2006年5月 (スタッフの日記バックナンバー)

5月30日(火) 津村

 講演のレジュメ作成の合間にホッとひと息、ティータイム。ここで日記を書くツムラ(笑)。

 俳優の岡田真澄氏が亡くなった。うちの娘などは「あのサルヂエの人?」と言うが、私が真っ先に思い出すのは青春時代に聴いた歌だ。私の青春時代といえば、SURFER全盛期、大滝詠一の「ロンバケ」に皆が酔いしれていた頃だ。松任谷由実が当時出した「SURF&SNOW」という大ヒットアルバムの中に、「恋人と来ないで」という名曲があり、この曲をユーミンとデュエットしたのが岡田真澄氏だった。

 彼の低音がこの曲にとても合っていて素敵なんだよね。恋人たちが別れ話をする昼下がりのカフェテリア。ここには新しい恋人と来ないでね・・・と女性が願う、という寂しい歌だ。

 米原万里氏が亡くなられていたことも昨日ネットのニュースで知った。癌闘病中であることを明かしておられたことも私は知らなかったのだが、ときどき新聞や雑誌で読むエッセイが、とても楽しかった。おふたりとも、まだお若いだけに残念だ。

 明日は東京へ出張。お土産話を楽しみにしててね。

5月29日(月) 津村

 気持ちの良い晴天、爽やかな週明け。そうそう、昨日の午後、記念すべき(ほんまか)私のエアロビクス・デビューの日だった。もちろん初級クラスだが、ドキドキで参加してみた。これが楽しいのなんのって。慣れていないものだから、ステップを踏むのが精一杯で、手の動きは全然ついていけないのだが(笑)。

 「はじめての方は無理しないでください〜」、「最初は足だけでいいですよ〜、自分のペースでやってください〜」、「途中でもお水飲んでくださいね〜」とトレーナーさんが親切に声をかけてくださる。とにかく水分補給は何度も言われた。

 そういえば、昔の部活は、「できるだけ水を飲むな」「飲んだらバテる」と止められ、休憩中も、「水は何口まで」などと制限されていたものだけれど、今から思えば怖いな〜。それにしても年代がよくわかるエピソードだ(笑)。私と同じく、今日が初回だという中学生くらいの男の子がいたけれど、やはりステップで必死そうだった。

 45分間があっという間!ものすご〜く楽しい。ウォーキングマシンを使ってひたすら歩くより、もっと張り合いがあって、気持ちが弾む。これからも通って楽しもう!ジムの上にあるプールにも行きたいけれど、エアロビの後にプールではちょっとハードかな。最初からあまり無理しないでおこうと思う。バテてしまうよりは、息長く続けるのが良いものね。

 帰り際にふとスタジオを見ると、「ストリートダンス」の時間が始まっている。踊っているのは中高生くらいの可愛い女の子たち。ダイナミックな踊りで、ただ目を見張るばかり。あんなすごい動きができれば、脂肪燃焼も早いだろうになあ〜と羨ましく思うが、踊っている若い子たちには、贅肉の「ぜ」の字もなさそうだ(笑)。

 家でも、音楽に合わせて体を動かしてみようかな。なかなか楽しいよね〜。

 かーちゃん(森崎)は、ミントバスを試してみたかな?なかなか気持ち良いっしょ?

5月28日(日) 森崎

 私も今日は嬉しい休日だ〜。もっと嬉しいのは、明日も休日、連休なのだ!かおりん(津村)同様、何も予定がない日というのは、本当にほっとするよな〜〜〜。明日も休みということは、部屋がゴミ箱状態に散らかっていても、階段に「真っ白しろすけ(ほこりの塊)」が出没していても、「掃除は、明日」と今日は何の家事もせず過ごせると言うこと。ただひたすら、のんびりしている〜〜〜。

 先週・今週は、朝6時に起きお弁当を3つ作る通常に加え、時には5時・5時半起きで、バタバタと朝の家事・片付けをして出かけ、昼過ぎまで仕事をして、夕方から娘の学校の5者懇(担任・副担任・進路担当・娘と私)があったり、打ち合わせがあったり、夜、大阪での会議に出席したり、先週の日曜日は朝から地域のみぞ掃除まであり、ハードスケジュールだった。一昨日の朝は、珍しく軽いめまいを起した。バタバタと身体を動かすことに疲れていたのかも。だから、今日のような休日の休みは本当にほっとする。今朝は、9時まで目が覚めなかった。良く寝た!今も、コアラかナマケモノのように、ほとんど身体を動かさず何〜にもしないでいる(笑)

 そうそう、昨夜は休日前夜を満喫するために、クンちゃん(村本)に教えてもらったように、ラベンダーオイルを数適いれたお風呂に入った。塩を入れることも聞いていたので、ぱっと一掴みの塩を入れたのだが、肌に直接触れないようにということで、塩の塊に染み込ませてから入れるのか・・・蜂蜜の入れ方もまた聞いておこう。とにかく、昨夜は良い香りに包まれて、湯船でほわ〜んとしているうちに、やはり寝てしまっていた(笑)。今庭には、グレープフルーツミント・オーデコロンミント・スペアミント・ラベンダー・チェリーセージ等のフレッシュハーブがあるので、葉や花を浮かべてもきれいだろう。今夜はかおりん(津村)お勧めのミントバスを楽しもう!

5月28日(日) 津村

 今日は嬉しい休日。何も予定がない日というのは、本当にホッとする。夫は出勤、娘は中間試験が終わってハジケているのか(笑)、起こされずに早起きしてきたなあと感心していたら、友達と待ち合わせて、早くから美容院に行ってしまった。こんなふうに毎日ちゃんと起きてくれよ〜(笑)。

 朝からキッチンを綺麗に片付けて、一息。気持ちがいいから、洗濯にでもかかるかー!午後からはジムに行こう。せっかくの休日、元気に過ごすぞー。

 そうそう、クンちゃん(村本)が書いていたが、私は入浴に、クンちゃんお勧め品のペパーミントを使っている(ペパーミントにもたくさん種類があるのだそう)。これが実に爽快なのだ。暑くなるこれからの季節には、お風呂上りのひんやり感を満喫できて良いと思う。

 直接肌に触れると刺激が強いよとクンちゃんにアドバイスを受け、塩の小さな塊にペパーミントを数滴たらすようにして、それをパッと浴槽に散らせるように入れる。これがね〜、最高なのだ。体は温まっているのに、清々しいんだな。すっかり私は気に入っている。

 実は、ペパーミントを入れての入浴は、基礎代謝を高めるのにお勧めだとテレビで見たのだ(笑)。その昔・・・20年前、私はどんなに食べても食べても39sから変動しなかったのだが、それは基礎代謝が良かったのだろう。胃下垂でもあったと思う。

 定食を食べた直後にサンドイッチ一皿とか、ポテトチップを1袋とか、とにかくよく食べていたので「痩せの大食い」と言われていた。旅館の朝食で4膳のご飯をたいらげ(生卵で1膳、海苔で1膳、魚で1膳、他のおかずで1膳・・・・ホラ、4膳必要でしょ?笑)、周囲を唖然とさせた。これは仲間内での語り草になり、随分からかわれたものだ。

 変化が起きたのは、産後。体質が変わってしまったんだろうなあ。「もっと太らないと」と私に言っていた夫が、「そのへんにしといたら」という失礼な一言を吐き、ムカッとした私が、しこたまいじめ返したことがあったっけ(笑)。

 いまや本当に、私の基礎代謝は悪化の一途なのだろうと思う。大食いなのに痩せている女性の体の内をサーモグラフィーだか何だか(忘れた)で食事中を撮影している実験番組がテレビであったが(この女性は大食い番組では欠かせない存在で、一度にご飯を何合も食べたり、ソーセージを何キロも食べたりする恐るべき胃袋の持ち主)、彼女の体は、口中に食べ物が入るなり、燃焼を始めていた。他の人と比べるとその燃焼度が全然違う。私もこうだったんだろうなあ、きっと。

 若い頃とは比ぶるべくもないが、それにしても、基礎代謝量を少しはアップさせたいものだ。それにはとにかく運動しなくちゃ。やずやの香酢も飲み続けているので、効果が出ると嬉しいなあ。これはダイエットより、今は体調維持の意味合いが大きい。最初はダイエット目的だったのだが、飲み続けると体調が良く、疲れ方が全然違うことがわかったので、愛用している。でも香酢を飲んだ後に運動すると、脂肪燃焼率がかなり高まることが証明されているらしい。ジムに行く前に飲むとしよう(笑)。

 さあ〜、体を動かそう。

5月27日(土) 村本

 朝から頭痛。ラベンダーを直接、こめかみに塗布して家を出る(緊張型の頭痛にはこれが一番)。すると、なんと自転車がパンクしているではないか。「なんだか冴えない日だ〜」とブツブツ、仕方ないので、自転車を押して徒歩で会社へ向かう(どっちみち修理に出さなきゃ即困る)。気分転換にと、新緑の呼気に触れるとしようと大川沿いを歩く。清々しい。会社近くに、早朝から開いてる自転車屋さんがあるので、そこに寄って、修理をお願いする。軍手もはめずに手を真っ黒にしながら、チューブを丁寧に調べ、小さな金属が刺さっているのを見つけてくれる。丁寧に修理してくれるようを見ているうちに、何だか自分自身が手厚いケアを受けているような気分になる。自転車でも靴でも傘でも、修理屋さんの手仕事を見るのは好きだ。物に価値を置く考え方は嫌いだが、物を大事にする考え方は人を大事にする考え方に通じるような気がする(なぜだろう?)。何とか良い気分を取り戻して出社。

 職場に着くと、今度は、スケジュール帳を忘れてきたことに気づく。予約を入れるのに困るので真っ青。仕方ないかと、再度、気を取り直して仕事。今度は、お昼休みに整骨院に出たさいに、鍵を持たずに事務所を出てしまい、自分が悪いのだけど、締め出しをくらってしまう。面接があるというのにどうしようと大家さんを訪ねるが留守。20年のカウンセラー人生初めての失態と青ざめるが、こんな時は、とりあえず落ち着いてベストな対処法を考えるしかないと自分に言い聞かせ(財布以外持っていなかったので、誰の電話番号もわからない)、何とか心を落ち着かせ、代わりに使えそうな場所を探しにいく。何とか見つけ腹を括るが、最終的には、面接には支障なくスタッフが来てくれた。心の底からホッ・・・。ついてないというのか、自分自身が疲れて抜けているというのか・・・。まぁ、こんな日もあるか。ひとつひとつ丁寧に問題解決していくしかない。

 夕方からは、NPOの仕事が続いて、状況は好転。勢いづいてエキサイト。晩はVi-P(子どもの面会交流プロジェクト)の打ち上げ。事務所から梅田の方へ向いてあるいた所にある「桜花」というお洒落なフレンチレストラン。とってもおいしかったし(きのうのうちに血を抜いといて良かった!)、とっても楽しかった。終わりよければすべて良し。

5月26日(金) 村本

今夜はNPOの仕事の一環として、いくの学園の総会で、DV家庭に育つ子ども支援について話をしてきた。こぢんまりとした暖かな雰囲気の会で、心地よかった。志を同じくする者たちが、いろんな所で、いろんな形で頑張っていて、つながっているという感じ。ここにもひとつ安心とつながりのコミュニティを見つけ、嬉しかった。

 とは言え、最近、ちょっと疲れ気味。この頃、仕事からの帰り道、自分の元気具合をモニタリングすることにしている。火曜の晩はかなり疲れていて、水・木と持ち直し気味だったのだけど、今日はモニタリングすると頭痛もある。今日の講演でも話したのだけど、とにかく、セルフケアを上手にしていくこと(人よりはかなりできているつもりだが、それでもまだまだ)。今夜はゼラニウム・バスに入ろう。かーちゃん(森崎のこと)、好きな香りのオイルを4〜5滴入れるだけだよ。かおりん(津村)はペパーミント。リラックスならラベンダーかな。そのまま入れてもいいけど、少量の塩やはちみつに混ぜてからお風呂に入れるとグッド。私は、死海の塩を使ってます。

 今日は血液検査にも行ってきた。明日からますます忙しくなって外食続きの日々となるため、来週まで持ち越すよりも今のうちに行っとく方が良いと判断。どの程度かわからないけど、コレステロール値下がっているに違いない(自信あり)。この1ヶ月は、頑張って、週に1〜2度、エアロビに通ったのだ。先日、ジムで測ってもらったら、すべての値が標準値、体年齢なんて5歳も若かった(うれし〜い!)。ただし、唯一悪いのが、基礎代謝率だそうで、「これでは運動しても痩せない」と言われてしまった。どうもよく意味がわからないのだけど、あまり燃料のいらない省エネ型の体らしい。ジムでは筋トレをすべしとアドバイス受けた。整骨院のお兄さんは、「村本さんは、いつも忙しくあっち行ったりこっち行ったり動いているから、多少動いてもびくともしないのでは」と言われた。たしかに、私は人より疲れない。いずれにせよ、運動効果が低いということみたいだけど、それにしたって、1ヶ月前よりヘルシーになっているはず。来週の結果が楽しみだ。

5月26日(金) 森崎

 数日前のかおりん(津村)の日記に、「シークワーサー」という本場沖縄の発音が上手になったので、私たちに会ったらどんな発音かと質問してみてください。とあったが、「シークワーサー」ほど高度ではないが、実は、「らふてー」の発音も本場仕込み(笑)。

 さて、久しぶりの日記だが、わたしは連日、子ども達に元気をもらいながら、エネルギー全開で毎日元気に仕事をしている!しかし、ちょっと疲れ気味〜。家に帰って、ご飯を作って、食べるともう動きたくない。石のように固まっている(笑)。がんばってお風呂にはいるのだが、湯船の中で寝てしまう。しかしこれがまた、気持ち良い〜〜。クンちゃん(村本)に、お風呂でよりリラックスするアロマオイルを処方してもらおうかな?

 そういえば最近、FLCではジム通いをする人が増えてきたな。私も実は運動不足気味。対策として、毎日の移動手段である自転車と電車で、少しでも運動不足を解消しようと思っている。主に、駅の階段の上り下り、乗り継ぎの間の駆け足だ。これは、以前から心がけていたのだが、最近効果を表してきたようだ。というのも、、階段を走って上ってもあまり、ドキドキ・ハアハアしなくなったのだ。そして、この前の人間ドックでは、肺活量が昨年よりアップしていた。日頃少し意識することで、結構効果があるんだな。近くにジムなどない田舎ゆえのお金のかからない健康対策だ(笑)

5月26日(金) 津村

 今日は講師がないので、仕事場にいる。朝からちょっと必死になって、結構大きなひと仕事を片付けて、ホッとティータイムのひととき。やったー!ちょっと満足。

 これは、タオル地で作られた猫ちゃん。先日、伊丹市で講演したのだが、同市では、出生届を出した方に、これがプレゼントされるそうだ。これは地元のボランティアグループの方が、ひと針ひと針に心をこめた手作り品。

 ものすご〜く柔らかくてふかふか!さわっているだけでやさしい気持ちになれそうだ。あんまり素敵だなー、とうっとりしていたら、ご親切にひとつ分けてくださったので、嬉しくなって画像をアップしてみた。本当に子育て支援を頑張っておられる街だ。子育て中で大変なお母さんたちに、暖かい先輩たちの気持ちが届くといいな。

 さあ、週末だ。今日はこれから夜、エアロビクスに行こうかと画策中(笑)。子どもも昨日で中間試験が終わって、少しホッとしているようだし、私も安心して出かけようかな。大学の願書用の写真撮影がもうあるのだそうで、髪を切りに行くとか。

 以前から前髪が長くてうっとうしそうに見えるし、目にも良くないよと何度か注意したことがあるのだが、切ったためしがない。この機会にさっぱり切るのかな?と思いきや、「絶対にON THE 眉毛はいやだ」とのこと(笑)。私たち両親は、おしゃれだの美容だのにあまり頓着なく、美容院とも殆ど無縁に暮らしているのに、何かとうるさいのはこの子(笑)。

 また雨の週末だなあ。めげずに洗濯し、部屋干しをしては家族に嫌がられるが(汗)、洗濯を干すのは、数少ない私の好きな家事なのだ。勘弁してくれ〜(笑)。

5月25日(木) 村本

 最近、まったく子どもに手がかからなくなり、嬉しいような寂しいような・・・。今となっては、子どもたちに喜んでもらえることと言えば、おいしいご飯をつくることぐらいしかなくなってしまった。それで、6時起きの豪華弁当づくりと、時間のある時のご馳走づくりに励んでいる(留守のことも多いので、留守の時は、当然、自分で作って食べるよう、しつけてあるけど)。子どもたちに「お弁当が一番いい!」と言ってもらうと嬉しい。きのうも朝から五目炊き込みご飯、今日も朝から親子どんぶりに具たくさんの野菜炒め、今夜は面倒にもカツ丼とあさりのおすまし、豆腐と和風野菜のサラダ、かつおののたたき。それは良いんだけど、せっかくおいしいもの作るんだからと自分まで食べてしまうのが問題。そろそろ血液検査に行かなきゃいけない頃なのに、今日も一日、卵にお肉をたんと食べてしまった(検査はやっぱ来週にすべし)。プラス思考のダイエットは失敗かな〜。

5月24日(水) 村本

 今夜は月1でやっている対人援助学会、キャンパスプラザにて。今日のプレゼンは、知的障害者の授産施設をしている卒業生。この施設については少しだけ知っていたが、本当に良くやっていると思った。フロアからは、授産施設のあり方の多様性と現実についての指摘があり、なるほど、そんな現実もあるのかと理解したが、この施設の特徴はとても面白いと思った。障害者が社会の一員として誇り高く働ける場を創出すること、職員はそれが可能であるようにセッティングのお世話に徹すること。そして、施設全体でひとつのコミュニティとして成果を挙げていくこと。たとえば、職員の知恵で、がらくた利用手作りの「補助具」というものを作ることで(たとえば、数を数えられない利用者のために、ダンボールに五十のマス目を作ってそこに並べてもらうとか、自閉症の人が得意な「同じもの集め」を活かしてアルミ缶の分類をしてもらうとか)、利用者の仕事がうまく回るように助ける。この施設の理念の提唱者であるTさんの労働観を私は日頃から尊敬していたが、それが具体的な形で見えた。また、卒業生が頑張っている、というか、こんなに社会でよくやっている人たちに、なにがしか関わらせてもらってきたことを、改めて嬉しく、有り難く感謝した。パソコンに向かっているだけで大金稼ぎができる時代に、あらためて、働くことを尊く感じる。私も私の場所で、これからもこつこつ働いていきたいものだ。

5月23日(火) 村本

 きのうは大学で、小田まゆみさんの「女神の力〜アートとスピリチュアリティ」のワークショップに参加。まゆみさんがまだサンフランシスコに住んでおられた頃、素敵なお宅にお邪魔したことがあるが(大自然の中の一軒家でバスルームはすべてガラス貼り!)、現在は、ハワイに移り住んでいる。アメリカでは有名なアーティストで、仏教的な女神さまたちを描き続けている(今、東京で個展もやっている)。心身を使ったとても心地よいワークショップだった。大地の恵みを感じる。年齢を重ねるにつれ、体の感覚を重視するようになってきたが、ますますそうなっていくだろう。今回、経験したワーク、簡単に使えそうなので、機会があるごとに紹介しよう。

5月23日(火) 津村

 晴天の週末で喜んだのも束の間、また雨だ〜。昨年の5月にもよく、「梅雨やないんやから〜(涙)」と洗濯物が乾かないのをぼやいた記憶があるが、今年もか〜!

 女性ライフサイクル研究所のごく一部(笑)でのヒソカなブーム、それは蕎麦。私も蕎麦は大好き。ただの蕎麦ではなく、うんと混ぜて糸を引いた納豆を入れて、ぶっかけ蕎麦を食べる、これがブームなのだ。私は納豆が大好きで、蕎麦にももちろんだが、カレーにも入れる。夫は決まって眉をちょっとひそめ、「残すなよー」と言うが(残しても手伝えないらしい、笑)、うまいんだぞ!!

 某パスタ屋では「納豆とオクラと山芋のスパゲッティ」というメニューがあって、どれが糸引いてんだかわからないというギャグを以前に日記で書いたことがあったが、私はこのテのネバネバ系が大好き。今日も食べました。ふふふ〜。

 今日は、沖縄へ行ってから気に入った「シークワーサー」飴を買った。おいし〜い。この発音が特別なんだな。私とかーちゃん(森崎)はこの本場の発音が上手になりましたので、ふたりに会うことがあったら、「シークワーサーって、どんな発音ですか」と質問してみてください。お教えします(笑)。

 明日は伊丹市へ。週の後半はジムへ行く予定。鍛えるぞー!目指せ、体脂肪率●%減(笑)。

5月21日(日) 村本

 今日は、夕方までかかって、貯まっていた雑務を全部、片づけた。あ〜、すっきり!また来週は来週で新たな仕事がたくさんあるけど。夕方はジムへ。今度の血液検査、何だか自信あるゾ。

 ツタヤの宅配レンタルが届いた。最初の1枚は、見そびれていたものの中で1番観たかった「ライフ・イズ・ビューティフル」。最高に感動的だった。強制収容所の生活をこんなに美しく描いたものは他にないだろう。あまりにも悲しいけれど、あまりにも暖かい。人を愛すること、ユーモアと希望を失わないこと。そうすれば、きっとどんな状況にあっても、最後の瞬間まで自分自身でいれるのだ。それにしても、この子どもが、この後、どのように自分の人生を意味づけたか、混乱と困難は想像に難くない。

 そして、今日は、エア・フレッシュナーに挑戦。最近は、どうも使用するアロマが偏っていたので(私が好きなのは、ローズ、ラベンダー、ゼラニウムなど甘い花の香りやネロリ、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類)、ちょっと変わったものを試すことにする。ネロリ、マジョラム、ベンゾイン、カモミールを濃いめのアルコール水に混ぜて。これは、素敵な夢を見るためのレシピ。寝るのが楽しみだ!

5月21日(日) 津村

 久しぶりに晴天。なんと気持ちが良いことだろう。明日から試験だという娘がちょっとピリピリムードなのを除けば、平和な日曜日だ。娘のイライラには、美味しいお菓子を揃えておくのがコツ(笑)。そうするとご機嫌でおやつを食べ、気分良く机に向かう。

 さて、ようやく私もジムデビューを果たした。夫と友人と共に行ってみたのだ。体重だの体脂肪だの、形態測定では青ざめて、思わず人払いをして、トレーナーさんに笑われたが(そばにいた夫や友人に「ちょっと向こう行っててよー」と・・・笑)、身長が伸びていたのには笑ってしまった。まだ、育ち盛りなのかしらん。まあ、体重は日に日に育ってます(笑)。

 ストレッチをして、各マシンの説明を受けて試してみる。その後は、ダンベルエクササイズを。私よりずっと年齢が上の人も結構いるのに、みんな軽々とやっている様子。私は何度も姿勢を直される。へとへとの顔になっていたのだろうか。トレーナーさんから「大丈夫ですか」と声をかけられる。あー恥ずかしい(笑)!トレーナーは若い女性なんだけど、すご〜く体がしなやかで、カッコいい。素敵だなー!

 若い男の子のトレーナーもいるけれど、すごいさわやかな若者という感じ。なんかね、田中星児の「BEAUTIFUL SUNDAY」が流れてきそうなイメージ。♪さわやかな日曜〜降り注ぐ太陽〜(笑)♪

 私の夫は昔、駅伝をやっていたので、田中星児の歌みたいにさわやかなスポーツマンだった・・・はずなのだが、同じくバテて、帰宅後はグーグー寝ていた(笑)。私もちょっとバテたけど、でも楽しかった。これから週3回くらいは通おうと張り切っている。

 今日は洗濯日和なので、存分に洗濯機を回そう!

5月20日(土) 森崎

 昨日仕事の帰り、着いた駅のホームに目をやると息子の同級生達が見えた。昨日は2泊3日の横浜・東京方面への修学旅行を終え、息子が帰って来る日だったのだ。車内に息子を探すが見当たらなかった。しかし不思議なもので、小さい駅ではあるけれど、ホームに着くと階段のことろでばったり出くわした。

 こんなところで、母親に会うなんて嫌がるかと思って「お帰り」と小声で声をかけた。「お〜(びっくりしている)ただいま」という息子。「今日は何処へ仕事?」と聞くので簡単に答え、「友達と帰っていいよ」と言うが「おもしろかったで!」と話を続けた。そのうち「え〜、お母さん?」と聞く友達。しかし、意外と嫌がる様子もなく、みんなで喋りながら途中まで一緒に帰った。

 駅を出ると、美味しそうな鯛焼きを売っていて「買うて」という。「いいよ」という私に「みんなにも」「え・・・何人いてるの?」「9人」すばやく暗算する私(笑)ま、良いかと思うが、幸いにも数が足らなかった。ラッキ〜(笑)。あんなに親といるのを見られることを嫌がっていたのに、少しは大人になったのかな?

 今日は、娘が「居合い道場に行ってくる」という。町の広報誌で、週2回、夜間に居合い教室があることを知り、剣道2段の腕前を持つ娘は興味を示し、見学に行くというのだ。受験勉強の合間に気晴らしに習いたいという。見学に行き、その美しさに即入会を決めてきた。なんで、今頃からはじめるのかと思うが、気分転換にも精神的にも良いかも。でも、「気晴らしのつもりやったけど、疲れて勉強できへん」なんて言わないでね〜

5月19日(金) 村本

 連休明けから、かなりハイテンションで動いてきたためか、ゆうべはダウン。十時前に寝てしまった。娘が高校に入ってから、それまで7時起きだった弁当作りが6時起きになり、どうしても睡眠不足が貯まってしまうのもある(私は睡眠不足に極度に弱い)。まだ疲れが貯まっているが、ボチボチ解消していこう。

 この間、日記に書こうと思って書きそびれたのが2つの映画。ゴールデン・ウィークに観た『送還日記』と、おとつい観た『ジャスティス〜闇の迷宮』。前者は韓国の若手ドキュメンタリー作家が北朝鮮の工作員の人生を十数年にわたって追ったもの。政治的判断からなるべく中立的に素朴な感覚で描いているのが良かった。後者はフィクションだが、軍事政権が続いた1976年〜1983年の間にアルゼンチンで起こった「失踪」を舞台にした作品。政府が3万人の市民を拉致監禁・殺害していた事件だ。アメリカでこの事件を耳にし、また、『もっとうまく怒りたい』の翻訳をしたときに出てきたので、ずっと気になっていたが、調べてもほとんど詳細がわからずにいた歴史的事件だ。

 ジャスティスの方、エンディングは嫌いだが(ジャスティスと言いながら、正義のヒロインであるセシリアがわずかに良心のかけらが見える看守を殺して逃げる部分、娘が生け贄にされる部分)、ふたつに共通して興味深かったのは、政治的主張とは別に、人間は、不条理な仕打ちによって自分を変えようとする力に命懸けで抵抗するという性質を持っているということ、それに屈すれば、骨抜きになってしまうということだ。魂を売らず、適応のために偽りの振る舞いを続けることはほとんど不可能なくらい困難なことらしい。いつこんな時代が日本に起こるとも限らない。魂を売って適応することだけはしたくないし、自分の正義を貫くために命を捨てることもできたらしたくないけれど、いったいどうすべきか考え込んでしまう。

 ところで、人から勧められて、ツタヤの宅配DVDメンバーになることにした。これから映画に時間を奪われていきそう・・・。ちょっと怖いが楽しみだ。

5月17日(水) 森崎

 そうそう、先日のかおりんの日記、せっかく書いた日記が消えてしまうと、ホントげっそりするよね。私なんか、以前に接続が悪かったのか、何度か書いたのに消えてしまって、かなり長いこと復帰できずにいたことを思い出した。かおりんは復帰がチョー早い。さすがやな!

 毎日、なんだか肌寒く雨模様の日が多いと思っていたら、まだ5月だというのに、もう梅雨のはしりだとか。え〜!なんと言っても、5月はさわやかな晴天が売りでしょ〜。今から梅雨っぽいのなんかいやだ〜〜!と叫びたいところだが、今年は、庭の花たちが元気に沢山花をつけていて、一方で実はちょっとうれしい。

 まず、もう終ってしまったが、白いひめうつぎが今年は沢山花をつけ見事だった。お隣さんからほめていただいたほどだ。フリージアもよく咲いたし、今年は、例年になくあやめと紫欄が沢山咲いて、友人やご近所にもお分けして喜ばれた。チェリーセイジも濃い赤ピンク花を付け出した。私の大好きな、白いカラーも、まだ短いが6本ものつぼみを見つけた!今までで一番多く咲いたのが13本。今年はこれを上回るかも?ジャスミンも驚くほど花を咲かせ、良い香りが漂っている。毎年恒例のシクラメン、ことしも紅白で健在。でも、今年は植え替えないといけないかな?例年に比べ、少し葉も花も少ないようだ。でも、もう10年近くになるのだから凄いな〜。そして、一番驚いたのがお気に入りの雑草。ここ数年、あちらこちらに芽を出していたが、抜かずにいた。それが、今年はしっかりと薄紫の花を咲かせたのだ。でも、お隣を見てもっとびっくり!群生している!でも、やはり植えたものではないらしい。しかし道端で見たことがないし、本当に雑草なのかな?一度調べてみよう。

 これを読むと、どんな大庭園かと思われるかも知れないが、どんな狭いところでも、花はそのときの気候や、環境さえ合うと、とくに何にもしなくても(時々、花坂爺さんのように肥料を蒔いてはいるが)結構立派に咲くのです。狭い、庭とも呼べない家の周りが、今、本当に華やかだ。そうだ、この日記に写真を載せられるといいな。

5月16日(火) 津村

 昨夜、日記を書いていたのになぜか消えてしまって、ショック!もう一度書く気力が失せて、ふて寝してしまった(笑)。あれって落ち込むよなあー。ちょっとずつマメにコピーしておかないといかん。

 今日は講師がないので、事務所で仕事をしているが、その合間に書いてみた。ふふ〜、こんなのんびりできる日も、もうあとわずか。来月からはまた、ハードスケジュールが待ち構えている(笑)。

 そうそう、この日記で皆が書いているように、この前の日曜日は母の日だった!私の子どもはひとりなのだけれど、私はいつもふたつ、母の日のプレゼントをもらうのだ。実の娘からと、友人の娘からと。実の娘からは、体脂肪率を気にして、トレーニングジム行きを決めた私のために、ちょっと上等な?可愛いタオルを(「不思議の国のアリス」のチェシャ猫柄だった、笑)。友人の娘からはチワワのぬいぐるみとカーネーションを。うわ〜い、嬉しいな。ありがとう〜!

 そしてうちの娘も友人にコーヒーカップをプレゼントしていた。もっとも、それを渡しに行って、おやつをご馳走になって、ほくほくで帰ってきたりしていたが(笑)。

 今月末に学校の運動会があり、その朝練だと、娘が毎朝早くに家を出る。リレーの練習なんだとか。お弁当作りがちょっと大変(笑)。それにしても、青春だなあ〜。

 自分の子どもが高校3年生ともなると、保護者として何か行事に出るとか学校に出向くなどということが、もう殆どないことに気づく。あとは進学までの懇談と卒業式くらいか?少しずつ、私の子育て奮戦の卒業も近づいているんだなあ〜。村本が「軽い空の巣」と書いていたが、確かに一抹の寂しさがこみあげてくる。それでもきっと娘はしっかり巣立っていくだろう。今も可愛くてたまらない娘と暮らせるのもあと何年かなあ・・・。

 そういやこの前、熟年離婚の特集番組がテレビであり、なぜか夫が熱心に見ていたのが、おかしかった(笑)。見限られる亭主像の中に、自分は重なるか否かという視点で見ているらしいが、ちょっとダンナさんが気の毒な感じもする番組だった。

 定年まで家庭のことは何もせずに暮らしてしまい、定年後に手を出したら「余計に手間がかかる」「節約した買い物の仕方も知らない」と余計に疎ましがられるというパターンがとても多い様子。しかし、そんなの急激にうまくなる人っているのかー?と思うが・・・。まあ、それだけではない背景がありそうだけれど・・・。いずれにしてもやはり、仕事と家庭のバランスや協力体制は若いうちから揉めつつも、考えた方が良さそう。

 まあ、夫の方でも私にはいろいろ文句があることだろうし、我慢もしてくれていることだろう。どっちもどっちです、私たち夫婦は!末永くよろしく!

5月15日(月) 森崎

 昨日は母の日。朝、遅くに起きてきた息子は、食卓の上で仕事をしていた私に、寝ぼけ眼で「朝から仕事か、ご苦労さん」と(笑)。そして「今日は、母の日やな」。仕事をしながら「そうやな」と私(なぜか、ちょっとどきどき・・)。「あんな、母の日でうれしいプレゼントの一番は、商品券やて。2番は旅行で、3番がのんびりする時間やねんて」「ふ〜ん」「・・・・」「・・・・」。どうも、話題はここまでの様子(笑)。「お母さんがうれしいのは、ありがとうの言葉かな」と言うと、ぺこりと頭を下げて「ありがとう」(笑)。渡すプレゼントも用意してないし、かといって照れくさくてありがとうとも言えず・・・しかし世間は母の日。知らん顔もできず、思わず話し出した話題だったんだろう。「わ〜何かプレゼントくれるの?」と言われるかもしれないのに、恐れもせずにだ。その勇気、お誉めいたしましょう(笑)

 娘は、朝から友達と出かけていた。帰宅するや否や、「母の日やったから、作った」となんともそっけない言い方で、手作りのシールを目の前に広げだす。(イラストを手書きし、PCで色をつけ、印刷。友達にもなかなか好評らしい)そういえば、昨夜遅くまでなにやらごそごそしているようだった。「母の日やからって作ってくれたん?」「うん」好みのものをいくつか選ぶと、「へ〜、そんなんが好きなんか・・」って、私がどんなものを選ぶのかに興味を示しているのが面白い。わたしは、親ばかではないと思っているが、娘の描くものが(ちょっと変わった絵を描く。お見せできないのが残念)好きだ。やっぱり、親ばかというのか?早速、ひとつを携帯に、ひとつをミラーに貼った。「どう?」と言うと「わ〜いいやん!」とうれしそう。「わたしは、ありがとうって思っても、面と向かって言われへんねんな・・・」なんて以前に言っていた娘。でも、今回その気持ちはしっかり伝わったよ。ありがとう!

 1日遅れの母の日の話題。

5月14日(日) 村本

 今日は司法臨床の初日。今年は、京都駅近くのキャンパスプラザで。お手伝いスタッフと一緒に、早めに京都駅に行き、伊勢丹のレストラン街でランチ。トマト丸ごとサラダ、アルミホイルに包まれたシチュー・ハンバーグ、ベイクドポテト、どういうわけか、品川駅前のツバメグリルと一緒だ。味もいい。それにパンの食べ放題、デカプリンにコーヒー。誘惑に負け、こってり系を心持ち減らす「プラス思考のダイエット」失敗。腹12分目食べてしまう。まぁいいか、血液検査までにまだ2週間ある(よくないか!?)。

 今年の授業は人数限定でやることにしたので、昨年の半分。会場が違うこともあるのか、何となく去年とは雰囲気が違う。3コマ終えて思ったより早く家に帰れたので、カレーを作る。煮込みは足りないが、明日には熟成しておいしくなることだろう。

 まず、娘が母の日のプレゼントだと言って、おしゃれなローズのキャンドルとローズのバスソルトをプレゼントしてくれる。趣味いいぞ。次に、息子が彼女を連れて帰ってきて、プレゼント。これは、マザーリーフ(水に浮かべて育つ植物)とソーラー電池でルンルンと首をふるグリーン坊や(本当は「幸せを呼ぶひだまりの民」とかいう名前らしい。風水で健康運の緑。母のコレステロール値を気にしてくれているのか!?)。めちゃめちゃかわいい(どうやら自分が欲しかったようだ)。子どもたちから大事にされてるな〜と、しみじみありがたい。どうも、面倒みる方からみられる方へと逆転しつつあるようだ。

 アロマのヘアパックを作るついでに、息子の彼女にもブローローションを作ってあげることにして、好きな香りを選んでもらう。パチュリー、オレンジ、ベルガモット。コンビネーションGood!効用は、「健康な髪をつくり、明るく前向きな気持に、さらにダイエット効果あり」というもの。彼女もとても気に入って喜んでくれる。最初は「くさい、くさい」と言っていた息子も、最近はだんだん洗脳されてきたようで、娘と私の「ハッピー気分のブローローション」をしょっちゅう試している。さぁ、今夜はアロマ・ヘアパックをしよう!

5月14日(日) 津村

 昨日は数ヶ月ぶりに母に会い、ささやかなプレゼントを渡した。やはり年をとったなあと、しみじみ思う。山登りやダンスに燃えていた時代もあったけれど、足を痛めてからは、ひたすら絵画に没頭しているらしい。季節ごとに娘に当てた絵手紙を送ってきてくれる。

 さてさて娘は家庭科でテストがあるとかで、りんごの皮むきと卵焼きの練習をしないといけないのだそうだ。今日は日曜だけど、夫が仕事なのでお弁当が要る。娘を起こして、「卵焼き、やってみる?」をかけると、起きてきた。目玉焼きはともかく、卵焼きは殆ど未経験なのに、なかなかきれいに巻いた。上出来、上出来。夫にも誉められて、眠そうな顔でニカッ。お弁当のおかずで、朝からしっかりとご飯を食べ(この子はパン食だともたないといい、朝食からご飯とおかずをどっさり食べる子なのだ)、模試に出かけて行った。ご苦労さん。

 私は、昨日珍しく家を片付けてスッキリしたので、今朝はのんびり。洗濯機をまわしながら紅茶を飲んでいる。晴天だし、良い日曜日だ〜。

5月10日(水) 津村

 森崎の日記を読んだ。我が家には高齢の犬がいるので、身につまされるが、ごんちゃん、元気になって良かったね!

 私は、村本のアロマ指導を受けているひとりです(笑)。今日はお勧めのミントオイルをお風呂に数滴入れてみた。う〜ん、なんという良い香り!鼻もつーんと通るようで気持ちがいい。お風呂上りも爽快!

 昨日、私は体脂肪をはかってみたのだが、もうここには書けないほどの結果だ。愕然。夫に「なあ〜、一緒にエアロビクス行かん?」と誘ってみた。彼は昔から体型が変わらないのだが、運動不足を気にしているものだから。近くに市営のジムがあるので、行ってみようかと話をしていたところ。今年中には痩せるぞー、目標●キロ減!

5月10日(水) 村本

 ここのところ立て続けに、「顎がすっきりしたんじゃない?」と言われた。もしや、コレステロール対策の効果で痩せたのかもと大喜びで体重計に乗ってみたが、体重は全然減ってなかった。コレステロール対策と言ったって、私の考えた「プラス思考のダイエット」で、好きな物(肉や卵や揚げ物)を我慢するのはストレスになってかえって良くないから我慢せず、心持ち減らす(たとえば、3個食べるところを1個にする)、その代わり、体に良いもの(野菜やキノコ、海草や豆乳など)をプラスするというもの。食べる総量は結局増えているので、痩せるはずないよな。人に言ったら皆笑うが、私はこのダイエット方の効果を信じている(痩せないかもしれないけど、ヘルシー度はアップするに違いない)。

 そうやって考えると、これは、きっとアロマ・マッサージの効果に違いない。お正月の頃から、ほとんど毎日のように、1分程度のフェイス・マッサージを続けている。効果を期待しているというより、単に気持いいからなのだが、効果があるならもっと嬉しい。確かに、理論上は、マッサージによってリンパの流れが良くなりフェイスラインは引き締まるはず。自分ではイマイチわからないが、3人に言われたので、きっとそうに違いない。マッサージがそんなに効果あるなら、このさい、お腹回りもやってみてはどうだろう?と、早速、スリムアップ・レシピでマッサージオイルを作ってみた。フェイスの効果が現れたのは4ヶ月先ということになるから、これから続けていくと夏頃にはお腹周りもスッキリ!(のはず)

 皆に言いふらしているので、興味を持ってくれる人が多く、希望者には、寛大にも(!?)それぞれのニーズに合わせたレシピを考えて差し上げている(作ったものを人に売ったりあげたりすることは、薬事法違反になると習っているので、作ったものをあげることはできない)。楽しいな〜。

5月10日(水) 森崎

 10月ごろにも日記に書いたが、、我が家で生まれて3年目のメスのセキセイインコのごんちゃんが、実は1〜2ヶ月前から、また羽毛の下から地肌が見えるほどお腹が膨らみ始めていた。ごんちゃんに、もしもの事があるといやなので、今まで日記に書かなかったのだが、一時は命も危なかった。しかし、娘の献身的な看護のお陰でなんとか元気を取り戻した。小鳥は小さいので本当に怖い。

 今回は、前回にもらった薬が残っていたので飲み水に混ぜながら、しばらく様子を見ていた。しかし、薬が古いのかなかなかお腹がへこまず、かといって、「小鳥は知らない人が触ったらショック死することがあるのでね」と言いながら、お腹をグニュグニュ触るドクターのもとへ連れて行く勇気もなく、これは脂肪の塊で、命には別状はないという話だったし、他に変わった様子もなかったのでそのままにしていた。

 しかしそのうち、気付かないうちに下痢をはじめていて、一気に弱ってしまったのだ。小鳥の下痢は命とりになるらしい。娘は、冷えから守るためにと、小屋の中に藁を敷き詰め、ホットカーペットを敷き暖めて、朝は、5時に起きて、薬入りの水を換え、学校からも急いで帰り、懸命に看病していた。

 ごんちゃんはじめ我が家のセキセイインコはみんな手乗りのはず・・・(雛の時からえさを与えて育てた)が、人間と遊ぶ時間があまりなかったからか、中途半端な手乗りだ(笑)。ごんちゃんも例外ではなかった。しかし、娘の看病のお陰で、すっかり甘えることを知って、小屋に手を入れると、首の辺りを撫でて欲しいと寄ってくるようになり、手のひらで包むように抱くと寝てしまうようになった。娘は、病気のお陰でごんちゃんと仲良くなれてよかったと言っている。日に日に元気を取り戻している。よかった!

5月9日(火) 津村

 昨日といい今日といい、夏かと思うような暑さにびっくり。最高気温は28度だったそうだが、帰宅すると犬猫が弱っていて、かわいそうに〜。

 ところがこんな晴天だというのに娘が今日の夕方、「なんか雨のにおいがする」と言い出した。この子の嗅覚はなかなか鋭い。本当にぽつぽつと夕方遅くに雨が降った。明日は雨らしい。最高気温も23度くらいだというから、この気温差で体調を崩さないように気をつけなくては。

 明日の午前中は京都で仕事だ。雨の京都もなかなか風情があるかも。

5月7日(日) 村本

 今日は古くからの友人に会うために、蒲郡まで行ってきた(遠かった〜)。友人とは狭山で開業している服部雄一さん。私が解離性障害の治療を学んだ人でもある。彼は、今、蒲郡にあるICBCという教会の牧師ジョシーさんと一緒に、引きこもりをサポートするコミュニティを作ろうとしているのだ。彼らの「ジョシーの心が楽になるブログ」は、メンタルヘルスのブログでトップであるという。確かに、ルールを作り、2人が枠組みを提供していることで、参加者が保護的な環境で、安心して本音を語れる場を作り出すことに成功している。形は違うけれど、考えていることは同じ。治療枠とは別に、ひとりひとりが安心して自分らしく生き生きと生きていけるコミュニティの輪を拡げていくという一種のムーブメントと言えるだろう。あちこちに頑張っている同士がいると知ることは励みになる。緩やかにネットワーキングしながら、私も自分の場所で頑張っていけたら。ところで、蒲郡は温泉地のようだ。今度は泊まりで行かなきゃ。

5月7日(日) 津村

 連休最後の日。一度くらいは遊びに行く〜という話になって、難波へ。「道頓堀極楽商店街」に夫と出かけた。なぜか娘と彼氏まで一緒に来た(笑)。

 昭和初期の新世界あたりの屋台が再現されていて、何だか懐かしい感じ(断っておきますが、私は昭和初期には生まれてないぞー)。芝居小屋があったり、駄菓子屋さんがあったり、縁日があったりして結構楽しい。

 今日の画像は、おみやげコーナーにあったミニチュアの「昔の教室(給食の時間)」、そして縁日のコーナーの写真など。

 肉屋さんの揚げたてのコロッケをはふはふ言いながら食べたり、屋台で明石焼きを食べたりして満足。新世界といえば串かつ屋さんだけど、ここはすごーい行列。村本ではないが、私も行列は苦手なので、あっさり断念。

 帰りはなんばウォークに寄ってみた。「虹のまち」と夫が言うから笑ってしまう。いまどき、なんばウォークを虹のまちと言う?そんなやつおらへんやろー(大木こだま)。マンゴー大好きな私の大のお気に入りのデザートまで食べて、大満足で帰宅(笑)。

 http://www.icemonster.co.jp/top.html

 明日からは仕事だ〜。のんびりと休めたことだし、また明日から元気に頑張ろう〜!

 5月5日(金) 村本

 

 今日は枚方市民会館まで、「パノラマ・インドネシア」というイベントに出かけてきた。チャリティ・コンサートで、数々のアーティストのパフォーマンス。50年に1人の逸材と言われるバリダンサー・ユリアティの舞踏が目当てで、あとはたいして期待もしていなかったのだが、驚いたことに、かなりレベルの高いコンサートだった。とくに、ギギという人気ロックバンド。ロックなんてと最初は引いていたが、ノリノリで1時間半も延長した。もちろん、ユリアティも良かった。とてもかわしらしい人だ。それにしても、関西にこんなにたくさんのインドネシア人が住んでいるのだとびっくり(枚方市民会館の大ホールの半分がインドネシア人)。陽気で暖かく一体感があって楽しめた。またバリに行きたくなってきたぞ〜。

5月5日(金) 森崎

 

 五月五日、こどもの日。我が家の子ども達もすっかり大きくなったもんだと、外食の帰り、夫と連れ立って歩いている子ども達のうしろ姿を見て感じた。しかし、夫が帰国中ということもあってか、1日小旅行に付き合ってくれ、家族4人で久しぶりに郊外へ出かけた。

 先日日記に書いた、恐れおののいていた5月3日のGW企画も好評のうちに終った(笑)。実は、数週間前に、インターネットで予約していたのは、名物鳥鍋料理と露天釜風呂のランチコースだった。申し込んだ時は、4月も末だというのに肌寒く、鳥味噌鍋に露天釜風呂がとても魅力的で、迷うことなく申し込んだのだ。しかし、5月に入るや否や、夏のような陽気!この暑さで鍋はないな・・・考えてみれば、GWはたいてい汗ばむ陽気だ・・・仕方なく付き合うかという感じの子ども達には、さぞ不平不満が溢れ返るだろう・・・と危惧していたのだ。

 しかし、5月3日は、この上なくさわやかで気持ちの良い一日だった!そして行き先は、洛北大原の里。新緑の美しさに加え、しだれ桜や八重桜、しゃくなげなども咲き、GWの割には、道もすいていて、スムーズに現地に到着。お目当ての露天釜風呂もすいていて、娘と2人でゆっくりお湯につかることができた。何処に行ってても程よい込み具合で、三千院の散策も楽しんだ。そうそう、写経もした。子ども達も、新緑の美しさ、鳥味噌鍋の美味しさに満足気だった。あ〜よかった!!

 あとの2日は、家で思い思いに過ごした。誰かがどこかでお昼寝している光景が休日を物語っていた(笑)。

 明日、わたしは夫と夫の実家へ移動し、夫はそのまま赴任先へ帰る。今回、夫は子ども達、特に将棋を指していて、息子の成長振りを感じたのだそうだ。娘にも、まだ一緒に過ごしたりないと言ったらしい。久しぶりの親子を楽しんだGWだった。

5月5日(金) 津村

 風邪の症状もおさまり、元気になってきて嬉しい。それでも混雑が苦手な私は、やはり在宅している(笑)。

 以前、日記に書いたような気がするが、かなり前に(2年近くになるだろうか)にネット通販で、エアロビクスのDVDを買ったことがあった。ところが何をどう間違えたか、それは中級(4〜5級)用のもので、届いてビックリだったのだ。どう考えても、私は初級レベル。試しにやってみたそれは本当にハードで、とてもじゃないが、ついていけなかった。なんであんなことを軽々と、息も切れずにできる人がいるんだー!?

 かといって、せっかく買ったものなので放置したままではもったいないし、近くにトレーニングジムがあるのに、まず足が向かない私の出不精で怠惰な性格を思うと、家でやった方が少しでも続きそうだ。かなり久しぶりにDVDをかけてみた。

 インストラクターの真似を一生懸命していたら、部屋から娘が出てきて、げらげら笑うこと、笑うこと。失礼な!と言いたいところだが、やっている自分も、あまりのどんくささに笑えてしまうのだから、他の人が見たらおかしいだろうな(笑)。しばらく続けてみようかな。

 友人が今朝帰ってきたので、お土産をもらって嬉し〜い。猫たちは、2日ぶりに戻った飼い主を座らせて、留守していたことの文句を長々と言ったそうだ(うちの猫もそうだけど、相手を動けないようにして、その周りでアオ〜とかワオ〜と語るように文句を言うのだ)。あまりに長い文句なので、友人が耐え切れずに歩いたりすると、追いかけてまで言われたのだそう(笑)。それでもちょっと反撃に出て、「でも、かおりんが来てご飯くれたでしょ?」「かおりんにもさんざん文句言ったんでしょ?」と言うと、そこだけは黙るのだそうだ。面白いヤツらだ(笑)。

 連休もあと2日かあ。大したことができずに過ぎて行く〜。家をビシッと片付ける予定は、いったいどうなったんだ(涙)。エアロビクスしてるより、リズミカルに家事をした方が、誰のためにも良さそうだ(汗)。

5月4日(木) 村本

 あまりに気候の良いGW、一日くらい、気持ちの良いところへ出かけようと、今日は、瑠璃渓へ行ってきた。すっかり子どもが付き合ってくれなくなったので、夫を誘って出かけたが、彼はアウトドア派ではないため登山などしたがらない(登山仲間を見つけたいものだ)。軽いハイキングならということで、5キロほど、渓流に沿った遊歩道を歩く。山つつじがきれいで気持ちよかった。当然ながら締めは温泉だが、さすがに人が多く、お昼食べるのに1時間、温泉に入場するのに1時間待たなければならず、待ちくたびれた。田舎だからそれほど混まないだろうと思って行ったのだが、なんのなんの、選択の失敗だった(私は並んで待つのが大嫌い。有名なレストランでもおいしいと評判のお菓子でも断念する)。去年の北山登山はガラガラだったんだけど。それでも心地よい疲れとともに、今夜はぐっすり眠れそう。

5月4日(木) 津村

 熱はすっかり下がったものの、鼻が通らないー!呼吸が苦しくて、すっきりしない〜。きいーーーーーっ。←遂に壊れたし。

 こうなりゃ、野菜たっぷりメニューしかない!皿うどんの具に、きのこ類をたっぷりぶちこんでみた(笑)。うーん、満腹。←食欲は旺盛らしい(笑)。

 友人一家が昨日から旅行で留守なので、猫の様子を見がてら、ご飯をあげに日に3〜4度ほど出向く。猫たちは、私が鍵をあける度に玄関まで迎えに来てくれるのだが、私の顔を見るなり、「なんや〜、アンタかいなー」という態度(笑)。

 そして、「なあ、聞いてーな、誰も帰ってけえへんけど、どないなってんねんー」と言わんばかりにニャオニャオ〜と私に盛んに愚痴る。愚痴っていると腹まで立ってくるのか、頭突きまでくらわされる(笑)。これは可愛いもので、軽く私の足に頭から突っ込んでくるというレベルだけど(笑)。

 こんなことが何年も続いているせいか、私は「ご飯をくれる人」というポジションになったようで、私がその家に出向くと、猫たちは「缶詰開けて」とすり寄ってくるからおかしい。また後で行かなくては。

 そうそう、友人は海水魚の飼育もしているので、友人宅には「かくれクマノミ」がいる。大中小と3匹いるので、「大ニモ」「中ニモ」「小ニモ」と勝手に呼んでいるけれど、これも可愛いのだ〜。

 あ〜、本物の海が見たいなあ〜。最近ちっとも泳いでいないから、人魚の生まれかわりとしては(誰がや)ちょっと寂しい。

5月3日(水) 津村

 今春は体調の悪さに苦しんでいるけれど、とうとう風邪をひいてしまった。

 一昨日は、くしゃみを大連発。仕事場で、ゴミ箱をいっぱいにするくらいテイッシュを使って鼻をかみ、そばにいるスタッフに「ひどいねー、大丈夫なの?」と驚かれるくらい(笑)。午後には、肩もこるしと整骨院にも行ったけれど、その頃には、鼻に詰め物をしてからマスクをしないといけないくらいの状態になっていた(赤面)。

 夕方、帰る頃には、倦怠感プラス、顔がカッカしてきて、「まさかこれは風邪・・・?」と嫌な予感。私は身体感覚が鈍い方なのだけど、花粉症のボーッ・・・と風邪のボーッ・・・の区別もつかないのかよ〜と、ちょっと情けない思いに。帰宅後すぐ熱を計ったら、微熱が出ていた。ショック。

 そして昨日は講師がないのを幸いに、1日在宅で仕事をしつつ、のんびりさせてもらったのだが、もう若くはないんだなあと思うことしきり。昨年度はかなり無茶をしたので、その祟りか〜(苦笑)。今年度は、もっと体を大切に、じっくりと仕事に関わろうと、あらためて思う。

 今日は午後から洗濯をしたり、ちょっと片付けをしたりと、積極的に動いてみた。あちこちを整理したり、体を動かすだけで、気持ちは意外に変わるものだ。♪頭の中のガラクタを処分 処分〜♪私の脳内は「笑っていいとも」なんかい(笑)。

 今夜はビーフシチューと、かおりん(私の愛称)特製サラダ。ここにバゲットを添えて・・・というのがお気に入りのメニューのひとつ。あっ、よいこのびいる、買い忘れたあ(笑)。

 ちょっと気難しい顔をして、部屋にこもっている受験生の娘に、物理的にしてやれることはあまりない。おいしいものをこしらえて、しっかり食べさせて、元気に気持ちよく課題に向かえるように支援してやることくらいだなあ。

 夫は先日風邪をひいたのが、まだすっきりせず(そうか・・・私に風邪をくれたのは、ヤツだな・・・笑)、かわいそうだけれど、彼にもしっかり食べて寝てもらわなくちゃな。そして私も。よく食べてよく寝よう。課題は山積み。健康でいなくちゃね。

5月2日(火) 村本

 連休前に突然めまいに襲われ(コレステロール対策でたまには運動をと、慣れない水泳をしたのがいけなかったか)、2日ほど不調で、家で安静に仕事をして過ごした。きのうは大学の日、学生のオフィスアワーが面白かった。毎年、本当にユニークな研究テーマがあるのだけど、きのうのは音楽療法をやっている人で、高齢者に思い出深い曲を3曲選んでもらうことによって、どれだけ豊かな世界が見えてくるかということがテーマ。つい最近、夫に勧められて「ハルとナツ」というブラジル移民の姉妹を描いた長い長いドラマを見たのだけど、過酷な時代を生き抜いた人々が効果的な音楽とともに描かれていた。たとえば、おじいさん、おばあさんに、「戦争体験を聞かせて」と聞くのは難しいかもしれないけれど、思い出深い音楽を語るなかで、そんなことも見えてくるものだ。今度、両親に会ったら、聞いてみよう。

 ところで、私にとって、思い出深い曲ベスト3は何かと考えているが、たくさんありすぎて絞るのが難しい。幼稚園の卒園式で歌った「いつのことだか思い出してごらん〜♪」は妙に郷愁を誘う。小学校の合唱クラブで歌った歌にも印象深いものがたくさんある。課題曲だったポンポン船、ポプラの歌、空がこんなに青いとは、タイトルは覚えてないけど、まだまだたくさん。思春期はフォークソングとアグネス・チャンだ。次は子どもが生まれてから一緒に弾いたピアノ連弾の数々。大人になったからはほとんど歌う機会がなく(うちのスタッフにもカラオケ好きが何人かいるが、私は、例外を除いて、カラオケには行ったことがない)、ずっとコーラスをやりたいのに実現しないままだ。その学生によれば、昔は音楽自体が少なく、多くの人が同じものを共有してきたが、今や、多種多様な音楽がありすぎて、世代の共有財産にはならないかもと。ちなみにドイツの高齢者に聞くと、普通にクラシック音楽が大衆の日常に登場するのだそうだ。本当におもしろい。

 さて、すっかり良い気候になった。残りの連休も仕事の予定だが、ブラブラ散歩でもしたいものだ。

5月1日(月) 森崎

 今日から5月。肌寒かった数日前から、一気に夏になったような陽気!う〜〜体力消耗するなぁ。半袖出さなくっちゃ!

 週末の土日は、2日間の虐待予防研修に参加した。朝、5時半におき、7時過ぎに家を出て、帰宅すれば夜の7時。往復4時間も費やして休日返上、2日間の研修に行くなんて、わたしはなんて偉いんだと思っていたが(笑)、なんのなんの!全国いたるところから、沢山の専門職の人たちが、飛行機代、宿泊費、受講料、全て自前で休日返上で参加されていた。お疲れ様ですと頭が下がると共に、熱心な方達と情報交換もし、頑張っていらっしゃる熱意に元気をもらった。充実した2日間だった。

 今日は朝から、小学校へ今年度の初仕事。新一年生の子ども達とのワークショップ。先月幼稚園から来たばかりの、小さな幼い新入生を想像していたが、「え〜、本当に一年生?」と思うほどに、とってもしっかりした元気いっぱいの子ども達だった。久しぶりの子ども達のパワーに圧倒されてしまった(笑)。そして、いまさらながら、子ども達のパワーは凄いと再確認。よ〜し、負けずに頑張るぞ〜〜!

 今夜遅くに夫が帰国。ゴールデンウィークを家族で過ごす。数日前、3日に京都に行く予定を立てた。しかし、実は家族にヒンシュクをかいそうな予約をしてしまったのだ・・・・。あ〜、どうなることやら・・・。