2009年3月 (スタッフの日記バックナンバー)

3月31日(火) 森

3月後半は花冷えの毎日で、咲き始めたソメイヨシノも身を縮めていたようだけれど、道端の小さなスミレの花、庭先のフリージアや空気の冷たい朝のウォーキングの合間に藤の花芽をみつけた。春本番を今か今かと待っているようだ。

そして今日で3月が終わる。いよいよ明日から新年度!ここに来てみると、今年は年明けのこの3ヶ月間、公私共に結構充実していた。年の重ね方、日々の送り方も上手くなってきたのかな?毎度お得意の自画自賛(笑)。

この春高3になる息子、春休みも学校主導の受験対策で、ビミョーな日程・時間割りで予備校へ行っていたようだが、今朝急に「新学期までに小テスト3つ通らなあかんねん!」と、学校へ行った。始業式は4日(土)、勉強している様子は見られなかったけど、間に合うんかいな・・・?。お尻に火がつかないとできないようだけど、自家発電(自家発火?)できるなら、ま、それもいいか。

そういえば、一昨日の夕食後「トランプしよう」というので驚いた。先日から、リビングのテーブルの上でトランプのタワーを作っては(4段まで作っていた、結構集中力があるなと感心!)写メを友だちに送っていたりして・・・。勉強せなあかんな・・・と思いつつ、何か違うことをやってしまう・・・わたしにもよくあることだ(笑)。その極限が「トランプしよう」だったかも。息子がやろうといったのは、「スピード http://www.card-asobi.com/speed.html」というもので、わたしも中学校の頃、休み時間熱中してやっていた遊びだ。私は当時、きょうだいの中でもクラスでも向うところ敵なしで、クラスでも1〜2を競うほどの得意のゲーム。でも長年やってないし、最初は頭と手が上手く連動するのかちょっと自信がなかったが、やりだすと昔取ったなんとやらで、息子にも圧勝だった!私はかなり気をよくした反面、息子は「無理や、勝たれへん」と落ち込んでいた。なんか、脳が活性化して脳みそが熱くなった、そんなところを見るとやっぱり年かな(笑)。

でも、今年度も元気に過ごせた。いろんな方に出会い、ご縁をいただき、仲間にお世話になりながら無事仕事を終えることができた。感謝!!また、来年度の仕事を3月半ばにいただき、担当者さんと意見を交換し検討を重ねていた新しい企画とチラシ案が先ほど出来た。こうして一緒に企画を作り上げていく作業は楽しい!来年度の仕事も楽しみだ!

3月30日(月) 村本

今日も朝から目一杯の仕事でヘトヘト。それでも、まだ授業がない分、晩御飯までに帰れて、しかも、注文していた圧力なべが届いたので、早速、張り切って、料理してみた。手羽先のクリーム煮。玉ねぎを炒めた後に、人参、じゃがいも、マッシュルーム、セロリ、手羽先を丸ごと入れて、コンソメで煮込み、生クリームを加え、塩、こしょうしただけというのに、なんて奥深い味!感動ものだ。野菜が煮崩れせず、しかも柔らかく仕上がっている。素晴らしい!圧力なべには前から興味を持っていたが、めんどうくさそうで、なかなか手を出せずにいたのだが、子どもたちが自炊を頑張っているので、もし良かったらプレゼントしてやろうという思いもあって(とりあえず、息子にも娘にもヘンケルの包丁セットはプレゼントした)、思い切って注文してみた。これは使える。ますます料理が楽しくなりそう。

何かひとつ仕事をするたびに、ダンボール1杯の本を仕入れる習性があるので(お金はかかるけど、機会あるごとに情報をアップデートしているから、ある領域においては、常に先進を行ってる〜)、いい加減、本の整理をしないとひどいことになりつつある。この春は、自宅、事務所、研究室の本を機能的に整理することが課題だ。今も、今月末までの原稿2本を抱えているので、本の山に囲まれて生活している。1つは今晩で終えられると思うけど、もう1つの方は、まだ資料が揃わないこともあり、少し締切を延ばしてもらおうと思っている(どうせ、いつも締切を守るのは私ぐらいだし・・・)。

今日、届いた新しい資料を見ていると(APAが発行している最新のDVの本で、ジュディス・ハーマンが序文を書いているもの)、なんと著者の1人はデボラ・エプシュタインさんではないか。法学の人だが、数年前、ワシントンDVに調査に行ったとき、お目にかかって、なんていうかアクティビストとしての同志のようなつながりを感じたものだ。彼女がサイコロジストと共著で、しかもAPAから本を出したなんて。なにしろ、調査のテーマは法と心理学の協働で、なかなか協働が難しいと言っていたのだから。こうして、いろんなことがつながっていくなぁ。疲れたのか、なんだか頭痛がするが、今夜の課題をやってしまおう。

3月29日(日) 津村

ちょっと肌寒いものの、お天気が良くて気持ちがいい。ひどかった今年の花粉症も、もう少しの辛抱かなーと期待しつつ、ちらほら咲き出した桜を楽しみに眺めている。さまざまな生命の息吹を感じられるこの季節、やっぱりわくわくするし、元気が出るよね。

それにしても、くんちゃん(村本)も、かーちゃん(森)も、おいしいものを食べていて、いいなあ。くんちゃんが書いてた野菜のディスカウントショップは、本当に安い。私も仕事からの帰り道、店を覗いては胸をときめかせている(笑)。こないだは、大好きなデコポンが10個も入って598円!大喜びで買った。パソコンも持っていたため、帰るまでがひと苦労だったけど(笑)、いい運動だったかな。ショッピングカートを下げて出勤したいくらい(笑)。豆ご飯に具だくさんの味噌汁、おいしそうだ〜♪

かーちゃん、私は大豆が大好き。豆腐に湯葉、ああー、うっとり。イソフラボン津村と異名をとるくらい(ウソ)。お店の名前も面白いね。難波にもあるのね?行ってみたいかも。夫と「今度行ってみようか」といっている店があって、ちょっと楽しみにしている。

そうそう、私はヤマザキ製パンの「ロシア」パンが好きだ。大きくて、一度に食べられないくらいのボリューム。シンプルだけどほんのり甘い味。たまに食べたくなるけど、昨日スーパーで何ヶ月かぶりで買った。おいし〜い♪

シキシマ製パン(現:Pasco)の「メロンド」という菓子パンも大好きだったのだけど、これは廃盤になったようで、残念(涙)。すごーくおいしかったんだけどな。森永ジャムンチョ(それはアイスやがな・・・)と同様、復活を心から求む。

もうすぐ4月。春本番が待ち遠しいな。ちょっとどこかに出かけてみようかなあ・・・。

3月28日(土) 村本

まだ、冷え込むと調子が悪くなったりはあるが、体調もボチボチ。今日は整骨院へも行けた。やっぱり、体のメンテナンスは大切だ。仕事も夕方で終わったので、野菜のディスカウントショップに寄って帰る。「お〜、えんどうがある!いちご、4パックで780円!えのきだって、5パックで170円・・・」。興奮気味で、両手いっぱいに野菜を抱えて帰る。

今日は春の味の豆御飯に決めた。子どもたちが豆御飯を嫌がるので、長く豆御飯は採用されないできたが、子どもたちがいなくなった今、復活のチャンスだ。それに具だくさんの味噌汁。人参、大根、じゃがいも、椎茸、それに大根の葉を加えた。それから、蓮根のキンピラ。えのきはベーコン巻きにした。デザートに、いちご1パックを夫と2人で分けて、いちごミルクにすると、いつもの倍あるので、結構な量。満腹だ。

そして残りの3パックでジャムを作ることにした。昔、ジャム作りに凝ってたことがあったが、久しぶりだ。いたって簡単だし。わ〜い、明日の朝のトーストが楽しみだ。

原稿締め切りが迫っているが、まだこれからというところ。それでも、ようやく資料も集まり、書く見通しも見えてきたところ。DVの歴史を振り返りながら、頭が整理されていく気持ちよさもあって、ちょっと乗ってきた。あとは、どれだけパソコンに向かう時間が確保できるか次第だ。

3月28日(土) 森

先々週、友人とランチに行く約束をしていたが、友人の体調不良でキャンセルになっていた。近々連絡があるだろうと思いながら、今朝、ふと元気にしてるのかな?と気になりメールをしたら、すぐに「月末は忙しいのに、急に時間ができて・・・、今日空いてる?」と電話があり、山ほど話したいことがあると(笑)、急遽待ち合わせてランチに出かけることになった。豆腐料理の専門店、豆仙坊(とうせんぼう)で、お庭の見える座敷に通してもらって、ヘルシーでちょっとリッチなランチを優雅な気分でいただいた。お店は、奈良県内(3箇所)とナンバにもあるようだ。http://www.tou-sen-bou.kansai.walkerplus.com/

彼女は、つわりで食欲がわかないとき、買い物に行くのがしんどい真夏など、声を掛け合って誘い合って乗り越えた妊婦仲間でもある。思えば向かい同士で住んでいたのは5年間、その後20年近くは離れて住んでいるが、1年に1度か2度はどちらからともなく連絡を取り、細く長く付き合っているとても大切な友人だ。お互いの子どものこと、親のこと、夫婦のこと、きょうだいのこと、自分自身のことなど久しぶりにいろいろいろいろ話した。

当時お腹にいた子が、今年大学を卒業して東京で活躍していると聞き、『そうか息子が生きていたら社会人なんだ』と思いながら、ユニークな生き方をしようとしているお互いの子どもの話を、笑いあって時にはため息交じりで話し聴いた。親としては心配になったり、これでいいのか?と迷ったりすることもあるが、こうしてお互い信頼のできる人に共感して聴いてもらえると、「これでいい」と再認識もできて、何でも話せるってありがたいものだと思う。今度は、ウォーキングに行こうと約束をした。楽しみだ!

年度末、私にとっては仕事も一段落してゆったりペースになるこの時期、この後もお楽しみ月間は続く〜♪4月には、学生時代の友人たちとの京都1泊旅行、その後は娘のところへ母と日帰り旅行(先日来もめにもめ、さっきやっと日程が決まった)、そして会社の1泊研修旅行も待っている♪あ!、その前に原稿書きがある!のんびりペースで、エネルギーをためつつ、しっかりやろう〜〜〜〜〜って、〜〜が多すぎ(笑)。

3月26日(木) 森

「暑さ寒さは彼岸まで、一気に春真っ盛り!」と書いた先週から一気に冬に逆戻り。今日は、冷たい!寒い!ということで、わたしもかおりん(津村)同様の週記(笑)。

この寒さに、先日見かけたツバメも、モンキチョウも、一分咲きのソメイヨシノも驚いていることだろうな〜。そう、私も最近自分に驚いたことがある。やはり何が要因かわからないが、『今年は大変なことになるかも・・・』と思っていた花粉症の症状が、先週辺りから一気になくなったかと思うほど大幅に軽減したこと。覚悟して、ウェットティッシュを大量に買い込んでいたのだが、ありがたい!

かおりんが昨日書いてくれた「ほたえる」と言う言葉。そうそう子どものころ、よく「ほたえなさんな!」って怒られたわ(笑)。今回これは息子自身が言った言葉だから、余計笑える。でも、死語になりつつあるこういう昔懐かしい言葉を、若者が受け継いで行ってくれるとうれしいね〜。祖母や父は商売人ということもあり、コテコテの大阪弁をしゃべっていた。イントネーションは残るけど、言葉は変化していくもの。ちょっとさびしい。

若者と言えば、昨日は新規採用保育士研修会の講師で、この春から保育士さんになる夢あふれるフレッシュな先生たちへの研修だった。2日間にわたる研修の最終日、最終コマの担当だったが、みなさん、熱心にメモを取り、目を見開いて聴いてくださった。ワークも取り入れたが、積極的に参加してくださり私も元気をいただいた。楽しかった!ほとんどが娘と同い年、個人的にも感慨深いものがあった。お仕事楽しんでね!

今日は、夜間の仕事。冷えるから暖かくしていこう〜。そろそろお昼。昼から出かけるという息子もいるし、今日は寒いので昼食はうどん定食。かやくごはんのいい匂いがしてきた〜。夕飯は何にしよう?

3月25日(水) 津村

また週記に近いか(汗)。今年度の講演は23日ですべて終了した。やれやれ。年齢的にいろんな変化が起きる時期なのか、体調を崩したこともあったけれど、無事にこの日を迎えられて、心からほっとした。スタッフの協力や応援に支えられてのことだと思う。ありがたいことだ。ひたすら感謝。

ここから4月中旬くらいまで、毎年恒例だけど約3週間程度、かなり長い休憩期間に入る。こんなに長く講演が途切れることはない。貴重なひととき、ここが私のシーズンオフ。この時期に少しのんびり休んだり、普段できないことをしたり、原稿を書き溜めたりする。いまは、今年の論文の文献を取り寄せては、読みふける毎日。ひとつ取り組んでいた原稿も完了して、大きな安堵。もうひとつ書いている原稿を何とか仕上げたい。後はお花見にも出かけようかな。

あんこさん 私は「きなこ豆」を知らなかったけれど、おいしそう〜!今度行くときに、忘れず買い求めますね。おぉ、あんこさんも、ソナチネで休憩仲間でしたか。でも先日、「ソナチネあたりまでできてたなら、頑張ったら好きな曲が弾けますよ」と言われ、単純な私は一瞬その気に(赤面)。人生で1曲くらい、大曲を練習してみる経験もいいかしら?楽譜を買ってみようかしらとか(笑)。ちなみにパールノートの選曲は私の弾きたい曲ばかりなので、余計にそそられます。ショパンにモーツァルト・・・憧れです!

そうそう、音楽からもらう感動、元気ってあるけど、WBCを見て、スポーツって人を感動させたり、元気にさせるなあと、しみじみ。ニュースで見た街頭インタビューでも、「元気をもらった。自分も明日から仕事を頑張る」なんて言ってた人が結構いた。諦めないタフな精神力、私も見習いたいな。侍ニッポン。やったね!

もうひとつ追伸。かーちゃん(森)、亀レス過ぎるけど、「ほたえる」って言葉、懐かしくて思わず笑ってしまった。小さいとき、「ほたえなさんな」なんて叱られたもんだ〜。

明日は、ちょっと寒くなるらしい。気候が不安定だけど、風邪に気をつけなくては。

3月23日(月) 村本

風邪と神経痛は、ボチボチ回復の方向だが、今度は、あちこちに口内炎が出来、銀歯のかぶせが取れたままの奥歯(歯医者に行って、虫歯が発見されたため、削られて、型どりし、仮詰めしてもらったが、それもすぐに取れてしまった・・・)とともに痛むので、右でも左でも物をよく噛むことができない。食べるのが苦痛だが、食欲がなくなることのない私なので、泣きながらもあれこれ食べている。やっぱり、ピロリ退治の抗生物質で、善玉菌までいなくなり、すっかり抵抗力を失っている状態なんだろう。何か良いものはないかしらと、薬局に行って、とりあえず、ショコラBBを買ってきた。

土曜は立命の卒業式。きのうは、月1のNPO子どもプロジェクトの日。どちらも充実していた。今日は、いよいよ持ち越し課題になっているDVの原稿書きに取り掛かったが、どうにも進行は良くない。1本は、アメリカのDVをめぐる動向。アメリカへ行く前に、準備をしておこうと、アメリカコミュニティ心理学会のDV関連論文を全部、プリントアウトしたのだが、見てみると、どうも情報源としては不十分なようだ。本の検索をしてみると、アメリカのDV関連図書は、最近、ものすごく増えていることがわかった。役に立ちそうな本を何冊か注文してみたが、今月末の締切にはちょっと間に合いそうもない。どうしたものか・・・。もう1本のお題は、「コミュニティ・セラピストの危機介入」。DVの危機介入で、コミュニティ・セラピストに特有のことって何なのだろう?(他にフェミニスト・セラピストの危機介入などもある)。今、意図を考えあぐねているところ。

それでも、今日は、クリーニングを出しに行き、整骨院に行くことができた。原稿は気になるものの、まずは元気を貯めなければ。

3月20日(金) 津村

おおっ、週記になってしまっている(汗)。今日は、休日。パールノートのピアノ演奏を聴きに行ってきた。力強く優雅な演奏だった。うっとり。あんなに多忙な中で、あんな素敵な演奏ができるなんて、本当にすごい〜!パールノートは、私のストレスコーピングだ。心の栄養補給をした感じ。子どもたちのピアノ演奏もあって、とても可愛いかった。終わってから皆でお茶を飲んだが、普段みんなそれぞれに多忙にしているから、プライベートで会ってお茶を飲む機会はない。貴重なひとときかも〜!ボリューム満点のフルーツパフェを楽しみながら、おしゃべりに花を咲かせた。

人が楽器を弾いているのを見ると、自分も弾きたくなるもので、何か習いたいな〜という気持ちがいつも芽生える。中学の頃にはやばやとソナチネで挫折した身だけど、鍵盤を弾きたい〜という気持ちもあるし、歌いたい〜というのもあるし(私は歌うことが大好きなのだ〜)、ずっと憧れつつ、一度もやっていないのがギター。子育ても卒業したことだし、何かはじめてみたい気持ちも、むくむく。

さてさて、今週は京都市が2件、富田林市に行った。いずれも、地域などで支援に取り組んでいるネットワークや団体、サークルなどで、テーマは「虐待」だったり、「ストレスマネジメント」だったり、「グループ運営のスキル」だったり。こういう仕事をしていてお得だなと思うのは、こんなに頑張ってる人たちがいるんだなと肌で感じられることだ。「あちこち飛び回られて大変じゃないですか?」と問われることは本当に多い。でも、良い刺激を受けて、こちらも元気や希望をもらえるんだよね。

そうそう、京都の1件は会場がホテルだったのだけど、某大学の卒業パーティー会場にもなっていた。春だ〜。袴姿の若い女性があちこちに。おぉ、華やか。きらきらしていて、まぶしいね〜。2年後には、自分の娘もこういう姿を見せてくれるのかな?なんて、ちらりと娘を思い出す。

ボリュームたっぷりのフルーツパフェでお腹いっぱいになってしまって、まだ夕食を食べていないけど、珍しく夫の体調が悪い。どんなに不調でも絶対に仕事を休まない人なので、しんどそうに出て行ったけど、ちょっと気になる。あっさりしていて栄養がとれるものにしようかな・・・と、鍋焼きうどんにするつもり。野菜や卵もたっぷり入れよう。好物のお漬物とシュークリームも買った。早く帰れるといいが。

3月20日(金) 村本

今日はピアノの演奏会。早起きして、午前中はスタジオでレッスンし、前から試してみたかった近くの和食屋さんでお昼を食べ(若いお兄さんによるおふくろの味風でとってもヘルシーでおいしかった)、隣のカフェで、カフェモカを飲み、会場へ。リハーサルをして、本番だった。とりあえず無事に終わってホッ・・・。心残りもないわけではないが、結構、練習したし、極度の「あがり性」も、おととし認知行動療法で乗り越えたので、心地よい満足感。身近な方々も応援に駆けつけてくれて、暖かい気持ちに包まれた。

体調の悪さもようやく峠を越え、今日あたりから、回復の兆し。2週間以上。長引いたものだ。私にしては珍しいが、ピロリの治療ですっかりバランスが狂ったに違いない。なにしろ休みなしのうえ、朝から晩まで出っぱなりのスケジュールだったので、とにかく薬を飲み、晩、家に帰ったら、もう仕事はせず、一刻も早く寝るよう心がけた。お陰で、予定の仕事が手つかずのまま(今月中に論文2本・・・)。何とか、今夜から取り戻さなくては。

そして、今日は、娘が引っ越して行った。車で荷物を運んでやろうと思っていたのに、いろいろ友達の予定があるらしく、きのう、自分で荷物を送り、今朝は、スーツケースと鞄にいっぱい詰め込んで出て行った。朝は自分のことで頭がいっぱいだったけど、帰ってみると(夫もいないこともあって)、それこそ、なんだか空の巣になったようで、ちょっと寂しい。子離れについては、すでに何度も何度も予習してきたので、まっ、そのうち慣れるだろう。これからは、老夫婦(?)の生活になるから、少しずつ家を片付け、それらしくしていきたいものだ。とりあえず、原稿。

3月18日(水) 森

暑さ寒さも彼岸までとはよくいったもの。一気に春真っ盛り♪

土手のつくしがにょきにょき伸びてきた!お隣のハクモクレンが大きな花を木いっぱいに開かせたし、http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/hakumokuren.html ボケの花も咲き出した。わたしは、濃い朱色のボケが好き!http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/boke.html 枝ごと真っ白になる雪柳や、http://www.hana300.com/yukiya.html 枝ごとまっ黄色になるレンギョウhttp://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/rengyou.html も咲き出している。最近元気になってきたのは、こぼれ種子から沢山の花をつけるフユシラズ。我が家でも玄関先に種が落ちて沢山咲いている。http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/calendula.html

でも、喜んでばかりはいられない。黄砂の影響で軽い頭痛がしたり、喉がイガイガし鼻の奥が痛くなる(涙)。また、今年はやはり花粉が多そう。ここ数年、花粉症はもう治ったと思っていたが、今年はたまに目のかゆみや鼻水などの症状が出る。出だすとしばらくやっかいで、特に一昨日はひどく、朝夕ティッシュの山・・・。と思っていたら、そういえば昨日今日は一日な〜んともなかった・・・。やはり、なんだかよくわからない・・・。

そして今日は、3年ぶりの人間ドックに行ってきた。ウォーキング効果はあっちこっちにあったようだ。と思う。

まず、骨密度は同年齢の100%だった。3年前は96%、数年前は92%なので、少しずつだけれど増えている。女性は加齢と共に減少するらしいので、その逆だ。以前からコレステロール値が高めなので、乳製品はあまり取っていないのに100%なのだから、朝日(ビタミンD)を浴びながらのウォーキング効果ということにしておく(笑)。

次に毎年問題のコレステロール。もう、なかなか数値が減らないし、最近、食べたいものは食べていたが、悪玉コレステロール値も下がっていた。善玉コレステロールは以前から基準値以上あるのに、また少し増えていた。善玉はもういいって(笑)。そう、これもウォーキング効果に違いない(笑)。

そして、動脈硬化の数値も年相応。しかも3年前より少し数値も良かった。お腹まわりも減っていた。これもウォーキング効果に違いない(笑)。めでたし!

ストレッチや腹筋など、家の中で地道にやる運動がなかなか持続できないわたしにとって、行きたいときに行く、また何かしら発見があるウォーキングはぴったりハマッたようだ。今回の人間ドックで勝手に効果に結びつけ、またやる気が増した。単純(笑)。また明日から楽しみながらがんばろう〜。

3月15日(日) 村本

咳は出るわ、声は出ないわ、神経痛が痛んで動けないわで最低のコンディション。それでも、日常は回る・・・。

きのうは、シネマ企画の最終回で、「茶の味」。前評判というか偏見が事前にたくさん入っていたので、いったいどんな映画なんだろうと思って観ていたが、途中から、なかなか面白い映画であることがわかる。へんな人たちが普通に生活している日常を何ということなしに描いたものだけど、私はこういうの、結構、好きだ。「うんうん」って感じ。事前に、自閉症の家族の映画だという説明も聞いていたが、そうなのか〜たしかに、その要素は見えるが、私としては、こういうのが普通の世の中がいいと思っている。

今日は、ドイツ調査の報告会。寸暇を惜しんで、電車の中で英語の本を読んでいたら、筆箱を落としてきてしまった(線を引く色鉛筆を出したときだと思う)。報告のためのパワーポイントのデータを入れていたメモリスティックも入っている。ピンチ。幸い、いざという時のために、データをメールで自分に送っておいたので、とりあえず発表は無事に行った。結局、筆箱も落し物センターに届けられ、帰りに受け取ることができた。ありがたい。

痛む右わきを抱えつつうちに帰ると、引っ越し間際の娘が、手作りハンバーグを作ってくれていた。これもありがたい。自分で言うのも変だが、私の体よ、早く元気になぁれ。

3月15日(日) 森

3月ももう半ば・・・、そして週記。

今週の月曜日に、“教室でほたえて”怪我をした間もなく高3になる息子は、左手の親指の脱臼みたいな感じで、お陰さまでたいしたことはなかった。やはり当初、痛みは結構あったらしく病院へ駆け込んだ感じだったが、その後もちゃんと施術を受けたほうがいいのに、「じゃまくさい」「もう余裕やし」と言って湿布さえしていない。ほんまに大丈夫なのか?と思いつつ・・・

私は、今週はボランティアセミナー研修と会議が2つ、夜間の相談の仕事と、先週末に娘と美術館へ行ったことを交えて、年報の論文執筆。そして、隣近所のご近所さんたち5人でランチにも行き、なかなか盛りだくさんの1週間を過ごした。

ご近所さんとは、生協の共同購入もしているし、ゴミの日には立ち話もするけれど、みんな仕事に行き始めたのでなかなか時間が会わなかったが、一番忙しいと言われている私が声をかけて日程を合わせ、数年ぶりにランチに行った。県内の食材を使った野菜中心のバイキングで、時間制限もなくデザートもあるので、ず〜っと、何かしら食べたり飲んだりながらお昼前から約5時間、しゃべるしゃべる!私は満腹のまま夜の仕事にいけた(笑)。

今朝は、冷たい風の中ウォーキングをして春を感じ、お布団も干して、このあと頼まれたコラムを1本と、文献を読む予定。論文もやりだすと遣り甲斐もあるのだけれど・・・山あり谷ありだ(涙)。私にとって春は仕事ものんびりペースで、その合間に懐かしい人と連絡を取り合い会うという「お楽しみ月間」でもあるが、しかし、同時に論文との格闘も始まる(汗)。

来週は、仕事の合間に結婚当初お隣に住んでいた友人と1年ぶりに会い、ランチに行き、人間ドックも受ける。そして、職場の送別会と慰労会もある。楽しみだ!そろそろお腹がすいたと思ったら、もうお昼。まずは、腹ごしらえをして。がんばろう!!

3月14日(土) 津村

この土日は、休日。論文に、他の原稿にとあれこれ頭が忙しい週末。あいにくのお天気なので、室内に洗濯物を干してある。

え〜と、水曜日まで日記を書いていたっけな。木曜日は富田林市へ。子育てサークルをされていたり、援助に関わる方向けの講座。2回の連続講座なので、翌週もう一度伺うが、とても元気で、いきいきされている素敵な方が多かった。午後は、運営委員をしている、大阪市立子育ていろいろ相談センターの運営会議で、ダッシュで戻った。やれやれ、間に合った〜、ホッ。

この日の夜、突然に娘が帰ってきた。今月〆日のキリのいいところまで、ずっと続けてきたバイトをしている。この日はラスト勤務で、それを終えて自分の家に帰ると、終電を焦る話になるらしい。午後に突然、「今晩泊めてー」というメールがきた。こうなると親もゲンキンなもので、「なにを食べさせようか?」と張り切って夕食を作ったりして(笑)。

駅まで夫がいそいそと迎えに出て、父娘は楽しそうに話しながら帰ってきた。夕食をもりもり食べて、翌日は、一緒にランチをして、足りなくて困っているこまごました物を買ってやり、夕方に別れた。「ほんじゃね〜」と言いながら、駅の改札に入っていく娘を見ると、なんだかヘンテコな気持ち。翌日の夕食時には、娘と何を話したかを夫婦で報告し合ったりして、おかしなものだ(笑)。

毎日元気で、楽しく暮らしているようなので、それが何よりだ。毎日掃除も洗濯も欠かさず、料理も楽しみ、家計簿もつけているとのこと、親より立派(汗笑)。母も見習わなくては。

そうそう、歯医者の治療、ようやく2本目の治療が完了。あと1本、そんなに悪化していないから、早めに治療した方がいいですよと指摘されたものがあった。放置すれば治療が長引き、結局自分がしんどいだけだよなと思い、引き続き予約を入れた。あと1本!あと1本!(笑)。そういや、「あと1本!」で思い出した話。

阪神タイガースが1985年に優勝した時に、道頓堀川に投げ込まれた、ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダース人形が見つかったというニュース、なんだかホッとした。あれから阪神は長年低迷し、ファンの間では「カーネル・サンダースの呪い」と言われたものだ。最近は優勝争いにも加わっているから、呪いも解けてきたか?という話もしていたのだけれど、やれやれ。

甲子園球場に展示されるという話もあるらしいが、どうなるのかな。長く阪神ファンが大事にしてあげるのがいいよね。今後、阪神が優勝しても、道頓堀川に飛び込んだり、何かを投げ入れるのはやめたいものだ。閉店した、くいだおれの「太郎くん」はあの頃、カーネル人形に続いて投げ込まれるのでは?と危惧されたが、店側が太郎くんの首に「わて、泳げまへん」というプレートをかけたのは有名な話。太郎くんは無事だった。このユーモア感覚。素晴らしいよね。

さて、来週は京都市左京区、富田林市、京都市下京区へ行く。年度末の講演は、残すところ、あと4本。それぞれ、新たな出会いや再会が楽しみだ。

3月11日(水) 津村

今日は、毎月定例の子育て講座。熱心に出席して下さる参加者の方々に支えられ、続けられている。それぞれが自分自身のこれまでを振り返りつつ、現実の子育てについても考える良い機会になっていればいいな〜と思っている。

さて、午後からは夫と待ち合わせた。一緒にランチして、映画を観ることになっていたが、夫はラーメンも大好きだけど、餃子が大好きなのだ。餃子がうんと食べたいというので、久しぶりに餃子スタジアムへ。5種類くらいの餃子を分けっこしながら食べた。大満足。

http://www.namco.co.jp/tp/naniwagyoza/

そんなにニンニクがきいたものはなかったけれど、このまま映画館へ行くのは迷惑行為では?と気になって(笑)、ガムを買い込み、お茶を飲んでから、「おくりびと」を観た。テーマ的に関心があったのだけれど、なかなか観に行く機会がなかった。身近で観た人たちからも「良かったよ」と聞いていたので、思い切って時間をとった。アカデミー賞受賞の影響か、レディースデーだったからか、結構、場内は大入りだった。

まだ上映中の作品なので、ネタバレな話は避けよう。おおいに笑って、しんみり泣いて、希望があって、とても良かった。すっきりした気持ち。「人は、生きたようにしか死ねない」という言葉をあらためて思い出した。もしかして私たち夫婦は、映画を観に行って、泣きたかったのかも(笑)?

帰りはエレベーターが満員で、かなり待つことになるため、なんとビルの10階から下まで階段で降りてみた。階段を利用している人もたくさんいた。こうやって、こまめに体を動かさないとなー。疲れるとすぐにエスカレーターに乗ってしまう私は、ちょっと反省(笑)。

帰りはデパ地下に寄って、おいしそうなお惣菜を買って帰宅した。デザートには、私の大好きな文の助茶屋のわらび餅を。おいしい〜。うーん、幸せ。

明日は、富田林市から大阪市のハシゴ。笑って泣いて、ナチュラルキラー細胞が活性化した私は、とても元気なので、この勢いで明日も頑張ろう〜(笑)!

3月10日(火) 村本

サンフランシスコに来ている。出発時から体調を崩し、飛行機に乗る前に喉が痛いと思っていたら、飛行機のなかで珍しく熱が出た。いつもは飛行機で寝れない人だけど、おかげで少しウトウトすることができて、飛行機が着く頃には熱も下がった。手持ちの風邪薬で対処しているが、銀歯はとれるは、右腕の痛みと肋間神経痛に頭痛・・・と最悪のコンディション。来る前、ピロリ退治のために抗生物質を飲み続けたりしたので、バランスを崩しているのか。私には珍しく鎮痛剤に頼りつつ動いている。

今回のメインは、アルマンド・ボルカスがファシリテートする歴史のトラウマのワークショップ。日曜に無事に終え、とても有意義な時間を過ごした。同じく仲間の笠井綾さんも含め、南京の企画や今後の展開についての相談もできた。ゆうべは、立命が提携するCISSで日本の女性をめぐる状況について講演をした。とても暖かく迎えてもらい、良い会になった。そのほか、被虐待児が多く、セラピーを取り入れている幼稚園を見学したり、コミュニティ・カレッジの即興劇の授業に参加させてもらったりもした。かなり楽しかった。

元気じゃないのが残念だけど、休息を取りつつ、チーズケーキ・ファクトリーに行ったり、インターナショナルなレストランに行ったりと食生活も楽しんでいる。今夜は、バークレー大学のおもしろそうなイベントに出かける予定(世代を超える人種差別運動の歴史イベント)。明日、岐路に着く。まずは歯医者に行かねば。

3月9日(月) 森

昨日は、娘と2人始発で家を出て東京へ。現代アートを観るのが今回の目的。朝食に京都駅で老舗の駅弁 http://www.kyoto-nakagawa.com/gohan/ かにと生ゆばちらしを買い(これがまたメッチャ上品でおいしかった!!)新幹線に乗り込む。娘は、前夜(今朝?)同窓会で朝帰りだったので爆睡。わたしは、お弁当を食べたり、年報執筆のための文献を読んだり、美術館の予習をしたり・・・時々居眠りも(笑)。

そうそう、朝、娘が帰宅すると、鍵がかかっていたそうな。息子が電話に気がつき開けてくれたって。「あれ〜?鍵閉めてた??そういえば、どこかで電話が鳴ってる夢みてたな。でも、なんか変な電話やから出たらアカンで!ってみんなに言ってたわ(笑)」「もう!心配するかと(2月21日森浮フ日記参照)思たら、今度は鍵閉めて寝てるし、お母さんの価値観わからんわ!」と。すまぬ(汗)。

東京には10時に着いたが、美術館見学ってあっという間に時間が過ぎる。結局、一つ目は、次回の催し準備のために閉館で、ワタリウム美術館と六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーと森美術館の3箇所しか行けなかったが、かなり満足度が高かった!

ワタリウム美術館でちょうどお昼になり、地下にあるステキな雰囲気のアートカフェでランチを食べた http://gourmet.yahoo.co.jp/0000917937/。このアボカドとトマトのサンドウィッチがとってもおいしくて、とってもヘルシー。ポテトチップスも自家製かな?おいしかったし、ホッとカフェオレがまた最高だった。のんびりした気分で、娘といろいろ話した。

六本木ヒルズの展望台から東京タワーをはじめてみた。かなり感動!とともに、大阪の通天閣の魅力を再発見(笑)。あっという間に時間が過ぎ、5時過ぎごろ娘と別れて、またもや駅弁と息子へのお土産を買って帰路に着いた。娘は観劇をして、そのあと筑波の友だちに会いに行き、今頃夜行バスの中。元気な子やな〜。

とってもとっても楽しく有意義な一日だった!!

そして、今日は地元奈良県でボランティア学習・福祉教育セミナーに参加。様々な実践モデルの報告があったが、特に平群町の取り組み、中学生の子どもたちを巻き込んでの防災ずきん作りの報告は、ボランティア側と学校側の報告があり興味深かった。

終了後、本社からのメール2件と息子からのメールに気付く。「指痛めた。整骨院いく」と。「え〜!」。この子は、幼稚園に行く前から中学生までエネルギーをもてあますのか、骨折や怪我が絶えなかった。経験から、痛みで病院に行ったほうがいいか状況判断できると自信を持っていて、その息子が今回病院へ行くというのはかなり痛みを伴っているということだ。最近娘のことばかり書いていたなと思っていた矢先のことでびっくりした。幸い骨折には至らず、利き手ではなかったので、ま、助かった。たいてい原因は「教室でほたえてた」だ。高校生になってもまだ「ほたえている」息子(笑)

さあ、明日は、自宅で年報執筆に精を出す予定。がんばろ!!

3月8日(日) 津村

昨日と今日は休日。どちらも晴天で気持ちが良かった。土曜は朝早くから洗濯をしようとしたけど、「え・・・これだけ?」という量。ふたり分の洗濯物って、本当に少ないな。ご飯を間違えてたくさん炊いてしまったり、変化に戸惑いつつ、何とかやっている。

土曜の朝。気持ちがいいので、愛犬トトを連れて散歩に行くことに。胴ヒモを見せて、「トトちゃん、行こか」と声をかけただけで、ちぎれんばかりにシッポを振って、やってくるトト。外に出ると、一目散に、川沿いの遊歩道に駆けて行きたがる(いつもの散歩コース)。

といっても高齢なので(今年の1月で12歳になった)、疲れると立ち止まってしまい、涙目になって、そこからはもう動かない。ダッコして連れて帰ることになるけど、なんだか、疲れて「ダッコー」とせがむ子どもみたい(笑)。それでも、外気に触れることは楽しいのだろう。とても嬉しそうだ。私も気分がすっきり・・・でも、帰宅後はくしゃみを大連発(笑)。

レジュメを作成したり、論文の文献を読んだりしていたら、1日はあっという間。娘が巣立って夫婦ふたりになってから、夜寝るのが一段と早くなった感じ(笑)。そして今朝。6時過ぎに地震で目が覚めた。テレビをつけて速報を待つ。震度2。娘の住む市も揺れただろうか。一度眠ったら絶対に起きない娘は、寝ている時の地震を「えー、全然知らんかった」と言うのが常だった。今回は起きただろうか。

午後から娘がやってくることになった。我が家の近くでバイトしていたのだが、今月の〆日までは働くことになっていて、今日は夕方からバイトなんだそうだ。ついでに忘れ物を取りに来るとのこと。バイトが終わって帰宅したら夜中になるし、早めの夕食でも作っておいてやろうと、スーパーへ飛んで行った。

娘の大好物の、特製春巻き(鶏のささみ1本と梅干しをたたいたものと大葉を入れて、クルクルと春巻きの皮で巻いたもの)と、大根と豚肉とゆで卵の煮物、サラダ、生わかめと豆腐と葱の味噌汁がメニュー。早めに作ってから、トトを連れて娘を駅まで迎えに行った。トトは娘を見つけて大喜び。

どんなふうに過ごしているか、娘の近況を聞きながら、食事。毎日洗濯と掃除をして、部屋をきれいにしていること、今朝の地震は気がついてビビったこと、食事もきちんとしているけれど、コンロがひとつしかないので、結構大変なこと、マンションの隣でたこ焼き屋を営むおじさんが親切なこと・・・。

話しながら、娘はもりもり食べて、デザートには、大好物のデコポンも食べて、忘れ物もカバンに入れて・・・あっという間に時間は過ぎた。もう一度、駅まで散歩しがてら娘を送り、手を振って別れた。元気にやっているようで何よりだ。私も安心した。

さて、今週は奈良市、富田林市へ行く。毎月定例の子育て講座もある。所属している研究会の集まりもあり、わりとバタバタの1週間になりそう。元気にいくぞ〜。

3月7日(土) 森

木曜日夜、娘が週末の同窓会のため帰宅した。やはりわたしの予感は的中!伊達に母親やってないぞ(笑)。娘は翌日の昼から雨の中、一人でそれも運動のためと歩いて(一応誘われたが、雨の中歩くのはイヤだ〜と断った・・・)、40〜50分はかかる映画館に映画を観に行き、夕方には、10年前に埋めたタイムカプセルを「堀り出しに」行き、と思っていたら、埋めたではなく保管してあるものを「取り出しに」行ったらしい(笑)。夜は夜で高校の友人と食事でシンデレラ帰宅(電車は24時が終電)。ほんまに、朝から晩まで出歩いていっこも家にいてない子だ〜。いえいえ!これを子どもの良い面から見ますと・・・「実に、時間を計画的に有効活用して、健康面や人間関係をも大切に行動する子だ」と実に立派な娘の出来上がり!となる(笑)。一方母は、反比例して論文執筆のためにただただパソコンに向って一日過ごした。おかげで万歩計は926歩だった〜。一歩も家を出ず、誰にも会わず、全然動いてないし(笑)。

そして、今日は一転いいお天気!娘は集中講義の課題レポートを仕上げるため、同窓会に行くまでパソコンを使いたいとおっしゃる。それならば、と、わたしは早朝からウォーキングに出かけ、帰宅後自転車に乗り換え約15分、整骨院へ走る。その後、さらに自転車にまたがり約20分、映画を観にいった。やっと、「おくりびと」を観た。実はこの映画は公開されたときから観たかったのだが、ちょうど時を同じくして20数年来の大切な友人を亡くしたので、しばらく観ることができなかったのだ。よくアカデミー賞を取ってくれたものだ。いつになく、大勢の人が観に来ていた。年配の夫婦が多かった。わたしも映画を観ながら見送ったひとを思い、目は真っ赤。でも、笑いもありとてもいい映画だった。

行き道、採れたての野菜と花を売っていた。「帰りに寄るね〜」と店の人に声をかけ、帰りに立ち寄り、柔らかなブロッコリーと青々した野性的な小松菜を買った。しっかりどっしりしたピンクと紫と黄色のヒメキンギョソウのポット苗を買い、帰宅後早速植え替えた。しっかりした苗だし、たくさん花がつくだろうな〜楽しみ〜♪http://kusabanaph.web.fc2.com/sakuin/NH06_ha/N_620290_himekingyosou.html

今日見つけた春の報告♪

どこからかいい香りが漂い、この間まで濃い赤紫のつぼみだった沈丁花が白い花を咲かせていたhttp://www.hana300.com/jincyo.html。雨上がり、やはりつくしがちょっとだけ増えていた(しっかりつくしの出るところを把握している!)。そして、桜の前に満開になるのが桜草。濃いピンクや淡いピンク、白い桜草もきれい。http://www.hana300.com/sakuso.html。そして、そして満開の桜を見た!少し小ぶりな木で、花も小ぶり、花色が少〜しばかり濃い目。そういえば、沖縄の桜はかなりピンク色が濃かったな〜。毎年さくらんぼがなるご近所の桜も、そろそろ花を咲かせつつあるが、まだまだ、「木の芽」って感じのつぼみの木もあるし、桜にもいろいろ種類があるんだな。http://www.green-site.com/sakuras.htm。我が家のプランターや植木鉢の花たちも元気になってきた!

明日は、早朝より家を出て、娘と日帰りで東京へ。美術館を見てまわる。楽しみだ!う〜ん、この2日、なかなかステキな週末を過ごせそう〜〜〜〜〜♪

3月6日(金) 津村

今日は午前中は歯医者。ドキドキするのはいつもだけど、自分で呼吸法をやったりして、いつも何とか乗り切っている。「たいしたことなかったな」と拍子抜けするほど短時間で終わる時もあれば、ちょっと時間がかかって、内容的にもドキドキ・・・という時もある。今日は後者。すぐに、その足で整骨院へ。体がきっとガチガチだろうし、今週は大きな変化も起きたのだから、体をいたわってやらないとな〜。

案の定、「津村さん、肩や首がガチガチですよ〜」と言われてしまった。確かに。でも、30分マッサージしてもらったら、体がほ〜っとした感じ。まめに通うと、やはり体が楽だなと思う。といっても、なかなか行けないんだけど(涙)。事務所に戻る頃、ようやく麻酔も切れて、食事のタイミング。慌しくファーストフードで昼食(反省)。

午後からは、大阪市内で、地域の子育て支援に関わっておられる方たちを対象に、グループ運営のスキルを学んでいただくという講座。50名くらいの参加だろうか。とても元気で熱心な方が多くて、こちらが元気が出た。帰りがけに、「わかりやすかったです」「支援をしている中で、出てくる問題ばかりで、参考になりました」と、お声をかけてくださった方もおられて、とても嬉しかった。

今日は、夫が休日。帰宅したら、カレーとサラダができていた。わ〜い。カレーを食べるのは久しぶりな気がする。玉ねぎを炒める時にニンニクも入れてみたとかで、コクのある味になっていて、感心〜。つい、夫婦で「あの子(娘)はなにを食べてるやろね」という会話になってしまうけど(笑)。

娘はひと通りのことはできるし、特に食べることは手を抜かずに、きちんとする子なので、身辺の自立について何の心配もしていない。ちゃんとやるだろうと思っている。でも、ふと気になるんだよね。どうしているだろうか、ちゃんと食べて寝ているだろうかと。

整骨院のお兄さんが独立した頃、毎日のようにお母さんから「今日はなに食べたの」「ちゃんと寝てるの」とあれこれ電話があって、うんざりした・・・という話を聞かされて、笑ってしまった。私は電話していないけど、つい聞きたい気持ちにかられるところはあるので(笑)。それでも、夫婦共に食欲は全く衰えていない(笑)。もりもり食べた。

そういえば、今朝テレビで「アイスプラント」という野菜が紹介されていたけれど、興味津々。食感が沖縄の「海ぶどう」に似ているというので、海ぶどうが大好きな私は、さらにワクワク。このへんのスーパーで見かけたことはまだないけれど、食べてみたいなッ〜。塩味があるので、切ったトマトとあえるだけで、すごくおいしいサラダになるんだとか。

http://jasaga.or.jp/nousanbutsu/yasai/puttina/index.html

そうそう、夫が作ったサラダには、「貝割れ大根」が入っていた。私は「貝割れ大根」が大好き。独特の苦味が、他の野菜の味をもっと引き立てるよね。それにレタスとトマト、キャベツの千切りなどが混ぜられていた。激うま〜!そういや、「アルファルファ」も大好きなんだけど、最近食べてないなあ。

http://www.shufu2.jp/dic/hinto/0004.html

さてさて、論文も書かないといけないし、本の原稿もまだ途中。レジュメの作成もしなくては。土日はこれらにエネルギーを費やす日々になりそう。

3月5日(木) 津村

今日は、自宅でレジュメ作成。暖かくて、とても気持ちの良い1日だった。今日は義母の命日。途中で買い物に出かけ、お花とお供えのお菓子を買ってきた。義母はカーネーションがとても好きだったので、色とりどりのカーネーションを。きっと、初孫の巣立ちを天国から、喜んで見守っていてくれるんじゃないかな。かすみ草やチューリップなども大好きだった人なので、うんと春らしい花をと思ったけれど、まだ店頭には並んでいなくて、ちょっと残念。

昨夜、夫が帰宅してから、娘のことについて少し話した。娘の部屋の戸が開けられないと私が言うと、すぐに立って行って、夫が戸を開けた。私も後に続く。しばらく沈黙した後は、「あ、これ置いて行ったんや」「これ持って行かんでよかったんやろか」とか、現実的な話になったのが面白かったけど、夫婦で空き部屋を確認できたのは、良かったのかもしれない。

いやいや、かーちゃん(森)、FLCにはかーちゃんやくんちゃん(村本)、子どもを上手に巣立たせて、いきいき生きてる先輩がいるので、モデルとして、本当に私は心強く思ってるよ。私も、時間が経過すれば、きっとそうなるのだろうという見通しを持てるし、とてもありがたいことだ。今はまだ落ち着かないけれど、これも必要な作業なのだろうと感じている。

今朝、娘から電話があったけれど、早朝からもう洗濯機を回していると言っていて、元気にやってるんだなと、ひと安心。私も元気に仕事をした。今夜は、夫も私も大好物のトンカツ。どっさりとキャベツを切って、お味噌汁の実は何にしようかな。

3月4日(水) 森

かおりん(津村)の日記を読んで、うるうるしてしまった(涙)。そうそう、子どもの巣立ちを応援し、頼もしく思い、喜ぶ気持ちはあるものの、それでもやはり寂しく思う気持ちはもちろんある。気持ちは立て直したり、思い直したりしながら心に開いた空間を埋めることができたとしても、実際の空間は空間として目の前にあるので、また、ふっと心の中の空間に気持ちが行ってしまう。わたしもそうだったなと。わたしの場合、わたしの寝室の近くに娘の部屋がある。なぜか扉は開けていたけれど、そういえば(娘がいない)部屋の中を見ないように意識していたな〜。いないことはわかっているが、あえて確認したくない、みたいな感じ!?この複雑な親心、落ち着くまでもうちょっとの辛抱かな(ちょっと先輩ぶったりして〜)。

さて、今日我が家の娘から昼過ぎに電話があり、最近の悩みごとやいろいろなことを、気が付けば1時間半も話していた。仕事に行く時間が近づいたので切り上げたが、まだ話したそうだった。しかし明日の夜には、小学校の同窓会で帰ってくるのに・・・と思ったが、いつも、帰宅後は友だち優先の娘、今回もまた家にかえっても話す時間がないってことか(笑)。ま、いろんなことがあっても、話を聴いてもらうことによって気持ちが前向きになるもの。楽しい同窓会の前のウォーミングアップだったかな?さすが我娘、えらい!(笑)。

昨日は、うれしいことがあった!古い友人である北島真理さんからとてもうれしいお知らせを聞いたのだ。年報18号で北島さんが運営するつどいのひろばを紹介した。そのわたしの論文、子どもたちに「育つ空間」を受け渡す―「ならMsねっと」の取り組みからを読んで、つどいの広場の意義を深く理解してくださり、コミュニティー力のお手伝いができたらと、店舗を貸してくださることになったというのだ!思いがけず、子育て支援に繋がったということに感激した。早速FLCのスタッフにも報告し、みんなで喜び合った!Msねっとホームページ http://nara-ms.net/

さあ、そろそろまた今年の論文を書き始める時期になった。今回もかなり悩んでいるが、こんなうれしい話を聞くと、やる気も生まれる。そのやる気を育てて、しっかりがんばらないとな〜(汗)。

3月4日(水) 津村

昨日、娘が引っ越した。夫も私も休みをとって、引越しを手伝い、夕方遅くに無事、作業は完了。本人があちこち探し回ったらしいが、なかなか良い部屋だし、家主さんも良さそうな方で、安心した。緑も多くて、気持ちのよいところ。さて、夕方にはすべての作業が完了。別れ際はあっさりしたものだった。夫は手を振って、「ほんなら」と。私も軽く娘を抱きしめて、「大丈夫!」と言って帰ってきた。

でも、そこからはなぜか、夫婦共に無口になっていた。帰り際に外食もしたけど、お互い、最低限の会話だけして、黙々と食べるのみ。疲れたので早々と寝たけれど、がらんと家が広い。犬が娘の部屋の前で、娘を呼ぶようにクンクン鳴いている。締まったままの娘の部屋のドアを帰宅後、私はまだ開けていない。

娘の巣立ちを喜んでいるし、頼もしく思う気持ちも、私たち夫婦は十分に持っているつもりなのだけど、なんだか落ち着かない気持ち。もっと伝えたいことがあるような、それなりには言ったような、おかしな感覚。夫もちょっと寂しそう。

昨夜はじめてのことだけど、暗い部屋の中でベッドにいると、ふと、「取り残された老夫婦」みたいな気持ちになって、これには自分でもかなり驚いた。自分はやりたいことだってたくさんあるし、自分の中に、子どもが巣立った後の人生を空虚だと考えたり、嘆く気持ちなど持っていないと思っていたのだけれど、私の中のデーメーテール(母の女神)は、喪失を嘆いているのだろうか。

娘の巣立ちに際して、「おめでとう」「お疲れさま」と何人かの友人がメールをくれた。感謝。うん、これはおめでたいことだ。それも私の中の確信だ。娘はずっと私たちの愛しい娘。それだけは間違いない。どこにいようと、何をしていようと、私たちが、これからも娘を大事に思い続けること、それも間違いない。

冬の後には、きっと春がくるだろう。今夜はおいしいものを食べよう!

3月2日(月) 村本

ここのところ忙しくて、毎日15時間出っぱなしの生活。さすがにボーっとして珍しく降りる駅を通り過ぎてしまったり、頭痛がしたりしてきた。合間に、ようやく2月の課題だった原稿を仕上げ(時間切れで不十分なものになってしまい、心残り・・・)、奨学金のために修論を12本読み(分量が大変だと覚悟を決めていたが、案外おもしろくてビックリ)、アメリカ出張までに片づけなければならない雑務にせっせと取り組んでいる。

きのうは東京で学会関連の会議に出た後、新宿文化センターで、川手鷹彦さん率いる演劇塾「銀河鉄道」の舞台公演に行ってきた。川手さんは、何年か前、バリの村のチャロナラン劇で一緒に踊らせてもらったランダの踊り手。現在は、ランダをバユくんというめちゃめちゃ男前の若い踊り手に引き継いでいる。今回は、自分の体験から、「生と死の女神ドゥルガ」を書き下ろし、バユくん含む5人のバリの踊り手、ガムラン奏者たちを招いての公演だった。むこうですっかりお世話になった方々だったし、川手さんがランダを退いた状況にも関心があり、楽しみにして行ってきた。魔女ランダについての新しい解釈だったと思うが、私には(日本人には?)十分、納得のいくものだったし、バリ的なユーモアも取り入れられて、楽しかった。バユくんのランダも迫力あって怖かった。劇中の発見は、90歳になるデワジ師匠が、戦時中、日本軍に従軍させられていたということ。初耳だったが、お元気なうちにぜひインタビューさせてもらう機会が与えられることを願う。

今日は、スクールカウンセラー先で、東ちづるさんの講演会があった。とってもチャーミングな方で、さすがにお話もうまく、「お母さんも子どもも優等生をやめましょう」というメッセージが届いたんじゃないかと期待している。やっぱり有名人のメッセージ性って大きいもんね〜。

最近は、外食を前向きに楽しむようにしていたが、今日は晩御飯に間に合った。鳥取に出張していた夫が、珍しく、取れたてのカニをたくさんもらってきてくれた。おいしかった〜。さて、私も、あともうひと踏ん張り!

3月2日(月) 森

2月は28日しかない。うっかりしていたら早々に終わったな〜と思ったら、もう3月も2日目だ。

先週は、子ども・保護者向けワーク・人権擁護委員さん向けの研修、朝から夜まで相談の仕事などで忙しくしていたが、かおりん(津村)も触れていたが、長く続けていると、リピート依頼や口コミ依頼(他機関からの紹介)は、ありがたく、こういう人との繋がりがほんとうにうれしい。

そして昨日は休日。美容院にカットに行きすっきり!成人式に、娘がお世話になったので、成人式の写真をもって行き話に花が咲いた。その帰りには、これまた娘の髪飾りをアレンジしてくれた花屋さんにも寄りおしゃべり。ここでも、人と人とのつながりを感じた。

今日は仕事が無く、2週間ぶりにウォーキングに出かけたら、みつけた、みつけた!つくし♪まだまだ目を凝らさないと見つけられないが、我が家の春とばかりに元気に花を咲かせているホトケノザやヒメオドリコソウの間から、かわいらしい頭を出していた!レンゲもあちこちで花をつけだした。

今日は寒かったが、数日前の雨の後の暖かさで急に雑草たちが元気になったようだ。わたしの大好きなハコベhttp://www.mitomori.co.jp/hanazukan/hanazukan2.4.177hakobe.htmlもたくさん白い花を咲かせていた〜。次のお楽しみは、今、青々と大きくなってきたカラスノエンドウhttp://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/karasunoendou.html

我が家でも、冬から植えていたビオラやパンジーが元気になり、色とりどりの花を咲かせている。パンジーやビオラのポット苗は安価で、霜が降りても負けないし、春にはたくさんの花を咲かせてくれるのでオススメ!また最近は、新色や新種も出てきて楽しい!http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/pansy.html

我が家の雑草も元気で、最近お隣さんの庭からやってきた(塀づたいにやってきたり、鳥が運ぶのか?)。立浪草http://www.hana300.com/tatsun.htmlやヒメツルソバhttp://www.yasashi.info/hi_00008.htm、ニオイスミレ(もっといい名前が無いものか?)http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-nioi-sumire_large.htmlもこれから花を咲かせてくれるので楽しみ♪みんな元気にどんどん増えろ〜♪