2006年8月 (スタッフの日記バックナンバー)

8月31日(木) 村本

 子どもたちの新学期とともに、弁当づくりが、すでに再開されている。子どもたちがすごく喜んでくれるので、相変わらず張り切って、早起きして弁当を作っている。今日は、ナシゴレン風焼きめしに挑戦(これはご飯の部で、おかずのメインはチキン南蛮)。バリのナシゴレンが美味しくて、作り方を聞いたが、ただ、ニンニクと塩、胡椒だけだと言う(お店のナシゴレンには味の素がわんさか入っているらしい)。子どもたちには評判が良かったが、自分では、もうひと工夫というとこ。そもそも、ニンニクからして、素材が違うということがあるので(塩はもらってきた)、完璧な模倣は無理としても、まだ工夫の余地がありそう。とりあえず、ニンニクと胡椒をもっと増やすこと(と言っても、3人分のお弁当、ご飯3合にニンニク4かけらも入れたのだから、結構な量だとは思うけど、刻むより、次は潰してみよう)。卵好きの息子には、上に乗っかっているひっくり返した目玉焼きがうけていた。

 そして、今日は、スタッフ向けに、アロマのハンドケア講習をやったのだけど、評判が良く、皆も「帰ったら、子どもにもやってやろう」と言っていたので、見習って、私も娘にやってやった。息子もやって欲しいだろうか???本当に子どもたちには、いつも感謝している。娘は、きのう、バイト代がたくさん入ったからと、遅ればせながらの誕生日プレゼント。バイト先(USJ)で、オズの魔法使いのペンダント(小さな鏡と櫛にピンクのキラキラがついている)を買ってきてくれた。息子は、誕生日当日にミスドを買ってきてくれたし、何より、彼の誕生日、バリから「おめでとう」メッセージを送ったら、なんと「インドネシア満喫してきてな〜」と暖かい返事が帰ってきた。最近、なんだか急に大人になって、思いやりが出てきたな〜としみじみ。今は進路のことで悶々としている毎日だけど(なにせ高3)、相談に乗ってやりながらも、ちょっと頼むと、気持ちよくお手伝いもしてくれた(台所の壁の油こすり)。本当に良い子たちで有り難い。大事にしなくっちゃ。

8月30日(水) 村本

 注文していたフットスパが届いたので、早速に試してみる。ローズマリーを入れ、バブルで15分。気持い〜い!ここのところ睡眠不足続きなので、思わず眠ってしまいそう。子どもたちも喜んで、交替で使う(みんな疲れているのかな?)。明日はスタッフ向けに、ハンドマッサージの講習をやることになっているので、キャリアオイルのブレンドを考えたり、資料を作ったり。思ったより時間を食ったが、やってみたい企画がいろいろあって楽しい。最近、娘はマッサージ師になろうかなと言っているし、息子も、今日は、接骨院はどうだと担任に勧められ、それも良いかもという気分が高まっている。ホリスティックな事業展開を考えてみるのもいいかも!?

8月30日(水) 津村

 もう8月が終わるのかあ・・・思わず、ためいき。昨夜は家族造形法の研究会で京都に出ていたが、研究会が終わって帰る頃にはすっかり秋らしい風が吹いていて、「お〜、秋めいてきたなあ〜」としみじみ。といっても、大阪の日中はまだまだ厳しい暑さだが。そういえば昨夜は大阪市内に着いたら雷雨!ちょっとビビりながら帰った。

 でも私は夏が大好きだ〜!いつも言うけど、本当に大好きだ〜!洗濯物がからっと乾く、あの気持ちの良さ!ベランダに干した洗濯物は、3時間と経たないうちに気持ちよく乾いていたりする。夏の海も大好き。夏限定で出てくる食べ物も、たいてい大好物ばかり。すかっとした青空も気持ちいいし。暑さにげんなりするようになってきたのは、トシのせいか。面倒くさがりの私が、日傘を手放せなくなったもんなあ。

 今週は娘のリクエストで鍋が続く。真夏にしっかりと暖かいものを食べるというのは我が家の伝統?だ。夏バテしてしまったか、娘は「野菜ときのこたっぷりの鍋料理を!」と言って来たのだ。その後の雑炊も娘の大好物。私もちょっとバテ気味なので、しっかりと食べた。うん、やっぱり健康的なものをしっかり食べないとね!

 毎日のようにレジュメ作成に追われている。講師ラッシュが近づきつつあるので、今のうちに体を休めて、体調を整えておかないとな。

8月28日(月) 村本

 しばらくバリに行ってきた。今回は、潜りもせず、観光地へもいっさい行かず、バングリという小さな村でホームステイをしながら静かに過ごした。川手鷹彦さんのランダの舞に合わせて行ったのだが、朝夕、踊りのレッスンを受け、なんとランダの儀礼の前座で、一緒に踊らせてもらうという貴重な体験をした(バリヒンドゥーの寺院でチャロナランを踊った日本人は初めて!?私の日本の先生が知ったら恥ずかしさのあまり卒倒するかも・・・)。現地の人たちには、本当に暖かく迎えてもらい、儀式のなかにすっぽり入ることができた感じ。

 中村雄二郎の『魔女ランダ考』以来、ランダにはずっと関心を持っているが、背景となる独特の宇宙観について学べる本も見つからないまま体験が先行してきたが、今回知り合った早稲田の文化人類学者の先生にいくつか紹介してもらったので、早速、勉強を始めるとしよう。要するに、悪、人間のどろどろした否定的感情を切り離して生きることはできず、無事に悪と共存して生きていくための文化的装置なのだと思うが、独特の彼らのライフスタイルとともにもっと学べたらと思っている(その前にインドネシア語、バリ語を学ばないと・・・)。

 バリの小さな村の生活は、ちょうど私が子どもの頃の雰囲気。小1で父の実家に戻ってから、近代化の波が押し寄せるまでは、相当に田舎暮らしだった(庭先で野菜や果物を作り、お祭りには鶏を絞め、お風呂は五右衛門風呂だったし、ご飯も、かまどで薪で炊いていた)。小さな子どもたちが集まってきては、庭でたわむれ、時に一緒に遊び、おいしい食事、儀式とともに、何だか心身ともに洗われた感じ。

 たくさんの仕事が待っているが、謙虚に自分の日常に戻っていこう。秩序あるバリ人の生活に倣って、家の掃除もまめにしなくちゃ(相変わらず、家族はそれぞれのことに忙しく、誰もいない・・・)。(村本邦子)

8月25日(金) 津村

 「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」大阪開催が無事に終わった。これが終わるといつも、「ああ、私の夏が行く」(笑)と感慨深い気持ちになるが、他のスタッフに今日聞いたら、やはりキッズの終了と共に、「ああ、夏も終わりだなあ」と思うのだそうだ(笑)。

 「そしたら甲子園みたいに、会場の土でも持って帰らなあかんけど、土がないねえ」「それじゃあ、絨毯の毛玉でも」という会話で笑った。そう、これは女性ライフサイクル研究所キッズ・フロジェクトメンバーの私たちにとっては、毎年夏の一大イベントなのだ。

 毎年たくさんの魅力的な参加者の方々と出会うことができ、大変な中でも頑張っておられる姿勢に頭が下がる思いをしたり、真剣に学ぼうとされる誠実さに、こちらが元気をもらったりする。ありがたいことだ。また、どこかでご縁がありますように。

 チームで仕事ができる幸せも感じるひとときでもある。複数の講師で務めることが、この講座の魅力だと思う。私自身、良い仲間にサポートされていることを強く感じるし、心から感謝している。

 そして、今日でインターンシップに来ていた大学生ともお別れ。誠実で、とても有能に頑張る、仕事ぶりの正確な良い子だった。ここで学んだことが、ご本人の力になることを心から祈りつつ、彼女の今後を心から応援したい。どうか実り多き人生を!

 さてさて、キッズ・サポーター・スキルアップ講座が終わって、ホッとすると、秋の講師ラッシュが待っている。年末までの間で60本の講演を残している。これからもまだご依頼が入る時期なので、これはまだ増えていくことだろう。しかし美貌と体力で売っている私(おい)。元気にしっかり乗り切ろう!

8月23日(水) 津村

 昨日の雷雨にはビビって、思わずパソコンをOFFにしたが、室内で仕事をしていたので、特に怖い思いもしなかった。でも、かーちゃん(森崎)は大変な目にあったんだなあ。怖かっただろうね。無事で何より。お疲れさまでした。

 明日からは、「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」の大阪開催。2日間の集中講座、しかも満員御礼状態なので、気合いを入れなくては。かーちゃんも「明日のために整骨院へ行った!」とメールが入り、私も整骨院へ行く。すると、内臓の疲れに足のむくみを指摘される(苦笑)。夏バテかなー。思うように体が動かなくて、ちょっとつらいものがあるが、早く涼しくなってほしいなあ。

 しかし、しっかりマッサージもしてもらい、気合いを入れたから大丈夫(笑)!今夜は娘のリクエストで和食メニュー。海老の天ぷら、大根とごぼう天の煮物、豆腐と葱の味噌汁、かつおの刺身、納豆、漬物。明日のためにカレーも仕込んで、ばっちりだ(笑)。明日が楽しみだ〜。

8月22日(火) 森崎

 暑い毎日、会う他人ごとに「暑いね〜」という挨拶をしている。それにしてもすっかり雨が降らなくなったねと言っていた矢先、今日は久しぶりに雷を伴う夕立があった。わたしはエライめにあった・・・・(涙)

 今日は、朝から地元NPOグループの運営会議。自転車でメンバーの家に向かう。議案は山盛りで会議は午後にもつれ込む。途中、雲行きが怪しくなり、雷が鳴り出す。そんな中、途中で帰るメンバーがいて、私は大粒雨の中、傘を借りて彼女の車の前に置いた自転車を動かすために外に出た。すると、急に雨足が強まり、強風が吹き荒れ、傘は何の役にも立たず、車が出て行くまで自転車と共に外にいなければならなかったわたしは一気にびしょぬれ・・・・。強風の中、借りた傘を手放すこともできずにいると、雷はピカピカごろごろ、近づいてくる。怖い、怖い。怖いよ〜〜〜と思った瞬間、田んぼの真ん中で傘を持った手に、もゎ〜んと熱気を感じた!!!!!ぎゃーーー!!!あんな経験は初めて!死ぬかと思った(涙)

 半泣き状態で家に入り、頭から足の先までびしょぬれになったので服を借りたが、季節柄貸してくれたのは、短パンとTシャツ。まっいいかと会議を続けた。しかし、帰るときになって、『この格好で帰るのは恥ずかしいな』と思うが、Gパンは足の長さが違うから貸せるものはないと。他のメンバーも「テニス帰りみたいでかわいい」とかなんとか・・・。もぉ、人のことだと思って・・・。「誰も見てない、見てない」との言葉に押されて、短パンTシャツのまま自転車に乗って、人気の少ない道を選んで帰る。

 踏み切りに差し掛かり、運悪く往復の電車を待つことに。夕方で結構人や車が多く、本当にはずかしかった。なるべく下を向いていたが、なかなか遮断機が上がらない。みんな、そわそわしだす。やはり様子がおかしいと、車の人も車から降りて様子を見ている。電車の影がないので、遮断機をくぐり抜ける人も出てきた。雷の影響か、どうも遮断機の計器故障のようだ。なんでまた見られたくないこの格好で・・・本当についてない・・・。

 仕方なく、さらに人通りの多い道へ迂回して帰宅。やっと家に帰り、開き直って「ただいまー、見て見てこの格好」と、娘を呼ぶと、友達に「お母さんが大変な目にあった!」と写メールを送る〜と大喜び。顔は写せへんから写真撮らせてと携帯でパチリ。もう、どうにでもしてくれ〜〜〜!雷のお陰で私は強くなっていた!?(笑)。

8月21日(月) 津村

 久しぶりの仕事!あれこれとたまっていた雑務があり、それを片付ける。デスクまわりも整理した(普段から片付けろって)。来客があったりして、にぎやかな休暇明け。

 今日から大学生のインターンシップも始まり、今年も大学生がやつてきて、若い空気が入ってきた。自分の子どもと年が近い大学生は、娘みたいに可愛い。未知の体験を楽しみながら、何か良い刺激を感じてくれると嬉しいな。こちらも新鮮な刺激をもらえそう。

 おっ、かーちゃん(森崎)は、USJデートだったのね。私もハロウィンの時期に一度だけ行ったことがあるのだけれど、あの不気味で、子どもだと泣き出しそうな怖い顔の皆さんが行くパレードがすっかり気に入ってしまって、次に行くときも、またハロウィンに!と思っているほどだ(笑)。

 今週も元気に頑張ろう。明日もたまった仕事を着々と片付けるぞ。

8月21日(月) 森崎

 自宅でちょこちょこ仕事をしながらのお盆休みも空け、今日から本格始動。

 お盆休みには、単身赴任中の夫も帰ってきて、にぎやかだった。帰ってきた次の日は、早速夫婦2人でUSJへデート。夫は子どもたちとも一緒に行きたかったようだが、この暑さ、見事にフラれて2人でいくことに。昨年のハロウィーンのときも行ったのに、ホンマに好きやな・・・。最初、夏休みの最中だし、人も多いだろうし、あまり乗り気ではなかったのだが、行ってみると、日常から離れた開放感で夜のピーターパンショーまで観て、朝から1日楽しんだ。おいしいカキ氷も2回も食べたよ〜。クンちゃん(村本)の娘さんが、バイトをしていることは知っていたが、何処のお店にいたのかな?

 夫の帰宅は嬉しいものの、今回は、なんだか落ち着かない面もあった。夫は久しぶりの我が家、ゆっくりしたいだろうが、私は、普段メールではできない話や2人の受験生の子どものことも相談したい(あまり楽しい話ではない・・・)。家庭の味(つまりは私の手料理)も久しぶりに楽しみたいかなと思いつつ、なんだかしんどい、私も休みたい・・・。ちょっと仕事もしたいが、せっかく夫が帰ってきているのに悪いかな・・・など。なんだか、いろいろ複雑だった。

 夫は夫で、一日は妻孝行をした(USJデート)し、壊れていたものを見つけては、買いに行って取り付けなおしたり、子どもや私の自転車整備、朝の水撒きなどせっせと家族孝行。家族で買い物にも行き、外食(回転寿司)も楽しんだ。受験生の2人の子ども達とは、今回はすれ違いも多かったが、娘と話し、息子とは腕相撲や相撲を取り、自分と背丈も変わらなくなった息子の成長振りを実感していたようだった。

 娘は、USJに一緒に行かなかったことや模擬テストで家を空けたことで「今回、お父さんちょっと寂しかったかも」と振り返る。USJで帰りが遅くなると電話したら「ゆっくり楽しいんできいや!」と言った息子。2人とも成長したね。

8月20日(日) 津村

 今年はちょっとのんびりと長くとった、私の夏休みが終わろうとしている。といっても昨日は近場だけれど1本講義をしてきたし、今日も1本行くから、もう始まっているといえば始まっているのだけれど(笑)。

 夏休みは、本当にゆっくり過ごした。私の性格だと家でず〜っとこもっているという休みになるはずだったが、夫のきょうだい夫婦に誘われたり、帰省した姉に誘われたり、夫に誘われたりして結構、外に出かけた。子どもはお盆休みもずっと図書館に朝から晩までこもっていたので、別行動。こうやって、子どもはもう手を離れていくのだし、夫婦や大人で仲良くしないとな、としみじみ。

 はじめてアクアライナーにも乗った。夏場だから、特に見どころはないけど(笑)、水上から見る大阪の景色というのは初めてだから、楽しかった。大阪に観光に来ているらしい外国人が結構たくさん乗っていて、みんな、どやどやと大阪城港で降りて行った。おぉ〜、やはり大阪といえば、大阪城なんだなあ。私たちも、観光客みたいに、ちょっと大阪をうろうろしてみた。楽しかった。

 私が書くと、やはり食べる話になっちゃうな(笑)。

 梅田にある「餃子スタジアム」というのも初めて行った。義弟夫婦はここのファンらしいが、「少人数だとたくさんの種類が食べられへんから、つまらんのよ」と義妹。私たち夫婦は餃子が大好きだが、初体験だったので、わくわく。あんなにたくさんの種類の餃子を食べたのは初めてで、とても楽しかった。4人いたので全店1品ずつ制覇した(笑)。うん、味も満足。おいしかった。私の好みでは、大阪代表の「三よ志」が一番おいしかった。

 それから、8年ぶりくらいかな、スイーツ食べ放題のお店にも誘われて行った。制限時間は90分。ネットで食べ方を予習しておいたが(笑)、最初から飛ばすと後が続かない(それから、たっぷりお皿にのせてしまうと、それを眺めているだけで満腹中枢を刺激するらしく、一度にたくさんお皿にとるのもNGらしい)というので、ちょっとずつしか食べていないのに、しばらくしたら、もう満腹になってしまって、制限時間の半分もいないで店を出た(笑)。周囲にいた若い子たちの食欲旺盛なこと。盛んにフォークを動かしながら、楽しそうにおしゃべりしている。結構、年配のグループもいたりして、甘味好きは世代を問わないんだね。もう私は大満足。当分、ケーキの顔を見なくて大丈夫です(笑)。

 さてさて、よく遊びよく食べた夏休みも終わり、「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」の大阪開催が、24日・25日にある。大阪開催は満員御礼。キャンセル待ちまで発生して気を揉んだが、それも無事クリア。明日からはきっと準備にバタバタという1週間になるだろう。どんな方々に出会えるだろう。こちらも楽しみだ。

 う〜ん、今日も暑くなりそう。さあ、元気よく家事をして、講師に行ってくるとしよう!( 薫)

8月18日(金) 村本

 毎日、暑い。細かな原稿や成績の採点など、やってしまわなければならない仕事を、せっせせっせと片づけている。すると、息子が「かき氷作ったろか〜。ボクはかき氷職人さ〜」と機嫌良く声をかけてきた。「もう晩遅いし、ちょっとなぁ」と思ったが、せっかくの好意だから、注文した(夫は、「いいわ」と愛想なし)。イチゴミルク。職人の氷は、たしかにおいしい!毒々しい色にならないように、みぞれで味付けをして、イチゴのシロップと練乳がほんのりとかわいいピンク色になっている。今度は白熊に挑戦してくれるそうで、バナナや缶詰のフルーツを冷凍したりと、下ごしらえ。氷かき機は、子どもたちが小さい頃に使っていたウルトラマンの電動式。何とも懐かしい。ちなみに、娘のバイト先では、無料で好きなかき氷が食べられるそうだ(しかも、聞いていると、かなり凝ってるみたい)。さすが。暑い中だが、さぞかしスタッフも、張り切って働くことだろう(私は、スイカや氷など、夏の冷たいものが大〜好き。与えてもらえれば、張り切って機嫌良く働くのだ←自分が基準)。

8月15日(火) 村本

 和歌山へ行ってきた。妹夫婦が御坊に引っ越して、もう何年も経つが、一度も訪ねたことがなかった。一日目は、たまたまバイトが休みの娘を連れ、近くのビーチでシュノーケリング。色とりどりの熱帯魚や、イカの赤ちゃんの群・・・。和歌山の海がこんなにきれいだとは知らなかった。翌朝早く、娘は和歌山からユニバに出勤。入れ替わりに息子がやってきて、二日目は熊野古道へ。軽くハイキングをした後、瀞峡へ。ここも、なんと美しいこと!帰りは、龍神温泉に足を伸ばす(三大美人湯だ)。そして、今日、白崎海岸をブラブラして(ここは、まるでギリシアだと妹が言っていたのだが、本当にそう。日本もまだまだ捨てたもんじゃない。観光化していないところがまた良い)、鍾乳洞へ。温泉に浸かって、黒潮で帰る。

 「旅行するのは久しぶりだ〜」と忙しい息子も大満足(彼の場合は、ご当地ソフトクリームの食べ放題をさせてやっただけで超ごきげん)。最近では、子どもたちがそれぞれの生活で忙しすぎて、一緒に旅行することができないので、こんな旅行の仕方は、なかなかグッド・アイディアだった。子どもたちが小さかった頃、妹は大阪に住んでいて、よく一緒に出かけたものだが、妹ともども子どもたちとゆっくりできて良かったな。それにしても、和歌山はまだまだ見所と温泉がいっぱい。交通費はちょっとかかるが、案外近いし、宿泊費がいらないから、結構、良い遊び場かも。これからも、ちょこちょこ行けたらいいな〜。

8月14日(月) 森崎

 お盆真っ只中。私にはなかなか休みはやってこない。今日も、仕事の打ち合わせに出かける。明日、明後日、夫が帰って来る前に在宅の仕事を片付けてしまい、それから、心置きなくゆっくり休暇を楽しもうと思っている。う〜む、うまくいくだろうか?

 そうそう、昨日の夜から、こおろぎが鳴き出した。つい先日まで、夜でもせみが鳴いていたというのにだ。自然界はもう、秋の気配なのか?昼間はとんでもない暑さだけれど・・・。

8月13日(日) 津村

 夏期休暇に入ったけれど、夫はまだ休暇に入っていないことと、夏休み返上で勉強している娘(夕方まで図書館で勉強すると出て行った)もいたりするので、私も在宅でのんびりという日々。

 そうそう、かーちゃん(森崎)の「日笠」メールには、本当に困ったのだ。京阪特急の中でひとり笑いをかみ殺す私は、とてもあやしい人だったに違いない(笑)。思わずメールで本人に突っ込んでみた(笑)。そもそも私の荷物が多いからと気遣って、私の日傘をかーちゃんが親切に持ってくれて、そのままになってしまったというのが事の発端なので、文句を言うのも恩知らずなのだが(笑)。

 私は笑いのツボが人よりたくさんあるのだと思うのだが、何かのツボにはまったが最後、しつこく笑い続けしまうところがある。これは以前にも書いたように思うが、かしこまった席だけに、一番困った思い出が。その昔、友人(女性)の結婚式で、夫婦のエピソードのビデオがスクリーンに流れたのだが、きれいな景色も散りばめられていて、森の中で可愛いリスたちがチョコンとおすましをしているようなシーンも。友人はMさんという方と結婚したのだが、その新郎・Mさんの同僚がスクリーンに映るリスを指し、その上司に向かって、「課長、あれがMですわ」とボケをかましたのだ。

 こういうのに私は最高に弱い。5分ほど、私は笑いが止まらなくなり、周囲の友人たちからは「薫ちゃん、いったい何が・・」と訝られて困った(笑)。この話をして、「ね、おかしいでしょ?」と聞いても「そうかな」という反応をする人が多いこと。みんな、笑いの味わい方が足りないぞ〜っ(笑)!

 さあ、もうすぐお昼。お蕎麦でも茹でるとするか。午後からは、ぼちぼち部屋を片付けながら、好きなビデオでも見ようかな。

8月11日(金) 津村

 暑さにげんなりしそうだけれど、毎日ぼちぼちと仕事をしている。高熱があってもしっかり食べる、食欲モリモリだけが自慢(笑)の私が、夕食は1膳のご飯を食べかねてしまったりする。

 それでも結構、ちゃんと寝ているし、栄養のバランスには気をつけて食べているので、倒れるようなことにはなっていない。ただ、めまい体質のつらさよ、時々クルンと回転性のめまいがしてつらいので、整骨院へ行っておこう(肩や首の凝りともおおいに関係ありそう)!と出かけたら、早いお盆休みに突入していた。とほほ〜。そういや前から、院内に休暇のお知らせが貼ってあったのに、真面目に見ていなかった。ごめんなさい(汗)。

 夜、硬貨募金を集めに来てくれた班長さんのお宅のワンちゃんが、10日前に突然亡くなったと聞いて驚く。とても可愛い、人なつっこいワンちゃんで、私と会う度にとても喜んでしっぽを振ってくれていたんだけど。娘と会っても大喜びで、愛想を振りまいてくれていたらしい。娘も「えーっ!?」と驚いていた。もう高齢だったが、とても元気な可愛いワンちゃんだったのに。この暑さがこたえたらしい。天国は涼しいかな。のんびり眠れているといいなあ。我が家の愛犬も、もう10歳。長生きしてほしいけれど、別れはやがてやってくるんだなあ。しんみり。

8月11日(金) 森崎

 そうだ、私はかおりん(津村)とタッグを組んで仕事をすることが多い。が、最近彼女は私を「FLCの上沼恵美子」と紹介することがある。私は以前彼女を「FLCの看板講師」と言っていたが、お返しに(?)最近では「FLCのお笑い講師」と言っている(笑)。ウ〜ム、笑っていて良いのか?

 ボケが私で、かおりん(津村)がツッコミ・・・。そうそう、先日京都でのキッズサ・ポーター・スキルアップ講座の帰り、うっかり、かおりんの日傘を持ち帰ってしまい、「日笠持って来てしまった」とメールした天然ボケの私に、間髪入れず「かーちゃん(森崎)のばかあ〜(笑)。日笠!!これ読んで電車の中で一人笑ってしまった〜」と鋭いツッコミが返ってきたっけ。それを読んで、私も1人で爆笑。やっぱり良いコンビやな〜(笑)。

 さてさて、今日は朝7時半から庭の草刈。ガリガリやっているうちに気がつけば9時!手にマメまでできて、いかに必死になってやっていたことかとおかしくなった。でも、久しぶりに身体を動かし、雑草だらけだった庭もきれいになり嬉しい。お向かいさんが「や〜、きれいになったね。土が見えたやん」と(笑)。夫にも早速、「褒めて〜」とメール。「暑いのに良く頑張ったね。昼寝でもして休んだ方がいいよ」と返事をもらった時は、すでに昼ね済み(笑)。おまけに、自分へのご褒美に美容院へ行ってる時だった。人に褒めてもらう前に、自分で自分を褒めていた。何てわたしは偉いんだ!

8月10日(木) 村本

 青垣の山から下りてきた。清々しい緑の風と青い空に白い雲。夏休み!って感じで気持ち良かったが、睡眠不足で(真夜中までスタッフ・ミーティングが)、疲れた〜。それでも、毎年恒例で、1年に1回スタッフや友人たちと一緒に過ごせるので楽しい。子どもたち(小さい子どもたち=小学生も、大きい子どもたち=大学院生も)もかわいいし。去年あたりから、新たな課題も見えてきて、来年あたりは何か変革が必要かも。それはそれで楽しみだ。

 クタクタで帰ってきたので、今日はもう仕事やめとこうと思い、久しぶりにツタヤ・ディスカスのDVDを観ることに(毎月、会費を払っているのに、1ヶ月以上観なかった・・・)。予告編を観て面白そうだと思って借りてあった「カレンダー・ガールズ」。これが、なんと期待以上に良かった!(あんまり評判を聞かなかったように思うけど)白血病で夫を亡くした女性を励ますために、仲間の中年女性たちがヌード・カレンダーを作るというもの。コメディタッチで軽く描かれているが、上の世代の女性たちの生き様と解放感が描かれていて暖かい(明らかにイギリスの田舎の上の世代の女性たちの物語だ)。女のほろ苦い友情、夫や思春期の息子のとまどいも含まれているのがリアル。何と言っても驚いたのは、これは実話だったってこと。ひょっとして男性には評判悪いかもしれないけど、女性にはお勧めです!

 今日は珍しく念入りにお風呂の掃除をし、これから、アロマバスに。最近はさらにバージョンアップして、発泡バスまでやってるよ。

8月10日(木) 森崎

 昨日、この夏の仕事の山場を一つ超え、今日は何〜にもしないと決めた休日(笑)。

 友人と久しぶりにランチに行く。地元で唯一(?)おしゃれなメキシコ料理店。久しぶりに行くと、メニューが変わっていて、1050円のレディースランチが安くて美味しくラッキーだった。内容は、フランスパンとコンソメスープにポテトサラダ。メインはハンバーグに生野菜のサラダ添え。きのこのミニパスタ。食後に飲み物とオリジナルケーキ(ここのケーキはまた美味しい!)をセレクト。居心地も良く、久しぶりに会ったせいもあり、お互い話題が尽きない。気がつけば滞在時間も4時間、2人で喋りっぱなしで大満足(笑)!お店の人にも「家に帰ったらまた大変ですものね。ゆっくりしていってくださいね」と、美味しいお水のおかわりを出してもらったり、優しく接していただいて、リフレッシュした〜〜。

8月10日(木) 津村

 一昨日は大東市、昨日は泉南市へ。

 大東市は子育て講座の最終回。子育てで大変なお母さんが4回連続、頑張って参加してくれて、感謝。自分自身の生活に良い変化をもたらそうという声が多く、こちらもやった甲斐があるというもの。この講座はかーちゃん(森崎)とタッグを組んだが、とてもご好評いただいた。沖縄では「漫才コンビ」と異名をとった私たち。かーちゃん(森崎)がボケで、私が突っ込みかな(笑)。

 ちょっと夏バテ気味でいかんが、マイクを持つと不思議に元気になるから、自分でもおかしい(笑)。どれだけ楽しく、しかも具体的にわかりやすく学んでもらえるか、自分にとってはそれがとても大切だ。いつも書くけれど、どちらかというと芸人気質なのだろう(舞台上では明るいが、私生活はネクラな人が多いというのも共感する、笑)。ストレスの講座では「ユーモア」の大切さを特に伝えるけれど、今回もそう話したところ、泉南市の終了後アンケートには、「とても楽しく学べた」という肯定的な感想と共に、「いよっ、芸人!」と書いてあった(笑)。

 今日は講師のない1日、迫り来る?「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」大阪開催の準備に追われる。この仕事をすると、講座運営がどれほど大変かを何度も実感する。

 日頃、自分は講師として設定された講演会場に向かい、講義に責任を持つ仕事を引き受けるが、会場設営や参加者のケアなど運営についてのこまやかなことは、何も気にしなくてよい立場でもある。

 「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」は、そうはいかない。あらゆる問題のすべてを引き受けなければならないのだから。それは楽しみなことでもあるし、やりがいももたらしてくれるものでもある。これはNPOで毎年やっている「グループ・ファシリテーター養成講座」も同じだけれど、やっていて楽しいし、自分のためにもなっていることを強く感じる。また、チームで仕事をするので、「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」にしても、「グループ・ファシリテーター養成講座」にしても、仲間たちに助けられたり、仲間たちの魅力を再認識したりする。こんな仲間に恵まれてありがたいなと誇りにも思う。こんな仕事ができるのは、本当に幸せなのだと思う。

 京都開催が無事終了したので、あとは大阪開催を成功させるのみだ。ただ、この講座は既に定員に達してしまっていて、キャンセル待ちも発生している。あれこれと考えないといけないことは山積み。でも当日の2日間は受講者の皆さんにとって満足度の高い講座を提供できるよう、キッズ・プロジェクトの4人で力を合わせたい。

8月8日(火) 村本

 出張、出張のスケジュールが一段落し、たまっていた原稿を次々書き上げたはいいけど(まだ、これからのものも数本あるけど)、久しぶりに肩首の凝りがヤバくなってきた。あちこち飛び回っていた時には、意外にも楽だったのだけど、温泉効果だったのか、単に、気が張っていたからか。今日は仕事が早めに終わったので、帰りは本屋に寄って、新しいアロマブックを仕入れる。これまでとはちょっと違った系統の人が書いたもの。しばらくは、ボチボチペースだから、少し体をケアするとしよう。

 ところで、台風のせいか、今日は大阪の青空がきれいだった。淀川の水面もキラキラ輝いて。私は昔から空を見るのが好きだから、どこへ行っても空の観察をするのだけど、大阪の空がこんなに澄んだ青色をしているのは本当に珍しい。暑くても、「夏だなぁ!」って思えて胸が躍った。

 明日・あさっては、毎年恒例のわくわくチャレンジキャンプ。兵庫県養護施設協会のキャンプだ。また、山の中に入れるのは嬉しいな。

8月7日(月) 森崎

 今日は、京都で講師。奈良から近い場所だったので、朝も比較的ゆっくりで、おまけに駅まで送り迎えまでしてくださってとても助かった。また、道中いろいろお話が出来て楽しく有意義だった。

 会場に着くと、前回、かおりん(津村)の講座を受けて、「家に帰って話したら、ほっとした、気がラクになったって嫁も喜んでたし、とても良かったので今日は(孫育て仲間の)友達も誘って来ました」。とおっしゃるおばあちゃん世代の方の参加もあり、思いがけず世代間交流も出来、楽しい講座になった。

 今日も今日とて、ワークショップなるものに初参加の方ばかりで、正直最初はどうなるかなとちょっとドキドキだったが、子育ての先輩たちは、さすが、ちょっとはなれたところから今の子育てをみていらっしゃるところあり、現在孫育てに奮闘中なので、子育てのしんどさも理解してくださって「うん、うん」「そうやな」と共感してくださっている様子がうれしかった。また、若い現役ママさんからも、「ようやってるな」といってくれる年配の方の存在はうれしいという声も。

 そういえば、子どもたちがまだ小さかった時、わたしは大抵電車での移動だったので(今もそうだが)、電車の中で子どもがぐずったとき、隣や向かい側に座られたちょっと年配の方なんかが子どもの相手を上手にしてくださって助かったことがあったなぁと思い出した。

 子連れの親子には、そんなちょっとした周囲の優しいまなざしは本当に嬉しいものだ。実は、私も、もうしっかりそんなおばちゃんになっている(笑)。

8月5日(土) 津村

 半月ぶりの休日。先週の土日はグループ・ファシリテーター養成講座。木曜と金曜はキッズ・サポーター・スキルアップ講座京都開催。ここのところ、集中講座づいていた(笑)。

 休日といっても、やらなければならないことは山積み。ノンキに構えていられる訳ではなくて、家で仕事をしていた。それでも家にじっといられるのは、実はわりとネクラな(笑)私にとって心安らぐことでもある。

 少しだけ昼寝もしたし、好きなテレビも見たし、パソコンとにらめっこしながら仕事もちょっと進めたし、良い1日だった。

 昼寝をしたというのに、10時を過ぎるとまた、うとうとしてくる。いくらでも眠れそうだな。こう暑いと、さすがの私も食欲が落ちている。冷たいものをがぶ飲みしたい衝動にかられるが、我慢我慢。できるだけ暖かい飲み物をとっている。

 明日は疲労回復メニューで、「きのこづくし」にしてみようかな!

8月5日(土) 森崎

 今週は、息子の誕生日(15歳)もあり、キッズ・サポータースキルアップ講座もあり、今日も仕事で、目いっぱい良く働いた。充実した1週間だった!

 火曜日は、午前中四条畷で講師。先週と今週、2回のワークショップ体験で、帰り際には連絡先を交換しあう参加者の姿も。そうそう、気軽におしゃべりできる仲間を持つことも、子育てを楽しむコツ!楽しかったという感想を沢山頂き私もうれしい。

 その後、有馬温泉へ。朝から登山していたFLCの遠足に合流した。電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、次第に深い緑に覆われた山の中へ。しかし、これまた、最近の私の早合点ぐせで、何のゆかりもない駅で待ち合わせてしまうことになるところだった。が、なんだかわからないが、今回は上手く合流できてホッ・・・・・。懲りないやつだ(笑)。

 有馬温泉の「金の湯」に初めて入った。ぐるりと町を回って「温泉寺」なども観て、炭酸の源泉も飲んだ(ちょっと感動)。美味しいと評判のソフトクリームも食べた。ほんの4時間ほどの滞在だったが、仕事続きの毎日だったし、午後からでも思い切って行って本当によかった!次の日も朝から仕事なので、一足早くバスで帰路につく。クンちゃん(村本)と佳代ちゃん(渡邉)が、バスが動くまで見送ってくれて、後ろ髪引かれる思いではあったが、なんだかうれしく幸せだった〜。

 昨日、一昨日のキッズ・サポータースキルアップ講座は、すでにかおりん(津村)も書いているように、今回は8コマの講座。内容も濃く、時間も長く大変お疲れだったと思うが、欠席者もなく、今後の仕事に役立つ講座だったとの感想も多くあり良かった。即使える、より良い内容の講座を届けたいと、私達もがんばった甲斐があった。大阪もどんな方達が参加してくださるのだろう。楽しみだ!

 そうそう、八ツ橋ソフトメッチャおいしかったよ〜。かおりん(津村)の写真では、手しか映ってないのを知りつつも満面の笑みだったわたし(笑)。

8月4日(金) 津村

 キッズ・サポーター・スキルアップ講座の京都開催が無事終わった。2日間に渡るハードな集中講座+専門性も高いものだ。プロであれボランティアであれ、真剣にそこに関わってきたという人のための中級コースなので、これまで子育て支援に相当に関わってきた経験や学びがあり、今後もさらに研鑽を積みたいという人でなければ、きつい講座だろうと思う。

 講師のこちらもクタクタになるけれど、それでも真剣に学ぼうとする受講者の姿や、自分自身の問題として課題を持ち帰り、次に活かそうとする人の声に触れると本当に頭が下がるし、やった甲斐があるなと嬉しい気持ちだ。

 こういう場を持つと、子育て支援者が日頃の仕事の愚痴を言い合う、ああでもないこうでもないという話をする場にすら飢えていることを痛感する。この講座はあくまでスキルアップを目的にしているので、とてもではないが交流の場まで持つ時間的ゆとりはない。

 それは自分たちの職場、所属機関に欠けていることなのだと実感してもらえたら嬉しいし、積極的に自分たちの仕事について語り合う場を設けてほしいと思う。講座ではお昼休みなど、講義以外の時間帯に積極的に交流してほしいな。

 帰り道、かーちゃん(森崎)と一緒に京都支所まで戻ったのだが、帰り道で見つけたのがこれ!新京極で見つけた、八ツ橋ソフトである。「おいしそうー!」とふたり。「食べる?」「食べようか」ということになった。食べる話はすぐにまとまるな(笑)。これがまた本当においしかった!思わず、「おいしーい!」「幸せー!」と叫んで、お店の方に「ありがとうございます」とお礼を言われてしまった(笑)。

 ちなみに八ツ橋ソフトを持つ「手の出演」はかーちゃん(森崎)。

 今春、沖縄に出張したときにも、那覇空港で搭乗10分前にソーキそばを食べた私たちふたり。 エネルギー源は食い気かと思われます(笑)。

 ハードなスケジュールの中、前向きに受講してくださった参加者の方々に感謝。仲間で気持ちよく仕事ができたことにも感謝。子育て支援に関心を持っておられた村本が教える立命館の大学院生さんたちにも、運営のお手伝いをしてもらえた。皆さんとご縁があったことに感謝。

 今月下旬には大阪開催がある。こちらは既に定員に達してしまったが、また来年、開催する予定です。関心のある現役子育て支援者の方は是非、いらしてください。

8月3日(木) 津村

 今日は、毎年夏恒例、現役子育て支援者向けに大阪・京都それぞれ2日間集中で行う「キッズ・サポーター・スキルアップ講座」京都の初日。

 朝、京都に向かう京阪電車ホームで珍しいものを見つけた。撮影の腕が悪すぎてちょっと見にくいけれど、「機関車トーマス」の電車なのだ。車両ごとに赤や黄色、青などカラフルな色にトーマスの仲間たちが描かれている。はじめて見たので嬉しくなって、パチリ(笑)。

 トーマスを見てニコニコ。元気に京都に向かう。講座は結構ハードなのだけれど、内容的には充実したものだと自負している。コマが進むにつれて、だんだんと皆さんが熱心に取り組まれていくのが感じられて、嬉しいことだ。明日も元気で頑張らなくては。

8月2日(水 津村

 今日はちょっと久しぶりに整骨院へ。暑さのせいか、疲れのせいか、めまいが時々するのだけれど(めまい体質の私にとってそれは、「体が悲鳴をあげてるな」というサインでもある)、私は首がとても凝っているようだ。重い物を持つせいもあるかな。首を重点的にマッサージしてもらうと、とても気持ちがいいし、すっきりした感じ。楽になったとはっきりわかる。ありがたや〜。

 明日からはキッズ・サポーター・スキルアップ講座の京都開催。2日間目一杯のハードなスケジュールだが、女性ライフサイクル研究所・キッズプロジェクトのメンバー4人が力を結集した講座だ。仲間同士でチームを組んで講座を主催するのは、準備にしても運営にしてもとても大変だけれど、とても楽しいし、やりがいがある。どんな方々にお目にかかるかも楽しみ!無事に成功させたいものだ。

8月1日(火) 村本

 今日は私の誕生日、45歳になる♪♪。そして、今日は、FLCの夏の遠足。朝から、梅干しと明太子のおむすびを作り、ナスとしょうがの漬け物とチョコレートを詰め、六甲へ。六甲山頂駅から歩き始める。結構な霧。なんだか高山に来た気分が盛り上がってワクワク。道は、アスファルトなので歩きやすい。30分ほど歩くと、六甲オリエンタルホテルを通りかかる。早くも誘惑に負け、眺めの良いカフェ・レストランでお茶。ロールケーキとアップルパイがおいしかった!早々にトレッキングを再開するが、今度は植物園を通りかかる。ニッコウキスゲが満開というので、またまた誘惑に負けて、入園。ヤマユリもきれい。それに、紫陽花が終わりかけとは言うものの、ピンクから紫、青まで、えも言えぬグラデーションを描き出している。なんと美しいこと。

 極楽茶屋跡から左手に折れ、いよいよ山道に入り、すっかり登山気分になった頃には、すっかり霧も晴れ、青空と木漏れ日がまぶしく、涼しい風が吹いてくる。それに、野鳥のさえずりの耳に心地よいこと。ほとんど下りなので、今回は楽勝だ。途中、清らかな山水を呑み、お弁当タイム。さらに進んでいくと、予定していたコースをはずれた方に、「百滝。熟練者向け、危険」の札が。グレードBをグレードCに急遽変更して、慎重に歩き始める。基本的に長い沢下り。水量も豊で、途中、ついに裸足になって、水の中を行く。冷たくて気持ち良い。とにかく怪我だけはしないよう。インディジョーンズ気分を味わう。歩んできた道を振り返ると、ちょっと感動だ。沢下りにはわらじが良いと読んだことがあるから、これからは、わらじを用意しようっと。

 そうこうするうちに目的地の有馬に。有馬は、基本的に火曜定休が多いので、かなり空いている。銀の湯が休館で、金の湯へ。う〜ん、山歩きの後はますます気持いい。ソフトクリーム「ねねの愛す」を食べ、有馬の街をぶらりと回る。先に下山するスタッフを見送った後、残り組は、さらに「太閤の湯」へ。以前、行った時には、あんまり印象が良くなかったのだけど、今回は、空いていることもあってか、ものすごく気に入ってしまった。露天にある金泉元湯の良く効くこと。何て言うのか、入るたびに鳥肌が立つほど、体にじんじんと染み渡ってくるのだ。これは、「気」のエネルギーか。銀泉、黄土サウナ、石清水、そして岩盤浴・・・。どれほど水を飲み、どれほど汗を流したことか。すっかり体が浄化されたような気がする。軽く夕食をとり、さらに一巡りして、未練を残しながら、温泉サイダーとともに帰路に着く。次回は、是非、1泊したいものだ。

 この1週間で、別府と有馬、日本三大温泉のふたつを堪能することができて嬉しいな。ますます若返りそう!?やっぱり、仕事から離れ、自然の中にとっぷりと浸るのはいい。自然のエネルギーをたくさんもらって、「がんばるゾ〜!」って気持が高まる。これからは、1〜2ヶ月に1回、山歩きをすることにしようかなと話している。実現するといいな。

8月1日(火) 津村

 早くも8月!論文締切とキッズ・サポーター・スキルアップ講座の準備を控えて、ちょっとあせっている、ここ数日。

 今日は娘の彼氏が「お土産です」と、お菓子を持ってきてくれた。うちわの形のふわふわのお菓子、お盆になると、よくあちこちで見かけるが、実はこれは私の大好物。

 娘からそれを聞いたらしく、わざわざ買ってくれたらしい。最近、我が家でご飯を食べることが多いから、ちょっと気を遣ってくれているのかな。可愛いものだ。早速いただいた。おいしいんだな、これが!

 さて、下の画像は事務所用の私のスリッパ。今まで4年使い続けたスリッパがとうとう生地が破れたので、今日新しいのを買いに行ったのだ。この日記をよく読んでくださる方はご存知かもしれないが、私はいいトシをして、結構な少女趣味だ。とにかく可愛いものには目がない。筆箱が「魔女の宅急便」のジジだったりするのだな(笑)。子どもかよー!というデザインだが、はき心地はなかなかだし、可愛いので気に入っている。

 それにしても毎日暑い。冷たいお蕎麦を毎日のようにすすっている。私は「麺食い」なのだ。冷麦も素麺も饂飩も大好き。一番好きなのは蕎麦だけどさ。冷たい飲み物はとらないで、熱い日本茶か紅茶を飲むようにはしているが、食べるのはどうしても、ツルツルいっちゃうのが良いね。夕食をこしらえても、一人前が入らない。これってやはり夏バテなのかな。