2009年7月 (スタッフの日記バックナンバー)

7月31日(金) 津村

本当に、あっという間に、7月が終わる・・・。昨日と今日は、大阪市内で保育士+幼稚園教諭の研修だった。昨日は80名くらい、今日は40名くらい。いずれも熱心な人が多かった。朝から夕方までの終日研修だけど、みんな午後からも元気に起きていた(笑)。まあ、泣く子も笑う(汗)津村の講義、寝かせまへんでー(「萬田銀次郎」風に言ってみた、笑)。

2日間はいずれも対象者が別で、テーマも違ったものだったけれど、いずれの受講者も前向きで、終了後のアンケートには、前向きな感想がズラリで、終日研修の疲れも吹っ飛ぶような気がした。ありがとうございました!

さて、レジュメ作成に論文が待っている(汗汗汗汗汗)。ファイトーお〜っ(ヤンクミ調で言ってみた)!

そうそう、くんちゃん(村本)にその昔、「くんちゃんを拷問するのに、刃物は要らんね」と言ったのは、確かにこの私だった(笑)。くんちゃんは昔から、よく食べよく眠る健康優良児だったのだ。

当時を思い出すと、いま、多忙過ぎて昼食をとり損ねたとか、慢性的に睡眠不足だとかいう話を聞くと、本当にハードな中、やっているんだよなあと、しみじみ思う。特に、バスの話は、身につまされる。私もたま?に、「間違えた!」と思って方角を変えたら、そっちが間違えていて、何が起きてるのかよくわからないという事態になったりする。「やばいぞ!」サインだよね。

今の私は、ちょっとくたびれてるかなレベル。気をつけよう。温かいアップルティーを飲んで、ほっとしている。週末はとにかく論文執筆三昧な日々になりそう。

来週は、大阪市、吹田市、静岡県三島市へ行く。そして、かーちゃん(森)が書いているように、私たちの熱闘甲子園、「キッズ・サポーター・スキルアップ講座京都開催」が木・金曜にある。元気にいきまっしょい!

7月31日(金) 森

今日で7月が終わる!?早い!!!前回の日記から、約2週間ぶり・・・?でも、なんだか1ヶ月くらい経ってる気がする。時間の感覚、記憶の残り方がなんか変てこり〜ん。

先週は、まず奈良で保育士研修。依頼をくださるようになりもう5回目くらいになると思うが、事前に「どんな研修を受けたいか」と要望を募ると「子どもの虐待の発見と対応」だったとのこと。2時間みっちりの研修に、この重いテーマを選ばれるなんて・・・。眠くなる時間帯の研修だったが、さすがみなさん熱心に耳を傾けてくださる。そうすると不思議なもので、いろんな事例が思い出されてこちらも力が入った。

八尾市では、子育て中のお母さんたちへの子育て講演会。真剣に聞き入って下さる姿に、思わず自分の子育ての失敗談をザクザク話すと「ある、ある!」とみんなで大笑い。ストレス発散にもなったならうれしい。そして帰り、学生時代の友人と待ち合わせちょっと豪華なランチを食べておしゃべりを楽しんで、わたしもストレス発散♪

姫路市では、熟年の夫婦のための講座の最終回。ワークショップを通して、またこうして3週連続して会うと、なんだかもうみなさん顔なじみで「お名残惜しい」という雰囲気に。時には、腹立たしさやむなしさを共感しながら、それでも毎回大笑い。アンケートでは、夫婦関係を見直すきっかけになったようだった。わたしも熟年、これからも人生を楽しみましょうね!その後、某新聞社のインタビューを受け、帰りの電車では爆睡。やはり熟年(笑)。

大阪市の保育園では、保護者の方と保育士さんへの子育て講演会。毎日家事育児、お仕事をされ、土曜日保育参観の後の講演会に残ってくださるなんて偉いな〜と、大奮発して、お徳情報てんこ盛りのレジュメを作り、機関銃のようにしゃべったからか、「あっという間でした」と(笑)。

その後パールノートの講演会で、力強く、またやさしいハーモニーのピアノの音色に癒され豊かな気持ちになる。娘が、曲の雰囲気を盛り上げるために動物のモビールを作ったのだが、久しぶりに娘に会ったような感覚でちょっと感動(うるうる)。そして帰り際かおりん(津村)とティータイムを楽しみ、夜は職場の懇親会でまた楽しい時間を過ごす。楽しい一日だった。

その後も電話相談、小学校の教職員ワーク、息子の懇談、論文執筆などなどで、予想通りあっという間だった。今日は、自宅で朝から仕事をして、お昼は近所の友人たちとランチへ。仕事もプライベートも充実していた。

8月には、夫が単身赴任先から一時帰国し、娘も帰省しにぎやかになる。夫とのデート、九州での法事、そしていよいよ、我らの熱闘甲子園「キッズ・サポーター・スキルアップ講座 in京都・大阪」もはじまる。8月はスケジュール帳もにぎやかだ!!

7月29日(水) 村本

忙しさが極まり、多少、頭がおかしくなっている。きのう、北大路からバスに乗って西へ行くつもりが、ふと気がつくと東に向かっていることに気づき、慌てて降りて、道路を向かい側に渡り、逆向きのバスに乗った。ところが、バスは、地下のターミナルにいったん入り、地上に上がると、今度もまた東に走っているではないか(両方向に回っている循環205)。「な、なんなんだ!?」と混乱した頭を抱えて、またバスを降りる。乗っても乗っても逆方向へ行ってしまうバス、まるで悪い夢を見ているようで、頭がクラクラしてきて、結局、バスをあきらめ、タクシーで目的地へ向かった。あらゆる可能性を考えてみたけど、結論としては、そもそも正しいバスに乗ったのに、私が南と北の向きを勘違いして飛び降りたと考える他ない。もしくは町の真ん中でキツネにつままれたか。今となっては真相は謎だ。

頭が忙しすぎるとオーバーヒートするのか、朝早くからバチッと目が開いてしまって、もう眠れなくなる。本来、睡眠不足に極端に弱い私が(その昔、かおりんから、私を拷問するのは簡単で、睡眠と食べ物を奪うだけでいいと言われたことがある)、睡眠不足で生活を成り立たせていると、なんとなく朦朧として、今が西暦何年の何月で、自分がどこにいるのかもふと不確かになったりする。かなり、やばい。それでも朝ご飯はしっかり取る主義だ。このところ家に帰れなかったので、モーニングの食べ歩き(?)をしてみた。小川珈琲は、私にとって、ほぼ完璧に近いのだけど、いかんせん9時にならないと開かない。もう少し早く開くお店で、シャバリバというトーストのおいしい洒落たレストランを見つけた。それ以外はボツ。

それから、またまた自転車撤去をされてしまった。考えると気が滅入るが、クヨクヨしても仕方のないことはエネルギーの無駄遣い、もう考えるまいと決めて、まったく機能的に処理することにした(クヨクヨすることに意味のある場合は、クヨクヨの時間を自分にあげるけど)。何も考えず平然とタクシーで保管所に行き、その位置に駐輪した気持ちになって、自転車をこいで帰った。聞いてみると、平松市長になってから厳しくなったんだそう。今は、最短20分で撤去されるそうだ。たしかに迷惑駐輪に違いないけれど、ちょっとあんまりじゃないだろうか。大阪市民の生活を成り立たすめには、駐輪所をもっとあちこちに作ってもらうしかないような気がする。

とは言え、この忙しさも、強引に休暇を取ろうとしているせいだ(人に文句は言えない)。休みを取ると、その前後に激しいしわ寄せがくる。本当のところ、どっちがいいのか時々、疑問に思うが、それでも、こんなふうに土日祝日なしで働いてばかりでは、やっぱりまずい気がする。休暇までにやらねばならないことが障害物競走のように目の前に並んでいるが、あともう少し。

7月29日(水) 津村

講師準備とレジュメ作成で、今日も夜になろうとしている。ちょっと休憩したい時にyou tubeを覗いたりなんかしている。最近の曲から、懐かしい曲まで楽しめるのが好きだ。「このミュージシャンの名曲ベスト10」なんてのを、独自に決めてアップしていたりする投稿が面白い。名曲揃いのミュージシャンのNo.1ソングを決めるって、なかなか大変だよね。でも、思わず考えてしまった(仕事しろっちゅうの)。

たとえば、ZARDなら、「GOOD DAY」。宇多田ヒカルなら、「誰かの願いが叶うころ」。山崎まさよしなら、「One more time, One more chance」。スガシカオなら、「午後のパレード」。チェッカーズなら、「song for USA」。竹内まりやなら、「マンハッタン・キス」。村下孝蔵なら、「踊り子」。aikoなら、「カブトムシ」。サザンオールスターズなら、「希望の轍」。スピッツなら、「楓」。杉山清貴とオメガトライブは、「SUMMER SUSPICION」・・・うーん、「サイレンスがいっぱい」も好きだ!

ポルノグラフティーなら、「サウダージ」。安室奈美恵なら、「Something 'Bout The Kiss」。松田聖子なら、「夏服のイヴ」。安全地帯なら、「碧い瞳のエリス」。工藤静香なら、「抱いてくれたらいいのに」。山口百恵なら、「曼珠沙華」。ユーミンは初期の頃と、青春時代に聴いた曲との間で迷うけど、初期なら「ロッヂで待つクリスマス」だろうか。青春時代なら、「NIGHT WALKER」かなあ。徳永英明なら「最後の言い訳」。中西圭三なら、「A・C・E」も好きだけど、やっぱり「woman」かなあ。平井堅なら、「楽園」。

「く、暗い・・・アンタの選曲」と突っ込まれそう。そうです。ネクラですけど、何か(笑)。面白いのだけど、仲の良い友人たちと「子ども時代から今まで、どんな本を読んできたか」という読書談義に花を咲かせている。人の読書傾向を聞くって、ものすごく面白い。私が全然読まなかった路線をまっしぐらにいく人あり、最初は似通っているけれど、途中で全然路線が変わったり、幅広く読んでいる人ありで。

共通するのは、私を含め、仲間たちはみんな、『あしながおじさん』は好きだったということ。皆さんご存知のように、主人公ジュディーは孤児。お墓に刻んであった名前と、電話帳の一番最初にあった名前をとって、孤児院の院長に適当に命名されてしまったという過去を持つ。

でも、その天性の明るさ、物事をいたずらっぽく、しかもいきいきと楽しんでしまう魅力には、多くの人が心奪われるのかな。「レジリエンス」と聴くと、面白いことに、私はジュディーが浮かんでしまうのだ。物語の中には、思わず涙してしまうような、孤児院時代のエピソードがいくつかある。ビックリのラストシーンも好きだった。そうそう、『秘密の花園』もわくわくで好きだった人が多い。私もだ(笑)。

本の話をすると、やたら本が読みたくなる。出張も控えているから、また古本屋に行って仕入れてこなくちゃ!・・・ということを考えている間に、あっという間に夜やし(汗)。夕食を考えなくては(さらに汗)。

さて、明日は大阪市内で保育士研修。朝から夕方まで、みっちりと終日の仕事。元気にいこう!

7月28日(火) 津村

今日も、なんだか微妙な天気。毎日のように、今日はゲリラ豪雨は大丈夫かと、ちょっとビビる。最近は、身の危険を思わず感じるような、凄まじい降り方をするものだから。

今日は、珍しく講演がなかった。こういう時が、たまった仕事を片付けたり、勉強するチャンス。講師準備や、レジュメ作成をしていたら、ちょっとくたびれてきた。気分転換に、バスキャンドルを部屋でつけてみた(笑)。疲れを和らげるライムの香り。おぉ〜、うっとり、ほっこり。

ぬるめのお風呂につかって、電気を消してキャンドルを灯したら、気分が良いんだろうなあ。といっても、私はカラスの行水タイプ。お風呂でゆっくりしたことが、あまりないかもしれない。たっぷり小一時間は入浴していた我が娘を、「どんだけ?」といつも思っていた(笑)。半身浴をやってみた時などは、お風呂場に小説を持ち込んだりして、あれ、リラックス目的じゃなかったか?と、ふと疑問に思ったりして。なにやってんだか(笑)。

久しぶりに、SonicStageで音楽を聴きながら、レジュメ作成を続ける。なぜか、時々これを引っ張り出すと、普段聴かない曲を聴いたりして、元気になったりする。気に入っているミスチル、平井堅、ZARD、スピッツ、竹内まりや、ゴスペラーズなんかも聴いたけど、今日はサンボマスター、スガシカオに、ORANGE RANGE、BoAなんかも聴いてみる。「VALENTI」を聴くと、芋洗坂係長を思い出すのは、私だけか(笑)?嗚呼、どうしてもお笑いに走る私。

久しぶりに、竹内まりやの「SEPTEMBER」も聴いた。あの曲が大ヒットした頃、「人の辞書、勝手に切ったらアカンがな」と突っ込んだのは私だけか(笑)?他府県に仕事に行くと、「大阪人は皆、突っ込みがうまいんですか?」と尋ねられことがある。「いや、慎み深い大阪人はいっぱいいます」と答えるけど、回答している張本人が、ボケと突っ込みのワザを磨くことに、情熱を燃やしているだけに、なんとも(汗)。

ティータイムには、温かいアップルティーを飲んで、ほっ。あっという間に夜やし(汗)。今日はちょっと不調?レジュメ1本と講師準備2本で夜になってしまった・・・。明日も頑張るぞ。

7月26日(日) 津村

大阪市内、午前中はバケツをひっくり返したような大雨が降った。午後からの講演がふと心配になる。今日は京都市へ。某区ロータリークラブ主催の子育て講演会。400人収容のホールの大半の席が埋まっていた。晴天!あちこちに子連れの若い保護者の姿がある。キッズコーナーと授乳室が設けられ、地元の幼稚園の先生方のご協力で運営されたそうだ。祖父母世代の方や、地元の支援者の方々だろうか?人生の先輩方もたくさん足を運んでくださっていた。とてもお元気な皆さんで、講演会は明るい笑い声に支えられた感じ。

ご質問も出たし、「もう子育ては終わったけれど、もっと早く聞いとけば良かった。でもとても勉強になりました」という子育て卒業者の先輩から肯定的なご感想も出たし、終了後にご夫婦がお子さんを連れて、「とても勉強になりました」とお声をかけに来てくださった。お父さんは、「いつか困ったら(研究所に)ご相談に行きます」とにっこりされ、お母さんはいたずらっぽく、今日学んだことを「やります!」とポーズで示してくださった。ありがとうー!こういうお言葉、私の方が元気が出ます!天候も最後までもって、やれやれ!少しでも参加された方がホッとされたり、元気が出ていたらいいな。

昨夜は娘が帰ってきて泊まったが、今日、私がひと足先に家を出て、娘もその後に帰った。元気そうで何より。試験前だし、来月は実習もあるそうで大変だと言っていたが、食欲もモリモリ、楽しそうにしているので、安心だ。健康で楽しい毎日を送っているのなら、親は一番嬉しい。前向きに頑張れ〜、良いことがついてくる。

そうそう、今日の会場は最寄駅からが遠くて、タクシーに乗ったのだけど、なんとそのタクシーには小さな冷蔵庫がついていて、栄養ドリンクが売っていた!わお〜!「1本ください」とか言って、タクシーの中で栄養補給する人がいるんだね〜。そういう私も、昨夜夫が「これ」とファイト!一発を買ってきてくれたので、思わず一気飲み(笑)。まだ梅雨空は続くみたいだけど、私も元気にいこう。マイナスイオンを吸収するぞ〜!

7月25日(土) 津村

今日は、伊丹市へ。子育て支援ボランティア養成講座。毎年伺っている。春と夏に開催されるこの講座、夏開催は地元の高校生を受け入れている。今回も10代の高校生がズラリ。可愛い〜。瞳をきらきらさせながら、一生懸命聴き入ってくれている。君たちの未来を照らす光のひとつになったとしたら、おばさんはとても嬉しいぞ(笑)。

既にくんちゃん(村本)が日記に書いているように、午後はパールノートのピアノコンサート。私は司会の大役を仰せつかっているが、くんちゃん、美声だなんて、ありがとう(感涙)。実は私、500人とか1000人の前で講義しても緊張しないのだけれど、このコンサートの司会だけは緊張してしまう。裏方のひとりとして、成功させなくては!みたいな、勝手な思いが働くみたいで、どうも滑舌悪いんだよね。もっと素敵に流れるような曲紹介をしたいものだー。(´^`。)グスン

今回も、素敵な選曲ばかりで、観客のひとりとしても、うっとりと楽しませてもらった。サン・サーンスの「動物の謝肉祭」では、かーちゃん(森)の娘さんの作品が登場!さすがはアーティストという素敵な作品が曲に大輪の花を添えてくれた。子どもたちが、わーっと吸い寄せられるように、作品に釘付けになっていて、可愛かった。そして、回を重ねるごとに、落ち着きと輝きを増していくパールノート。次の演奏は今秋開催の、「NPO法人 FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク年次大会」で聴くことができます。是非どうぞ。

帰りは、かーちゃんとちょっとお茶を飲んで、講演の報告なんかをし合って帰った。頑張ってるなあ、私も頑張ろう!と刺激をもらった。私はいつもスタッフから元気や刺激をもらっている。見習いたいなーと思うことばかり。感謝!

帰り道、天神祭だということを忘れて、谷町線を天満橋駅で降りたのがまずかった(大阪人とは思えないうっかり人間)。身動きとれない・・・。浴衣姿の可愛い女性たちはたくさんいて可愛かったけど、わ、私は帰りたいぞぉぉぉぉーーー。警察の人に臨時のバス乗り場(交通規制が敷かれているため)を聴いたら、なぜか違う場所を教えられ、結局目的のバスに乗り遅れ、がーーーん。次は30分後・・・・。臨時で案内に出ていた交通局の人に、「違う場所を教えられて、乗り遅れちゃいましたあ(涙)。」と思わず愚痴ったら、「すみません」と謝られた。いやいや、今日は特別な日だもの、とっちらかってても仕方ないのだ。こちらこそ、こんな日にここで下車したのは不用意だった。その上愚痴ってごめんなさい(汗)。

今夜は娘も帰ってきている。天神祭を少し楽しんできたのだとか。明日はまた用事があるとかですぐ帰るようだけど、元気そうで何より。「どんなおかず作ってる?」と聴いたら、「夏バテには豚キムチさ!」と言っていた(笑)。夏バテでも食欲が落ちない私なんだけど、この夏は食欲も落ちている。すると体重がストンと減った。普段どんだけ食べてんねんって話だな(笑)。あっさり系の中でも栄養を考えていかなきゃなー。お酢でさっぱりとか、そのテのおかずを心がけよう。

明日は、京都市西京区へ。保護者向けの講演だが、お天気が心配だ。大雨で子連れは大変過ぎるもんなあ。どうかその時間前後は雨が降りませんように。

7月25日(土) 村本

今日は、安心とつながりのピアノコンサート。来て下った皆々さま、ありがとうございました!純粋なコンサートは初めてだったので、曲目も多くて不慣れなためか、あり得ないほど詰まってしまったのはちょっと残念だったけど、でも、基本的に気持ち良く、楽しく終えることができて、とってもいい気分だ。自分では、少しずつ進歩してるかな??(根っからの肯定派で、少しでも完成されたものを目指して自己批判していく芸術家タイプではまったくない・・・)。

2年前、最初にコンサートをやった時には、緊張しすぎて(と言っても、それまでよりましだったんだけど)、聴き手まで緊張させてしまった部分があったけど(その分、別の意味でフロアと一体感があった←やっぱり肯定的)、その頃よりは、ほんの少しリラックスして聴いてもらえたかな。自分の中に、少しずつ安定感が育ってきつつあるので、弾き手も聴き手も、音楽を通じて、安心とつながりの感覚で一体になれるよう、一歩一歩、精進したいものだ。次は、11月1日。明日から、また新たな曲目にチャレンジだ。

珍しく夫が来てくれると言うので、楽しみに待っていたのに、始まりの時間を1時間、間違えてたと、パートIのソロが終わる瞬間にやってきた。まったく〜。「愛の挨拶」を捧げようと思っていたのに、最後の1音しか受け取ってもらえなかったんじゃないだろうか。懐かしい方々も来てくださって、ありがたく、嬉しかった。いつもながらに、自分がたくさんの人々によって支えられていることを感じ、じ?んと胸にくる。私にとって、コンサートは人々に感謝する日だ。

今回は、小さい人たちもたくさん来てくれた。小さい人たちが退屈しないよう、「動物たちの謝肉祭」のイメージで、かーちゃんの娘さんにグッズを作ってもらったのだが、これがまた素敵で、大成功だった。スパンコールで飾られたフェルトの動物たちが、ゆらゆら揺れるモビールだ。どんなふうに使おうか悩んだのだけど、すごく良かったんじゃないかな。自画自賛だけど、動物たちのナレーションも良かったと思う。もちろん、司会者かおりんの美声あってのものだ!小さい人たちの反応もかわいかった。

晩は、久しぶりに、家でご飯を作って、1時間弱ほどだが、天神祭をブラブラした。天神祭に家にいたのは、いったい何年ぶりだろう。小さな子ども連れの家族が多く、なんだか懐かしいような、寂しいような感傷的な気分になった。もう一世代が終わってしまったんだなぁという感じ。私もあと1週間で48だ。来年のこの日はどうしていることだろう?

7月22日(水) 津村

昨日は阪南市へ。泉南郡・市の保育士向けの講演。なんと会場は海沿いの保育園だった。「園児の部屋はオーシャンビューなんですよ!」と案内してもらった。ほんまやー!子どもたちは磯遊びなどもするんだそうだ。いいなあ。

そういや、昨年度も阪南市へ来たけれど、その前の年は、岬町に行ったっけ。帰りに思わず、みさき公園に寄ったなあ。スーツ姿でイルカをひとりで見る私は、ちょっと挙動不審だったか(笑)?とにかく海が近くて、このへんは素敵〜。いいなあ。

そして帰りはラピートに乗れた!何を隠そう、私はラピートが大好き!ラピートに乗っては嬉しくなって、この日記に書くので、読んでくださっている方から、たまに「ラピートがお好きなんですね」と、お声をかけていただく(笑)。はい、大好きなんです〜。

さて、受講してくださった方々からは、「楽しくて、2時間があっという間でした!」「そうそう!ほんまにそうやなー!と気づかされることが多かったです」と、こちらの方が元気が出るようなご感想をいただいて、元気に帰った。

さて、今日は奈良県へ。多世代が関わる子育てを応援する事業の委員になったので、その会議に。県下で子育て支援をしている代表の方たちも援助者の方も来られ、楽しい会議だった。そのままランチもご一緒して、気がつけば、もうオヤツの時間じゃないか?!というところまで話し込んでいた。最前線で地域援助をする方の日頃の頑張りが伝わってきた。今回の事業を成功させようとしているスタッフの皆さんの姿勢にも、いつも頭が下がる。私も頑張ろう?と思う。

今夜は、八宝菜を作ったけれど、「揚げ過ぎたからよかったらー」と友人が、天ぷらをどっさり差し入れてくれた。わーい!ぷりぷりの海老にイカに、新鮮な野菜も。大満足♪感謝〜。

今週は後半の方が忙しい。元気にいくぞ。おー!

7月20日(月) 津村

原稿とにらめっこしていたら、ちょっと頭がまとまらなくなってきたので(毎度のことだが・・・)、日記を書きにきた。あ、パスワードは、私も尋ねられたよ?何か最近、セキュリティレベルがアップしたのか、日記を書いた翌日でもそうなっちゃう。お叱りではないから、ダイジョブ。

夫の会社では大半の人が夏風邪にやられて、グスグスいっているらしい。殆ど風邪をひかない夫も、「何か変やなー」と言う。普段は薬が大嫌いな人だけど、「改源飲んどこかな」と薬の引き出しを開けていた。う、うつさないでくれぇ。

そういう私も、ちょっと早い夏バテ?気味だが、ちょっと回復傾向。論文がまとまらなくて、頭がズクダンズンブングンだ(笑)。はんにゃの金田くんが、普通に座って漫才を聞いているお客に向かって、「ちょっと?興奮し過ぎ!落ち着こう!いったん座って!」と言うのがやたら笑える(笑)。

といっても私は、「バカリズム」が好きだー。他には、「サンドウィッチマン」「ビューティーこくぶ」「浅越ゴエ」「ナイツ」「ショウショウ」(この人たちだけは20年選手の大ベテラン)あたりが面白いかなと。最近はまたお笑いブームで面白い芸人さんがたくさん出てきているので、楽しい。よくわからない方は、ヤホー(笑)で検索してみてください。

最近は、古本が尽きてきて、ちょっと寂しい。そういやおーちゃん(前村)、私も宮部みゆきの『火車』には震えた。スゴすぎるーーー、ラストは「そこでやめないでくれーーーー」って感じだったなあ。

私は図書館利用は殆どしないけど、古本派で、新刊をガマンしちゃう方かな。そうそう、唯川恵は、若手スタッフに勧められて読んでみたら面白くて気に入った。エッセイは一度も読んだことがないのだけど、『永遠の途中』が初めて読んだ彼女の作品。

紆余曲折を乗り越え、働き続けてきたヒロインのひとり、乃梨子は還暦近くなり、「いちばん後悔しているのは、どうしてもっと自分の生き方に自信を持って来なかったのだろうってことかしら」と言う。

「もし、あの時ああしていたらって、自分のもうひとつの人生を勝手に想像して、それに嫉妬してしまうのね。何だか、いつも生きてない方の人生に負けたような気になっていたの。そんなもの、どこにもないのに、人生はひとつしか生きられないのに」・・・・ううむ。

気弱になったとき、もうひとつの人生に負けたような気がする・・・というのは、何だかとても共感した。でも、まだまだ生きてる途中だ。良い今日を送り、明日へと繋げよう、そんな気持ちにさせてくれる1冊だったな。

さあ、原稿の仕上げに集中しないとな。でも、2日間、自宅でぼんやり過ごせたのは、良い息抜きになった。明日はまた講演だけど、元気に行くために、たまには緩めておかないとね。

7月19日(日) 村本

私の場合、週記よりひどいな(当然ながら、パスワードを問われた・・・)。ここのところ、頭がへんになりそうなぐらい忙しかった。ある人が、忙しいとは、文字どおり、「心を亡くす」ことなのだと言っていたが、そんな感じかも。それでも、忙しさの合間を練ってピアノを弾くと(だって、本番まで、もう一週間もない!たとえば、ゆうべも晩の7時からタクシーを拾ってスタジオへ)、しゃんとして正気に戻る気がする。これは本当に不思議な効果だ。リサイタルでは、お楽しみがいくつも加わり、ワクワク、ドキドキだ。

ご飯を2〜3分で食べてしまう早業が板についてしまったのと、睡眠不足でも生きていけるようになってきたのはよくない兆候だ(昔は無理だったんだけど・・・)。とは言え、日々、充実。忙しいながらも、やっていることが、ひとつひとつ根付いていく手応えもある。この十年は、子育てを終え、一番、社会に貢献すべき時期なのだろう。それに、システムを構築するために力を尽くすというのも悪くない。

まだまだ道のりははるか彼方に思えてしまうが、着実に夏休みが近づいている!この夏はエネルギー補給して、馬力をつけなくちゃ(人からはもういいって言われそうだけど!?)。

7月19日(日) 森

久しぶりに日記を書こうと思ったら、パスワードを請求された。最近になって実は3回目。「週記になる人は、パスワード聞くよ!」と怒られている気分(笑)

さて、この1週間の間に私は誕生日を迎えた。40代最後と50代最初には、妙にそわそわウキウキして独りで大騒ぎしていたので、今回はおとなになり(もう、充分おとなか・・・)、ちょっと落ち着いてその日を迎えた。

朝一番、いつものように夫からメールがあり・・・、いや娘からの「生誕51周年、おめでとうございますm(__)m」メールが朝一番だった。親元を離れてからは、こうして朝、おめでとうメールをくれる。そして、地元特産品のプレゼントも!今年は、真鍮鋳物性の風鈴。とってもかわいいデザインで、涼やかなやさしい音がする。以前私が、風鈴の音は涼しい風を感じられるから好き、ということを話したらしく、それを覚えていてプレゼントしてくれたらしい。何でも話しておくもんだ(笑)。私にプレゼントをくれるのは、自分なりのおとなになった証拠なんだとか。そして、夫も朝からメールをくれた。妹、学生時代の友人からも。みんなありがとう!今年も1年、楽しくがんばります!

今週は、夜間の仕事、子どもたちとのワークショップの後ケース会議に向ったり、木曜日は会社会議(国際色豊かなお土産の数々に舌鼓!)。夕食後、いつものように気を失って初めて朝までリビングで寝てしまった!そして翌日金曜日は、早朝シャワーを浴びてシャッキリして姫路市で2回目の講座。今回は怒りについて考えたが、毎回、にぎやかで楽しい雰囲気だ。そうそう、担当者さんがこの日記を読んでくださっていて、「おたんじょうびだったんですね。おめでとうございます」と声をかけてくださった!日記を公開してるんだから当然なんだけど「何で知ってるん!?」と一瞬驚く(笑)。なんだか、仕事をして元気が出るって幸せだ〜♪その幸せ気分を抱え京都に移動して、懐かしい熊吾郎のみそラーメンとハーフチャーハンも食べて、家族造形法の研究会に出た。かおりん(津村)も書いていたが、わたしも帰りの電車では途中でラッキーにも座れ、座るなり爆睡(そっちかい!)。そして昨日は、やはり疲れが溜まっていたのか、昼食後うとうとうとうとしだし、腹をくくって、うとうとだらだらして一日を過ごした。

そして今日は、朝9時から元気に庭掃除。伸び伸びの枝を払い、雑草を刈って、片付けて時計を見ると3時間半余り経っていた・・・。何でも溜め込むと大変だ!でも途中、近所の人たちにも「がんばるね!ぼちぼちやりや」「すっきりしたね!」「きれいになったね!」と声をかけてもらって、くたびれたがきれいになったし気分は爽快!

夕方、ご褒美に(?)お向かいさんがおいなりさんを届けてくれた。息子は夕方から、地元の友だちとお祭りに行くというので、ラッキー!一人で6個を平らげ、おまけに昨夜の夕飯の残りの焼きそばも食べて大満足!!家の掃除もやってしまった。今日は、家も庭もきれいになってるんるん!明日あさっては、快適な環境の下、論文執筆と講師準備に勤しむ。頭もこの調子ですっきりしますように!!

そして、来週から再来週にかけては、夜間と、朝から一日の電話相談もあり、奈良市、御所市、八尾市、姫路市、大阪市と講師の仕事で移動も多く、プライベートでは、25日(土)我らがくんちゃん(村本)とあゆちゃん(長川)のパールノートピアノコンサートがあり、娘がちょこっとお手伝いするところもありで楽しみにしている!友人とのランチが3回、夜の懇親会もあり、どどどっと8月になだれ込む。暑さに負けず元気に行こう!!

7月18日(土) 津村

あっという間に週末。金曜日は奈良県橿原市へ。子育て支援に関わるリーダーさんたちの研修会。意識が高く、熱心な参加者が多く、とても楽しく講義させてもらった。そこから京都支所へ。夜は家族造形法研究会。自分の視野が少し広がるというのか、別の切り口でものを見る体験ができ、とても勉強になっている。

そして今日は、京都市へ。保護者向けの講演。土曜日なので、パパの姿もちらほら。小さな女の子がママの隣にちょこんと座って受講していた(笑)。退場するときに、近いところにいる人たちが、「ありがとうございました!」と言って会釈してくれるが、その女の子も「アリガトゴザイマシタ!」と言って、頭をちょこんと下げた。なんて可愛いー!!連れて帰りたい(おい)。

ところが帰り道。バスに乗ってふと気づくと、左手首にしていたはずの、ブレスレットがなくなっている!どこで落としたのか、全然気づかなかった(汗)。こないだの研究所の宿泊研修で伊勢志摩に行ったときに、ミキモト真珠島で買った、小さな真珠のブレスレット。私はブレスレットが大好きなので、とても気に入ってたんだけど、ショックー(涙)。でもまあ、何か願いが叶うかもしれないよね(ミサンガか!!)。たった3ヶ月しか愛用できずに落としてごめんね、ブレスレット。

ちょっと最近ぼーっとしている。気をつけよう。薬をつけたおかけで、目のまわりの腫れは随分良くなった。金曜日の研究会の帰りに、かーちゃん(森普jと途中まで一緒だったけど、「かおりんは移動中も活字読んでるやろ?」と言われた。確かにそうだー。ところが、かーちゃんと別れてから、自分の下車駅に着くまで、私はずーっと居眠りのし通しだった。今日の帰りも大阪まで爆睡だったし。くたびれてるな。長距離移動も講演本数も多かったので、体をいたわってやらないと。それでも、この2日ほど、仕事以外はどっぷり休んでいたら、ここのところ不快に思っていた頭痛が去って、ホッとした。最近は私にしては珍しく、食欲も衰えていたので、疲れてたんだろうな。

整骨院に行く暇がないときは、夫が「せんねん灸」をして、ちょっと肩揉みをしてくれて、助かる。「肩ぱんぱんに張ってるで、しんどいんちゃう?」とか言ってくれたりするので、良いモニタリングになっているのかもしれない。明日は講演がないので(論文三昧な日々に・・・)、随分と気持ちが楽だ。早めに寝よう。

しかし、こう暑いと、誰でもバテてくるよなあ。娘はどうしているか、ふと気になってメールをしてみたら、試験前だし、勉強が多忙で(実験実験で、帰宅も遅いらしい)、ちょっとバテ気味だという。栄養バランスと良い睡眠を心がけて、夏バテしないようにねと伝えたが、本人なりにしっかり考えているだろうと思う。来月には実習も控えて大変らしい。頑張れ〜!

来週は泉南市、奈良県橿原市が2回、伊丹市、京都市へ行く。

7月16日(木) 津村

お〜っと、あっという間に週の後半だ〜っっっっ。

数日前から、目の周りがかゆくなり、夜中に無意識に掻くらしく、朝になったらポンポンに腫れている。病院に行く時間もないので、メイクでごまかして仕事に行ってたけれど、この数日、講演先で、アップで私を見た人には(笑)、何だかしんどそうに見えただろうなあ。目以外は元気なんだけど・・・。ようやく今朝、近所の皮膚科に飛び込んだ。

私の場合、くたびれると目に出るみたいで、気をつけなくては。目の周囲に塗れるという薬をもらった。今日はさすがに目のメイクができないので、何だか、ヘンテコな感じ。

そのままダッシュで、整骨院に飛び込んだ。こちらも久々。あー、やっぱり体がホッとする感じ。今日は会議三昧。事務所でも何人かのスタッフに、「かおりん、今日は感じ違うね」と声をかけられた。目のメイクをしてないから、普段よりちょっと目が小さく見えたかも(笑)。け、決して普段は厚化粧じゃないゾ(ちょっと言い訳がましい、笑)。

さて、今週の火曜は神戸から、夜は大阪市某区で保育士研修のハシゴ。とてもおいしいおやつまでご用意くださり、帰りは皆さんで見送ってくださった。ありがとうございます!

昨日は亀岡市へ。JR山陰本線は、本当に景色が良い。楽しみながら行った。ここは明智光秀ゆかりの地で、「光秀を主人公に大河ドラマを!」という運動を展開中なのだとか。トロッコ列車と保津川下りでは有名だけど、温泉もあれば、緑も多く、とても景色の良いところだ。亀岡市のホームページでも「光秀を主人公に大河ドラマを!」のネット署名を集めていたので、思わず署名しておいた。謀反に三日天下というマイナスイメージばかりがつきまとうが、是非、人間・光秀の全体像をドラマで見てみたいものだと思う。

明日は、奈良県橿原市へ。夜は京都。

7月12日(日) 津村

今日もとても暑い1日だった!今日は姫路市へ。子育て中の保護者向けの講演。日曜なので、ご夫婦での参加も多かった。スタッフの方にお聞きしたところ、パパひとりの参加もあったそうで、すごーい!保護者向け講演といっても、ママが大多数という中で、ひとりで出席というのは、ちょっと勇気が要りそう。帰ったら、ママに報告してあげるのかな。

お子さんが夏風邪でダウンして、託児のキャンセルが出たそうだが、「私は行きますので」という連絡もあったそうで、なんと意欲的な。パパが見ている中を、ダッシュで出かけて出席ということだろうか。勉強したことを、日頃の生活に活かそう!という姿勢を持っておられるんだろうなあ。その間、パパが見てくれるというのも、家族にとっては良い体験かも。良い講義をしなくては!と気持ちが引き締まる。質問も出て、終了後も質問の列ができたほど。

最近、姫路とはご縁がよくあって、今年度中に、あと4回お邪魔することになっている。保育士研修だったり、福祉職全般の研修だったり、子育て支援関係だったりといろいろだけど、姫路は道中に海が見えるのが嬉しい(笑)。今日も窓際に座って、ばっちり楽しんだ。風があって、ちょっと波もあるかな?という感じだったけど、あちこちにジェットスキーをする人たちの姿が見える。

私は泳ぐのが大好きだけど、マリンスポーツはてんでだめ。というか、スポーツ全般ダメだけどさ(笑)。ジェットスキーなどはやってみなよと言われても尻込みしそうだけど(笑)、いいなーと興味が湧くのは、イルカと泳ぐことかな。なかなか機会はなさそうだけど、そのうち是非トライしたいな。そうそうこないだの沖縄では、ドクターフィッシュに初挑戦した。あれはスポーツじゃないな(笑)。

人間の足の角質を食べてくれるという小さな魚がいるところに、かーちゃん(森)と一緒に、おそるおそる足を入れてみたら、私の足にたくさん群がる魚たち!私って、魚にモテモテじゃないの!気を良くしていたら、翌日はかーちゃんの足が大人気。私の足は前日で、角質がだいぶんとれていたのだろうか(笑)。あまり長くはできず、確か20分しないうちに係員さんから終わりを告げられるのだけど、面白かった!ぷちぷちする感じが、なかなか良い刺激。

さてさて、来週は・・・あ、もう今週か(笑)。大阪市、亀岡市、奈良県橿原市、京都市へ行く。

7月12日(日) 森

ひぇ〜、毎日バタバタしていたら7月も中盤!?裏の神社のセミも鳴き始め、夏を感じる今日この頃。見れば(いや、見たくない・・・)、庭の草木も元気いっぱい枝が伸び、雑草も伸び伸び荒れ放題(涙)。

しかし先日、朝久しぶりにウォーキングをしたら、田んぼでは弱々しかった早苗もしっかり成長して見事に輝きを放っていたし(朝の稲の緑は特別にきれい!!)、夏野菜のなすびやきゅうり、トマトにとうもろこし、スイカも実り、ざくろの木には朱色の花が咲き、イチジク、柿、みかんもすでに緑色の小さな実をつけている。今、まさに自然界は元気いっぱい実りの夏なのだ!

そういえば6月中旬から、某大学で授業の2コマをいただいたり、いつものことではあるが、連日朝からNPO活動、講師の仕事やその準備、夜には電話相談とクルクル毎日が巡り、そしてこの時期はかおりんの日記でおなじみの(!?)年報執筆もあり、日記を書く余裕もなく・・・。しかしわたしも自然界の一員として、一生懸命元気に毎日を過ごしていたな。

プライベートでは、母と義妹と久しぶりにミナミでランチもしたし、娘も21歳になった。将来を真剣に考えているからこそいろいろ思い悩むということもあるようで、電話口で涙し、話を聴いている途中で「もういいわ!」とブチッと電話を切られたり(涙)、そうかと思えば2時間近く笑いながら電話で話したり・・・。月末にはお気に入りのポーチを落し、鍵もなくしたか!とヒヤリとしたがバッグから鍵は出てきてホッとしたり、しかし次の週、息子が鍵をなくしてがっくりしたり・・・。久しぶりに、単身赴任中の夫とも電話で話してホッとしたり、むっとしたり(笑)、山あり谷ありの半月だった。

でも、元気だった!わたしの元気の元は、やはり睡眠かな。移動中の電車の中、幸運にも座れれば、即爆睡。帰宅後、どうしてもお腹がすくのでおやつを食べホッとすると意識が遠のく・・・。気を取り直して、夕食を作りあっという間に平らげ、また意識を失う・・・。睡魔に逆らわずこの繰り返しをすることで、朝は元気になり、また仕事に向う。もちろん、ご飯もガッツリ食べる!なんだか、一山越して元気になった感じ。

今日は、在宅で仕事。今朝はいつもより1時間ゆっくり寝て7時起床。朝食を食べ、新聞を読み、洗濯物を干して、久しぶりに布団も干して、少しゆっくりしてパソコンに向っている。これから、レジュメを6本仕上げる予定。そして来週の講師準備も。

先週から、姫路で3回の連続講座(熟年夫婦のための再出発セミナー)が始まった。定員をオーバーしての34人(40〜70代前後の女性)で、ワークショップ形式でワイワイガヤガヤとみんなで夫婦関係について考えている。私自身も楽しみながらの仕事である。7月も忙しいが、今日からまた心機一転、楽しみながら毎日を過ごそう!

そうだ!明日はわたしの誕生日。この1年も充実していた。感謝!!!

7月11日(土) 津村

良いお天気だったけど、暑い1日!今日は茨木市へ。某中学校区の教師、保護者、地域の方向けの講演。特に思春期のお子さんを持つお母さんの姿が多く、ウンウンと頷かれたり、隣の人と笑い合ったりしながら参加されていた。揺れる思春期の子どもと向き合うことは、大変なエネルギーを要求されるかもしれないが、大人へと成長してゆくプロセスとして、大事にしてあげたい時期でもある。

大人自身がいきいきと人生を楽しみながら、子どもたちに、「人生って良いもんだよー」とメッセージを送ってあげてほしいと思う。もちろん、人生いろいろあるけど、ドイツのユーモアの定義というのは、「にもかかわらず、笑うこと」なんだそうだ。つらい時ほど、そっちには引きずられない。前を向いて口角を上げる!というのが私のモットーにもなった。

あ、昨日は摂津市のシニア向け講座へ。ストレスとの上手なつきあいかたについて話したが、ズラリと居並ぶ、私より人生の先輩方である男性、女性たち。きっと、ご自分なりの良いストレス対処をされているのではないかなと思うけれど、熱心にメモをとり、げらげら笑い、楽しそうにしておられた。

60〜70代の方が大半だったようだが、若い、若い。とてもパワフルだ。80代の方もおられたそうで、びっくり。すごいなあと感嘆するばかり。見習いたいです!シニアの素敵な居場所として地域に根ざしたコミュニティからのご依頼だったが、皆さんがいきいきしておられたのが印象的だった。きっと、安心できる居場所なのだろう。

さて、明日は姫路市へ行く。昨秋体調を崩してから、体のことは本当にガタガタだった。最近は腰を痛めたりして、本当に泣きっ面に蜂状態だったけれど、ようやく落ち着いてきたので、リハビリ的な運動を続けて、一昨日から本格的な運動を再開した。やっぱり気持ち良い。楽しくてたまらない。おいしく食べながら楽しく運動し、元気に仕事を楽しめるといいなあ。

7月9日(木) 村本

『ねじまき鳥クロニクル』を読み終えた。ドイツで一緒だったフランス在留中の文学研究者と、戦後の文学に見る歴史のトラウマの共同研究をしようという話になって、手始めにと選ばれたのがこれ。通勤の列車の中でしか本を読む時間はないが、それでも、久しぶりに寸暇を惜しんで小説に没頭した(同じ感覚を持つのは編み物だ)。

若い頃は作家を目指して物を書いていたこともあったくらいだが、心理の専門家になって、まったく小説を読まなくなった。「事実は小説より奇なり」と言うけれど、日々、壮絶な物語を聞きすぎて、小説が入り込む余地がなかったのだと改めて理解した。それほど、この小説は、私にはなじみ深いような気のする物語だった。

海外では、戦後にトラウマ心理学が発達したが、日本では、それが見られず、なぜだろうと思っていたが、以前、メアリー・ハーベイさんと広島、長崎を回って、おそらく、トラウマの痕跡は、文学や絵画など芸術のなかに埋め込まれているのだろうと話した。心理学などとてもかなわない。それでも、心理学的な分析によって明らかになることもあるだろう。まずは、ブラインド分析(個人情報なしの分析)をしてみるのが良いかもしれない。

それにしても、村上春樹の世界的人気はいったい何なのだろう?ファッションということかもしれないけれど、やはり、大衆の無意識に訴えるものがあるのだろう。十分な時間があるわけではないが、少しずつ研究を深めていきたいものだ。

7月9日(木) 津村

暑い〜。といっても、冬は寒い〜と書いてるなあ、いつも。どっちが苦手かというと、年々、暑い方が苦手になってきている気がする。今日は珍しく講演がなく、夫も休日だったので、法事の準備のための買い物をと、一緒に街に出た。

お昼は、夫の好物の坦々麺を食べた。私は大好きな温泉卵をトッピング。このとろ〜りとした卵がいいんだよね。ここのお店は、たくさんの調味料がテーブルに置いてあり、いろいろと試せる。ライチ酢というのがあって、これがまろやかでおいしかった。ゴマもたっぷりとふりかけられるように用意されている。おいしかった!梅田阪急三番街にある、「四川辣麺」というお店。

暑いけど、ちょっと運動もしなくちゃねと、最寄駅の2駅手前で電車を降りて、家まで歩いた。帰宅して万歩計を見たら1万歩を超えた。おっ、頑張った。毎日こんなに歩けるといいんだけど、私はたいてい平均5000歩いくか、いかないかというレベル。移動距離はすごいから、私って頑張ってる〜と思ってたけど、頑張っているのは電車らしい(苦笑)。私も頑張らないと(汗)。

そういえば、昨日は久しぶりに整骨院に行って、体がほっとして元気があったのかな。帰る前に梅田のジュース・バーで、ビタミンCたっぷりと書かれていた果物をミックスした生ジュースを飲んでシャキーン!酸味があって、おいしかった!

明日は摂津市に行く。

7月7日(火) 津村

このところ、日記で毎日のように、論文が!論文が!と騒いでいたが(恥)、ようやく今、書き上げた。最終稿レベルにはまだまだ(のはず)だし、修正は必要だけど、少しだけホッ・・・。

昨日は大阪市内で、子育て支援をしている人、これから活動を始めようとしている人向けの講座だった。さすがに活動的、意欲的な人が多くてすごいなー!と思う。ますます元気に良い活動をしてくれるといいなあ。あっ、日曜日に写真を撮った駅弁「21世紀出陣弁当」はこれです。

すごーくおいしいので、ついこれを選んでしまう(笑)。私の好物がたくさん入ってるからかな。さてさて、今日はひたすらレジュメ作成と、論文に燃えた1日?だった。

先日講演に行った、大阪市内某区での子育て支援者向けのアンケートを担当者さんが送ってくださった。こういうお心遣いをいたたくのは、とても嬉しい。年配の方が多かったのだが、「自分自身を振り返ることができて良かった」というご意見がズラリ?で感動。私が60代、70代になったとき、そんな柔らかな感性を持って話が聴けるだろうか。見習いたい思いだ。「自分の、子育て支援の感じ方も少し変わった」というお声、本当に嬉しかった。人生の先輩として、若い保護者の温かい味方であってくださると、たいへん嬉しい。

あっという間に夜だ!今夜は、疲労回復メニューで、きのこをどっさり使ったメニューにするつもり。パスタにしようか、野菜炒めにしようか迷ったけど、ちょっとパスタに傾いている(笑)。うちの家族って、本当に麺好きばかりなのだ(笑)。

昨日は娘の誕生日。早いもので21歳に。忙しいのでもちろん帰ってこなかったけれど、ちょっと前に帰ってきた時に、一緒に食事もしたし、プレゼントも渡したので、今回はメールでメッセージを送っておいた。健康で、毎日を楽しんでいてくれたら、願いはそれだけだ。「元気にがんばってるので、応援よろしくお願いしまーす!」といったパワフルなメールが返ってきて、嬉しい気持ち。母も、毎日を楽しみながら頑張ろう?。

どんどん新しい講演依頼が入ってくる、この時期。どこかで講演を聴いてくださっていたという口コミ依頼が、ほぼ9割。また新たなご縁を繋いでくれる方に、心から感謝。ご縁を繋いでくださった方、新しい出会いの場の参加者の方が満足してくださるような講演をしたいと強く思う。

そういえば、5月末くらいに十数冊、古本を買ったのに、もう全部読み上げちゃったなあ。つまらない。また古本屋さんに行こう♪今日は仕事の合間にストレッチをしたり、軽い運動をやってみた。やっぱりからだを動かすのは楽しいな。

7月5日(日) 津村

うぉー、くんちゃん(村本)の食生活は、いつ読んでもおいしそう。焼きそば、ヨダレものだなあ。梅ジュース、なんておいしそうなんだろう。うっとり。家事が不得手な私は、手作りが苦手で、よくあんな手作りが大好きな娘が育ったものだと、内心不思議に思うくらいだ。凝り症の夫に似たのかな。私の実母と趣味(茶道や料理)が似てるから、その血か?

こないだ娘が帰って来た時に一緒に買い物に行ったら、「ひとり暮らしを始めてから、まだ出来合いのものを買ったことないわ」というので心底驚いて、「あんた・・偉いなあ!」と思わず感嘆の声をあげた、情けない母(苦笑)。

しかし、ハンドメイドを得意とする友人がいて、昨年、友人宅に遊びに行ったら、自分で漬けたという、生姜漬けを出してくれた。あんまりおいしいから感激していたら、今年は、「かおりんの分も一瓶つけたから、取りにおいで」とメールをくれた。おぉ、友よ(ジャイアンか)。野菜も育てていて、お米も作っているので、お裾分けをいただいたりする。これがどれもおいしくて感激。こういうのを楽しむって、ヘスティアー(ギリシャ神話の炉と神殿の女神)タイプだろうか。私にはない側面だけど、ひたすら尊敬。

さて、今は静岡県三島市に向かう、「こだま」の中。こだま・・・というと、すぐお笑いの人(大木こだま・ひびき)を思い浮かべるのは私だけか?「そんなヤツおらへんやろー」というのが彼らのネタだっけ(笑)。お客さんに向かって、「別に無理して来てくれんでよかったんやー」と言い、言われたお客さんも待ってましたとばかりに大笑い、というのがおかしい。

今日は、小中学校の子どもをもつ保護者と小・中教師向けの講演会。昨年度も静岡に行き、三島に泊まったのだが、すっかり気に入ってしまって、今日も楽しみにしていた。何がすごいって、鰻がおいしいの何の!三島の名物は鰻なのだ。もちろん、みかんも抜群においしかった!食べることばっかりかい(汗)。

新幹線のホームでは、「置き引きが多発しているので、お手回り品には注意を」というアナウンスが流れる。ドキッ。ひとりで移動することが殆どの私にとっては、お手洗いに行く時に手荷物をどうするか?と迷う。スタッフは皆、長距離移動の名手ばかりだから(笑)、「どうしてる?」と聞いたこともある。みんなそれぞれ工夫してるんだなあと思ったものだ。

今日の駅弁も、やっぱり、「21世紀出陣弁当」。田楽と貝、野菜の煮物がおいしくて大好き。お弁当の包みがちょっと懐かしい感じで、それも好きだ。駅弁の中では、かなり低カロリーなのもいい(笑)。今日も完食。満足。

いま、岐阜羽島。三島までは、あと2時間。重いけど、PCを持ってきて良かった。ひと仕事するとしよう。

論文に必死になっていて、ふと気づいたら、もう掛川。えーと、次が静岡かな。新富士の次が三島だっけ(地理バカで、全然わかっていない)。

ここからは復路。無事に講演を終えた.。予定より人数が少なかったそうだけど、熱心に聴いてくださる方が多かった。「あっという間に1時間半経っていた」と主催者側の方が最後の挨拶でおっしゃってくださったが、時間を忘れるくらい集中して聴いてもらえたのなら、光栄です。(^?^)ニコッ

三島は昨年度に講演で来て1泊した。1年ぶりだけど、当時、ひとりで数時間ウロウロしたこともあって、駅前周辺には、ちょっとだけ詳しくなった。駅前で、お土産を買う。

お茶、山葵、鰻、みかん、おいしいものが多くていいよなあ。

三島には綺麗なところがたくさんあるんだけど、とんぼ返りで残念。すっかり三島ファンになったので、今度はプライベートでゆっくり楽しみに来たいものだ。

明日は、大阪市内で子育て支援ボランティアのための、グループ援助のノウハウを学ぶ講義。子育て支援ボランティアをする方は、子育てを終えた人生の先輩方である女性が多いのだけど、とてもパワフルで、こっちまで元気になっちゃうような、楽しい方が多い。明日も楽しみだ。

7月4日(土) 村本

仕事を終えて、家に帰り、おやつにスイカとアイスを食べ、ピアノの練習にいそしむ。6月は海外出張もあって、ほとんど練習できなかったが、25日にコンサートをやるので、今月は必死。毎晩、帰りが遅いので、家で弾くことが難しいが、週に2回でも弾ける時に頑張っておこうと。練習時間が少ないからか、1〜2回練習すると、グンと上達するのを感じる(逆に、2週間ほど弾けないと、後退してしまう・・・)。明日は早朝から3週間ぶりのレッスン日だ。前回、先生をとても心配がらせてしまったので、なんとか挽回したいものだ。少しずつ出来上がっていくと、弾くのも気持ちいいので、リフレッシュする。(25日は14時からクレオ中央で。子連れOKなので、良かったら来てね!)

そして、これまた貴重な家御飯。「今日は何を食べたいかな〜?」と考えた挙句に、久しぶりの中華焼きそばに決めた。私はこれが一番好きなのだが、子どもたちがソース味の焼きそばの方が好きだったので、中華焼きそばはできないメニューだったのだ。生めんをあらかじめ炒めておいて、お皿に入れ、豚やシーフード、もやし、しいたけ、しめじ、人参、チンゲン菜、ピーマンを炒め、中華スープの素と塩、胡椒で味付け、片栗粉でとろみをつけたものをかけるだけ。本当においしい。食後はデラウェアと、梅ジュース。梅ジュースは、去年、妹から教えてもらったもの。冷凍した青梅と同量の氷砂糖を1週間ほど瓶に入れて、時々混ぜるだけ。これを水やサイダーで薄めて飲むと、おいしいし、疲労回復にいい。あっという間に梅がなくなりそうなのが心配だが(妹のところは、梅用に冷蔵庫を1台買うと言ってた)、こんな生活は嬉しい。

もちろん、夏休み前の忙しい一か月。課題はたくさんあるが、圧倒されず、ひとつひとつ心をこめて取り組んでいきたいものだ。

7月4日(土) 津村

おぉ、もう1週間が終わる。木曜日は、保育士向けの講座。子どもの権利擁護と保育について考える内容のものだったが、グループでシェアすると、さまざまな面白い意見が出た。最終のグループ・ディスカッションでも活発な意見交換がなされて、私自身が「すごいなー!」と思うくらいだった。

さて、金曜日は必死でレジュメ作成の1日を過ごし、今日は高槻市で講演。社会参画を視野に入れている女性のために、それに必要なスキルを身につけようという連続講座の最終回だった。これからの生活に前向きに活かそうというご感想がよく出て、嬉しかった。学んだことをどう活かし、自分の人生に意味づけるかは、その人の力だと思う。私も学んだことを具体的に活かせるようになりたいものだと、常々思う。

さて、今朝はなんだか大変だった。最寄駅まで歩いていたら、駅前商店街のはずれで、おばあさんが倒れている。そばには杖が落ちている。誰も助けに行っていない。慌てて「大丈夫ですか?」と声をかけに行ったら、おばあさんは血だらけ。転んだ瞬間に口の中を切ったらしい。相当に深く切っているのか、顔だの服だの、あちこちが血だらけなのだ。「ああーーーー」と声を出して、私の手をつかんだ、その手も真っ赤。あっという間に、私の手も真っ赤に。

でも、どうして?商店街のお店の人は、店先にせっせと商品を並べている。視野に入っているはずなのに知らん顔なのだ。救急車を呼んでもらおうかと声をかけても、絶対に近寄ってこない。「バンドエイド要るん?」などとボケたことを向こうから叫ぶだけ。口の中にどうやってバンドエイド貼るんだよ(涙)。最後までその人たちは遠巻きにして、近寄っては来なかった。それがもし自分の大事な人で、周囲から知らん顔されてたら、どんな気持ちだよ!?とちょっとむっとしたけど、私が放っておけなかっただけのことだから、仕方ないかも。私も動転してたんだよね。救急車呼ぶなら、自分の携帯電話で呼べたんだから(苦笑)。

病院に連れて行ってあげるにも、私には時間がないし、おばあさんはふらふら。他に痛いところは?と聞いても要領を得ないので、やはり救急車を呼ぼうかとしたら、「帰る・・・」と言う。送ってあげる時間もないぞ(涙)。一瞬、本当に途方に暮れた。すると、近づいてきた女性が、このおばあさんを知っている人だった。きっとこの先の美容院に来るお客さんだよというのだ。親切な人で、お店の人を呼んできてあげるわと走ってくれた。

間もなく美容師さんらしき人が走ってきた。やはり、予約をしていたお客さんだったらしい。おばあさんの顔を見て、血の気がひいておられたけれど、私に「ありがとう、ごめんね」と言い、「○○さん、送るから、家に帰ろう」と声をかけていた。残されたのは、私が渡したティッシュの山。真っ赤に染まっている。それを駅のゴミ箱に捨てて、手を洗って、私も出かけた。私はそんなに血に弱い人間だとは思わなかったけど、さすがに、ひぇぇぇと思うような出血で、ビビった。

さあ、気持ちを切り換えて仕事だ!仕事だ!と何度も深呼吸したけれど、なかなか気持ちがすっきりしなくて参った。それでも、会場に着くと、やはり気持ちがシャキーンと引き締まる。熱心に学んでくれた受講者も多くおられたし、ホッとした。

さて、明日は静岡県三島市へ。月曜日は講演だし、もちろん日帰りだけど、昨年度も静岡に行き、富士山に感動し、とってもおいしい鰻を食べたっけ(やはり食い気か)。明日はどんな出会いがあるのか、楽しみ。

来週は大阪市、摂津市、茨木市、姫路市、京都市に行く。元気に行くぞー!おー!あ・・・その前に論文(汗)。

7月1日(水) 津村

ぎゃーーーっっっっ、もう7月だーっ!ろ、ろ、論文がぁぁぁぁ・・・・〆切がぁぁぁぁぁぁぁ・・・(←進んでないらしい、汗)。今朝は、奈良県橿原市へ。子育て支援者のための研修会。翌々週も伺うが、計2コマ担当している。早いもので、毎年開催されるこの研修会の講師にお呼びいただくようになって、もう3年目。すごく前向きで熱心な方が多く、こちらも楽しく講義させてもらっている。

午後はダッシュで帰り、大阪市某区へ。こちらも子育て支援者養成のための講演。何本か乗り換えなくてはいけないので、競歩みたいに(笑)せかせか歩いて、目的地到着。ヨシッ、何とか間に合ったが、10分くらいは大丈夫そう。思わず近くの立ち食い蕎麦屋さんに入って、ざる蕎麦を数分で完食(オヤジか・・・)。

午後は初依頼だが、熱心に聴いてくださる方が多く、とてもノリも良い。さすが大阪(笑)?こちらも楽しく講義させていただいた。いまの孤独な子育ての温かい応援団として、これからも保護者や子どもの味方としてより良く繋がる支援者であってほしいと願うばかり。

そうそう、今日は大雨に注意と予報で見て、長い傘を持って出たものの、めっちゃ晴れてる・・・日傘がほしかったぞ(涙)。帰り道になってどしゃ降りになったので、長い傘は役立ったけど、それにしても暑い1日だったー。帰宅して、お茶を飲んで、ほっこり。

さてさて、明日は奈良市内へ。最近は結構奈良づいている(笑)。大阪生まれの大阪育ちである私は、奈良のことを殆ど知らないが、素敵な観光地でもあり、おいしい食べ物もあり、すっかり気に入ってしまった。近鉄奈良駅から少し行くと、普通に鹿が歩いているのにはびっくりしたけど(笑)。思わず、「アンタ、こんなとこ歩いてて大丈夫なんかいな、車に気ィつけやー」と声をかけたのは、私だけか(笑)?動物を飼っている人って、子どもに話すみたいに動物に話す癖があるよね。私もそうなのかもしれん。