2008年12月 (スタッフの日記バックナンバー)

12月31日(水) 村本

きのう、ようやくインタビュー分析を終え、ホッ。晩は、家族の忘年会で、息子も加え、てっちりを食べに行く。いつも、この日だけは食べ放題で、てっちりと雑炊まで食べたうえに、鉄火巻きやら、ふぐカツ丼やらデザートを食べる。ガツガツとよく食べる一家なもんで、きっとお店の人もあきれているだろう。

今日は、ようやく大掃除にかかる。お正月の準備をするのに、台所だけでも・・・と思い、まずは、台所をピカピカにする。あっと言う間に夕方になってしまった。玄関まわりとテーブル周辺を片付け、あとはあきらめた。お正月にボチボチ掃除するしかない。分析を終えたものをもとに原稿も書いてしまわなければならないので、これもボチボチやりながら。

さぁて、ようやくこれからお正月の準備だ。おせちは人気がないので控え目にして、人気メニューの筑前煮と栗きんとんをたくさん作るつもり。今夜は、エビフライとカツをたくさん揚げる予定だ。年越し蕎麦は、にしんの甘露煮で。

暗いニュースが多く、ガザの犠牲者や不況の犠牲者たちのことを思うと、いたたまれないような申し訳ないような、居心地悪い思いに捉われてしまうけど、今年も無事、終えることができたことに感謝して、来年も、自分にできる小さな努力を重ねていけたらと思います。

12月31日(水) 津村

大晦日!おさぼりモードながらも、朝からちょこまかと片付けて、ようやくそれなりに(笑)、家がすっきりした。買い物も済ませたし、後はお雑煮の下ごしらえくらい。里芋と金時人参、祝い大根の皮をむいて下茹でする。それ以外は焼き豆腐を入れれば、我が家のお雑煮は、出来上がり♪

そういえば、津村家には、お雑煮の支度(特に下ごしらえ)は男の役目という面白い伝統?がある。結婚後に義父から聞かされた。その伝統通り、毎年大晦日には、「これは男の仕事やから」と同じことを言いながら、義父がお雑煮の支度をしていた。といっても義父はもともとマメに動く人で、これが特別なことではない。日常的に家事をしている人だから、違和感のない姿だ。

なぜか、うちの夫はこの伝統を受け継いでくれず、お雑煮の支度はずっと私がしていた。今年はどうしたことか、掃除も片付けもマメにやるので面白い。お雑煮の支度も今夜、自分がやると言うので、ラッキ〜(笑)♪

夕食をとって、こたつでのんびりしながら紅白を見る。とっても昭和な過ごし方が、我が家の大晦日。夫婦お互いの実家に、それぞれ日帰りで顔を出す程度で、後は我が家でのんびり過ごす予定。

とりとめのないことばかり書いているのだけれど、講演で知り合った方から「読んでいます」とお声がけいただくことが多く、嬉しかった。このサイトにお越しくださる皆さま、お世話になった皆さま、今年1年、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。良いお年を!

12月30日(火) 津村

不真面目に掃除をしつつ、明日はもう大晦日。夫とスーパーに行ったら、すごい人、人、人。ひょえええ〜〜。お互いに混雑が苦手なので、急いで買い物して帰った。

洗面所にお風呂はもうちょっと磨いといた方が良さそうだけどなあ〜。あれこれ考えつつ、おさぼり・適当モード。まあ、こんな年の暮れがあってもいいよね。・・・って、真剣に大掃除に取り組んだ年があったのか言ってみろ状態だけど(笑)。

そうそう、お正月といえば、こたつでみかんやお菓子に手を伸ばすのが楽しみなんだけど、だらだら食べるから、体にも良くないんだよね。体脂肪率が高くて、注意されている私。みかんは用意したけれど、今年は全然お菓子を買っていない。そうそう、私が好きなお菓子のひとつに、「いかボン」がある。これ、やめられないんだよね〜。でも、今回は買ってないぞ(ここを強調、笑)。

http://www.mikawayaseika.co.jp/ikabon/index.html

せっかくのお正月。お雑煮やおせち料理を我慢するのはいやだから、それ以外の間食で気をつけよう〜(笑)。そういや、古本が尽きてきたなあ。天神橋筋商店街の古本屋さんが閉店してしまって、とても残念。どこか見つけて、また面白い本を探しに行こう。

さてさて、早めに寝よう。せっかくの休暇は心身を休めなくては。風邪などひいてはいかん。

12月29日(月) 津村

雑務のため、事務所へ。研究会からずっと続いている、くんちゃん(村本)の質的研究をちょっとお手伝い(邪魔に近い・・汗・・)させてもらいながら、示唆をもらう。忙しいくんちゃんには恐縮だけど、勉強になったし、お得気分。

久しぶりに整骨院へ。「津村さん、元気がない・・・低空飛行オーラですね〜」と言われてしまった。納得。でも、低空ながらも飛行し続けて、なかなか頑張った!と我が身をホメてやろう。午後は事務所の大掃除。掃除は結構苦手分野だけど、手分けしてやると、いつのまにかすっきり。気分の良いこと!

帰り道に、娘と待ち合わせて、近くの大型スーパーで買い物。子ども時代に大好きだったアイスクリーム「王将」を見つけて感激!思わず買う(笑)。子ども時代は確か30円だっけ。今日はバーゲンになっていて、88円だった。定価は100円ってとこかな。画像をアップしよう。チョコとバナナといちごの3色で、それぞれの味が一度に楽しめるというスグレモノ(笑)。「あっ、思い出した、懐かしい〜!」って人、いるかしらん?なんといっても、「ジャムンチョ」も復活してほしいな〜。

そして、これは今夜、娘の作ってくれた、チョコレートケーキ。クリスマスにチョコケーキを食べ損ねた母を気遣ってか(笑)、作ってくれた。嬉しい〜!

とってもおいしかった!

我が家の掃除は、だいたい(かなり適当レベルで)済ませたし、明日はのんびりと、あちこち(やはり適当に)磨いたりしてみようかな〜。大掃除ではなくて、小掃除(笑)。

お腹がいっぱいだ〜。娘がコアリズムをやると言ってたから、ちょっとつきあうとするか(笑)。

12月29日(月) 村本

今日もインタビューの分析。あと、もうちょっと。

夕方からは、楽しみにしていた娘のステージを観に行ってきた。初めてのクラブなので、ちょっとドキドキ。入るなり大きな音に圧倒されるが、暗いので、若い人に交じっても目立たない(・・・なかったと思う)。時間帯からも、今日のは若い子向けで、たぶん高校生が多かったんだろう。見かけは怖げなお兄さんたちが、歌い始めると、目をキラキラ輝かせ、なんて言うか、かわいい(怒られそう・・・)。それにしても、すごい若さのエネルギーだ。

こんなところに、一人で出演しようという娘は、スゴイ。こっちがドキドキしてしまう。初々しく、かわいく、かっこよく、2曲ソロを歌い、3曲目は、兄と音楽仲間の男の子2人がジョイント。さすがに迫力ある。息子は慣れているからか、あるいは年上だからか、成熟した大人に見える。素敵な若者たちが育っているものだ。感謝、感謝。

続けて、ダンスを観て、次の休憩時間で抜けたが、若さのエネルギーはすごい。普段は元気とされる私も、圧倒されてヘトヘト。しゃべってるだけで、喉が痛くなってしまった(大きな音なので、大声でしゃべらないと聞こえない)。若さのエネルギーを思う存分に放出できる場を持つ若者たちは幸運なのだろう。うまくいかないと、大きな事件になるのもわかるような気がする。若者たちの未来を祝福したい。

反面、今現在もガザの空爆でたくさんの人たちの命が失われていることが、脳裏から離れない。お願いだから、子どもや若者たちの未来を奪わないでほしい。

今夜、あともうひと頑張りして分析を終わらせてしまおうと思っていたが、なんだか疲れてしまって(心地よい疲れだ)、まっすぐ家に帰る。夫と2人、きのうの残りですき焼き雑炊を食べる。また、仕事を持ち越してしまったが、なんとか明日で終わるだろう(分析を終えれば、次は文章書きだが、これは自宅でもできる)。この仕事の前までに片づけるべきだったのにストップしてしまっている仕事が2件。やっぱり仕事ばかりのお正月になりそうだ。やむを得ない・・・。

12月28日(日) 津村

今日は在宅で、1日中、整理整頓。大掃除までは余力がないので、とりあえずは、さっぱりする程度に片付けるというレベルのことだけど、気がつけば、夜。ようやく少しはすっきりして、嬉しい。最近、こういう喜びを感じる機会が少なかったなと反省。もう少し、シンプルにすっきりした暮らしにしたいな。

さて、今日は、夫は仕事だし、娘は午後から、私の実家へ泊まりがけで出かけて行った。明日がお餅つきの日(機械だけど)。手伝いに行くからと、早くから母(娘にとっては祖母)と相談していたようだ。実家は毎年、大量のお餅をつくので、前夜からお米を洗ったりと、なかなか忙しい。当日はお餅をついては丸める・・・という作業がひたすら続く。

娘はこういうことが大好きで(お餅も大好物)、毎年暮れには、どんなに忙しくても日を空けて、進んで泊まりがけで手伝いに行くのだ。食べることや作ることになると、本当にいきいきする子だ(笑)。近くに住む弟一家もやってきて、今夜は一緒に夕食だそうで、弟宅の末っ子で、小学生になったばかりの従姉妹がとても娘を慕っていて、今日の再会を待ちわびていたらしい。可愛い〜。

さて、静かな我が家では、今夜はお鍋。ひとり夕食を済ませて、ほっとしている。・・と書くと寂しげかしらん?家をすっきりさせた達成感と、あれこれ動いて空腹になったので、実は気分よく、もりもり食べましたとも〜(笑)。

今年も、もう3日か〜。大晦日には、のんびり座って、こたつでみかんを食べていられるかな?。原稿もあり、レジュメ作りも待ってるのだけど(汗)。

そうそう、大晦日といえば、必ず家族3人で年越しそばを食べていたけれど、今年は友達たちと初詣に出かけて、夜にいないというのだ。かけそば派の夫と、ざるそば派の娘がいるものだから、毎年両方作ってきたけれど、実は私はどちらも大好き。その年の気分で、自分がどっちを食べるか決めてきた。今年は、かけそばONLYになるのかな(笑)。・・・って食べることばっかり熱心な一家(汗)。

12月28日(日) 村本

毎日インタビューの分析。ゆうべも深夜まで頑張った。このところ、晩御飯もたこやきやラーメン(本社の1Fにオールナイトのラーメン屋ができた)ですませているような状況で、ヘロヘロ。なんだかみじめっぽい気分にもなってくるので、今日は、早めにあがってお買いものに行き、家ですき焼きにした。ちょっとホッとしたかな。たぶん、明日、あさってまではかかるだろう。クリスマスはあきらめたが、大みそかは自宅で迎えたいものだ。年末は大掃除やお正月の準備など家庭的に過ごしたいと思っていたが、どう考えても無理。せめてお正月に掃除ができたら。明日も朝から仕事することにしたが、夕方からはおでかけ。娘のデビューを見てくる。楽しみーー!

12月26日(金) 津村

くんちゃん(村本)が既に書いているように、みっちり1日勉強会。時間がいくらあっても足りないくらいで、時間切れになってしまい、残念。長時間に渡ったから、かなりくたびれたけれど、勉強させてもらった。丁寧に分析していく手法を体験できたのは貴重な体験だと思う。くんちゃんからの、めっちゃおいしいプリン、たこ焼きの差し入れには、ハッピ〜♪な気分に。教えてもらってるのに、差し入れまで、すみません。

講演に行った後、依頼先から、受講者の感想をまとめて送っていただくことがよくあるのだが、何通かそれが届いて、読んでいる。学びや気づきがあったというご感想も嬉しいけれど、「自分は結構やってきたんだな」「自分が頑張ってきたことに気づいた」というご感想には、思わずほっこりしてしまう。「なかなかやるじゃん、自分!」と思える、小さなきっかけになったとしたら、たいへん光栄だ。

「遠くから参加した甲斐があった」「気持ちの整理整頓ができた感じ」「心が温かくなりました」「学ぶと、人生こんなに楽になるのですね」という言葉の数々は、まさに講師冥利に尽きます。こちらこそ、ありがとうございました。

それにしても、今日は寒かった。しんしんと底冷えしている感じ。風邪をひかないようにしなくては。そうそう、昨日は私も健康診断。冬になると、風邪をひかないように、公共の場に出る時や、移動中にはマスクをする私。昨日も健康診断を受けている機関内でそうしていたら(場所も病院だし・・・)、微妙に周囲の受診者に避けられたような感じがする(笑)。「やだー、この人、風邪?こんな時期にうつさないでよ〜」という雰囲気があるのだけど、違います〜。あくまで予防策なので、勘弁してくださいませ(笑)。

12月26日(金) 村本

今日は質的研究法の勉強会。と言っても、私の原稿のインタビュー分析を皆に手伝ってもらいながら、分析の手法を覚えてもらおうというもの。豊富なインタビューデータが集まったので、朝からぶっとおし9時間、大人数でやったにも関わらず、まだ半分も終わらなかった。ショック・・・。それでも、皆で1日、「ああでもない、こうでもない」と知恵を寄せ集めながらワイワイやるのは楽しい。途中、おいしいおやつやたこ焼きをつまみながら。

実は、きのう、胃カメラ前の血液検査のため、込み合った病院の待合で2時間近くも待った。そこでも今日の分析の下準備をしていたのだが、ノロウィルスの人やら風邪ひきの人やら、ウィルス蔓延のなかにいたからか、激しい頭痛に見舞われ、体調を崩した感じだった。そして、晩は年内最後のバリダンス。行ったはいいが、前半は意識朦朧。それでも、なぜか後半から少し回復して、夜はぐったり眠った。今朝はずいぶんましだったが、今日、1日、皆と一緒に楽しく過ごして、なんか元気になった。

明日まで仕事の予定だったが、まだ数日はこの作業にかかりそう。うちにはクリスマスもまだ来ていないが、大みそかやお正月も来ないかも・・・。う〜ん。年末は大掃除の予定だったんだけど。

12月23日(火) 村本

土日は岐阜の研修。洒落たお店で忘年会を企画してくださり、長良川温泉に泊まる。有馬の金泉・銀泉のように2色あって、気持よかった。今年は本当に温泉に入る機会が少なかったから貴重な体験。心身ともにほっとした感じ。

今日はまた、久しぶりに早く帰れたので、晩御飯、何を作ろうかな?とワクワク。悩んだ挙句、レシピを教えてもらったので、前から作ってみたいと思っていた「ユズと白ゴマのいなり寿司」にした。油揚げを甘く煮つけ、ユズの絞り汁で酢飯を作り、ユズの皮と白ごまを混ぜる。あとはしょうがたっぷりの豚汁。いなり寿司は思ったより手間がかかったが、おいしかった〜!今夜は、不思議な話だが、夫が出張で息子の下宿に泊めてもらうと言う(仕事先がどんなホテルより近いんだそうだ)。息子にもおやつにと持たせる。次は何を作ろうかな〜?

まもなく年も終わるな〜。

12月23日(火) 津村

今日は休日。紅茶を片手に終日、こたつでパソコンを広げて原稿書きをしていた。夕食を終えて(今夜は豚の生姜焼き、味噌汁、きのこ野菜炒めという簡単メニュー、笑)、ちょっとひと息つこうかな〜と日記を書いている。

毎年、我が家で繰り広げられる、「クリスマスケーキをホワイト生クリームにするか、チョコ生クリームにするか」は前者(夫、娘)の勝利に。少数派はつらいわね〜、ぐすん(笑)。チョコレートのショートケーキでも一緒に買うことにするかな〜。今年度末には、娘が我が家を巣立っていくので、今年は私が譲歩することに(笑)。ケーキ屋さん、本当にハーフ&ハーフを作ってほしいです。あるいはワンホールの2号サイズとか(笑)。

今年のクリスマスや年末年始は、不景気を反映してか、外食せずに家庭でご馳走を食べる「巣ごもり型」が多いのだという。我が家も、「どうする?」とあれこれお店を調べたあげく(去年行ったイタリアンレストランが気に入っているので迷ったが)、今年は在宅で食事をすることにした。

レストランに行くとデザートまで出てくるので、「せっかくのケーキがお腹いっぱいで食べられない」というホワイト生派の声もあったのだが(笑)、確かにそれはもったいない。自宅で、「チーズフォンデュ」に決定。娘は友達と出かけるというので(「ケーキは帰ってから食べるから!」とつけ加えることは忘れないからおかしい、笑)、夫婦ふたりのディナーになる。

最近思うことは、デザートって、いつも「これは別腹〜」と言ってきたけれど、トシと共にそれが無理になってきたな〜と。そういえば、「別腹に入れたつもりが、このお腹〜」というコマーシャルがあったっけ・・・・(笑)。

今年もあと、1週間か〜。体調不良で中断していた恐怖の歯科治療を再開せねばなー。そして明後日は健康診断。実は昨年度は確か、健康診断をサボってしまったはず・・・。どきどき。何が苦手って、いつもバリウムにタメイキなんだけど、仕方ない、頑張るとするか〜。

12月21日(日) 津村

すでにくんちゃん(村本)が書いているが、恒例・FLCクリスマスパーティーは先週の木曜日だった。くんちゃんがドイツで買ってきたという可愛い人形をもらえたのは、私(くじ引きで決まる)。すごーく可愛いのだ。早速リビングに飾っている。家族にも「めっちゃ可愛い、これ!」とホメられた。私は、天然石で手作りされたというネックレスをプレゼントに選んだ。当たったスタッフが早速つけてくれて、翌日もつけてくれていたが、気に入ってくれたかな。

これもくんちゃんが書いているけれど、料理が最高だった〜。センダックの「まよなかのだいどころ」に出てくるような?シェフのカジュアルフレンチは、家庭的でボリューム満点、味も抜群。こんなソースはどうしたら作れるんだろう?という味つけには感動〜。バケットひとつとってもホクホクのパリパリ。おいしい〜♪それにしても、天神橋筋商店街は本当に奥が深い。素敵なお店がいっぱいあるんだなあ。大満足。全員ではないけれど、大半のスタッフが顔を揃えて、わいわいおしゃべりしながら食事できるというのも嬉しい。

さてさて、今年は昨年より無理をしないようにと努めていたつもりだったのに、11月下旬からは大コケな体調不良を起こしたけれど、ぼちぼちと回復している。丁寧に良い仕事をするには、やはり自分が元気でないとダメだな。反省しきり。

さて、明日の講演で年内はすべて終了。原稿書きと勉強会は残っているけれど(それに健康診断も!ドキドキ・・・)、とにかくほっと一息。プロ野球のクライマックスに、スタンドの観客が叫ぶかのように、♪あと1本!あと1本!♪と頭の中で言っているみたいな感じ(笑)。

今年も本当にいろんな場所に行き、さまざまな出会いがあり、刺激があり、いろんな方にお世話になった。感謝の一言。来年も、どんな出会いがあるだろう。それを楽しみに、元気に取り組めたらいいな。年末年始はゆっくりと体を休めようと思う。

明日は、大阪府南河内郡の保育士、幼稚園教諭の研修へ。

12月19日(金) 村本

きのうは、毎年恒例、研究所のクリスマスパーティの日。近所のDIVAで、ワインつきのコースランチ。こだわりシェフが一人で汗だくになって料理してくれるが、ボリュームたっぷりでかなりおいしい。天満周辺はグルメなお店が多いので、毎年、どこにしようかなと考えるのも楽しい。そして、これも恒例のプレゼント交換。誰のが当たるかお楽しみだが、私の選んだプレゼントはドイツで仕入れたクリスマス人形、もらったのはかわいい手鏡とキャンドルだった。嬉し〜い!

午後は、会議。話し合うべきことがあったので、かなり延長し、大掃除の予定に大幅に食い込んでしまう。それでも、それぞれが正直に気持ちを表現し、耳を傾け、理解を深め、次の一歩の方向性を探っていくプロセスは心地の良いものだ。そのあとは、アロマ講座で症状別マッサージオイルを作る。私は最近、悩んでいる眼精疲労用のレシピ。スーッとする良い感じのオイルができたので、首と頭にすりこむ。香りだけでも効果があるような気がする。

今日は一日看護師研修。久し振りだが、看護師さんというのは、いつも熱心な聴衆だ。グループワーク中心に行うので、私も現場の声が聴け、とても勉強になる。(助産師の)学生も来てくれたので、お手伝いをしてもらいつつ、合間におしゃべり。現在、留学中で、一時帰国しているところなので、むこうの話なども聞かせてもらって楽しいひとときだった。明日は岐阜の研修だ。今年も残りわずか。

12月17日(水) 津村

今年も、あと半月足らず。街はすっかり師走の風景だけど、慌しさがピンとこないまま、ぼんやりおっとり(笑)と過ごしている感じ。こうしていると、自分って本当に過覚醒だったんだなー、としみじみ思う。エネルギー全開で動き過ぎてはいけないと思い、今年度は随分ペースダウンしたつもりだけど、パワーダウンすると、まだまだ自分が「シャカリキモード」だったことが実感できる。こういう時は、上手にエネルギーを温存しなくては。適度な運動をして、体力をつけることも大事だろう。

おかげさまで、体調は確実に回復に向かい、ぼちぼちとやっているが、元気でないと、いろんなことに支障をきたすな・・・と反省することしきり。反省点を次回にきちんと活かしたいと思う。

なにっ、かーちゃん(森崎)は大掃除が好きだって〜?今度、我が家に遊びに来てね(笑)。ストレスの講義のとき、コーピング(ストレス対処法)を書いてもらうと、「掃除」と書く人が必ずおられるのには驚かされる。思わず「今度イラッとしたときは、是非、我が家に遊びにいらしてください」と突っ込んでしまうが、見習いたいものだ。居心地良い空間作りをするとか、清潔にするとか、生活をシンプルにすることは、ストレス対処法としても抜群だと思う。年内の講師ラッシュに一区切りがついたので、ぼちぼちと書類の整理をしよう。

週に何度か(早朝に家を出る日以外)は自分でお弁当を作る娘が、仲間と面白いことを考えたという。それぞれに思い思いの一品(おかず)を持ち寄って、合同お弁当にするという計画。ご飯だけは持参という以外は何も打ち合わせをしなかったらしいが、卵焼き、スパゲティサラダ、きんぴらごぼう、きのこの炒め物、さつまいもとりんごのサラダが揃ったそうだ。そして娘は肉じゃがを作って行った。何だかピクニックみたいで楽しそう。娘の友達は、親元を離れて地方から出てきている子たちが多いらしいが、それぞれにしっかりやっているようで頼もしいなと思う。若いっていいなー。

12月12日(金) 村本

今日は宇部に出張し、午前、午後と、講師を2本やってトンボ返りしてきた。超ハード・・・と心配していたが、やってみると、日頃の仕事より断然、楽だった。普段、それだけハードスケジュールで働いてるんだな〜と改めて感心(!?)した。

3年前、湯田に半年通って研修を行ったが、そのときに、熱心に毎回通ってくださった方々の依頼だったので、今年は基本的に講演の類をすべて断っている状況だったが、一度は応援に行きたい!との思いで、時間をやりくりして行ってきた。宇部は小さな町だけど、地域の女性のネットワークがパワフルで、それも長期的な展望で人材育成を行ってきた成果が表れつつあることを知り、感動した。役所が目先の対処療法ばかりにとらわれるのでなく、先を見据えて事業を行うことで、こんなに結果が違うんだと改めて思う。逆に言えば、それだけ責任が重いと言うことでもある。宇部を見習って、どこもしっかりやって欲しいものだ!

継続的に続けている研修によって、全国のあちこちに仲間たちが増え、スキルアップして活躍してくれていることが嬉しい。やっぱり細々でも息長く続けていくことが大事なんだろう。温泉つきの全国講演旅行は当分、無理だが、日頃できる小さな積み重ねを大切にしたいと思った。行って良かったな。

12月11日(木) 森崎

12月に入って最初の日記。しかし、もう11日も経ってる!先週から今週にかけても、多彩な日々だった。

月曜日の夜間の仕事に始まり、火曜日はイチョウがきれいな京都で、子育て支援ボランティア養成講座の講師。途中、我らがかおりん(津村)も担当していたが、今回は5日間研修の最終回。参加者の方々の気付きや感想を聞いて、みなさんの学びの深さに担当者さんと感動したほどだった。そして水曜日は奈良、長年地域で地道にがんばってきた甲斐があったと思えるつながりの中での仕事で、うれしかった〜。また、子育てタクシードライバーさんへの研修もあり、お忙しい中ワークを交えながらの研修にも積極的に参加してくださって、フレンドリーな雰囲気にこちらも楽しく研修をさせていただいた。

プライベートでは、土曜日に高校時代の恩師を囲んでの同窓会があり、あまりの楽しさに、シャンパン、ビール、焼酎、ウィスキーとついつい飲みすぎた(汗)。翌日、朝からひどい二日酔い・・・。あまりの気分の悪さにかなり反省したが、何とか正常に戻り、DV子プロのクリスマス会に参加。子どもたちが楽しんでいる様子に二日酔いも吹っ飛び、気持ちがほっこりした〜。とても楽しかったが、帰りの電車でうまく座れたと思ったら即爆睡(笑)。

そしてその後、今日まで3連休だった!このところ連休がなかったので、以前から何をしようかとウキウキワクワク待っていた3日間だった。が・・・・

一日目の朝、「今日は仕事がない」と思ったらか、からだが動かない。「からだに正直にいこう」と、朝はのんびり過ごすことにしたら、昼も、夕方も・・・とあれよあれよと時間が経ってあっという間もなく一日目が終わった。ありゃりゃ・・・

2日目は、幻想的な霧の朝!「これはウォーキングに行かないと!」と俄然元気が出て、濃霧の中ウォーキングに出かけたら、家の外に出るだけで50メートル先も見えない。それなのに、ヘッドライトをつけない車が以外に多いことに驚く。気が付くと、ふ〜っと霧の中から車が出てくる感じ。さらに田んぼの中に入ると、もう20メートル先も見えない。いつも見える山々や、電車も音は聞こえるが一切見えずあたり一面真っ白!そんな中にたった一人・・・。まるで夢の中にいるような不思議な感じだった。ラッキーな濃霧の朝だった!が、家に帰るとやはりやる気は出ない・・・。思いのほか、疲れがたまっていたようだ。ぼちぼち家の掃除をして、またぼちぼち午後から庭木の剪定と庭掃除をする。やはり庭いじりは好きなんだろう、次第に元気が出てくるが時間切れ。夜は疲れて早く寝る。2日目もあえなく終了。

そして最終日、昨日の庭掃除のご褒美に朝から整骨院へ行き、郵便局にいったり、お気に入りのパン屋さんに寄ったり、クリーニング屋さんに行ったり、町中自転車で走り回り、思いついて花の苗や土も買って今日は花の植え替え!早くから買い置きしていたポット苗もやっと植えることができた。この温かさで、植えるのが遅くなったビオラたちも春までにしっかりと根を張ってくれるといいな〜〜。と、満足げに眺めていたら、近所の人に「すっきりしたね〜」と褒められて(草も木も伸び伸びだったからな・・・)、今年は何とか家の外回りだけはすっきりきれいになった。

年末の大掃除、昨年は結局何もしないままに終わった。もともと大掃除好きな私、やりはじめるときっと楽しい大掃除。ぼちぼち暇を見つけ、できるところからトライしよう・・・。う〜ん、でもなんだかいまいちガッツが出ないな〜。

12月7日(日) 村本

今日は、「子どもの巣立ちインタビュー」の最後。最初は自分勝手なイメージを持っていたが、実際にやってみると、一人一人みんな違って、すご〜く面白い。親も子もそれぞれに違うのだから、当たり前と言えば当たり前だけど、本当に多様で奥が深いものだと感心した。月並みだが、子どもを育てながら親も育っていく様は感動的。子どものお陰で、親もだんだん大人になっていくというのだろうか・・・。思えば、長い間、人生を一緒に過ごすわけだもんな。

午後からは、子どもプロジェクトで、DV支援団体のクリスマス会にプログラムの出前。今年は、プログラム・アイディア集を作成しているので、アイディアには事欠かず、試してみたいことがいろいろある。クレパスを削った粉を使って指で絵を描くパウダーアートと、クリスマスのアドベントカレンダー作成にした。色画用紙でツリーを作って、日にちを書き、小さなおやつをはって、飾り付け。一日一個食べていくアレだ。子どもたちも楽しんでくれたと思うけど、私たちも楽しかった。

受験を終えた娘も来てくれたので、帰りは、「パオパオ」で肉まん、野菜まんと天五のたこ焼きを食べ、野菜とイギリス食パンを買って帰った。ホッとする時間は久しぶりだ。さてさて、目下の課題は子どもプロジェクトの冊子づくり。明日の授業準備は終わったから、今夜もひと頑張りしよう。

12月6日(土) 津村

久しぶりの日記。体調不良で、しばらく細々と仕事を続けつつ、ゆったり過ごすようにしていた。う〜ん、トシかなあ〜。いろいろあるけど、これも人生。「気をつけなさい」というサインだと思って、上手に生活を修正したいものだ。どうも私は日常的に過覚醒気味で、メリハリがないというのか、ゆったりする時間が少なすぎたかも。これからも元気に仕事を続けたいからこそ、注意しよう。

今日は久しぶりに休日。あんまり寒いので、こたつでぼんやりして、好物のみかんを食べつつ過ごしていた(冬の休暇のお約束、笑)。犬と猫も競うように、こたつに入り込んでくる(笑)。娘が珍しく在宅していて、洗濯に掃除に夕食作りまでやってくれた。最近は、夫と娘がすごく家事を頑張り、私はひたすらサボりまくっているけれど、ありがたや。今夜はカレー鍋。私は初めて。すごくおいしかった。雑炊がわりに、最後にチーズとご飯を入れてリゾットにするとイケるんだそうだ。ちょっと休憩して、後で食べることになっている。楽しみ〜。

来週も多忙だけれど、これを乗り切れば、少し一段落。年明けはまた、年度末講師ラッシュがやってくるけれど、年末年始休暇は、ゆったりまったり過ごすことにしよう〜。そういや、クリスマスが近づくと、我が家ではケーキで揉めるのがお約束。チョコレートケーキが好きな私と、ホワイト生ケーキが好きな夫・娘に分かれて、どっちがいいかという話になるのだ。多数決でいつも負けてきたけれど、今年も形勢不利かも(汗)。いつも思うが、ハーフ&ハーフはないのかなあ?(ピザか!)。まあ、こんなことをあれこれ考えてるんだから、元気なもんです(笑)。

12月5日(金) 村本

仕事の移動中、電車の中で、高校生の女の子が2人、大きな声で両親のことを話している。別に聞き耳を立てていたわけでないのだが、勝手に耳に入ってくるので、ついつい聞いてしまった。1人の子(A子さんとする)の両親は、小さい頃よりずっと仲が悪く、子どもの前で怒鳴りあいのけんかばかりしているし、父親は物に当たったりするそうだ。母親は母親で、父親を汚い物扱いして、朝になると父親がまだ寝ていても無理やり起こして、「汚い、汚い」と言って、布団に掃除機をかけるらしい。身体的暴力と精神的暴力、どっちもどっちだ・・・。その子が言うには、家族3人でいると最悪だが、親のどちらか一方といると悪くなく、父親といるときには「オカンいらん」と思い、母親といると「オトンいらん」と思うのだと言う。それぞれの親に合わせた一種の解離的適応か!?

もう一方の子(B子さんとする)の両親は、「気持ち悪いくらい仲がいい」んだそう。その言葉を聞いたA子さんが、「C子のうちなんて、もっと気持ち悪いらしい」と言い出した。B子さん、「どういう意味?」。C子さんの家では、両親が「気持ち悪く」仲良しで、子どもの前で、2人、一緒にスッポンポンになってお風呂に入っていちゃついて、なかなか出てこないという。C子が、「お風呂入りたいから、そろそろあがって!」と言っても、母親が「まだイヤん」とか言うんだそうだ。たしかに気色悪い。子どもに対する一種の性的虐待だ。

A子、「それに、C子んちの親、寝るのも一緒なんやて」。B子、「えっ、それって普通やろ。うちかて一緒に寝てるで」。A子、「えっ?!それおかしいやろ」。B子、「えっ、普通やろ。ベッド一緒やろ。じゃあ、ベッド捨てるん!?」。A子、「うっとこ、ベッドはオカンが寝てる。オトンは畳に布団」。B子、「ふ〜ん、小さい頃はダブルベッドに3人で寝てたからな」・・・。「いったい、世の中の両親はどうなってるんだ!?」と思いながら目を白黒させながら聞いていたが、B子の家はまともらしい。ホッ。しかし、周囲を気にすることもなく、こんな会話を屈託なく大声で話しているこの子たちにもビックリ。

ピロリ菌退治の方法を調べなくっちゃと思いつつ、時間がない。とりあえず、暴飲暴食、と言うか、忙しすぎるあまり、食事を5分ぐらいでかきこんで、ろくろく噛まずに飲み込んでしまう、しかもメールチェックをしながら・・・という生活を改善しなくてはと思っているが、なかなか実行できない(ホント、1分1秒が勝負、みたいな生活なのだ)。でも、今日のお昼は30分ほどあったので、道すがら、インドカレーの店に入り、お昼のセットをゆっくり食べ、食後のチャイまで頂いた。久しぶりに満足(と言っても、入ってから店を出るまで30分だ・・・)。目下、胃をいたわる生活が課題だが、それにしても、スケジュールびっしりのなかの細切れの時間に、片づけなければならない雑務を組み入れ、ちゃっちゃと仕上げていく有能な自分がちょっと恐ろしい。

12月2日(火) 村本

なんとびっくり、もう12月だ。きのうは、学部の「ライフデザイン論」の授業で、マザーネットの上田理恵子さんにゲストスピーカーとして来てもらった。去年もお願いしたのだけど、話もうまいし、ほんわかキラキラ、見るからに素敵な女性なので、ロールモデルとしても教育効果抜群だ。今後は国際展開も考えているそうで、起業家としても素晴らしい。生きること、働くことの当たり前さを考えさせてくれる。去年もそうだったが、話を聞きながら、自分の過去を振り返り、似たところ、違うところを考えたり。最近の私はすっかり離れているが、事業を展開することの面白さにワクワクする。

それから、戻ってきた健康診断の結果にガックリ。胃の検査は嫌で、いまだかつてやったことがないが、今年から血液検査で胃癌リスクがわかるとかいう新しい方法が導入されたとかで、ピロリ菌がいっぱいいると胃カメラの通達が・・・。何なんだ、コレ。日頃の暴飲暴食(!?)を反省しつつ、検査に行くべきか行かないべきか迷っている。コレステロールと貧血も要注意。嫌だなぁ。そろそろ健康のこと考えないと。

片づけてしまうべき原稿関連の山。そろそろM2の修論指導も山場に近づき、さて、どうやって今月を乗り越えたものか。年末年始にちょっと休みが取れるが、そこまでは師走やなぁ。