女性ライフサイクル研究所 FLCアーカイブ

受付終了しました。ご協力ありがとうございました。

トラウマとレジリエンスに関する研究へのご協力のお願い

女性ライフサイクル研究所では、1990年の開設以来、子どもや 女性のトラウマ・ケアに取り組んできました。トラウマからの回復を支援するためには、トラウマの影響と、レジリエンス(逆境を乗り越えていく力)を理解することが不可欠です。

しかし、現在日本には、トラウマの影響の全体像や、レジリエンスを知る尺度はありません。私たちは、ここ数年、ジュディス・ハーマンの『心的外傷と回復』(みすず書房)で有名なボストンの被害者支援プログラムで開発された、MTRR尺度(トラウマの影響とレジリエンスをはかる尺度)の日本語版を作成するための研究を行っています。日本語版の尺度を作成し、トラウマ体験のある方の回復に役に立てていきたいと思っています。

この尺度を作成するための研究にご協力頂ける方を募集しています。

たとえば、
「身近な人の暴力に苦しんできた」
「親からの虐待を受けた」
「性的な被害を受けたことがある」
「犯罪に巻き込まれたことがある」
「トラウマとなるような喪失体験がある」
「自然災害にあった後、心身の不調が続いた」

などの、トラウマ体験がある方で、この研究に関心を持って頂ける方は、次をクリックして、詳しい説明をご覧ください。
 ⇒トラウマとレジリンエスに関する研究への協力のお願い 

日本における、トラウマ・ケアをさらにより良いものとしていくために、皆さまのお力をお借りすることができれば幸いです。

なお、ご希望の場合には、インタビュー結果をMTRR尺度に照らし合わせ、あなたの回復の状態とレジリエンスについて、後日、お伝えすることができます。

※トラウマとレジリエンスに関しては、こちらに詳しい説明があります。
 http://www.flcflc.com/study/article/16/16_muramoto.html