくよう、祈るばかり。

くんちゃん(村本)も、かーちゃん(森)も、子どもたちが、いきいきと青春を謳歌しているのが、すごいなあ。そういや、うちの娘も、この夏は高知と鳥取の旅を楽しんだそうだ。元気で何より。さっき電話がかかってきた。明日、帰りが夜遅くなり、朝が大阪市内で早いので、1泊しますーという話。

この子は、今のマンションに帰るのが不便な時しかやってこない(笑)。自分の家といえば、今のマンションという気持ちなんだそうだ。私は、「この子、地に足つけてやってるんだなあ」と感慨深い思い。我が子が意外にたくましいことを知ったけれど、まあ、家にいた時は、こっちが子どもだと思っていたかったのかもね(笑)。

私たち夫婦も、すっかりふたり(+犬&猫)の生活に慣れてしまった。犬は娘が来ると、ちぎれんばかりにシッポをふって、大喜び。娘に拾われて命拾いしたはずの猫は、いつもクール(怒ってる感じもする)で、「あ、来たん」という態度だけど、「ココア、このぉ〜、知らん顔すんなーーー」と娘はムギューーーッとして、余計に嫌がられる(笑)。また明日も、そんな光景が繰り広げられるのか(笑)。

昨夜は夫が遅い者同士、友人と回転寿司(寿司屋といえば、回転するのがお約束、笑)に行ってきた。秋の限定メニューで、松茸のあんかけ茶碗蒸しというのが出てて、これが結構おいしかった。私は8皿と茶碗蒸し、友人は6皿くらいだったかな。それでも、「お腹いっぱいーーー」と言っている友人。私はまだもう少しイケたかも(汗)。

そういや、こないだ、夜の仕事に入る前に、かーちゃん(森)とも回転寿司屋さんに行ったんだけど、もりもり食べる私と同じ枚数を、かーちゃんも食べていた。時間切れで切り上げたけど、あれがもう少し時間があったら、かーちゃんは、もっと食べていたのだろうか。私は食べていたかも(笑)。あ、こう書いてて思い出した。沖縄で仕事があった時に、何度もお寿司を食べたっけ。もう動けなくなるくらい食べたけど、かーちゃんも同じ量を食べてたね(笑)。「このままじゃ、お腹いっぱい過ぎて眠れないね」と、ホテルの外を散歩したっけ(笑)。

しかし、笑い事ではない。せっかく運動しまくって減らした体重が、1年近くペースダウンし続けたことで、リバウンド気味。12月に健康診断があるので、もうちょっと何とかしなくては。せっかくの連休だから、ヘルシーに過ごしてみようかなと思っている。スクワットもしたけど、もうちょっと運動量も増やそうかな。

10月から11月末まで、週に6〜10本というスケジュールになる。元気にいこう。

9月19日(土) 森

稲穂は頭を垂れ、萩の花は満開、ススキも穂を出し、そろそろ彼岸花が咲き出したところもある。すっかり秋の風情が漂っている♪秋は、好きな季節だ♪

そして世間は、今日から大型連休シルバーウィーク。私は、明日あさっては仕事だし、銀=シルバーの次の、銅=コパー(copper)ウィークかな?

でも今日は、休日。朝から整骨院に行き、図書館のお気に入りの場所で半日過ごしたが、その前に、以前から気になっていた店に立ち寄り、ボサノバを聞きながら有機野菜たっぷりのランチをいただいた!おいしかった〜〜!なんと、足裏マッサージ機もあり、足をマッサージしながら、食後のコーヒーもおいしくいただいた♪大満足♪地元にお気に入りの場所がひとつ増えた♪

図書館では、「今からお話会が始まります」のアナウンスに、ラッキー!と、急いでお話のへやへ移動し、子どもたちに混じってなつかしい昔の仲間のお話を聞き、久しぶりの再会も楽しめた。とってもとっても贅沢な一日だったな〜♪

そういえば久しぶりの日記、2週間ぶりかな・・・?

この2週間は、奈良、京都、大阪をぐるぐる三角回りしていた(笑)。以前、娘に「仕事で三都めぐりやで!」と言うと、「お母さん、三都に奈良は入ってないで」と言われ、「なんで!古都奈良がなんで三都入れへんの!?」とびっくりし、「ほんなら、どこなん!」と聞き、「神戸」と言われて「そうか・・・」と、華やかさでは負けるなと、あっさり引き下がったことがある(笑)。

奈良では、いつものように元気な子どもたちとCAPのワークショップを楽しんだ。また、参観のシーズンでもあるので保護者の方たちや先生、保育園の先生たちへのワークショップもあり、彩り豊か。

京都では、アンチエイジングのセミナーで、すでにこうした講座を受講されて活き活きされている30代〜60代までの女性と、ちょうど実習に来られている20〜30代のインターンの方々と一緒に、年齢を重ねることを受け入れつつも、笑いや、ユーモアで吹き飛ばしながらの講座になった。これから、さらに自分らしい生き方を模索していただくきっかけになるといいな。

もう1箇所は、子育て支援者対象の講座。支援を必要とする人たちに、良い支援を届けるため、毎月定例で講座を開かれているという。みなさん、熱心に耳を傾け、ペンを走らせ、ワークにも大笑いしながら参加してくださった。「すぐに実践できそうです!」との声をいただきとてもうれしかった。かおりん(津村)もいつも言っているが、その声に、わたしたちも元気をいただく。お互いがんばりましょう!

大阪では、2件講師打ち合わせがあったが、ひとつは不思議な奇遇な、10年ぶりの再会ともなり、びっくりする場面もあった。しかし、どちらの打ち合わせも、依頼者の方とじっくり、より良い講座にしましょう!と一緒にいろいろ考えさせていただけとても有意義だった。感謝!

そして、我が家でもいろいろ面白いことがあった。

高3の受験生の息子が、夜8時ごろに「もう、眠たい・・・・寝な・・」というので、「もう寝るん?」と聞くと、「違う、こいつ(笑)」と、小学生の頃遊んでいたデジモン(たまごっちの男の子版)で、なにやら育てているらしい。何が起こっているのか??また、小学生以来といえば、体育祭でこけて、ひざを大きくすりむいていたが、小学生の頃を違うのは、自分でちゃんと手当てをしていたこと。おおきくなったね〜。本人に言ったら「うざいねん!」と言われるので、言わないが(笑)

活動家の娘は、夏休みは福岡へ研修に行き、また最近、新潟ビエンナーレとかいうものにも行ったようで、「友達とヒッチハイクして回った。いろんな人に出会えてめっちゃ楽しかった!」と。ん!?、確か、くんちゃん(村本)の日記にも、夏休みの娘さんのことで同じような文言を見たような・・・、似たようなことをしている(笑)。また、「ナスの収穫も終わるし、畑(大学内に作ったらしい)に、ハツカダイコンとエンドウ豆の種撒いた」とメールが来たり。植物には全く興味なかった子が、野菜を育てている・・・。昨日は、「ちょっと教えて、秋刀魚を3枚卸にしたけど・・・」と電話が入り、これまたびっくり!秋刀魚嫌いだった子が、自分で下ろして南蛮漬けを作るという。「料理も嫌い」と言い放つ子が・・・。さらに近々、東京へインターンシップに行くと言う。親以外の人とのかかわりの中で、沢山育ててもらって成長を続けているんだな。感謝だ。

かく言うわたしも、未だにいろんな人に育てていただいている。こんな歳になったのに・・・。これまた感謝。

9月16日(水) 津村

朝一番から秋の講演の打ち合わせ。その後、ちょっと時間が空いたので、ダッシュで整骨院へ。とにかく首と肩が痛かったので、ほっとした。大急ぎでお昼を食べて、姫路市へ向かう。保育士研修だ。

姫路に向かうJRは、海が見えるので、とても嬉しい。今日も海側に座れたので、ラッキー♪だった。会場はJR姫路駅から、徒歩20分ほど。バスも出ているけど、歩いてみた。涼しげな風も吹いていたし、陽射しも結構柔らかだったのだ。気持ちの良い散歩?になったかも。

2時間半の講義だったけど、とても熱心で、真剣な態度の人たちがズラリといた。事前にご質問をとったけれど、どっさりと届いた。大変な中、本当に頑張られているんだなと、頭が下がる思い。アンケートはざっと拝見したけれど(後で送っていただけるとのことなので、楽しみにしておこう)、ぎっしりと肯定的なご感想で埋めてくださったものが多く、感激だった。

「来年も、津村先生の講義を受けたいと思います」と、早くも次年度のリクエストまで書いてくださっている方までいて、恐れ入ります。12月にも、別のテーマで姫路市の福祉施設職員研修に伺うことになっているので、またお目にかかれますように!

帰り道も、また海側に席をとったはいいけれど、居眠りして、多分自分のいびきで目が覚めた。恥ずかしすぎる・・。周囲の人は、さぞあきれていただろう(汗)。最近たまにやってしまって、穴があったら入りたい気持になる。とほほ。それは多分5分とか10分足らずみたいで、後は、「ハッ!」とするからか、目が冴えて(笑)、読書にいそしむことになるのだけど。

普段は5分や10分、グッと短時間深く寝るなんてワザは絶対に無理なのだけど、乗り物に揺られると、可能になるのかしらん(汗笑)。今日は、寝ている以外は、乃南アサの長編小説を楽しんだ。これがまたハラハラドキドキで、夢中で読むうちに、大阪に着いていた(笑)。

さて、もう眠気が襲ってきて仕方ないので、早めに寝ることにしよう〜!

9月14日(月) 津村

あっという間に先週が終わり、1週間の始まり。今日は生駒市で、福祉職リーダー研修。2時間みっちり講義させていただき、昼食もご一緒させていただいた。周囲の方にご感想を聴かせていただいたが、「勉強になった」というお声をいただけた。有意義で、実践的であったのなら、こちらも嬉しい。研修会場は緑に囲まれた自然豊かなところにあり、ナチュラルキラー細胞活性化に役立ちそうな場所。メンタルヘルス研修にはぴったりという感じだ。もっとも今日は、「リーダーシップとコミュニケーション力」についてだったけど(笑)。

イチローが前人未到の記録を打ち立てたので、街では号外が盛んに配られている。私も1枚貰った。少し前、テレビで彼のインタビューを見た。「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っている」。ううむ、彼の言葉は響くなあ。私は、とんでもないところへは行かない凡人だけど(笑)、自分なりには、小さな努力を自分なりに積み重ね、積み重ね、お断わりをせねばならない数(すみません、スケジュール的に無理で・・・)のご依頼をいただくようになった今がある、といった感じは持っている。

今日も、受講者の方と雑談していて、そんな話が出たけれど、「どうして講師をしているんですか」(よく聞かれる)といま問われたら、「そこにマイクがあるから」(登山家か!)という感じだ。講演テーマ等、守備範囲を広げてきたことも、本当に遅々たる歩みだなと思う(笑)。でも、仕事を始めた19年前から考えれば、今の自分は想像もできないくらいで、「なかなか私、やってきたかもしれん」(笑)と、ふと思ったりすることがある。とはいえ、まだまだ未熟だし、勉強せねばならないことは、山ほどある。ひとつひとつの仕事を丁寧にこなすことと、勉強し続け、地道に研鑽を積むこと以外に、自分がこの仕事を続けていく道はないと、それだけは確信している。とにかく、きちんと引き出しを増やし続けねば!と考える、育ち盛り(笑)の身(笑)。

さてさて、今夜はどうしてもお好み焼きが食べたい!なんでそう思ったんだろう。そういえば最近、テレビで粉もん特集を見たっけなあ。お好み焼きは豚玉だけど、コンニャクやきのこを細かく刻んで入れる。キャベツもどっさり。野菜たっぷりのもの。私は結構、お好み焼きが(数少ない)得意料理で(笑)、私のお好み焼きを食べたら、「えっ、おいしいかもー」と喜んでもらえる。というか、他の料理でホメられるものが少なすぎ(笑)?でも、結構、家庭でできるような、粉粉したものではなくて、ふんわかでおいしく作れるのが、ちょっとだけ自慢。

かなり以前に、うちのスタッフから、「疲労回復には、きのこがいい」と教えてもらったことがあった。その時は悪寒がしていて、風邪?でも明日は講演だ!という、体調最悪な日だったのだが、どっさりときのこを入れた「きのこ鍋」をした。食後かなり経過してからだけど、ガタガタと体が震え出して、「うわー!熱が出た」と思ったのだが、とにかくしっかり食べたのだからと、温かくして眠った。翌朝、平熱で普通に動けて、そのパワーには驚かされた体験がある。秋は特に忙しいので、疲労回復は早めにと考え、今日も、どっさりときのこを摂ることにしたのだ。

食欲の秋。秋といえば、運動会。娘が保育園や小学校時代、気合いを入れて、どっさりと娘の好物を詰めたお弁当を作ったことが、ふと懐かしく思い出される。みんなでグランドで食べたっけなあ。果物もたくさん入れて。今はもう、こんなお弁当を作る機会がなくなったけど、なんとなく、気合いを入れたお弁当を作ってハイキングにでも行ってみたいかもしれない。夫を誘って行ってみるか?と思い、手帳を見たけど、9月のうちなら何とかなるかなあ。行楽弁当で、ふたり分を少し作るのは、ちょっと寂しい気もするけど、多種少量というのも粋でいいのかもね。そんな時代が自分にもきたということかな。

さて明日の午前は、奈良県橿原市で子育て支援者の研修。ダッシュで大阪市内に戻り、午後は福祉施設職員の研修。元気にいくぞー!おー!

9月14日(月) 村本

あっという間に1週間以上経ってしまった。と言うか、忙しい秋に突入して、気がつけば、もう今月も半ばだ・・・。いろいろな責任があるので、常に複数の悩みを頭の中に抱えつつ仕事しているが、いい加減、悩み疲れたというところ。自分が頑張れば何とかなるというのとは違う種類のことが多いので、できるだけのことをやったら、本当のところ、あとは流れに任せるしかない。自分で言うのもなんだけど、責任感はかなり強い方だから、どうしても頑張りすぎてしまうが、頑張ってもどうしようもないことは割りきったり、あきらめたりしていかないと身が持たない。

きのうの朝はパソコンに向かうのもきつすぎて、どうしようかと思ったけれど、健全に体を動かす方が良いだろうと思いついて、寝室の掃除をしてみた。布団を干したり洗ったり(なんとうちの布団は分解できる布団なのだ)、衣替えの類。これはかなり効果があって、その後、二種類の原稿関係の仕事を片付けることができた。なかなか良いストレス発散法かも(たぶん、めったに掃除をしない人にしか通用しないと思う・・・)。そろそろ秋、服装も楽しみたい。

そうそう、先週は、仕事先で大学時代の同級生と一緒になり、楽しいひと時だった。お互いあまり変わらずで(そんなこともないのかな?)、久しぶりだったけど、まったく違和感ない。しゃべっていると、あの頃から、20年も30年も経ったとは信じられない(でも、その間、子どもが成人しているわけだから、信じるしかない)。大学の時は、女の子が少なかったので、結構、結束力が強く、よく集まってご飯を食べたものだった。村上春樹を読んでいると、よく昔の同級生と再開するような話が出てくるが、自分が出来上がっていくプロセスを一時期、共にした人たちというのは、大人になってから出会う人たちとは違った、また特別な関係にあるのかもしれない。

春樹はあれから、『中国行きのスロウボート』を読み、『スプートニクの恋人』を読んでいるところ。長編はだいたい読んだような気がするが、なんかたくさんありすぎて、いったいどこまで読んだら全部読んだことになるのか?そうそう、この間、オーウェルの『1984』も読みあげた。想像力の果てまで極めた興味深い作品。ずいぶんと考えさせられた。

出張続きの秋だが、どこにいても自分で、どこにいても仕事ができる。なんていうんだろう、丸ごと自分であるということ。うまく自分を保ちつつ、責任も果たしていきたいものだ。

9月9日(水) 津村

昨日は兵庫県西脇市へ。大阪駅から高速バスで90分弱。そこから、車でさらに30分弱。子育て中の保護者向けの講演会。参加者が150名ほどだろうか。こことも、もう長いおつきあいになる。5年かな。

ここのすごいところは、なんと100名レベルの人を動員して、100名の子どもたちの託児を敢行すること。これは滅多にできることではない。この規模で託児を引き受ける講演を、私は他には知らない。地域の子育てを終えた先輩方が、若いお母さんが講演を聴けるようにと、昔使ったおんぶひもを持って、やってくる。

この託児事業を仕切る担当者さんたちの心意気には、いつも頭が下がる思いだ。会場には、子どもたちと、それをサポートする地域の先輩ママたちでにぎやか。地域の力のすごさ!感動的な場面だ。

幼児の部屋では、パネルシアターがあったり、体操をしたり、絵本の読み聞かせがあったり、アンパンマンの着ぐるみが登場して遊んだりと、魅力的なプログラムも組んでいるようで、すごいなあと思う。子どもたちは大喜びだったそうで、何より。

この担当者さんたちに頭が下がるのは、講演終了後、お母さん達がびっしりと書いた、講演会の感想をすべてパソコンに打ち込んで、この日協力してくれたボランティアの皆さん全員に、それぞれ送付しているということ。

「皆さんが協力してくださったおかげで、お母さんがこんなに喜んでくれたよ!」ときちんと報告して、お礼を言いたいとのこと。やってよかったとボランティアさんたちが報われる瞬間でもあるだろう。この細やかな心遣い。なかなかできることではないと思う。人として礼儀正しいって大事だな、見習いたいなと、つくづく思う。

このまとめは、もちろん、私にもきちんと送ってくださる。大変な中、参加者がどう感じたかという、生の声を丁寧に届けていただけるというのは、本当にありがたい。どっさりといただいたご感想を拝見できる喜び、講師をやっててよかったなーと心底思う。

夜は、京都で家族造形法研究会。大阪から、かーちゃん(森)とダッシュで京都に向かう。この場は、いつも本当に深く勉強させていただける機会。今回も、ううーん、家族って、本当に不思議だなと思い、また、どの方面から何を見るか、示唆的な機会をいただいた感じ。私ひとりが見れば一面的なものが多面的になる感じ。感謝。

さて、今日は、毎月定例の子育て講座で、京都へ。終わってからは、大阪本社に戻り、雑務。久しぶりに整骨院にも行けた。おぉ〜、からだがホッとした感じ。やれやれ♪

9月7日(月) 津村

週の始まり。今日も暑いなあ〜。大阪市内で保育所職員の研修。テーマは「コミュニケーション」だった。午後の時間帯だから、眠そうな人もいたけど、簡単には寝かせないぞ(いや、別にスパルタじゃないです、笑)。うんうんと頷いて、メモをとっていたり、真剣な表情の人もたくさんおられた。今後の良い職場づくりや、支援に役立ててもらえるた嬉しい。

往復の電車内では小説(乃南アサの「女刑事 音道貴子シリーズ」)を読んで楽しむ。読み出したら止まらず、下車するのが惜しかったりして(笑)。2日で1冊のペースで読んでいたら、いくら本があったも追いつかないぞ(汗)。図書館のお世話になるのが一番なんだろうけど、そこに往復する時間とエネルギーを惜しむと、どうしても古本のお世話になっている。

そうそう、こないだくんちゃん(村本)が藤井隆と一緒に仕事をしたと聞いて、一番羨ましがったのは私だ(笑)。私は藤井隆が昔から好きなんだよね。初期の頃の意味不明なダンス、結構好きだったし(笑)。それに、吉田栄作とも会ったなんて、すごい〜。そういや、彼が出ていた、その昔のトレンディドラマを、私は熱心に見てたなあ(遠い目)。「クリスマスイヴ」とか・・・懐かしい。

かーちゃん(森)が、仕事関連の本を読むばかりと以前に書いていたけれど、私も一時期(というより、かなり長期間)そうだった。それで十分刺激的だったし、物足りなくもなかったんだけど、何かのきっかけで本棚で眠っていたお気に入りの小説を読み、そこからだったような気がする。ONとOFFの切り換えに使えるというのか、仕事の往復のストレスコーピングにぴったり!と実感したからかもしれない。少女時代、活字に夢中で、わくわく読書していた頃に戻っているような気もしたりして。

さてさて、今日は何か酢の物が食べたくなって、胡瓜とカニカマ、しらすを買って帰った。合わせ酢がイマイチうまくいかなかったように思えるけど、まあまあかな。それに茄子の煮びたし、肉じゃがの残り(作りすぎ・・・)で夕食。ううう、また食べすぎたか。某女優さんが体型を維持するために、腹七分目しか食べないとインタビューで回答していた。す、すごい。私には無理(汗)。←だから太るんだっ(汗)!

明日は、兵庫県西脇市へ。大阪市内から少し遠いけど、読書のチャンス(笑)。子育て中の保護者向けの講演だ。夜は京都で家族造形法研究会。

9月5日(土) 村本

毎年恒例の婦人相談員さんのカウンセリング研修が始まった。今年は島根だ。今日・明日が第1回目で、毎月2日、半年間続く。最近では忙しすぎて、講師の仕事はほぼすべてお断りしている状態だが、1年間に数本しかやらなくなった研修の重要なもの。全国各地を巡って、今年で5年目になるが、これだけ少人数で、みっちり継続的に研修をさせてもらえる機会は他になく、とても手応えの感じられる仕事なのだ。今年はどんな方々との出会いがあるだろうと私の方はわくわくドキドキ楽しみにしているが、参加者のみなさんは、最初、ちょっと緊張していたりもする。今年も、さまざまな背景を持つ皆さんが、さまざまな思いを抱えて集まってくださったようだ。クローズドのグループなので、回を重ねるごとに、少しずつ心の扉が開かれ、絆が形成されていくのを感じるのは、とても暖かい経験だ。場所もなかなかいい。小さな公園の中にある小さなロッジという印象の会場。公園の花壇はよく手入れされており、近所の人たちのボランティアで維持されているという。

初回は前泊することにして、ゆうべは玉造温泉に泊まった。途中で吉田栄作と一緒になった(芸能音痴の私は、吉田栄作と聞いても、「うん!?昔の総理大臣?」とか思ってしまったが、「だんだん」の撮影で島根がすっかり気に入って、ツアーが企画されているのだという。つい最近も、藤井隆と一緒になったが、全然知らなかった私・・・)。なかなかいい湯で、仕事もはかどった。そして、今夜は、残念ながら温泉はないが、タラソセラピーがある宿に来ている。張り切って水着を持ってきたが、楽しかった!海藻パックやらマッサージやらは4時で終わってしまうので利用できなかったが、海水のプールを歩き、海を見ながらジェットバスにつかり、少し泳ぎ、15分間のプログラムを受け、ドイツ式のサウナを利用し(アロマの香りを飛ばしてくれる)、部屋に戻ってきた。

ほとんどが地元の人たちで(だって、千円でタラソのプールが使えるんだもの!)、年配の男も女もみんな仲よさそうに楽しんでいた。「歩く向きが逆だよ〜」とか、「サウナの前はシャワーで塩を流すんだよ〜」「サウナではタオルを敷かなきゃだめだよ〜」とか、いろいろ注意を受けながらも、「すみません、初めてで要領がわからなくって」と言えば、「どこから来たの?」と、なぜか皆にも紹介してくれ、サウナの時間には注目の的になってしまった。出張で泊まってると言えば、「まぁ、いい会社だね〜」と口々に羨ましがられ(でも、日常的にこんなところに来れる皆さんの方が羨ましいような気もするけど・・・)、来月もまた来ると言えば、月替わりのプログラムの利用の仕方のコツなど教えてくれたり。山陰って閉鎖的なイメージを持っていたが(偏見だ・・・)、どうやら新参者にオープンのようだ。海際だからかもしれない。

やっぱり体を使うと、すっきりして気持ちがいいものだ。村上春樹(今度は、『ダンスダンス』を読み終えたところ)の中に、泳いだり、部屋の中で筋トレをやったりする場面がたくさん出てくるが、彼自身も体を使う心掛けをしている人なのだろう。たぶん、彼にとって、それは正解だ。自分の思考の中に閉じこもってしまいがちな人が体を使わないと、心と体はすっかり解離してしまうから。ひきこもりの人たちの問題でもあるし、私自身の問題でもある。私の場合、とりあえずバタバタとあちこちを文字通り走り回っているから、何がしか体は使っていると言えるのだけど。

さて、明日の研修では何をやろうかな?ある程度、プログラムはあるのだけど、最終的には参加者みなで作り上げていくタイプの研修なので、やってみるまで中身は未知。2回目の研修の方が2人もいらっしゃるのだけど、同じプログラムをやっても、参加者が違えばまた違うというもの。グループの強みだ。

9月5日(土) 津村

お〜、週末だ。今週もばたばた過ぎてしまったけど、昨日は奈良県橿原市へ。子育て支援者対象の講演。子どもの発達や困った事例の関わり方がテーマだった。シーンとして真剣な態度で、必死に聴いてくれる人たちがズラリ。なんと意欲的な。是非、今後の支援に活かしてほしいと思う。

終わってから、おいしいランチをいただいて、帰りには、近鉄特急の2階建て車両の2階に乗れたりなんかして、気分はGOOD〜♪眺めが良いなあ。奈良は緑が多くて、ほっとさせられる。昨年は下呂だの白浜だの、ちょこちょこっと小旅行に行けたんだけど、この夏は特にどこにも行けなかった。また旅行でも行きたいなあ。絶対に行くぞ!と早くから決意して、計画を立てないと無理(休暇は家にこもる体質だけに)。ボケーッと前半過ごしてきたもんな(汗)。おっ、かーちゃん(森普j、シアター貸切って、なかなかできない贅沢だよねえ〜。いいなあ!私は一度だけ、電車の車両の貸切ってのがあったけど、思わず大声で歌ってしまったっけ(笑)。しかもバラード(おい)。竹内まりやの名曲、「マンハッタン・キス」(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=0SVZ594x80k

そういえば、一昨日かな。はじめて『ビッグイシュー』を買った。ずっと前に、くんちゃん(村本)に「面白いよ」と聴いていたけど、ようやく(遅)。2冊買ってみたけど、本当に面白かった!いつも急いでいる時に販売に出くわしてしまうので、なかなか買えなかったんだけど、こういうバタバタな暮らしぶりも、ちょっと反省。もっと余裕を持って行動しないとな〜。

さてさて、今日の午後は、大阪市内で、地域などで子育て支援をしている方や関心のある方向けの講座。少人数だったのだけど、面白い人たちが来ていた。今後の活動や仕事のお役に立ったのならいいのだけど。

今日は、もうすぐ娘がまた帰ってくる。といっても、明日の朝早くに大阪市内に用事があって、この家から出た方が早いからという理由だけど(笑)。今日は背骨を折って、いまも自宅療養中の実母(娘にとっては祖母)を見舞ってくれたらしい。手作りの料理をふるまってくれたようで、「ご馳走してもらったわー」と両親が喜んで、早速電話をくれた。娘の私より親(祖母?)孝行(笑)。もうとっくにこちらに戻るはずが、両親の住む最寄駅の近くにある、美容院のカットモデルになってくださいと言われて、カットしてもらっているらしい。わらしべ長者みたいな子だな(笑)。

さて、私は乃南アサを1冊読み上げたけど、昨日の帰りにブックオフに寄って、古本で乃南アサを仕入れた。「女刑事 音道貴子シリーズ」というのが結構面白くて気に入ってしまって、このシリーズばかりを4冊。しばらく、楽しめそうで嬉しい。古本は、なかなか好きなものが手に入りにくいけれど、最近はネットでも古本が買えるので、ありがたい。この調子で、乃南アサを読みつくしたら、次はどこへいくか(笑)。ひとりの作家に集中して読むやりかたは、現在に追いついてしまって、アー、何も本がない!という状況を生む。好きな作家に上手に出会っていかないといけないのだが、最近は良い情報をもらえるので、ありがたいことだ。

明日は休日だが、レジュメ作成・講義準備三昧な1日になる予定。年内に、まだ80本の講演が控えている。レジュメを作っても作っても追いつかない・・・(汗笑)。年内あと何本だろう?と数えてみて、いまこの本数がわかったのだけど、こう書いてみると、私って結構元気だな〜笑)。トシのせいか、はたまたオーバーワーク気味か、たまに小さなトラブルがいくつかあるから、気をつけないととは思うけど、仕事が楽しいし、食欲あるし、よく寝てるし(笑)。運動不足が今は一番の反省点。ストレッチやスクワットなどは絶やさないように、ぼちぼちと頑張っている。

そうそう、「ビリーズブートキャンプ」の、あのビリー隊長が、心斎橋でスタジオを開いたそうだ。整骨院の受付のお姉さんが、私のビリー好き?を知っていて、雑誌に記事が載っていたと教えてくれたのだ。大阪の女性と再婚して、いつのまにか大阪府民になっておられたそうな。

http://www.bbistudio.com/

「ビリーズブートキャンプ」は、運動が大の苦手な私が、はじめて夢中になって楽しんだエクササイズだ。もちろんその前には半年間の筋トレという準備段階もあったから続いたのだけど、本当に楽しんだ。ビリー隊長のおかげ?で、自分の可能性が開けたようなもので、会えたらお礼を言いたいなーと思うくらいだ。生で、「キミならできる!」と言われてみたかったりして(笑)。

来週は、かなりゆったりスケジュール。大阪市内で1本、京都市内で1本、それと兵庫県西脇市。週の後半は、ひたすらレジュメ作成にいそしむ予定。

9月5日(土) 森

9月だ!8月の後半、朝夕めっきり涼しくなったと思っていたものの、最近は、昼間の蒸し暑さが堪える・・・

実は、今日は4連休の最終日。9月は毎年、新学期の始まりの初旬と、運動会のある後半は、比較的ゆったりできる貴重な時期なのだ。

お名残惜しい4連休。初日は、水曜日ということもあり、ルンルン気分で映画を観にいった。一日をすこしでも有効に使いたくて、朝一番の映画ということで、「ナイト・ミュージアム2」を観ることにした。映画館まで、自転車で約20分余り。でもその前に、銀行に寄って息子の学費を払い込むことにする。寸暇を惜しむとはこういうことか?しかし、開店と同時に銀行に入ったものの、なぜか手間取られ、映画館に5分遅れで到着。

真っ暗な中、手探りで(結構怖い)、やっと座席にたどり着いたが、ん?この映画館は、いつも空いているのだけど、なんとなく今日は人の気配がない・・・?。もしや!?!?!?

そう!なんとそのシアターには他の観客がいなかった。つまり、私一人。そして、わたしのためにこの大画面で映画を上映してくれているのだ!!なんと贅沢な〜♪途中、何度も何度も、「ほんまに私一人やんな?」と立ち上がってシアター内を見回し、ナイショだけれど、ふだん絶対しない、また出来ない、靴を脱いで前の座席に足を上げてもみた(笑)。ちょっと(いや、かなり)ヒンシュクか・・・。ま、いいよね。一生に一度の贅沢気分だった〜〜♪

映画の後は、映画の半券で、ドーナツが2割引で買えるので、迷わずミスドでランチタイムとお土産のドーナツを。その後、また自転車で約20分、図書館のお気に入りの場所で夕方まで過ごした。とっても有意義な一日だった!

あとの3日は、毎朝、稲穂の朝露、トンボや虫の音を聞きながら、黄色コスモスや土手の朝顔、色づいた柿や大きくなってきたミカン、ぽってりしたキーウィ、またイチジクのいい香りを楽しみながらウォーキング♪整骨院へも行き、体調もいい!この、自分のいい状態を知っておくことも大切だ。

そして、その後はひたすらレジュメを作ったり、秋の講師準備。そう、仕事をしている。くんちゃん(村本)や、かおりん(津村)は、読書家で、読書の秋を満喫しているようだが、私は仕事関連の本ばっかりだな・・・。でも、これも大切な充電。

さあ、明日は朝から一日仕事。そのあとも、ず〜っと休みがない。パワーは充電したし、また後半の連休を楽しみに、毎日がんばろう!!

9月2日(水) 津村

昨日と今日は、大阪市内でシニアの方向けの講義。2日間共に午前・午後、合計200名の方を4回に分けて講義させていただいた。とても元気で意欲的な方が多い。少しお耳の遠い方だろうか。耳に手を当てて、一生懸命聴いてくださっていたので、思わずマイクなのに、声を張った(笑)。笑ってくださると、「あー、聴こえてるな」と安心したりして。

質問もよく出るし、本当に熱心で前向きな態度。あんなふうにお元気に、いきいきとしていられるといいなあ。私も見習おう!2日間、ありがとうございました!

この講義、午前と午後との間に、2時間半あり、うーん、どうしたものかと考え、初日は街をぶらりとして、外食してみた。小説が切れたので(笑)、買った。あまり読まない東野圭吾。『赤い指』を読んでみた。ラストは、そうきましたか!という感じだが、胸が痛いなあ(ちなみに、2日目の今日は、講師控え室にこもり、コンビニで買ってきたご飯を食べてPC持ち込みで仕事・・・汗)。あ、もう1冊買ったのは、乃南アサ。

なぜか自分は女性作家が好きで、しかも同じ作家をずっと熱心に読んでしまう、しかも繰り返し読んで、内容をよく覚えていたりするような、あまり幅広くない読書傾向を持っている(体質的にヲタク、笑)。篠田節子に宮部みゆきあたりが大好きだ。平岩弓枝に凝っていた時もあり、林真理子や藤堂志津子を読んだりもする。田辺聖子はずっと大好き!最近は(以前にも書いたけれど)、山本文緒や唯川恵も読むようになった。昨日、本を買った乃南アサも、FLCの若手から勧められて気に入った作家。

男性なのに、なぜかじっくり読んでしまう、数少ない作家は、真保裕一。『繋がれた明日』とか、『奇跡の人』、『誘拐の果実』などは、夢中で読み上げた。そうそう、男性作家といえば、横山秀夫の『クライマーズ・ハイ』も胸を衝かれる思いで読んだ。Wikipediaをふと見たら、この人は、あの有名な『半落ち』の著者でもあるんだね(どんだけ物知らずな私・・・)。映画も観てないけど・・・・今度読んでみよう。

先日、友人が、ひとつの音楽が脳内に流れて止まらない・・・とブログに書いていた。私もたまにあるー。9月に入ると、太田裕美の「九月の雨」はよく脳内に流れる。youtubeで見てみると、若い頃ではなく、結構最近、本人がこれを歌っておられる映像がある。外見も若くい可愛い雰囲気がそのまんまだけど、歌唱力が伸びてるって、スゴい。ずっとトレーニングしてるんだろうなあ。こういうのを聴くと感動する。プロだ!歌詞にも当時グッときたけど、松本隆、本当にすごい。

http://www.youtube.com/watch?v=R5V3HHPfQ5g&NR=1

ふと、思い立って、その昔、好きだった歌を誰かがアップしてくれていないかと期待して、検索してみた。岩崎宏美の「月下美人草」。シングルカットされていないので、全然有名な曲ではないけれど、初めてラジオで聴いた時に、「すごい・・・」と思ったのが、強烈な記憶として残っている。あった!久しぶりに聴けて、大感激。

http://www.youtube.com/watch?v=fyk5HiPEY1k

門あさ美の「月下美人」も久しぶりに聴きたくなって、聴いてみた。懐かしいな。バンドなんかをやっていた人は、コピーした曲を懐かしむのだろうけれど、私もそれ。門あさ美の「Nice Middle」なんかやったなあ。検索してみたら、これもあった!

http://www.youtube.com/watch?v=rkvSi-To8qE

これはコピー候補に挙がりつつ、とうとうトライしなかったもの。懐かしいなあ。ハイ・ファイ・セットの「スカイレストラン」。ネクラか!と突っ込まれそうだね(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=KHt7QTJ3MCI

そうそう、最近私の脳内に流れるのは、♪まねこ猫ダック♪かも。テレビっ子(赤面)。

9月1日(火) 村本

あっと言う間に、今日から9月。気候もさわやかだし、南京効果だと思うけど(なんて言うか、つまり、やるべきことをちゃんとやっているという・・・)、心穏やか、それに体調も悪くない。8月はあまり調子が良いとは言えなかったが、途中、ゆっくりする時間も少しあったので、ようやくそれまで貯め込んでいた疲れがゼロまで戻ったかという気がする。そこからまた忙しい日々に突入しかかっているが、とりあえず良かった。

子育ても終わり、働き盛りのこの十年、多少の無理は仕方ないと思ってはいるが、なるべくこまめに疲れは清算したいもの。かなり増えた体重も何とかしないと(自覚的には特別太ったような気はしていないが、体重計の針は4キロ増えたまま)、秋の健康診断でまたまたコレステロールでひっかかりそうだ・・・。

その後、村上春樹は、『風の歌を聞け』(これは、正直、面白くなかった)、中国で、『アフターダーク』(これは面白かった)、『1973年のピンボール』(これもイマイチ)を読み、『羊をめぐる冒険』を読んでいるところ(これは面白い)。だいたいわかってきたけど、おそらく、古い順から読んでいけば、まるで箱庭療法の展開のように、彼の自己実現の物語が書けるだろう。それにしても、かなりたくさんあるので、全部、読もうと思えば、まだまだ先は長そう。そして、今日は、支所でやっているハーマンの読書グループで、ハーマンもジョージ・オーウェルの『1984』を引用していることに気づき、絶版になっているというので、さっそく図書館で探してきた。『1Q84』の影響だろうが、二冊は貸し出し中、ちょっと特殊なところで借りる必要があった。『羊』を読み終わったら、読んでみよう。

いろんな企画があって、常に頭がフル稼働している状態だが、楽しみと言えば楽しみでもある。これから、1年のうちでもっとも忙しい秋ではあるが、この穏やかな心で着実にこなしていけたらいいな〜。